ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

<   2008年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

講座と掲載など

本日、11月29日河北新報夕刊に、「女性のための離婚ホットライン」と「ハーティ仙台」の記事が掲載されましたので、ぜひご覧ください。

本日午後、「女性のためのこころのケア講座」の第4回目がお陰さまで無事終了しました。
みなさま、ご参加いただきまして、ありがとうございました。
財団のみなさま、スタッフのみなさま、お世話様でした。
次回は、12月20日(土)13:30〜15:30の開催で、テーマは「人との関係(境界線)~自分を大切にしながらしあわせな関係へ」です。
ご関心のある方は、せんだい男女共同参画財団(電話022-268-8302)までお問い合わせください。
日程がクリスマスに近いので、この回のアートセラピーはセルフクリスマスプレゼントを作る予定です。
詳しくはせんだい男女共同参画財団HPをご参照ください。
[PR]
by 1193ru | 2008-11-29 21:12 | DV

地方への相談員派遣

太陽の光が眩しい朝です。
イッタラのイエローカラーを思わせるようなこの空色と輝きにうっとりしています。
そうそう昨日、フィンランドのリビングウエアーメーカーのイッタラの銀座店がオープンしました(イッタラとしては日本初の路面点なのだそうです)。
今まで入手が困難だったシリーズも数多く取り扱っているようなので、12月の出張の時に立ち寄ってみたいと思います。
私は、アラビアやイッタラといった北欧のテーブルウエアが大好きです。
マグカップやお皿を日々愛用していますが、テーブルに並べるだけで、気持ちが明るく楽しくなります。
イッタラのテーブルウエアは、伊万里や粉引きのものとも相性が良く重宝しています。
今朝の空は、まさにティーマ(シリーズ名)のイエローカラー。
食卓だけではなく空までもイッタラのカラーで、とてもしあわせな気持ちになります。

さて今日は、「女性のためのこころのケア講座」の第4回目です。
今日から、一緒に組んでくださるサブファシリテーターの方が毎回変わります。
もちろん、気心の知れた長年一緒に活動をしている仲間なので、これまで通り安心してご参加の皆さんにお話できると思います。
今日のテーマは「トラウマに対応するツール」。
トラウマを理解し、トラウマに対応するさまざまなアイデアをお伝えします。
DVや性暴力の被害経験のある方だけではなく、日常の人間関係での傷つきにも使うことができると思います。
今回も申し込みが殺到し、あっという間に定員オーバーになってしまっています。
このテーマは次年度も行う予定ですが、ニーズの高さから1年に1度きりではなく、何か別の形(講座や講演など)で何度でも繰り返しお伝えしていけないものかと思います。
どこか自治体や団体で企画してくれないでしょうか。いつでもハーティからスタッフを派遣しますよ。特に、都市部ではなく地方。企画して欲しいです。すぐに飛んで行きますから。
そうそう、派遣で思い出しました。
内閣府からの号令(笑)もあり、各市町村でDV相談窓口の設置を検討しているところも多いようですね。でも、残念ながらDV相談ができる相談員は宮城県内にはまだまだ少ないです。正直、都市部の相談機関でも相談員を探すのに非常に苦労している現実があります(お陰さまでうちの相談室は、私の次の相談員さんを2名見つけることに成功しました!)。
DVのわからない相談員を置くことは、その相談員さんにとっても不幸だし地域住民の方にとっても不幸です。
地方の相談機関は、毎日行っているわけではなく週に数回、もしくは月に数回。それであれば、都市部にいるDVに詳しい相談対応ができる人と契約して来てもらうようにしたらいいのではないかと思います。
ラッキーなことに、ハーティには来春から少しスタッフの余裕ができてきます。
自治体のご担当者の中でお考えの方がいらっしゃれば、ハーティ仙台(電話022-225-8801)へご相談いただけたらと思います。
[PR]
by 1193ru | 2008-11-29 07:56 | DV

大雨の朝

仙台は、大雨です。
空は暗く寒々しいのですが、この雨音は悪くないなと思います。
雨音に混じって、時折聴こえる鳥の声。
雨音のリズムが車の音で変わったり。
今朝の大雨は、しみじみとした楽しさがあります。

