ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

<   2008年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

妄想でリフレッシュ?

仙台は、涼しい夏が続いています。
雨続きだったり、気温がさほど上がらなかったり。
気がつけば、空の色も雲も秋めいています。
入道雲があっても良さそうな時期なのに、おかしいですね。
台風のひとつもやって来ず。
地震ばっかりやって来ます。

今日で7月も終わりですね。
サマージャンボ、買いましたか?・・・ってそんな話じゃないですね。
でも、昨日、仕事が終わって特に理由もないのですが、ポカーンとしてしまい次の作業が手に着かなかったので、「3億円当たったら何をしようかな」なんて妄想をしてリフレッシュを目論んでみました。

「夢をかなえるゾウ」の影響で、一番はじめに思いついたのが「1割を寄付する」こと。
寄付先は、まず第一に資金調達に頭を悩ませている「仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台」ですよ。もちろん。本当に困っているんです。新品の台所用品(包丁や鍋などの調理器具や食器)や寝具・衣類を調達しないとならない状況なので、そういうものをしっかり買わないと。もちろんほかにも深刻且つ緊急の対応が必要なことが諸々あるので、まずはここに寄付しようと思います。
それから、知っている人権系団体で資金難で運営が困難になっているところへも寄付しようと思います。

その次に思いついたのが、両親へあげるということ。
長いことお世話になっていますからね。でも、一度にババーンと恩返ししちゃうとおかしくなっちゃうと思うので、両親の心身の健康のために小出しに分割でそれとなくあげようなんて考えました。

3番目に思いついたのが、旅行。
でも、行き先で思いついたのが「温泉」くらい。
温泉に入って、垢擦りして、全身エステしてもらって、マッサージもしてもらって、おいしい料理食べて。年休が少ないからあんまり休めないので、1泊2日くらいで・・・程度の温泉旅行。
いかに自分が小市民かよくわかりました。

4番目は眼の手術。
しばらく前に作ったハードレンズの調子も上々なのですが、やはりレーシック等の手術を受けたいと思います。コンタクト生活を卒業したいです〜。

で、ここで妄想が尽きてしまいました。
日頃いかに小さな額で生活しているのかがにじみ出た妄想ですね。
いたしかたなく「世界一周旅行」「不動産購入」「株取得」なんて考えてみたものの、あまりの実感のなさに「妄想でリフレッシュ」が行き詰まり・・・・
最終的には「でよ、まずはサマージャンボを購入しないとな」なんて冷た〜い突っ込みを自分に入れて妄想を終了しました。

明日から8月ですね。
同窓会&飲み会&沖縄旅行が楽しみです♡
[PR]
by 1193ru | 2008-07-31 23:29 | モロモロ

火曜日の朝

今朝は寝坊をしてしまい、4時半過ぎに起きました。
辺りはすっかり明るく、久しぶりに水色の空を見ることができました。
雲が多めと言えばそうなのですが、明るい空にこちらの心までが澄み渡ります。
鳥たちもうれしいそうに楽しそうに鳴いています。
生きているとこんな風に自然に支えられ癒されることが本当に多いなと思いました。

ご飯のスイッチを入れて、今朝は久々に走って来ました。
自然の多い団地に住んでいるので、ちょっとした森や林の中を走り抜ける道があります。
朝早いこととまだ気温が上がっていないため、空気は澄み渡り涼しくとても気持ち良く走ることができました。
ここしばらく霧雨の朝が多く、久しぶりのマラソン。
見知った方々のお顔もちらほらあり、「おはようございます」と挨拶を交わすだけの間柄にも関わらず、お互いにうれしくなるのがわかります。
町内のお世話役の方ともお会いしました。
この方は、退職後、毎朝町内のゴミ拾いをしてくださっています。
1年365日。休むことなくです。
いつも優しく明るい笑顔で、飄々とゴミを拾っているのです。
毎朝、そのお姿をお見受けする度に、本当に頭が下がります。

40分程走った後、自宅に戻り玄関とトイレ掃除をしながら洗濯をしました。
ラジオからは「久しぶりのお洗濯日和になりそうなお天気です」と明るい声が響きます。「そうそう、うれしいよね。うちはもう洗濯機を回しているよ」とラジオに向かって話しかけてしまいましたよ(笑)

今朝の朝食メニューはこんな感じです。
かぼちゃの煮物、ささぎのおひたし、きんぴらごぼう、おくらとみょうがの和え物、トマトとキウイのサラダ、きゅうりのピリ辛漬け、タマネギとにんじんの胡麻みそ汁、16穀入り玄米ご飯、牛乳、お茶。
ちょっとずついろいろな旬の食材をいただこうと、毎日楽しんで作ります。
今朝は、お弁当もついでに作っちゃいました。
家族と食卓を囲み、今日はもう一回洗濯機を回したら出かけます。

昨夕、非常に素敵な出会いがありました。
そのお陰でしょうね。
今朝はとても穏やかな充実感を感じています。
[PR]
by 1193ru | 2008-07-29 08:17 | モロモロ

