ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
12月30日(木)
仙台は一面銀世界!!
眼前に広がる、美しい青空と真っ白な雪景色を眺めながら自然の素晴らしさに感動し
ています。
その反面、今回のスマトラ沖地震と被災者の方々を想うと想像を絶する自然の驚異と
その残酷さに言葉も想いも失ってしまいそうです。
この地震による津波の被災者は、数百万人に及ぶと言われているそうです。
日本各地の水害被災者の方々、そして被災地の支援をなさった方々は、よくご存知か
と思いますが、これから被災地では、電気や水道が復旧しない中で、泥との格闘が始
まります。とても困難な作業だということは、誰もが容易に想像がつくでしょう。
ニュースを見ていると、伝染病の心配も高いとのことです。

高橋邦典写真展でご協力いただいた国際人道支援団体のJENが、現地への支援を早速
始めています。
以下、JENの共同代表理事の川北秀人さんからのメールを一部掲載します。
ご覧ください。

門間@Made To Love Magic(Nick Drake)拝

---------------------------------------------
私は今年秋から、国際人道支援団体「JEN(ジェン)」の共同代表理事も
務めています。同会では、イラクやアフガニスタンでの学校や道路などの修復、
エリトリアでの帰還民の所得向上に加えて、新潟中越震災に際しては、
川口町内のボランティア・コーディネートをお手伝いするなどの活動を
展開してきました。?しくは http://www.jen-npo.org をご覧ください)

そして今回の地震・津波被災者の支援のために、まずスリランカに2名の
スタッフを派遣し、調査と生活必需品の配布を行い、その後、復旧と
生活再建を支援する活動を、数か月間実施することを決めました。

いつもお願いばかり申し上げ、甚だ恐縮なのですが、この活動を支える
ご寄付をお願い申し上げる次第です。
みなさまのご支援を、心からお待ちしております。

川北 秀人 拝

≪募金受付のお知らせ≫
JENでは、この地震・津波被災者への緊急支援のため、緊急募金の受付を開始
しました。より多くの人に、迅速・的確・柔軟に支援を届けるために、皆さまの
ご協力をお願いいたします。
■郵便振替口座 : 00170-2-538657
■口座名 : JEN
※通信欄に、「スマトラ地震支援」とご記入ください

===========================================================
特定非営利活動法人 ジェン(JEN)
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-26-5,マイルドビル4F
TEL:03-5332-9825  FAX:03-5332-9827
E-mail : info@jen-npo.org
HP   : http://www.jen-npo.org
[PR]
# by 1193ru | 2004-12-30 12:58 | NGO/NPO
12月29日(水)

お昼近くから降り始めた雪が本格的になってきました。
やっとこの時期らしい、仙台の風景が広がり始めています。
今日は、Smile Jam の中のライブ会議に参加・協力してくれる「NPO法人仙台夜回り
グループ」の青木さんとお会いして来ました。
仙台夜回りグループは、ホームレスの自立支援をしている団体です。
(詳しくは http://www.yomawari.net/ をご覧ください)

今回、仙台夜回りグループに参加いただく目的はいくつかあります。
一つ目は、路上生活の方々や、サポートしている団体について、より多くの方に知っ
ていただくことです。
まず、知ってもらう、そして個々の感性で感じ・考えていただき、できれば行動して
いただきたいのです。
行動は別に大それたことではなくて、22日に会場で見聞きしたことを友達や家族に
「こんなこと聞いてきたよ!」といった風に話していただくだけでもスゴイ『行動』
だと思っています。
『感じ・考え・行動する』。
イベントを作る時には、いつもこの3ステップを考えます。
来場者の方々が、スタッフのみんなが、このステップを軽やかに踏めるような切り口
や仕組みを作りたいとメンバーみんなで心がけています。
・・・・・おっと話しがそれました!

仙台夜回りグループに参加していただく目的はほかにもあります。
二つ目は、この時期必要な物資を集める協力をしたい、ということ。
ホッカイロや靴下、手袋、マフラー、寝袋等、路上で生活するために必要な防寒具類
をよりたくさんの方々のご協力でなんとか集めたいと思っています。
22日当日会場へ上記の物資をお持ちくださった方には、イベント通貨を発行して会
場内で福祉作業所特製のクッキーや芋煮汁、企業人の方々による綿あめと自由に交換
していただく予定です。
三つ目は、ビッグイシューのプレ販売。
(ビッグイシューについては、こちらをご覧ください http://www.bigissuejapan.com/
ここ1年ほど、ビッグイシューを展開したいという動きが仙台でも活発になってきて
います。そこで、本格展開を前にPRとして、Smile Jam をご活用いただけたらと考え
ています。まだこちらは未定ですが、実現できたら個人的にも嬉しいです。

大きく分けてこの三つの目的があり、今回、ライブ会議のお力をお借りしてご協力を
お願いいたしました。
今日の打ち合わせの感じだと、当日はかなりエキサイティングな内容になりそう。
来年、仙台市のシェルターも開始されることもあり、いろいろなお話しがでそうです。
心地よいファシリテーションで定評のあるライブ会議と仙台夜回りグループのコラボ
レーションを、乞うご期待ください!!

