ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

被災地で暮らす女性と共に活動する「おとな女子3040 PROJECT」から
夏の一日をのんびり過ごすイベントのご案内です♪
事前のお申込みは必要ありません。
当日、お散歩がてらお立ち寄りくださいね。

●●●●●●●●●

30~40代女子のための、ちょっとぜいたくなカフェをOPENします。
1日限りの「こころると~く」カフェバージョンです。
みなさんに、ゆったり過ごしていただけるよう、
カフェメニュー・ワークショップメニューを揃えてお待ちしていますので、
お気軽にお立ち寄りくださいね。
メンバー全員、みなさまにお会いできることを楽しみにしています!
****************************
7月22日(日)
11:00-15:00
エル・パーク仙台 創作アトリエ
141ビル[仙台三越定禅寺通り館]5階
仙台市青葉区一番町
****************************
◆カフェメニュー:コーヒー、紅茶1セット200円
◆ワークショップメニュー:当日、先着順で受け付けます。材料費300円~500円。
①スクラップブッキング[定員5名]
 写真を飾れるカードを作ってみましょう。贈り物にも!写真がなくてもOKです。
②ハーブ石鹸[定員10名]
 好きな香りのハーブやアロマオイルを選んであなただけの石鹸を作りましょう。
③ハワイアンストラップ[定員10名]
 好きな色のリボンを選んで編みこむと…ハワイアンリボンストラップの出来上がりです。
④バスボム/入浴剤[定員10名]
 ハーブとアロマオイルで作るバスボムはいかが?いつものバスタイムがちょっぴり優雅に変身します。
11:30・・・・①③
12:30・・・・②③
13:30・・・・②④
14:30・・・・①④

*当日は、お子様連れでのご参加はご遠慮ください。
[PR]
by 1193ru | 2012-06-24 08:26 | 東日本大震災
以前からご案内しておりました、「こころるラジオ」の放送開始のお知らせです。

被災した女性はもちろん
「元気がでないな」「疲れたな…」「寂しいな」と感じている方へお届けするラジオ番組「こころるラジオ」が、
いよいよ7月からスタートします!
国内外のたくさんの方のお力添えで、いよいよお届けできるようになります。
ぜひ、聴いてくださいね♪

「おとな女子3040 PROJECT presents こころるラジオ」
平成24年7月6日(金)~毎週金曜日 23:55~24:00
@Date fm

そして今日21日(木)19時からは、第一回目の収録です♪
Date fm 1Fの外から見えるスタジオで21時まで収録してますので、
通りかかったらのぞいてみてくださいね!
[PR]
by 1193ru | 2012-06-21 08:09 | 東日本大震災

サンボと福山

サンボマスターの「できっこないをやらなくちゃ」を聴きながら、レジュメやパワーポイントを作っています。
テレビ画面では延々とサンボのライブを流しています。
時々泣き泣きレジュメを書いてます。
レジュメ作りで泣いているんじゃなくて、サンボの歌が泣かせるのです。
「できっこない~」だけじゃなくて、他の曲もそうですが、
これまで関わった方たちの顔が次々浮かんで、切なくなったり、悲しくなったり、寂しくなったり…
そしてうれしくなって、泣いちゃいます。

ついここ1ヶ月の間に、投げ出したくなるようなデコボコがありました。
そんな気持ちになる情けなさをごくんと飲み込んで、
応援してくださっている国内外の方たちの顔を思い浮かべ、
震災以降、あちこちで言葉を交わした方たちの「今」を思い、
一緒に走ってくれている仲間の言葉を思い出し、
とにかく、とにかく自分を奮い立たせてきました。
この間、サンボを何度聴いたかわかりません。

とにかく、私たちは走ると決めたのだから。

笑われたって、理解したフリされても、テキトーな対応をされても、
いいのだよ、私たちの思いは、
今も傷つき困難を抱えて一人唇をかみしめてる彼女たちに向かっているのだから。
そう思って、ガンガンやれるようになってきました。

はぁ~、力強いな、サンボは。
なんとまぁ頼りになる音楽だろう。
これまでも何度かサンボに支えられてきたけど、ホント、いいわぁ~。
ありがたいです。

サンボのライブ映像を観た後、
今度は福山雅治の石巻ライブの映像をチラ見しながら仕事をしています。
7月に1dayカフェイベントを被災地に生きる30~40歳代女性を対象に行うのですが、その秋バージョンを11月に開催することになりました。
11月の1dayカフェには、どなたかアーティストの方をお迎えして、音楽のプレゼントをしていただけないかと考えています。予算はほとんどないのですが…(笑)

言葉も映像も私たちを癒し、支え、力をくれるものですが、音楽もそのひとつ。
福山雅治、来てくれないかなぁ~。
日頃踏ん張りに踏ん張り抜いている30~40歳代女子に、
震災から続く不安と孤独、寂しさと悲しみを抱えつつも何食わぬ顔をして日常を回している彼女たちを、
音楽で癒し支えてくれる方はどこぞにいないかなぁ。
[PR]
by 1193ru | 2012-06-10 17:30 | MUSIC
メールはとっても便利なツールですが、最近少々食傷気味です。
大切な話―特に話の行き違いが出て来そうな時や出てきてしまったと感じた時は、顔を合わせて言葉を交わすことがとても大切です。
…とは思いつつも、ホント、私たちったらなんと忙しい社会に、時代に生きているのでしょうね。
インターネットの普及で面識がない遠方の(たとえば海外の)方たちとも、仕事や活動でご一緒する機会がどんどん広がってきています。
いい時はいいのですが、やっぱり何か小さな躓きが出始めると、ホント関係構築が難しくなってしまいます。
近くであればすぐに飛んで行って(最近は近くでも飛んで来ない危機感の非常に薄い方たちもいると聞きますが)、顔を合わせて言葉を交わして相互理解を深めることもできますが、
遠方だとなかなかそうは行きません。
そこで、最近、テレビ電話やスカイプの登場・活用となるわけで…
とても便利な反面、やはりどこか危うさを内包した関係の紡ぎ方。
まさに現代チックですね。

親しい大切な人と、シリアスな場面を迎えてしまったら。
やはり顔を合わせて言葉を交わしてなんとか究極的な選択をしないよう、
お互いの傷が深まらないよう、尽力するわけですが、
この時、顔を合わせて言葉を交わすだけではなく、
できれば手をつなぎながら、話し合ってみて欲しいのです。
スキンシップはやっぱり絶大です。
手をつなぐことすらできない状態だったら、これからの関係を考える機会かもしれませんね。
どんなにシリアスな話でも、手をつなぎながらであれば、最悪・最低な事態の回避の可能性はググンと高まることでしょう。

関係構築について、ちょっとおしゃべりしてみました。
ご参考になればうれしいです。
[PR]
by 1193ru | 2012-06-02 17:51 | モロモロ