ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

<   2008年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Young@Heart"Fix You (Coldplay) "

今年のしめくくりの一曲は、これだなぁ〜

Coldplay"Fix You "

[PR]
by 1193ru | 2008-12-30 00:50 | MUSIC

映画「ヤング@ハート」

家族の送迎の合間に、映画も何本か観ました。
話題の「地球が静止する日」も観たけれど、まぁ、あれはイマイチだった。
やっぱり劇的にこころ…いや、全身を揺さぶったのは「ヤング@ハート」。
この映画を観て、本当に良かったとこころから思います。
数日遅れたけど、ものすごーくでっかいクリスマスプレゼントをもらったような、そんな気持ちなんです。

年間、何本も感動的な映画を観ているけど、ほとんど涙ぐまない薄情な私。
そんな私が涙した映画なのですよ、「ヤング@ハート」は。
涙が自然と湧いて来ちゃうのです。
それから、もう年齢だとか環境だとかそういうことを言い訳に、自分がしあわせじゃなかったり、苦しかったりすることを大目に見るのはやめようと決めました。
そんな大きな力が、この映画にはあります。

アメリカのマサチューセッツ州のある街に、平均年齢70歳のコーラスグループがあります。
そのグループが何を歌っているのかと言えば、パンクやロックやソウル。
メンバーは誰も好き好んでそういう音楽を聞いているわけではないのだけど、グループを率いる50歳代の男性が、彼らにそういう曲を選ぶのです。
初めてソニック・ユースを聞いた時は、耳栓をするわ、目を丸くするは。
おじいちゃんやおばあちゃんたちの表情のすごいこと。
でもね、そんな凶器にも似た狂気じみた曲(私は、ソニック・ユースは大好きです♡)を、みんなで歌うの。
それがすごくいいんだ。
涙が出るほど、すばらしい。
あ、涙が出るんだ。すばらしすぎて。
トーキング・ヘッズもジェームズ・ブラウンも、こんな風に聞いたことがなかった。
これまで何十回、何百回と聞いて来た曲なのに、初めて聞いたみたいに衝撃的でした。
最高なんだ、どれもこれも。
歌って、その人の人生がにじみ出るんだと初めてわかりました。今頃、今更、なのだけど、本当に初めてわかったのです。

グループは、ヨーロッパツアーに出たり、刑務所や街のコンサートホールで歌ったりするのだけど、どれもすばらしいの。
私は、映画館でスクリーンの真っ正面に陣取って、一人感涙しながらコンサートを全身で楽しみました。

高齢のグループなので、病気のメンバーも数人います。
うち何人かは、非常に危険な状況も抱えながらの活動参加。
余命宣告を超え、歌っている人もいて。
歌うことが、どんなにか生きる力になっているのかが強く伝わって来ます。

演奏会の直前のメンバーの他界。
映画の撮影が終了し編集作業の期間での他界。
何よりもおじいちゃんやおばあちゃんのキャラが立っていて、一言一言の深さ大きさ豊かさが、私みたいに薄っぺらなところで生きている人間には、最初すばらしさを通り越えて作り物みたい非常によくできた映画に見えました。
でも、そんなのはほんの最初だけ。
ドキュメンタリー映画の衝撃が、すぐに私の薄情な感覚を踏みつぶしたのでした。
メンバーの他界のシーンでは、逆に作り物の映画であって欲しいと願ったりね。
観る者の心情は決して安らかではないのだけど、スクリーンの前で喜怒哀楽に湧きむせぶのは人間臭くてたまらなくいいと思うのだ。
そんな風にさせてくれる映画なんて、そうそうないのだからね…と涙しながら思ったりして。

とにかく、すごーくすばらしい映画。
命は受け継がれるんだと、実感させてくれた映画。
この映画のお陰で、私はヤング@ハートのおじいちゃんやおばあちゃんのとても大切な魂のおすそわけをいただくことができた。
こんな映画を撮れるなんて、スティーブン・ウォーカーはなんてすてきなんだろう。
でも、残念ながらヤング@ハートのメンバーはそれ以上なんだけどね。

