ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ぽつりぽつり独り言

ハイチに続き、チリで地震。
今日は、津波が日本に到達。
地球上ではいろいろな異変が続いているけれども、空を見上げれば美しい満月が。
災害でたくさんの命が奪われ、たくさんの悲しみで地球が覆われているのに、ホント何事もなかったかのようにふくよかに輝いている月。
そのギャップがとても不自然で、不思議な感覚を覚える。

さて、本のこと。
昨日、本棚を片付け、一部の漫画や雑誌を保護施設へ届けた。
今日は今日で、ビジネス書を古本屋へ持って行った。
本がグルグル循環している。
想像すると、ちょっと楽しくなる。
ちょっとうれしくなる。
本棚には、線やら丸やらいろいろ書きこんでしまってどこへも行き場のない本が残る。
循環できずここでストップしてしまった本たち。
ちょっと気の毒になる。
きれいに扱ってあげればよかったと。

今日、映画「インヴィクタス」を観た。
毎度のことながらクリント・イーストウッドはすばらしい監督だとしみじみ思う。
扱うテーマ。その描き方。役者やロケーション、画像のトーン。
どれをとっても、すばらしい。
単純な美しさやすばらしさではない。
生身の人間の匂いがそこにあり、そこから流れ出す地味で控え目な凛とした美しさが漂っている。
だからこその感動が静かに迫る。
涙がにじむ。
胸が苦しくなる。
この世の中や人生は、
「悪いことばかりではない」
「捨てたものではない」
と思いたくなる。
と強く思わせる。
彼の映画を観た後、いつも必ず思うこと。
そして、じんわりと希望を噛みしめる。

明日から3月。
春だな、と思う。
まだこたつやファンヒーターが必要だけど、春だ。
今月、また1歳年を重ねる。
いろいろ感じたり、考えたりすることが毎日よくまぁこうもあるものだ。
でも、それがうれしくもあり、楽しくもあり。
これからも何年もいくつになっても「多感」でいたい。
[PR]
by 1193ru | 2010-02-28 20:55 | MOVIE

Power Question 2

ただいま帰りました。
では、先ほどの続きを…。

辛かったり、苦しかったり、悲しかったり、落ち込んだり…
そんな風に気持ちがいってしまう出来事が起きた時。
過去の辛い出来事を思い出して落ち込んでしまったり苦しくなったりした時。
そんな時、誰もがこんな言葉を自分に向けます。

「どうしてこんなことになったんだろう?」
「なぜ私が?」
「私の何が悪かったの?」
「どうして私だけこんな目に遭うの?」…etc

これはどれも自分を追い込み、負のスパイラルへ突き落す質問です。
ただでさえ辛い状況にあるのに、さらに輪をかけて辛い状況へと突き落す、いわば「Power-Down Question」です。
こんな時は、思い切って以下のようなPower Questionを自分にしてみましょう。
「この状況はどんなギフトを私に贈ってくれるのかしら?」
「この状況から何を学べるのかしら?」
「どうしたら私はもっと良くなれるのかしら?」
声は大きくいつもより高い調子で。
それから少しおどけた口調がいいでしょう。
できれば大きな身振り手振りを交えながらやってみましょう。
何度も繰り返し、気持ちが上向きになるまでやってみてください。
繰り返すうちに、明るくおどけた声や調子・口調を脳が察知して、深刻にならずに辛い出来事でも前向きに対処するよう思考が働き始めます。
気持ちが上向きになった後も少し質問を繰り返しくださいね。
前向きな思考が強化されます。

その後、落ち着いた声と確信に満ちた表情で
「解決に必要な方法と力は、すべて私の中にある」と自分に伝えてください。

こちらのケースを昨日は「PQを使ってなぜなぜ子ちゃんへ対処する法」としてお伝えしました。

PQは、A4 くらいの紙に書いて壁に貼っておくといいです。
以前は手帳やお気に入りのカードに書いて持っておくといいですよ、とお伝えしていたのですが、手帳やカードは、辛い気持を抱えつつも忙しくあわただしい日常を送る中ではつい出しそびれてしまいます。
なので、自分の目線よりもちょっと高い壁に貼っておくといいですね。
「目線よりもちょい上」がポイントです。
目線を上げるだけでも気持ちが上向きになるのを大きく助けてくれます。
女性だったらドレッサーや鏡の横がお勧めです。

ということでPQ、ぜひお試しくださいね♪
[PR]
by 1193ru | 2010-02-21 19:48 | DV

Power Question 1

昨日の「女性のためのこころのケア講座」で、Power Question(パワークエスチョン)についてお伝えしました。
ご関心を持たれた方が非常に多かったので、ここにも簡単に書いておきます。