もう何度目でしょうか。
マーシー・シャイモフ著、茂木健一郎訳『「脳にいいこと」だけをやりなさい!』をまた読んでいます。
人は一日に約6万個の物事を考えているそうです。
うち95%は、昨日も一昨日も考えていたことだそう。
それを知って、いかに私たちの思考というのが固定的であまり変化のないものなのだろうと思いました。
6万個うち、なんと4万5千個の物事は、ネガティブなものとも書いてありました。
こんな小さな脳の中で4万5千個のネガティブな物事が、今日も昨日も一昨日もぐつぐつと煮詰まっているのかと思ったら我ながらうんざりしました。
こんなにたくさんの物事を思考できる脳なのだから、せめてその半分でもポジティブなものだったらどんなにHAPPYでしょう。
この本を読んで、そんな風に脳を使いたいと切望するようになりました。
でも、残念なことに自分がそう切望していても、日々の生活の中にはそれを阻止しネガティブにもの凄い力と勢いで私を押しやろうとする出来事が次々と出て来ます。
その度に、ネガティブな思考に囚われていたら…4万5千と言わず5万もそれ以上もネガティブになってしまうかも。
目の前の出来事は、私に起因しないものも多いので、出来事自体を変えるのはなかなか難しいようです。ならば、出来事の捉え方、出来事への眼差しを変えることで、ポジティブな思考を増やしていこうと考えました。

この本は、脳のしくみについてとても分かりやすく書かれています。
小学生でもわかるのではないかな。
ネガティブ思考がいかに私たちのからだや友人関係、仕事、環境に悪い影響を与えるのか。反対にポジティブな思考が私たちにいかに大きな良い影響を与えるのかが、脳のしくみの話を土台に書かれ、「だからこそ○○をしてみましょう」という提案があります。
読みやすく、著者の提案を裏付け読み手が納得できる話があり、簡単に取り組めるワークがいくつか書かれ、さらに多くの事例が書かれています。

一昨日のレオナルド・ダ・ヴィンチを取り上げた「ベストハウス」でも、茂木健一郎さんの非常に優れたおたく姿(ほめ言葉です)。
以前見た番組での姿も重なり、これまで読んだ茂木さんの著書を思い出し…そんなことを繰り返し思い出している昨日・今日の私は、自覚症状なしに茂木さんのファンになっちゃっていたみたいです。

大雨に誘われたかのように、今日は思考が波紋のように広がって行きます。
さて、次は茂木さんのどの本を読もうかな。
仕事が終わったら、心ゆくまで本探しをしようかしら。
[PR]
by 1193ru | 2008-11-28 08:26 | モロモロ

うれしこと

一時、現実逃避で小説ばかり読みふけっていたことがあったけど、会津若松から戻ったら生気がパンパンに満ちたようで、バリバリ仕事をやっています。
「なんだか今日は行けるような気がする〜。あると思います!」みたいなノリで、それはもうガンガンやっています。
憑き物が取れたような、こころの軽さ、前向きさ。
ついこの間まで下向きだったものがぜ〜んぶすっこ〜んと粉砕されたような、それはそれは清々しい気で心身はち切れんばかりです。
これはもう、会津若松さまさまです。
時間を作ってまた会津若松詣でをしなくてはなりませんね。

先ほどまでニューズレター作りをしていました。
今晩はこれくらいにして、土曜日の講座の準備をするとします。
その前にちょっとお風呂に入って温まろうっと。
仙台はすっかり冷え込む季節になっちゃってます。
これからはどんどん長湯に。お風呂で読書をするのが楽しくってついつい長湯になるのですが、からだも芯から温まるので一石二鳥です。
今晩は何を読もうかな。

今日は出勤前から打ち合わせやら何やらがあって、相談室に到着する前にすでに夕方まで働いたような気分になっていました。
そんな時はおいしいsweetsが一番!と、スタバでかわいい星型のケーキをスタッフの分も買って行きました。
温かいコーヒーと一緒にみんなで食べたらおいしのなんのって♡
ブルンブルンとエンジンがかかって、その後はスムーズに仕事ができました。

さぁて、そろそろお風呂の時間です。
このHAPPYな気分を増幅するためにも、お風呂タイムを楽しもうっと♪
[PR]
by 1193ru | 2008-11-27 23:28 | モロモロ