今年最後にこの映画を観られて、なんてしあわせモンなのだろう私ったら。
そう素直に思った映画でした。

彼らが歌った歌のリストを掲載します。

“SHOULD I STAY OR SHOULD I GO”(クラッシュ)
“I WANNA BE SEDATED”(ラモーンズ)
“EVERY BREATH YOU TAKE”(ポリス)
“GOLDEN YEARS”(デヴィッド・ボウイ)
“PURPLE HAZE”(ジミ・ヘンドリックス)
“SOMEBODY TO LOVE”(ジェファーソン・エアプレイン)
“ROAD TO NOWHERE”(トーキング・ヘッズ)
“DANCING IN THE DARK” (ブルース・スプリングスティーン)
“FOREVER YOUNG”(ボブ・ディラン)
“STAYING ALIVE”(ビー・ジーズ)
“NOTHING COMPARES 2 U”(プリンス)
“SHE'S NOT THERE”(ゾンビーズ)
“SCHIZOPHRENIA”(ソニック・ユース)
“I GOT YOU (I FEEL GOOD)”(ジェームス・ブラウン)
“FIX YOU”(コールドプレイ)
“YES WE CAN CAN”(アラン・トゥ-サン)

すごいでしょ?
感動&感激です。

ヤング@ハート予告編

[PR]
by 1193ru | 2008-12-30 00:36 | MOVIE

相談員募集@仙台市

相変わらず、家族の送迎が一日の主な仕事です。
送迎の合間に事務所で仕事をしたり、映画を見たりしています。
26日までに終えることができなかったことが片付いてきたりして、ちょっとうれしいです。

新年の「せんだい市制だより」がぼちぼち配布され始めています。
ご覧になった方も多いかと思います。
相談員募集がいくつか掲載されていました。
せんだい男女共同参画財団の相談支援員と、消費生活センターの消費生活相談員。どちらも若干名ですが、相談員を目指している方には朗報です。
目指している方は、ぜひぜひ応募してくださいね。
(私もしたいくらいです。事情があってできないのだけど)

ここ宮城県内では相談員の席は、なかなか空きがありません。
それから、相談員職のほとんどは1年更新の3年で雇い止めというのが、ここ宮城県や仙台市のやり方です。
その上、宮城県の相談員を一度やってしまうと、どんなにスキルや経験を積んでいても、二度と県の相談員にはなれないのです。
笑っちゃいますけど、これが宮城県内の公的機関の相談員の状況です。

ここ宮城県内では、コンスタントに公的機関の相談員を務めることは非常に難しいことがおわかりになりましたでしょうか?
正直、本当にバカらしくアホらしい状況なんです。
だって、本当に力がある相談員をみすみすクビにするわけですから。
これって相談者には大打撃。ものすごい損失なわけです。
行政は、一体いつまでこんなやり方を続けるのでしょうか。
本当に困ったことのない人たちが作ったシステムなんじゃないかと、つい疑いの目を向けてしまいたくなります。

ちなみに、どこの公的機関の相談員は非常勤職員です。
給与は大の大人が自立した生活をおくれるにはほど遠い金額なのは言うまでもありません。
結局、大黒柱を持っている人たちしか働けない職とでも言いましょうか。
そうでない人には、非常に厳しい条件の職です。
宮城県内の某相談機関では、薄給にもかかわらず非常勤職員の副業を禁止しています。私がそこの相談員だったらもうアウトです。講演や執筆、他機関での相談対応活動ができないわけですから…。