昨日の講座では、子どもへの暴力の影響についてお伝えしました。
子どもの頃受けた暴力やDV家庭で育ったことにひっかかりを持つ方や、DV離婚経験者で子どもへの影響を心配する方などがご参加になっていたようです。
「暴力と被害女性」をテーマとする講演や講座が多い中で、子どもへの影響をお伝えするものは珍しいせいか、多くの方がご参加くださいました。
講座の最後に、「明日をいつもと違う一日にする計画をひとつたててみてください」と投げかけました。
計画―ほとんどの方が何かしらの計画を立てた経験があると思います。それと同じくらいの数だけ「計画倒れ」の経験もあるのではないでしょうか(笑)
さて、暴力被害を受けた方たちはいかがでしょうか。
計画を立てても暴力被害の影響の心身の不調から実行できずに終わってしまうことが非常に多いと思います。
なぜなら、計画を実行するには、心身がある程度安定した状態できれば、「最高の状態(Peak State)」であることが必要だからです。
そこで、Peak State(ピークステート;最高の状態)に持って行くために使うのが、Power Question(パワークエスチョン)です。
PQはこんな感じで投げかけます。

明るい声で、鏡の中の私にできるだけ大きな身振りや手振りを交えながら、表情豊かに質問してみましょう。
「私は何に幸せを感じているの?」
「私は何に感謝しているの?」
「私は誰を愛しているの?」(←間違っても過去にあなたを傷つけた異性の名前は挙げないこと。現在進行形のものが対象です)
「私は誰に愛されているの?」(同上)

PQを投げかけた後、今度は立てた計画を実行している自分をじっくりと想像します。
想像しながらまた自分に問いかけます。
「実行している私はどんな気持ち?」
「どんな表情をしている?」
「どんな音が聴こえる?」
「どんな風景が広がっている?」
「そばには誰かいる?それは誰?」

再度、鏡の中を自分を見つめてください。
そして、信頼できる落ち着いた声と確信した表情で、鏡の中の自分に伝えてください。
「私にはそれを実行するための力が全て揃っている」と。

さて、これがPQを使ったPSへ自分を誘う流れです。

おっと、ちょっと急用発生です。
ここまでで一時ストップします。
続きは今晩。
[PR]
by 1193ru | 2010-02-21 16:53 | DV
昨日で「仙台女性へのこころのケア講座」も、11回目が終了しました。
来月が今年度の最終回。
4月からまた始まりますが、「一区切り」が目前に迫っています。
昨日の講座でご質問を受けましたので、簡単なお返事です。

■個人カウンセリングや相談のご依頼について
   今年度、私はカウンセリングと個別相談はしていません。
   4月以降については未定です。
   講演や講座終了後の立ち話的なご対応しかできていません。ごめんなさい。
   以下、仙台市内でDVや離婚・虐待・人間関係・夫婦関係等に関する
   お勧めの相談機関をご紹介します。
(1)電話相談(全国どちらの地域からでもご利用できます)
   仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台 022-274-1885
    月~金曜日 13:30~16:30
    第1~4火曜日 18:30~21:00
   みやぎ男女共同参画相談室 022-211-2570
    月~金曜日 8:30~16:45
(2)面接相談
   せんだい男女共同参画財団エル・ソーラ仙台相談支援係
    (主に仙台市内に在住または仙台市へ通勤をしている方対象)  
    予約電話番号 022-268-8302 
   みやぎ男女共同参画相談室(宮城県内に在住の方対象) 
    予約電話番号 022-211-2570 
(3)カウンセリング
   フェミニストカウンセリングルームin仙台 
    予約電話番号 022-268-1670 
   ウィメンズカウンセリングいずみ 
    予約電話番号 022-727-5455
   大崎市まちづくり推進課
    予約電話番号 0229-23-5069 
[PR]
by 1193ru | 2010-02-21 12:55 | DV

下弦の月と最終目標

少し前から続いている下弦の月。
今まで満月と新月にばかり目がいっていたけど、どうも下弦の月は私のラッキームーンのようだ。
月が細くなるに従って、視線が前へ前へと向き始め豊かな気持ちが自然と沸き上って来たのだ。
そして、思いがけない幸せがポコポコと沸き出して来ている。
おもしろく不思議なことに。
夜空を見上げ下弦の月を眺めながら、なんだかんだと血を流し涙を流しつつも、昨日より今日、今日より明日と確かに幸せや充実が確かなものになっているのを実感する。

これから2ヶ月しないうちに、また生活がガラッと変わる兆しがでてきている。
めまぐるしい人生だなと苦笑しつつも、そこにあるたくさんの方たちの手に感謝の気持ちがこみ上げる。

明日もまたたくさんの方に支えられて生きる。
何ひとつとして自分ひとりではできないことを思い知らされる毎日で、それがまた深い感謝の念を生む。
そのこころの流れを私はとても気に入っている。
無力感と戒めと気づきと感謝。
一見するとかき集めのようなアンバランスでミスマッチな感情の詰め合わせだけれども、ここから生まれる一連のこころの流れはとても尊いものなのだ。私にとって。