この二日間

25 日は家族の誕生日でした。
最近、家族みんなで夢中になっている「きりたんぽ鍋」を囲みました。
比内地鶏、きりたんぽ、焼き豆腐、舞茸。ごぼう、シラタキ、白菜、ネギ、そしてなぜか名古屋コーチンの肉団子。
すーっごくおいしくて、あっという間に鍋は空っぽになりました。
その後、ケーキをいただき満足、満足。
誕生日ってホントいいですね。
その人が生まれてこうして自分と一緒にテーブルを囲んでいることだけでもとっても幸せなのに、おいしい食事やデザートを食べたり、プレゼントを選んだり渡したり喜んでもらえるなんて、もうこれでもかこれでもかという程、楽しめるし幸せを感じる事ができる日で、私は大好きです。
40年近く生きているので、1人で向かえた誕生日も1度ならずありました。
たしか仕事で家族や友だちと離れて出張だったのかな。
シャンパンと1人分のケーキとフルーツを買い込んで、仕事が終わった後、ホテルに籠ったような気がします。
1人の誕生日もなかなかいいモンです。しみじみと幸せやら生まれてきたことやら感じちゃって、グラスを片手にじ〜んとしちゃった覚えがあります。

26日は、一日中仕事でバタバタしていました。
今週末の講座のレジュメを届けに某機関へうかがったら休館日で、無駄足を踏んだりもしました。
でも、無駄足を踏んだお陰で、いいこともありました。
最近、運動不足だったので、急ぎ足で仙台の街を歩き回ったのはからだに良かったなと思いました。初冬の街を楽しむこともできたし、うん、良かったと思います。
帰宅後、ニューズレター作りをしました。
集まった原稿を流し込み簡単な校正をするだけなのですが、今回は後数日かかりそうです。
どうしてなのでしょうね。集まった原稿のデータが異なるせいでしょうか。1つの原稿を流し込みをする度に、書式が崩れてしまうのです。今回、Winで作っているのですが、書式の統一が苦手で、時間がかかってしまいます。

明日、27日は木曜日。
今日、届けられなかったレジュメを届けて、その後相談室へ行く予定です。

それではそろそろおやすみなさい☆
[PR]
by 1193ru | 2008-11-27 00:24 | モロモロ

会津中湯川人形

先ほど宅配便で届いた会津中湯川人形です。
こちらが「牛乗り天神」さん。
配色と発色が美しい天神さんです。
お顔は優しくすっとした表情です。
c0020127_20464939.jpg


それからこちらが「田舎ひな」。
c0020127_2048342.jpg

天神さんと同様、配色と発色が美しいです。
二人並ぶとお互いの美しさをより引き出していて、なんともいえない雰囲気があります。

土人形のお雛様は、素朴でありながらとても優美で大好きです。
ここ数年、山形県米沢市の相良人形のお雛様が欲しい、欲しいと思っていますがなかなか機会が訪れずにいます。
今回、会津中湯川人形と出会えてなんだか相良人形も近々会えそうなそんな気がして来ました。
お雛様のほかにもう一体「夕涼み」というかわいらしいお人形があって、それも欲しくています。
[PR]
by 1193ru | 2008-11-24 20:52 | モノ

会津若松の工芸体験

会津若松には、有名な「赤べこ」のほかにも「起き上がり小法師」という民芸品があります。
どちらも見事な人形が売っているのですが、せっかくなので工芸体験で絵付けに挑戦してみました。
今回は、「起き上がり小法師」に挑戦!
c0020127_15234922.jpg


お土産として、土人形好きの私は、土人形としては歴史はまだ浅いものの顔立ちのいいお人形が多い会津中湯川土人形の「会津天神」と「田舎ひな」、それから昔から集めている会津若松の「絵ろうそく」を買いました。
今頃は宅配便で仙台に向かっている頃。
小法師さんと一緒に届くのが楽しみです。
[PR]
by 1193ru | 2008-11-24 15:30 | モロモロ