話がそれました。
そうなんです、貴重な相談員枠の募集の話でした。
ご希望の方は、ぜひ応募してくださいね。

■せんだい男女共同参画財団 嘱託職員(相談支援員)募集
●応募資格=次の(1)~(4)のすべての要件を満たす方
(1)学校教育法による大学(短期大学を除く)を卒業またはそれと同等以上の学力を有する方
(2)仙台市および国内外の男女共同参画施策とその動向に関する知識と理解がある方
(3)パソコンの基本操作ができる方
以上(1)〜(3)をすべて満たした方で尚かつ
(4)次の(a)~(c)のいずれかに該当する
(a)社会福祉士、精神保健福祉士または認定心理士の資格を有する
(b)大学などで心理学の課程・学科を専攻して修了した、または相談員やカウンセラーの養成講座・研修などを受講した
(c)男女共同参画センター、福祉事務所等で相談関係業務の経験がある
●雇用期間=4月1日から1年間(更新の場合あり)
●選考日=2月21日(土)(論文、面接、実技)
(申)市役所本庁舎1階市民のへや、エル・パーク仙台、エル・ソーラ仙台などで配布する募集要項に添付の申込用紙で1月26日までに
(問)せんだい男女共同参画財団 電話212・1627

■仙台市消費生活センター 非常勤嘱託職員募集
●業務内容=相談関係業務
●応募資格=消費生活専門相談員の資格を有するか、または地方自治体等で1年以上相談業務経験がある方
●勤務時間=週30時間(休日・変則勤務あり)
●雇用期間=4月1日から1年間(更新の場合あり)
(申)市役所本庁舎1階市民のへや、区役所案内窓口、総合支所、消費生活センターで配布する選考試験案内に添付の申込書で1月31日(必着)までに
(問)消費生活センター 電話268・7040
[PR]
by 1193ru | 2008-12-29 21:59 | モロモロ

クリスマスカード

昨日は、相談室の仕事はお休みでした。
家族の送迎をしながら、その合間に事務所移転の物件探しをしました。
お天気にもかかわらず厳しい寒さで、北国だったことを思い出しました。
何軒かの物件の中にはなかなかお得なものもあり、年明けには決めることができそうで、ホッとしました。

仙台市内はクリスマスホリディの割には車が少なく、郊外の方が道路は混んでいるようでした。
公共の乗り物を利用して街に出る人たちよりも、車で郊外へ買い物に出る人の方が多いのでしょうね。
家族の送迎の(これまた)合間に、郊外へ車を向けたらすぐに渋滞に引っかかってしまいました。

近親者へのクリスマスプレゼントを買って、また送迎。
車を運転していたら、車の調子が悪いのがわかりました。
エンジン音がおかしいのです。
そろそろ買い替え時かもしれません。
もう、大型車はいりません。燃費が悪いもの。
家族の送り迎えのみに稼働しているような車ですから、コンパクトで小回りの効く燃費のいいものをと考えます。

またまた送迎の間に夕食を作り、帰宅と同時に夕食♪
クリスマスが近いので、赤と緑のクリスマスカラーのサラダとシチューを作りました。
野菜がたっぷりとれて、我ながらなかなかおいしかったです。

ご近所さんからクリスマスケーキが届き始めていました。
高齢のおばあちゃまたちが、毎年、ケーキを片手に続々とやって来るのです。
ありがたいのだけど、このケーキの山…どうしよう。
しかも、我が家でも行きつけのケーキ屋さんにオーダーしているし…
毎年のことだけど、この数日で何kgも太ってしまいます。
で、年末年始に突入!
また体重の記録更新の季節です。

今日は、クリスマスイヴ。
夜中に家族の枕元にプレゼントを置いて回ります。
高齢の親も楽しみにしてくれているみたいで、うれしいです。

それでは、すてきなクリスマスイヴを♪
[PR]
by 1193ru | 2008-12-24 08:03 | モロモロ

冷え込んでます

仙台は、冷え冷えです。
路面が凍結していないからいいようなものの、かなり冷え込んできました。
先ほど部屋に戻ったら、フローリングの冷たいこと!
暖房をつけてもなかなか温まりません。
ペアガラスにしているけど、ホント、冷えますね〜。

ご近所でもインフルエンザが出始めました。
うがいと手荒いのほか、おかしいなと思ったら薬を飲むようにしています。
仕事も家庭も立て込んでいるので、倒れるのが一番恐い。
笑顔で新年を迎えるためには、是が非でも健康で大晦日まで頑張らねばなりません。

明日は休日。
でも、いつも通り家族の送迎や家事に追われて終わってしまいそうです。
体調の悪い家族がいれば、それは仕方のないことで、そろそろこういう状況にも慣れて来ました。
明日もしっかり頑張りますよー!

