ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

私が所属している おとな女子3040 PROJECTから、
「被災地に暮らす30〜40歳代女子のための語り合いの場・こころると〜く」開催のお知らせです。

おいしいお菓子とお茶を片手に、
のんびり・ゆったり時間をすごしてみませんか?

今回は「香り」の先生をお招きして、
お一人おひとり好きな香りを選んでいただいてオリジナルのマッサージオイルを作ったり、
ハンドマッサージを伝授していただいたりというお楽しみもあります。
毎回人気のともちゃん'sテーブルコーディネートと、
同じくともちゃんセレクトのお菓子もお楽しみに♥

お申し込み&お問い合わせは、
oj3040project@excite.co.jp へお願いします。
お菓子の準備がありますので、お申し込みは6月15日までご連絡いただけると助かります。

お一人でもお気軽にご参加いただけますので、ご安心くださいね。
みなさまとお会いできることを、愉しみにしております。

日時;2013年6月18日(火)10時〜12時
場所;エル・ソーラ仙台 研修室(仙台駅前アエルビル28F)
参加費;500円(材料費と飲食代に当てさせていただきます)。
参加対象者;被災地に暮らす30〜40歳代女性
(被災経験は問いません。また、年齢確認等はしませんので、お気持ちが30〜40歳代の女性の方はどなたでもご参加いただけます・笑)
主催;おとな女子3040 PROJECT
(なお、「こころると〜く」は、せんだい男女共同参画財団の市民企画支援事業です)
c0020127_8352535.jpg

[PR]
by 1193ru | 2013-05-30 08:34 | 東日本大震災

「笑う」ことにしたワケ

忙しいと心を亡くすと言うけれど、そんな環境の中で何ができるのか考えて行き着いたのが「笑い」。
忙しいとギスギスするわ、力は出せないばかりかミスが多くなるわで、ホント何もいいことない。
そんな環境で踏ん張らなくてはならなくて、
それはもちろん私だけではなく、仕事をしている方の多くはそうなのかもしれません。
創造的で刺激的な仕事をしていた頃は、忙しくても心は失いませんでした。
今、メインで取り組んでいる仕事は、刺激的でもあり、想像力が不可欠なものではありますが、
それ以前に大きな課題のあるもので、
忙しければ心は亡くなるし、あっという間にマイナスのスパイラルに転落してしまうというところがあります。
状況がさらに厳しくなったここ数ヶ月、
考えに考え、自分ができること−シリアスな取り組みではなく、軽やかな取り組みとして。厳しい状況の中でシリアスな行動を選択するのは、リスキーな面が多いためです−を考えたところ、行き着いたのが「笑い」。
今、意識的に毎朝、一人でも多くの方たちと笑い合うようにしています。
朝だけではなく、すれ違いざまにも。
ランチもなかなか思うように取れない、帰りも残業で誰にも会わずに終わってしまう…そんな状況でも、廊下やトイレですれ違うことはありますから、そんなちょっとしたすれ違いの中でも笑えたらいいな…と思っています。
声を上げなくても、口角がちょこっと上がったり、ゆるんだりするだけでも、眼がニヤリとするだけでも、上出来。
とにかく「笑い」をひとつでも多く日常に入れようと努力しています。

私たちの脳は非常に精巧にできていますが、
ほら「頭が良すぎてバカ」みたいな人っているでしょう?
脳はそんな側面もあるんだそうです(笑)
だから、おかしいこと・おもしろいことがなくても、「ガハハ」と嘘笑いとしたり、笑い顔を作ったりするだけで、脳は「楽しい」「うれしい」と勘違いして気持ちを少し上向きにするよう動き出すそうです。
こんな機能があるなら、使わない手はありません。

数日前、昔苦しい境遇にあった私を支えてくれた方がお亡くなりなりました。
東京駅のカフェでその訃報を知った時、あまりのことに視界がワナワナと震えるのを感じました。
一緒にいた方に悟られないよう、打ち合わせを続けましたが、頭の中は真っ白になってしまいました。
ショックの原因は、お亡くなりになったことが一番大きいのですが、
わけ合って、私はその方のお通夜やお葬式にお伺いはできない立場だということもありました。
もっと長い時間が経てば、お互いに長く生きていれば、いつか必ず再会できると勝手に信じ疑いもせずにいました。
そしてその時、過去にいただいたご恩のお礼をお伝えし、たわいない穏やかな会話を再び交わすことができるとも、これまた勝手に信じ込んでいたせいです。

訃報をいただいた時、私の目の前にはこれから始まるだろう活動のパートナーがいました。
打ち合わせをしながら、色彩を取り戻そうともがく頭でぼんやりと想像しました。
私の人生、あまりにも無念ばかりを抱え・重ねる人生ではないかと。
これから始まるこの活動も、無念続きのものになってしまうのではないのかと。
根拠ない暗い坂道をズルリ、ズルリと音を立てながら気持ちが落ちそうになってしまいました。