会津若松の旅

会津若松から戻りました。
会津の1日目は、車中会津磐梯山のすばらしい雪景色を楽しみつつ会津若松に到着。その足で新そばを楽しんだ後、市内を散策。その後、講演。講演終了後に再び市内散策。合間にDV被害者の方や支援者の方にお会いしました。夜は、会津若松名物のソースカツ丼と地酒をいただきました。
2日目はあいにくの雨。早朝から地元の支援者の方とお会いする機会に恵まれ、朝から貴重なお話をたくさんうかがうことができました。
その後、おいしい朝食をいただき会津武家屋敷へ。雨の中の旅を心配してくださったホテルの方が、傘とお土産を持たせてくださいました。温かなお心遣いにとてもありがたかったです。ニューパレスホテルの皆様、本当にありがとうございました。
雨降りではありましたが、ラッキーなことに菊まつりと重なっていたため武家屋敷と見事な菊を楽しむことができました。菊の中で一番気に入ったのが「懸崖」という品種。地面に這うように枝葉がのびている品種で、菊の絨毯が広がるような見事なものでした。色といい姿といいなんとも言えない趣きのある菊で、できることなら自宅の庭で育てたいと思う程でした。
雨の武家屋敷は、紅葉がしっとりと美しく、山に囲まれていることもあり煙った感じで風情がありました。
武家屋敷では、薬膳ラーメンと名物のあげ饅頭をいただきました。どちらもとってもおいしくて、寒さが吹き飛んでしまいました。
会津若松は、そばもソースカツ丼もラーメンもとっても「盛り」が良くてびっくりしました。ラーメンのどんぶりなんて、顔が入っちゃう大きさなんですよ。そこにたーっぷりスープや麺が入っていて、食べごたえ満点!大食いの皆様、ぜひ会津若松へ行ってみてくださいねー。
その後、雨の中飯盛山へ。段々と雨脚がおさまって来て、後半は傘も不要になりました。
30ウン年ぶりの飯盛山は、変わらない絶景。
遠く鶴ヶ城を眺めていると、白虎隊が命を絶ったことが残念で残念でなりません。ほんの百年ちょっとしか経っていないのに、この日本はなんとまぁ大きく変わったのでしょうか。会津若松の風景を見ながら、しばし歴史の不条理を思いました。
帰りは、さざえ堂や白虎隊が通ったという洞穴を見ながら下山。
一番下のお土産屋さんで、ソース串カツをいただきました。
寒かったの一層おいしく感じました。
今回、街中の移動は全て「ハイカラさん」と呼ばれる市内周遊バスを使いました。
1日乗り放題で500円。循環コースは、市内観光名所が全て網羅されています。
お天気が良ければ、松平氏庭園の御薬園に行ってみたかったです。
田楽も食べ損ねてしまったので、御薬園と併せて次回のお楽しみにしたいと思います。
夕方、再び磐越西線に乗り込み、郡山へ向かいました。
あっという間に日が暮れて、往路とはうって変わって真っ暗な闇を電車が進んで行きます。途中の駅は人影もほとんどなく、磐梯熱海等の温泉地で数人の乗り降りがあるだけで、静かに電車は郡山を目指しました。
郡山で駅弁(「福島牛弁当」すごくおいしかった♪)を買って、新幹線へ。
お弁当を食べ終わると同時に、仙台へ着きました。
下車寸前、車窓に映る顔を見て、久しぶりに気持ちが伸びやかに安定感を持って過ごせたのだと思いました。いつも酷くキツく眉間にしわが寄っているのですがそれもなく、また、この2日間胸の痛みを感じることも一度もありませんでした。
大先輩お二人の代打の講演は私にはとても大役でしたが、そのプレッシャー以上にすばらしい出会いや経験、時間を得ることができた会津若松の旅でした。
からだが奥がとても自由で軽く、ただただ理由もなく温かなしあわせを感じるという、とてもしあわせな状態。
このような状態を持続することができたらどんなにいいことか。
茂木健一郎さんの著書を思い出しながら、タクシーのシートに身を沈めました。
[PR]
by 1193ru | 2008-11-24 12:00 | モロモロ
毎月1回仙台市が開催している「女性のためのこころのケア講座」のお申し込みについての情報です。
毎月6日が受付日となっていますが、申し込みが殺到し、翌7日の午前中には満席となってしまうことが多いようです。
今週末開催の講座も、11月7日の午前中には満席になってしまったとのことでした。
ぜひご参加になりたいという方は、毎月6日の10時からの電話受付が始まりますので、そこでお電話を入れられるといいかと思います。
(お仕事等の都合で大変かとは思いますが、できれば6日中に連絡を入れることができれば安心のようです)

この連続講座は、今年度は2月で終了となります。
来年度は、4月からまた月1回のペースで開講の予定です。
具体的なことが決定しましたら、またブログにUPしますね。
[PR]
by 1193ru | 2008-11-24 12:00 | DV

会津若松の名物食べ物

c0020127_163573.jpg

昨夜は、「くいしん坊」さんで会津若松名物のソースカツ丼をいただきました。すごいボリュームで完食できず残念でした。お店のお母さんは気配り上手で笑顔のチャーミングな方で、ご飯物は残してしまいましたが、美味しい会津若松の漬物を肴に地酒の「つるし」「飛露喜」にごりとついつい進んでしまいました。
[PR]
by 1193ru | 2008-11-23 16:03