それでは、みなさま、すてきなクリスマスをお過ごしくださいね♡
[PR]
by 1193ru | 2008-12-22 21:27 | モロモロ

気にかかること

これまでにない程、マスコミには「ホームレス」という言葉が登場している。
友人知人とのメールのやり取りの中で、今までにない程「何か仕事はないかしら?」「どこか就職口があったら教えて」というものが増えて来ている。
知っている団体では、先日職員募集の告知を出したところ、1名の定員に対して500名もの応募があったそうだ。

そんな状況を毎日、毎日、肌身で感じ思うことは、非常にすばらしい才能や存在が、社会の中で活かされていないということだ。

私のいる業界で、全国区の力と実績・経歴を持っている方も、仕事を探している。
身近なところでも、高学歴で社会に出てからも成果を出し続けている人が、仕事を失いかけている。

目の前の仕事に必死に向き合い、毎日、毎日を突っ走って来たら、いつの間にか雇用契約のタイムリミットが近づいてきていた。もしくは、タイムリミットだった。
タイムリミットを挟んで立つ双方に問題があることは明白だ。
でもこれは、この2点の双方だけの問題ではない。
これは社会問題だろう。

今日の仙台は冷たい雨。
多くの人は仕事に行くが、この生活が半年後も続く保証はないということを知っている。
私もそのひとり。
崖っぷちに立ちながら、最近増えて来ている就労の相談に当たる。
今日もたぶん何件かは就労が関係する相談がくるだろう。

いつになったら、この冷たい雨が晴れるのか。
どうしたら、冷たい雨は晴れるのだろうか。
[PR]
by 1193ru | 2008-12-22 09:25 | モロモロ

眼のことから

視力矯正手術を受けたいと、長らく思っていました。
病院をいろいろ調べ東京の某病院でオペを受けようと決め、仕事のあんばいを考えて、検査日と手術日まで決定しました。
保険屋さんにも相談し、申請書類諸々の準備も手抜かりなく済ませ、検査予定日を目指して、眼鏡生活にも突入していました。
そんな日々の中、先日某サイトで「手術に耐えうる角膜の厚さ」が非常に詳しく掲載されていたので、自分のジオプター(視力の度合い;D)から算出してみると…
とてもじゃないけど、強度近視の私には予定していたイントラレーシックは適さないとわかりました。
はっきりしたことは検査をしなくてはならないのですが、私の角膜が左右とも人並みはずれてにブ厚くでもない限り、イントラレーシックは無理のようなのです。
イントラレーシックが無理でも、手術でレンズを目に入れてしまう方法(「永久コンタクト」等ともよばれるフェイキックIOLなどがある)があるようだけど、まだまだ術件数は多くはなくレーシックに比べて問題も多いようで…
眼科専門医や学会でも「-6Dよりも低い数値の人にレーシックは向かない」との話もあるそうで…
いたしかたなく、今回は視力矯正手術は見送ることにしました。

でも、あくまでも「見送る」です。
これからもっと技術が進んだら強度近視の人向けの安全度の高い手術が出て来るかもしれません。
それを心待ちにしながら、当分眼鏡&コンタクトライフを楽しもうと決めました。

で、早速、手持ちのLafontのフレームに度入りレンズを入れようと考えました。
強度近視なので、超薄型レンズにしてもレンズの重みが気になってこれまで眼鏡は「ダテ」で使うのがほとんどでした。
でも、ラッキーなことに年末年始のお休みが長いので、ちょくちょく眼鏡屋さんに顔を出して、すてきなフレーム探しをしつつ手持ちの眼鏡に手を入れて行こうか…と眼鏡ライフを楽しむ方向に思考をチェンジしました♪