さぁ、明日。
またたくさんの出会いがあり、たくさんの人たちとの関わりがあり、そしてまたたくさんこころが動く。
死ぬまでこの連続だ。

私はこんな毎日を送り、そして、人生最大の感謝の念を抱きながら最後の瞬間を迎えたい。
これが最終にして最大の目標。
ここに辿り着くまで、まだまだ歩んでいくのだ。
[PR]
by 1193ru | 2010-02-19 23:41 | モロモロ

DVに詳しい弁護士@仙台

「DVに詳しい仙台の弁護士を教えて欲しい」というご質問がありましたので、弁護士の探し方についてお伝えします。

オーソドックスな弁護士の探し方は飛ばします。
「DVに詳しい」というところに特化してお伝えします。
仙台であれば、以下のところで手がかりがつかめます。

1.DVに詳しい女性弁護士が一堂に会して無料で相談にのってくれる「女性のための離婚ホットライン」(年2回開催。DVと離婚に詳しい女性弁護士による無料の面接相談を開催)へ出かけて相談する。
2.ハーティ仙台主催のDVと離婚の話し合いの場「しんこきゅうタイム」へ参加して情報を収集する。またはハーティ仙台の電話相談で相談する。ハーティ仙台は、発足当時からDVと離婚に詳しい弁護士が参画している団体。
3.宮城県庁内「みやぎ男女共同参画相談室」の無料法律相談を利用してする。同相談室の無料法律相談は、家事事件に詳しい女性弁護士(複数名がローテーションで各回1名担当)が担当している。


次に、弁護士の選び方は、こんな手順をお勧めしています。
1.2~3人の弁護士に面接相談(有料・無料問わず)の予約をとる。

2.自分の聞きたい質問を同じように投げかけアドバイスをもらう。

3.「先生に依頼した場合、私のケースはおいくらくらいになりますか?」と思い切って弁護士報酬をうかがってみる。

4.その場で契約をお願いせずに、質問の答えと弁護士報酬額等を持ち帰り、気持ちとお財布と一緒に一晩よーく考える。

5.それから依頼&契約。

ようやく弁護士を見つけて依頼したところ、万が一断られた!!…という場合は、その弁護士に「DVに詳しい弁護士を紹介してください」と言ってみてください。

ご参考になるといいのですが…。
[PR]
by 1193ru | 2010-02-19 00:20 | DV

オリンピックとNBA

オリンピックの合間に、先日録画していたNBAオールスター戦を観ている。
当たり前だけど、どの選手もBigで、あまりにも縦長な人達ばかりなので録画がおかしいのかと思ってしまう。
マジックミラーに映ったみたいに、みんな縦長過ぎるのだ。
同じ人間には思えない。
先日観た映画「アバター」みたい。
バスケのコートもすごく小さく見えるし…。
で、このオールスター戦は、ノビツキーとナッシュの友情回想録やグラミー賞レベルのアーティストのライブなんかが試合途中にはさんであって、なかなかおもしろい見応えのある構成になっている。
ちなみにナッシュは、今回のオリンピックの聖火ランナーでもある。

で、オリンピック。
毎回、たくさんの感動を与えてくれる選手たちに感謝の気持ちでいっぱいになる。
日々の生活の中にも感動や感激はあるのだけど、なかなか毎日見いだすこと、出会うことは難しくなってしまっているのが現状だ。
オリンピックウィークでは、毎日が感動と感激ではちきれそうになる。
それが、とてもうれしくありがたい。

スポーツは本当にいいなぁと思う。
するのも観るのも大好きだ。
[PR]
by 1193ru | 2010-02-16 22:39 | モロモロ

女子モーグルから

里谷選手の転倒は、見ていて本当に辛かった。
涙が出た。
長野の優勝後、本当にいろいろあった選手だったせいか、あの転倒は見ていてショックだった。
たぶん、オリンピックはこれが最後だろうから、どんなに悔しかったろうと思う。

上村選手は、他の選手の得点が発表されるたびに、アノ白いソファーで不安そうにしていた。
ひとつずれ、ふたつずれ。
メダル席から押し出されてしまった。
勝負の厳しさがよくあらわれた光景だと思った。
上村選手も引退だろうか。
30歳なんだよな。
大変な努力や苦労を積み重ねての30歳なのに、あのチャーミングな明るい笑顔にはそれが全く出ていない。
努力や苦労を全部プラスに消化してしまう強靭でしなやかな精神力を持っているのだろうな。