霧雨の日曜日

今朝は、霧雨。
今年は、「夏だぁ!」とハジケるようなお天気が来ません。
平日頑張って稼いでいるのだから、せめて週末はそんなお天気を享受したいと願いつつ、でも、現実は「霧雨」。
ちょっとね、残念だったりしますが、まぁいたしかたなし。
晴耕雨読とのんびり行こうか、それとも映画でも観に行こうか、なぁんて思っていても、実はこれから面接が一本入っています。
今日は、午前中だけちょっとお仕事。
お昼には帰宅して、「のんびり」を決め込もうと思います。
[PR]
by 1193ru | 2008-07-27 09:27 | モロモロ

土曜の夕暮れ

今日はお休みです。
ハリー・ポッターの最新刊を読み終え、ちょっと一息。
その後、約2時間程PCにかぶりついて調べものというか勉強をしました。
根をつめてやったら、少々疲れました。
そろそろ夕方。
少し体を動かしに買い物がてらの散歩に出かけようと思います。
[PR]
by 1193ru | 2008-07-26 17:25 | モロモロ

またもや地震

昨晩の地震は強くて、正直とっても驚きました。
我が家は、鉄筋で基礎がかなり深くしっかりと建てられていることと、元々の地盤の強さから、少々の地震では揺れません。
なので、倒壊の心配はほとんどないのですが、昨晩の地震は我が家はさておき外はどうなったんだ、という不安が大きく揺れが治まった後、不安にかられました。
仙台での被害はほとんどなく、けが人が出たとのことでしたが捻挫程度だったと聞きホッとしました。
仙台は震度4。
県北は震度5。
青森や岩手では震度6。
ここ1ヶ月から1ヶ月半の間に、東北・北海道は何度も地震に見舞われています。
大きな地震が来るとしばらくは大きな地震は来ないだろう、プレートに溜まっていたエネルギーは一度放出されればしばらくは小さな地震は来るけど大きいものは来ないだろう、そんな風に聞いていたことが全部嘘だったんじゃないかと思う程の程度・回数です。
プレートは一枚で成り立っているわけではないので、一枚が大きく動けば周囲のプレートも影響を受け、大きく動いてもおかしくないのでしょうね。
まだ当分、続くのかもしれません。
今年の夏休みが無事に過ぎることを願わずにはいられません。

昨晩、地震の時に何をしていたかと言えば、そうアノ本を読んでいました。
「ハリー・ポッター 死の秘宝」です。
わくわくしながらなかなか手放すことができずに延々と読んでいました。
「最終章」ということもあり、今回は映画を観るよりも先に読み始めています。
とても面白いです。
あらすじは書きませんが、しょっぱなからヴォルデモードとスネイプが出て来ます。
立ち上がりのハリーは少々いらつき気味です。
海外の映画や小説の主人公の子どもたちは、どうも「多感で不安定で悩みを抱えている」子が多いな、と感じました。
「スパイダーウィッグの謎」しかり、「ロードオブザリング」「ナルニア国物語」「スターウォーズ」しかり。
人間が多面的であること、人間は不安定であいまいな存在だということ、だからこそ成長や人と人との間に構築していくものが非常に重要だということを伝えることができているのかな、なんて思ったりしました。

地震が起きてから、ヘリの音がまた鳴り始めています。
今朝も早朝からヘリの音。
昨晩のサイレンは止まったものの、このヘリの音を聞くと、昨日とあまり変わらない今日を淡々と過ごしながらもそこにある「非常時」を強く感じずにはいられません。

今日も一日、無事に楽しく過ごせますように。
[PR]
by 1193ru | 2008-07-24 08:15

昨夜の活動成果

夜は、だいたい会議か夜間の相談対応が入っている。
日中の仕事に加え、夜、こんな風に活動するようになってもう何年になるだろうか。
未だに両親は、私のやっていることができない様子で、「仕事に行っているのか」「何処へ行っているのか」と毎朝聞かれる。
長い事ひとつのところにだけ勤め、特に残業というものも経験したことのない両親にとって、こんな働き方をする娘は理解できないらしい。
文章依頼や講演依頼があって、それをやっていることを、マスコミや親戚・知人を通して知っても(もちろん私も伝えるが)、実はごくごく最近まで同姓同名の別人のことだと思っていた親だ(笑)
長年「仕事はこう」という思い込みが身に染みているから、こんな働き方があるということは、理解もできないらしい。

昨日もそうだった。
父が相談室の近くまで用事があるので行くというので、車で乗せてもらった。
とある駐車場で別れ、私は相談室へ向かった。
相談室のあるビルに入ったところで、後ろから突然「なんだ、本当にここで働いているのか?」と父の声。
振り返れば父がいた。私がビルのエントランスに入るまで、ずっと黙ってついてきていたらしい。
こういうのって「尾行」「おっかけ」とでも言うのだろうか(笑)
ここの相談室に所属してもうウン年経つのに、何を疑っていたんだ、この人は。
少々呆れながらも、一言言って飄々と去って行く父の後ろ姿を見送った。

