ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春彼岸の雪ウサギ

冬の最後の名残りなのか、春の到来を知らせるものなのか、
20日から21日にかけて、仙台ではぼた雪が降りました。
ちょうど21日の番組で、ぼた雪のお話をすることになっていたので、
番組担当のディレクターさんはタイミングの良さにビックリされていました。

でも振り返れば、この時期のぼた雪は当たり前のことでした。
温暖化が進んだせいか、降らない年もありましたが、春彼岸の頃はいつもぼた雪。
幼少期、からだが弱くいつもこの時期は床に就くか入院するかをしていた私は、
窓からぼた雪が降るのを眺めてばかりいたので覚えています。
ただ、幼少期の雪は、もっと水分が少なかったと記憶しています。

熱でうとうとする中、時々目を覚ますと、枕元に雪ウサギがいました。
誰かの指跡が残る雪ウサギは、真っ白な雪がしっかりと固められ、
赤い南天の目がちょこんとふたつ。
耳に見立てた椿の葉も二枚。

春彼岸に雪が降っても、降らなくても、
なぜでしょう。
毎年思い出しています。




[PR]
by 1193ru | 2014-03-23 11:49 | モロモロ

ここしばらく

ご無沙汰しておりました。
仙台も日差しが春めいて来ましたが、やはり東北。
まだまだ風は冷たく、寒い日が続いています。

年度末。
あわただしさに拍車がかかりつつも、
ローリング・ストーンズのライブに大興奮したり、杵屋松紀三さんのお三味線を堪能したりと、仕事の合間に大きなご褒美をちょこちょこ入れつつ愉しんでいます。
もちろんお仕事も愉しいです。
あわただしいけれど、右を向いても左を向いても、愉しいことばかり。
そんな年度末を過ごせて、幸せだなぁ〜とついつぶやいちゃってます(笑)

明日で東日本大震災から3年。
3年一区切り…と言う方もいらっしゃいますが、
たぶん、私には当分区切りは来そうもありません。
昨日、被災地に暮らす女性の語り場「こころると〜く」を仙台市青葉区で開催しました。
会場のしつらいも、ご用意したお菓子もお花も。
私の選ぶもの全てが、震災・被災に繋がってしまっていました。
大きく刻み込まれた経験は、消えることはなく、区切りもそう簡単にはつきそうもないです。
それが私にとっては、自然で当たり前のように感じます。

一人ひとり当たり前に異なる。
それを大切にしながらこれからも行きたいです。




[PR]
by 1193ru | 2014-03-10 21:24 | モロモロ