手術をしないと決めたら、次回の東京行きは出張+遊びに切り替えることも可能だと気がつきました。
1月の東京出張は、何をしようかな♪
[PR]
by 1193ru | 2008-12-22 08:16 | モロモロ
最近、寝るときに欠かせないのが花王の「蒸気でホットアイマスク」。
これをつけて横になるやいなや、ものの数秒で寝入ってしまいます。
約40℃の蒸気がじんわ〜りと効いて、目元がしっとりします♡
アイクリームをつけて少々マッサージをして、このアイマスクをつけて寝ると効果絶大!
翌朝の目の調子が断然違います。

ちょこっと気持ちよく、からだを調子良くしてくれるさもないものが大好きです。

外反母趾サポーターもそのひとつ。
外反母趾でなくても、つけているだけで足元がすっきりします。
家にいる時はこまめにつけています。

この時期は加湿器も欠かせません。
寝る前に吸入器を使い、寝ている間は加湿器をつけています。
喉と肌の調子が断然違ってくるので、いかに空気が乾燥しているのかと恐くなっちゃいます。

そのほかにもいろいろ欠かせないものがいろいろありますが、今日はこのへんでお休みなさい☆
[PR]
by 1193ru | 2008-12-21 21:19 | モノ

ギシギシとギリギリ

おはようございます。

全身がギシギシ言っています。

講演と違って「女性のためのこころのケア講座」の後は、必ずからだにきます。
ご参加の方たちの熱意を、至近距離で受け止めるせいでしょうか。
感情とは全く別のところで、からだの反応がドドーンときます。
今朝は、そんな感じで動きがにぶく、年末の大掃除に向けて始動したいと思いつつ、PCの前でうだうだしています。

これから午前中は、机回りの整理をしたいと思っています。
講演や講座の後は、いつも台風が過ぎたような状態になっちゃいます。
2時間話すには、たくさんの資料や情報が必要で、それを手書き(この作業だけはPCではできないでいます。基本的にアナログ人間です)で図やら文章(「文章」とは言えないような暗号みたいなもの)やらにして、で、また資料をひっくり返し、過去の講演レジュメを引っ張り出し、最終の講演レジュメに書き込み(これも手書き)…こんなことPC3台と手書きで夜な夜なやっているので、机の回りはとんでもない状態になっちゃいます。

基本的にアナログで不器用なのが敗因です。
あ、自転車操業も敗因のひとつかも。

困ったことに、私はやっぱり切羽詰まらないと走り出さない性格のようです。
じっくり熟成して、吟味して…この過程が本来必要なのに、「ギャー!締め切りだ!!」と自分の悲鳴を聞きながら焦ってやるのが常。
ドM的仕事の仕方なのかもしれません。

あぁ、現実逃避ブログもそろそろ止めないと。
お天気がいいうちに、掃除をしようと思います。
[PR]
by 1193ru | 2008-12-21 09:24 | モロモロ
こんばんは☆
ぐたぐたしたいなぁ〜と思いつつ、シンデレラよろしく家事にいそしんでいます。
その合間の息抜きに、ブログを書いています。

今日の「女性のためのこころのケア講座」は、お陰さまで大盛況でした。
本日も多くの方のご参加をいただきまして、ありがたいやら恐縮するやら。
話し出す前は、きちんと内容を伝えられるのかどうかと心配で心配でいたたまれない気持ちになります。
でも、講座終了後にご参加の方とお話させていただいたりアンケートを拝見したりすると、そんな腰の抜けた気持ちなんてどこかに飛んで行ってしまい、仙台でこの講座をやって本当に良かったとつくづく思うのです。

今日で、今年の講座は終了です。
来年は1月31日が最初の講座です。
毎回、参加受付日は6日なのですが、翌日には定員オーバー。
最近は定員を以前の倍以上に増やしていますが、それでも追いつかない状態で、ご参加をご希望のみなさまにご迷惑をおかけしています。

今年度は2月で終了です。
次年度の開催は、まだ確定していません。
たぶん、開催の方向ではあるようですが、仙台市の財政難もあり今日の段階でははっきり言えないと主催者からお話がありました。

来年度も継続できればいいのですが。
今日、ご参加のみなさんのお声をうかがっていたら、是が非でも継続していかないとならないなと強く思いました。
[PR]
by 1193ru | 2008-12-20 22:13 | DV