アスリートの人たちの顔は、非常に興味深い。
元々の遺伝的な目鼻立ちではなく、しわや表情や目の輝き、顔色等、本当に興味深い。
フィギアの安藤選手は、一時期見ているのも辛い顔だった。
今回、何かと取りざたされている国母選手の顔には少し気にかかるものがある。
メンタル、大丈夫だろうか。鋭く痛々しいものを感じる。
それに比べて男子フィギアの織田選手。
顔色も表情もすごくいい。
オリンピックにもかかわらず非常にいいあんばいにリラックスしているような顔だ。

毎日、時間は平等に流れているのに、全く違う生き方を私たちはしている。
それがきちんと顔には出るのだろうな。
アスリートはこの凝縮した4年の歳月が、顔に出ているのだろう。
テレビの前にいる私はどうか?
最近、非常に悪い「面構え」になっている気がする。
[PR]
by 1193ru | 2010-02-14 14:22 | モロモロ
今日は、オリンピックとバレンタインデーであわただしくしていて、朝食が遅くなりました。
ちょっとパワフルにハムステーキとサラダ3種にオニオンスープ。それからライス。
デザートにヨーグルトとミルクティ。
…家族は上記のとおり。でも、私は口内炎がひどくてスープとヨーグルトとミルクティ。
薬を飲んでも、口内洗浄をマメにしても一向に良くなる兆しはなし。
吹き出物もひどく、どんだけ体調が悪いんだ、と驚いています。
春になってもこの状態が続いたら、「祝一周年!」になってしまいます。

さて、オリンピック。
モーグル女子予選、ついつい前のめりで見入ってしまいました。
4人とも予選通過で一安心。
午後が楽しみです♪

バレンタインデーは、チョコレートのやり取りが楽しいですね。
あの人この人と差し上げる方を想いながら買うのも楽しいですし、思いがけない方かたすてきなチョコをいただくサプライズも楽しいです。
でも、口内炎がひどくてひとつも食べられないのですが…。

おぉ、そういえば確定申告の準備もしなくてはならなかったんだ!
領収書をまとめて計算せねば。

2月も中旬ですね。
今日で今年も45日目。
残り320日。
何か形に残したいという気持ちがあります。
[PR]
by 1193ru | 2010-02-14 11:59 | モロモロ

小雪の舞う午後に

オリンピックの開会式を見た。
バイオリンとダンスのシーンがカッコよかった!
先住民族の衣裳が素敵だった!
デコレイティブじゃない演出に好感をもった。
オリンピックの開会式は、毎回とっても楽しみだし、楽しませてくれるから大好きだ。
コーヒーをすすりながら見入ってしまった。

その後、ご近所さんへバレンタインデーのチョコを届けに回った。
いつも家族がお世話になっている病院へもお邪魔してきた。

夜遅く帰宅して早朝には出かけてしまう毎日なので、こうしてご近所を歩くのが楽しくてしかたがない。
ちょっと出ただけでご近所さんにたくさん会える。
うれしいなぁ。

そんなこんなをしていたら、遠くの友人からメールが届いた。
医療従事者の彼女は、いつもまっすぐに生きている印象がある。
はたからみていて素敵だなぁと関心する。
ハードな現場なのに、それすら肥やしにしてしまうそのしなやかさ・若々しさがすばらしい。

昨夜私は散々先輩に愚痴った。
今の現状、将来への不安。
現場の閉塞感。
これからの仕事や活動への頭打ち感。
「自分に対して求めるものが高すぎる」といつも指摘を受けつつも、それがなければここまでたどり着けなかったと思う。
今回、自分に対する要求を実現できなくなりつつある自分に気が付き崩れ落ちかかってしまっている。
そして穴に落ちた。
真っ暗で見えやしない。
どうやらどこぞの誰かがご丁寧にふたまでしてくれたものだから、四方八方360度真っ暗闇になってしまった。
選択肢は"最悪の一個"を残しみんな暗闇に消えてしまった。
そんな気持ちを抱えてここしばらく生きていた。

先ほどの友人のメール。
すごくすてきなメールだった。
10代の夢を実現する40代の自分を思い描いていると書いてあった。
すてきなメールは私の暗闇にカチッと小さな灯りをともしてくれる。
うれしかった。
こんなすてきな方と知り合いで。
うれしかった。
小さな灯りが見えたから。

昨晩の先輩の電話が今ようやくまた別の小さな灯りとなっていることがわかる。
気がつけば、たくさんの小さな灯りが私の周りで点灯し始めている。

不意に暗闇の中で穴に落っこちちゃったような人生だけど、どうやら私が闇に目が慣れなくて周囲にあるたくさんの温かな灯りが見えなくなっていただけだったみたい。

少し視線が上がってきた。
春からのことを具体的に考えよう。
3×6を使って、これからの自分を描いてみよう。
[PR]
by 1193ru | 2010-02-13 15:39 | モロモロ