ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2010年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

凹み

おはようございます。

出会いがあれば別れあり。

私の所属しているオフィスでは、ここ数カ月、毎月のお約束のように「送別会」が行われています。
毎月、退職の方が出ているのです。
理由は「雇用満期」だったり「体調不良」だったりいろいろなのですが、月末になるとさびしい思いで多くのスタッフが凹みます。

この凹み、一見すると業務に支障をきたしているようには感じなかったのですが、昨年度の実績(相談件数等)と比べると一目瞭然!
昨日、今年の数字がひどく落ち込んでいるのを発見し、驚きました。
スタッフの凹みはきち~んと数字となって表れているのです。
ま、数字の落ちの理由はこれだけではないと思うのですが、人様の気持ちを扱う仕事ですから、スタッフのメンタル・職場環境の影響は大きいと思うのです。

何がどうというわけではないのですが、ここ数カ月、スタッフの多くがオフィスに来ることに「だるさ」を感じていることもわかってきています。

はてさて、どうしたものか。

管理者ではない私。
でも、スタッフの一員であることにはかわりなく。
何ができるのか、考えなくてはなりませんね。
[PR]
by 1193ru | 2010-08-31 06:55 | モロモロ

月曜朝

おはようございます。
昨日の講座の疲れが抜けず、体が重い朝です。
月曜日なのにね。
やっぱり休養が必要かな。
今晩は、帰宅したらゆ~っくりして、さっさと寝ちゃいます。

ではでは、すてきな一週間を!!
[PR]
by 1193ru | 2010-08-30 07:50 | モロモロ

視界が狭い日

昨夜も会議で0時近くの帰宅。
今日はさすがに血圧が上がらず。
ただでさえ低血圧なのにね。
で、どんなに頑張って目を開いても視界が狭くて…
いやはや。
寝不足はダメだな。

あ、低血圧でも、朝4時半にはしゃきーんと起きてすぐに動いたり、食べたりできるんですけどね(笑)

平均睡眠4~3時間も改善しないと。
そろそろ6時間くらい寝るように生活リズムを組み替えたいと思ってます。
でないと、ますます老けちゃう。

加圧トレーニング復活しようかな。
ヨガも復活しようかな。
眠っているトレーニング系DVDを復活させようかな。
ジョギングも復活しようかな。

それよりもまずは生活リズム。
せめて22時には自宅に帰るようにしよう。

反省、反省。
そして目標設定!
明日から実行じゃ!!

あ!
明晩も仕事だった!!
うーむ。
道のりは遠い…
[PR]
by 1193ru | 2010-08-25 21:13 | からだ
自分の本音を伝えることの難しさを実感している一日です。
相手と意見が異なる時、黙って言葉を飲み込むことばかりでは新しいものは生まれないし、関係も深まりません。
ただ、思い切って伝えたところで、状況が明るくより強固な関係性になるのかといえば、いつもそうとは限らず。
私たちは、後者をよーく、痛いほどよーく知っているから、ついつい黙って言葉を飲み込むことばかりしているように思います。
でもだ。
クリエイティブな仕事をしている自負があり、相手との関係にゆるぎない信頼を確かに感じていたら、飲み込まず言葉に出せるのではないでしょうか。
もちろん、ほかにも必須な事項はあるでしょうけど。
まずはこの二つがあれば、ね。

そう思い、意見を相手のど真ん中に向けて、受け取りやすいスピードで分かりやすい直球で投げてみました。
吉と出るか凶と出るかは不明。
ま、そんなもんですわ(笑)

あー、こんなことで心を揺らすより、もっとキラキラと光り輝くコトで揺らしたいです。

アサーティブにやっても、相手がアサーティブとは限りません。
それでもあきらめず、胸を張ってやっていきたいです。
[PR]
by 1193ru | 2010-08-24 00:07 | モロモロ

おちゃのこさいさい

仙台は相変わらずの猛暑。
酷い暑さです。
体調が悪くなって当たり前ですね。

ようやく書類作成の山を越えました。
やるだけやったので、あとは野となれ山となれ。
多少のアフターはあるものの、ま、ここ数日のしんどさに比べたらおちゃのこさいさいなのです。

ん?!

おちゃのこさいさい?!

京都・祇園の産寧坂の「おちゃのこさいさい」にまたまた立ち寄って来ました。
この界隈が大好きで、よくうろうろします。
で、毎度のことながら一味やら七味を買って来るのですが、今回購入したのは「舞妓はんひぃーひぃー」なる激辛一味。
こだわりの唐辛子にハバネロが入って、その辛さは「狂辛」。
「世界一辛い」とのふれこみなのです。

で、そのお味は。

すごいとしか言いようがないです。
でも、お料理に少し…という程度であれば大丈夫。
さっき、お昼の讃岐うどんに少し使ってみました。
はい、大丈夫。
使えます(笑)
ま、今回は、おふざけ半分に罰ゲームに使おうかと買ってきたのですが(!)