門間@LOVE YOU ALWAYS(JANET KAY)拝
c0020127_124883.jpg

[PR]
# by 1193ru | 2004-12-29 12:46 | ビッグイシュー
12月28日(火)
夜、「いーぐする市民団」の会議に参加。
年明け1月22日に開催する『Smile Jam Round1』の準備も大詰めになってきました。
写真展あり、ライブあり、講演あり、ワークショップあり・・・楽しいイベントと、
それを盛り上げるちょこっとした仕組みがいろいろあります。
(詳しくは、http://party92cle.gozaru.jp/ をご覧ください)

イベント通貨「IGU THROUGH(いぐするー)」(以下、IGU)も、ちょこっとした仕組
みの一つ。
当日、ホームレス支援団体へ、物資(ホッカイロ、靴下など防寒具類)を提供してく
れた方へプレゼントする予定です。
IGUは、会場内で福祉作業所の方々に作っていただいたクッキーやパン、芋煮汁、企
業人が腕を振るう(?)綿あめなど、いろいろなフードに交換することができるんで
すよ。
いーぐする市民団のメンバーは、現在15人。
一人ひとりが、広告塔であり、企画者であり、プロデューサーでもあり、また資金調
達者。組織全体を考えることもできれば、組織の将来像も描くことができるという、
スーパーな面々です。
今、企業では経営者人材が求められているそうですが、うちのメンバーは全員が「経
営者人材」かも・・・・・・ってちょっと自慢し過ぎですね。

今回のSmile Jamdでは、1日で14イベント(アレ?もっとかな?)を行う予定です。
盛り沢山過ぎると感じる方も多いようですが、
まだまだやりたいことがいっぱいです。
自分、相手、家族、友人、地域、社会、文化、経済、政治、日本、アジア、世界・・・
・・そして日々の暮らし・・・・・・。
「いのち」をキーワードに、たくさんの方々と一緒に、一つひとつ丁寧に向き合って
行きたいと思っています。

門間@a foreign sound(Caetano Veloso) 拝
[PR]
# by 1193ru | 2004-12-28 20:56

団長日記

「団長日記」・・・・・なんてコワイタイトルなんでしょう。
ネーミングの重要性をヒシヒシと感じながら、
担当者の英断に恐れ戦きつつスタート。
末永くよろしくお願いいたします。
三日坊主になったら、ビシビシお尻叩いてくださいね。
(頼んだよ、岸さん)

さて、今は12月26日23:50。
クリスマスの余韻にしがみつきながら(私だけ?)、明日の出社を憂う大人がうよう
よしている夜です(これまた私だけ???)。
今、私は今回のイベントのチラシをボランティアで引き受けてくれたデザイナーの石
川さんと最後の追い込みをしています。
石川さんは、広報リーダーの小出氏のご紹介なのですが、
若い!センス◎!謙虚!イケメン!仕事も速い!・・・・と何拍子も揃った男子。
こんな休日の夜中までお付き合いいただいており、
もう、ホントに「うちの娘の婿に・・・」って言っちゃいそうです。
(娘はいないんですが)
いつも感じることは、石川さんのような素晴らしい方々のお力添えでイベントをさせ
ていただいているという感謝の想い。
前回の写真展でも、本当にたくさんの方々のご厚意のお陰でイベントを開催すること
ができました。
また、その後の各地での写真展も、もの凄くたくさんの方々の想いや力があったから
こそ実現できました。
そんなことを感じ・考える度に、言葉にならない想いでいっぱいになります。

「ありがたい」
不意に口をついて出たコトバ。
人の縁の中で生かされている自分、
人の縁の中でさせていただいているコト・・・・・
私の回りには「ありがたい」ことがてんこ盛りです。
このありがたい想いを1月のイベントで、
「一人ひとりの存在の大切さ」と共に、たくさんの方々にお伝えできればと考えてい
ます。


今、インドネシア震源の大地震による津波でたくさんの方々が亡くなったとのニュー
スが続々と入ってきています。
新潟についてもそうですが、自分は一体何ができるのか。
前述の想いと繋がる何かがそこにあるような気がして仕方のない、今日この頃です。



門間@HOW TO DISMANTLE AN ATOMIC BOMB(U2) 拝

c0020127_0542391.jpg
[PR]
# by 1193ru | 2004-12-26 23:50