口角を上げ、目の前にいる仲間に、笑いかけ話す。
たわいもないことでも、お互いの体をこづき合うかのようにして、言葉を交わし続ける。
そして、声を上げて笑う。これからの関係性がよりよくなるよう、一回でも多く笑う。
それを繰り返し、繰り返し、30分。

改札で、仲間と別れ、新幹線に乗り一人になっても、
センチメンタリズムに飲み込まれず、恩人のR.Tさんを偲びただただひたすら感謝することができました。
駆けつけられない自分の立場を悔やんだり、そのような状況を恨んだり、怒ったりせずに。

仙台に戻り、今朝。
R.Tさんは煙となって空へ。
遺影を前に手を合わせることも、式を遠くで見守ることも、叶いませんでした。
だから、今日も笑うことにします(笑)
私の脳は、きっと人様よりさらに騙されやすいだろうから、
いつも口角を上げて、ニヤニヤした目つきでいることにします(笑)
[PR]
by 1193ru | 2013-05-19 12:51 | モロモロ
那須が好きで、10年程通っています。
何が好きなのか、今ではもう「何もかも」と言ってもおかしくない程です。
半月前、車の事故に遭ったせいか、今回はちょっと運転に抵抗があるのですが、
それでも、那須でハンドルを握るのは楽しいです。

黒磯や那須塩原から那須高原を目指して走ると、茶臼岳が迫って来ます。
仙台とは植物が異なるので、道路を包むように茂る木々に、仙台を離れ那須に来たことを感じて、
気持ちが軽やかになります。
(仙台が嫌いなわけではないですよ・笑)
自宅や仕事と離れていることを実感すると、
力みが消えるのでしょうね、気持ちがほぐれやわらぐのを感じます。

高原に向けさらに車を走らせると、道路はさらに木々に包まれ、やわらかな緑のトンネルに入ります。
今時は、新緑の緑と初夏を思わせる日差しが目に鮮やかな光景を作り出しています。
いつまでもこのトンネルを走りたい気持ちを抑えつつさらに進むと、
水を湛えた田んぼのきらめき、牧草地の緑…優しくも鮮やかな光景が、次々と広がります。

3.11の翌年、ようやく来た那須は、
毎年訪れていたお店がいくつも空き店舗となっていました。
空っぽになったお店の前で、
目に見えない放射線の影響が可視化され、そして突きつけらた瞬間でした。
福島でも、宮城でも、何度となく突きつけられたものが、那須でも。
ガツンと頭を殴られた気がしました。

那須町では、町内30ヶ所で放射線の測定を行っています。
那須町のホームページにそのデータがUPされていますが、
私は、昨年以来欠かさず拝見してきました。

今年、ハンドルを握りながら、美しい景色の中に、
空き店舗だったところに新しいお店が開かれているのを見つけました。
一カ所、二カ所…
空き店舗に新しいお店が開かれているということを、
ただ、そのまま眺め、景色として捉えるー今はまだ、ここまで。
感情的なことではなく、もっと違うところで、
この風景を捉えたい、考えたい、そうもがく自分がいます。

那須でハンドルを握るのが、たまらなく好きです。
来年も再来年も、この風景がさらに新鮮で美しくあることを願いながら、
ハンドルを握っています。
c0020127_12421940.jpg

[PR]
by 1193ru | 2013-05-05 12:46 | DRIVE

那須高原

今年もまた那須高原に来ています。

数年ぶりで、創造の森さんで和の定食をいただいたり、
c0020127_11465423.jpg

昨年に引続き、La Terraさんでスカンピのパスタをいただいたり。
c0020127_11491998.jpg

Garden Hose SARAさんでは、
ヤギの蕗に遊んでもらい、
c0020127_11505053.jpg

ツリーハウスによじ登ったりしています。
c0020127_1152552.jpg


例年にも増して、
のんびり、ゆっくりすごしています。
こうしていると、
いろいろなものがひとつひとつほぐれたり、とろけたりして、
段々と、輪郭がぼやけ、ひとつに溶け合っていくようです。

震災からいろいろな出来事がありました。
そのどれもに、慌ただしさ、気ぜわしさ、どうにもこうにも地に足がつかない非現実感、
絶えずチームで動いているにも関わらず感じる意味不明の孤独感、
そして、こちらも理由も原因もさっぱりわからない疲弊感と閉塞感。
そんな感覚が、出来事のどれにも必ずと言っていい程、つきまとっていました。
セルフケアでは補いきれないこの感覚は、
少々やっかいな、それでいて、知らんぷりをすれば見えない程度のものではありましたが、
でも、やっぱり気になる感覚でした。

今朝、ヤギの声で目覚め、明るい陽を感じながら、窓をあけたら、
そんな感覚が消えていました。
ようやく落ち着いた気がしました。

こうしてPCに向き合っていても、
こうも心持ちが異なるものかと、
くすっと笑ってしまうほど、
何がどうというわけではありませんが、
落ち着いている私がいます。
[PR]
by 1193ru | 2013-05-04 12:03 | DRIVE