「激辛食品で暑さをブッ飛ばせ!」
と先ほどテレビでやっていましたが、いやいや「舞妓はんひぃーひぃー」を持ってしても無理。
暑くてたまりません。

来週は東京。
考えただけで倒れそうです。
[PR]
by 1193ru | 2010-08-22 14:32 | モロモロ

京都・龍安寺

石庭で有名な、京都・龍安寺へ行ってきました。
京都には何度か来ていましたが、龍安寺は初めて。
写真やネットでは拝見していましたが、想像よりも小さなお庭で意外でした。
龍安寺・庫裡の敷居をまたぐと、まず正面に仏様がいらっしゃいます。
この仏様、なんども言われぬ雰囲気がありまして、その底知れぬものに恐れをなしてしまいました。
大きなものではないのですが、その存在感たるや尋常なく。
そこから方丈へ進み「方丈庭」とも呼ばれる石庭まではほんの十数歩程度なのに、庭が見えるまで私をとらえ離しませんでした。

石庭は、想像以上に小さく、箱庭がそこにあるようなそんな気持ちにさせられました。
c0020127_1119213.jpg


この暑さのせいか、土壁にはりつくようにしだれ桜の枝が落ち。
その土壁自体は、ゆるやかな傾斜をもって観る者の感覚を静かに緩めていきます。
大小15の石が規則正しく整えられた石砂の上にあり、その様は計算されたようなそうでないような、私たち観る者の心ひとつでいかようにも映ります。
c0020127_1121444.jpg

どうやら石砂が引かれた地面もゆるい傾斜をもっているようで、土壁自体の傾斜と三方を囲む空間、そして石砂上に佇む石…これらが相まって感覚がどんどん非日常へ流れて行きます。
気がつけば誰もが口数少なくなり、ただただ石庭に魂が向いています。
色彩がありながら、ここはモノクロの世界。
気がそうしているのでしょうか。
土壁の向こうには眩しいばかりの猛暑の青空が広がっているというのに、桜がしなだれかかる土壁に囲まれたこの空間では、刺激的な光りや色彩、そして温度までが存在しないのです。
実に興味深い。
ここに存在する私たちの脳に何を与えればこんな感覚を持たせることができるのでしょうか。
この空間全体。形あるものだけではなく、ないものも含めてのなせる技なのでしょうけど。

柱を曲がると、モノクロの世界が一変し、さまざまなグリーンが静かに広がります。
西の庭と呼ばれる苔むした小さな林の庭です。
c0020127_11352639.jpg
木立の向こうにすぐ塀が見えそのまた向こうの雑多なものがのぞいているにも関わらず、この小さな庭には深く広い奥行を感じてしまいます。
突如、苔むした杉山に迷い込んだような。
深く果てのない未知の森に飛び込んでしまったような。
西の庭をしばらく味わい、さらに柱を右に折れ、北の庭を眺めながら進むと徳川光圀寄進と言われる「吾唯足知」の蹲踞と侘助椿があります。
蹲踞はレプリカとのことでしたが、なるほどこれがかの有名な…と感慨深いものがありました。
脳トレや小中学校の入試でよく見られる問題はここから来たのかとつい思ってしまうのですが、中央の水口を「口」の字に見立てて周囲の四文字を完成させて意味を伝えるという、実にユニークなものなのです。
c0020127_11461750.jpg


庫裡を出て、暑さでぐったりした蓮が痛々しく映る鏡容池沿いを歩き、山門から龍安寺をあとにしました。

門をくぐればそこは異次元。
京や奈良。
歴史の長い神社・仏閣を巡る楽しみは、日常では味わえない想像を越えたこの異次元・異空間を味わえることなのかもしれません。
[PR]
by 1193ru | 2010-08-22 11:38 | モロモロ

京都・清水寺

c0020127_104853.jpg

コレなぁ~んだ?

正解は、

清水の舞台を支えている柱群!

アノ絶景鑑賞ができるのも、この柱さんたちのおかげなのです。
しかも、この柱、釘が一本も使われていないとか!
木組みであの巨大な舞台というかバルコニーというか、まぁそのアレを支えているわけで。
ホントすごい!

でもね、実は清水寺で一番感激したのは、この柱でも絶景でも国内ビールを初めて作った時に使われた湧水&滝でもなく…そう、知る人ぞ知る

胎内めぐり!!

なのです。
まさに清水の舞台のところにあるのですが、入口におじいとおばあがいて「中は暗いから左手の手すりを離しちゃだめよ」と説明してくれます。
でも、そんな説明みんな甘くとらえていて、大概は中に入ってプチパニです。
「暗い」なんてもんじゃない!
真っ暗を通り超えて、闇。
一筋の光もほのかな明るさもなぁ~んにもない、闇。
何もないただただ闇。
こんな闇、未だかつて体験したことがないものだから、パニくるパニくる。
恐る恐る歩を進めるとしばら~くして梵字が刻まれた光る石があって、それをなでて願い事をひとつして出てくるのですが、出てきた時のみなの顔つきの違うこと。
まさに「生まれ変わって」とおばあが言っていた通り!
すごい体験なのですよ。
ちなみに入場料100円。
100円でこの闇体験は、安い!
あと2回は体験したいです。
(2回も3回もするものではないとおばあが説明してましたが…)
c0020127_1124188.jpg

[PR]
by 1193ru | 2010-08-22 01:14 | モロモロ

奈良・春日大社

全国至るところにパワースポットなるものがあるそうな。
私はよくわからないのだけど、今回関西で「気」というのかな、何かこう言葉では言い表せないようなとても気持ちのいいモノを感じた場所がいくつかありました。
これがパワースポットなのかはよくわからないけど、以前、函館の大沼公園のある場所や那覇の首里城のとある区域で感じたモノに近い何かが確かにそこにはありました。
不快なものではなく、むしろ非常にクリアで通常の感覚とは異なった心地よさのモノなのです。

c0020127_0305478.jpg
そのうちのひとつが、奈良の春日大社でした。
ちょうどこの建物から向かって左手にあるご神木にかけてが心地がよかったです。
c0020127_0361950.jpg
誰かに見守られているような、そんな気持ちになり、何時間でもそこに佇んでいたくなりました。



でも、そんな優雅な我がままは許されるはずのない炎天下。
宮司さんが暑さ対策にと、せっせと水を打っています。
c0020127_04104.jpg

今年の夏は特に蒸し暑いそうで、ホント大変な時期にお邪魔してしまいました。
おかげで仙台に戻ったらとっても涼しく感じちゃって。
関西行脚の効果なのか、暑さにずいぶんと強くなりました。
これも神社・仏閣を訪ね手を合わせたご利益なのかも?!

8月はちょうど釣燈籠の季節。
春日大社の境内には、たくさんの見事な釣燈籠がありました。
c0020127_049439.jpg

[PR]
by 1193ru | 2010-08-22 00:57 | モロモロ

自宅にて

仙台はいくぶん過ごしやすくなってきました。
風がさわやかです。
といっても「いくぶん」ですが。
先日、関西へ行ってきました。
同じ日本なのに、酷い暑さです。
特に京都。
大阪の方がまだまし。
京都の暑さは尋常なく…
至るところで「浴衣一日レンタル&着付け4800円」(!)なるものをしていて、たくさんの浴衣美人を見かけました。
いいですね。浴衣。着物も大好きです。
でも、この暑さ。
「服より涼しいのか?」
「あの帯のあたりは大変だな」
「返却された浴衣のクリーニング大変だろうな」
…とついつい考えてしまいました。

さて、仙台に戻ってからはずーっとデスクワーク。
鬼のように文書を作っています。
肩や腰がもう限界です。
1日14時間も座ってれば誰でもこうなりますよね(笑)
足を組んだら骨盤がゆがむよ…と整体の先生に言われてても、もうガンガン組んじゃってます。
ここ数日は自宅にこもってやっていますので、部屋も大荒れ。
デスク周り360°に書類や書籍が散乱しています。
さながら、ストーンサークルみたいに…

キーボードを叩きつつ、サンデル教授の「ハーバード大白熱教室」を見ました。
何回見ても面白い!
こんな講義を受けたかった!
…受けるにも相当の知性が必要だと思うのだけど、でも、欲を言えばこんな教育を受けてみたかった!
人生を振り返るとホント、したかったことがいっぱいで後悔ひとしお。
そんな悔しさとノスタルジーを抱えつつ、目の前に山積した文書の山を片付ける私。

そしてふと頭に浮かぶ一問。

「この仕事が一体何になるのか」

最近、この問いが頭の中によーっく浮かぶようになりました。
まっすぐに未来を信じて突き進んでいた頃とは、微妙な変化が私の中に出てきているのでしょうね。
この問いが出てくると、仕事に「にごり」が出てきてしまうような気がして、とてもうんざりします。

一見、ゴミの山と化した部屋。
いい仕事はきっといい環境から生まれるのでしょうね。
あー、うんざりする一問が出てくるということは、そろそろ「掃除の時間」が必要なのかもしれません。
[PR]
by 1193ru | 2010-08-21 12:59 | モロモロ

涼やか

数日、暑いところへ行っていたせいか、仙台が涼しく感じちゃうのかな。
自宅で必死に仕事してますが、クーラーなしで大丈夫。
涼やかな風が入ってくるし、なかなか快適な日です。
[PR]
by 1193ru | 2010-08-20 13:15 | モロモロ