さて、昨日の夜の電話相談は、件数も少なかったので空き時間を利用して打ち合わせをと思ったが・・・・。
これから始まる連続講座のことを話し合おうとかけつけてくれた先輩には申し訳なかったが、話がそれにそれ情報交換(と言えばカッコイイな)もどきで終始した。
こういう時間が結構支えになるものだ。
日頃、顔を合わせていても会議や相談対応に追われてしまい、それぞれの活動の情報交換をすることもなく慌ただしくすれ違っているような私たち。
たまにこんな時間があると、とてもうれしくありがたい。

そうそう、ひとつ貴重な打ち合わせをした。
蒸し暑くなってきたので、みんなで美味しいビールを飲もうと、まぁ、飲み会の打ち合わせ。
これまたとっても貴重なことで、これまで何年(何十年)も活動をしてきたけど、このメンバーで飲んだことは一度もなかった(そうだ)。
もうそろそろビールの一杯も酌み交わしていいよね。
だってみんな忙殺に次ぐ忙殺の日々なんだもの。
(あ、私はそうでもないか。諸先輩方が)

夜、めっきり飲む予定が少なくなった私としても、うれしい予定ができたわけで。
「同窓会」「飲み会」「沖縄旅行」と、これで夏の行事が出そろったな。
[PR]
by 1193ru | 2008-07-23 07:40 | モロモロ

日曜日

日曜日は、朝から地域活動へ参加。
いつも仕事やら何やらで地域の方と交流する機会がないので、こういう機会はとても大切だ。
なんだかんだと一人では生きられないのだ。
当たり前に、暮らしている地域ではたくさんの方にお世話になってここまで生きて来た。
私の暮らす地域は、今も温かくて力強いご近所付き合いと支え合いが息づいている。
ここで私は40歳近くまで育てられて来た。
地域に育てられたことや、地域のありがたみを実感を持って感じられるようになったのは、本当にここ数年のこと。
それまでは、とにかくこの地域がというか我が家が嫌で、さっさと出て行きたくて仕方がなかった。今思えばなんというバカ者だったことか。そんな風に思っていた過去の自分がホントお恥ずかしい限り。
地域の方と活動をしながら、何気なく話す会話が楽しい。
ちょっとした会話でも、その方の人柄や背景が感じられる。
そこに触れることができるのが、楽しいしうれしい。
1時間ちょっとの活動を終え、帰宅。
またまた家族とたわいもない会話をして、軽くお茶をして、出かける準備。
今日は、昨日の友人と松島へ行くことにしていた。
松島はご存知の方も多いと思うが、日本三景の大観光地にも関わらず、斜線も少なく道幅も狭い。おかげでしょっちゅう渋滞する。
三連休で観光客も多いだろうからと、今日はJRで行くことにした。
これで、アルコールも気兼ねなく飲める。
(と、言ってもまだまだバンバン飲める体調ではないのだけど)
帰りの新幹線や飛行機の時間さえ死守できれば、なかなか楽しい小旅行を味わえるだろう。

友人を迎えに行く前に、「佐々重」へ。
ここは仙台みそが何種類も揃っているし、全国のちょっとしたおいしいものを扱っているお店。日頃から、「明治屋」「某デパ地下」「自然食品屋」と並び、何かと買い物をする機会が多いお店だ。
今日は、友人のお土産にと仙台みそを使ったお菓子とエゴマの入った「シソ巻き」を購入。仙台みそを使ったお菓子は、せんべい、クッキー、アメ、かりんとうなどを買った。

買い物をしていたらお呼びがかかり、ホテルへお迎え。
軽くお茶をしてからJR東北本線で松島へ向かった。
なんかいいね、たまには。
仲良しとのんびり電車の旅っていうのも。
いつも車でばかり出歩いているから、とっても新鮮。
もちろん、時間の余裕がないと車移動よりも行動は狭められてしまうけどね。

松島海岸駅で下車。
早速、瑞巌寺、天麟院、円通院、五大堂を見学。
途中、茅葺き屋根の茶屋で、アイス抹茶とずんだ餅をいただきながら散策。
お寺の庭園の美しさや静寂に癒されていたら、友人曰く「いろんな神社仏閣に行ったけど、なかなかのところだね」と一言。伊勢神宮よりもすてきだとお褒めをいただき、宮城県人としては鼻高々になっちゃって、まぁ、ホント私ったら自分が褒められたよりもうれしくなっちゃいましたよ。
宮城県人を長くしているけど、こうしてじっくり松島の観光名所を歩いたことはなかったなぁ。観光地の魅力を十二分に堪能できた今回は、とてもいい機会だっとつくづく思う。こんな機会をくれた友人に感謝、感謝。
円通院の庭園は、以前から噂は聞いていたけど、その美しさと趣きに魂が洗われるようでした。
できれば今度は平日人の少ない時に来て、ビロードのような滑らかな緑が見事な庭園を楽しみ、伊達精進料理を「雲外」でいただきたいな。

お寺を楽しんだ後は、海に面した道路に並ぶお土産屋さんとお食事処を満喫。
一番うれしくおいしかったのが、「小舟」という松島海岸駅近くのお店の焼き牡蠣とホタテ焼き。安いし、大きいし、おいしいし、もうサイコー!そこいらで海鮮丼を2〜3千円出していただくなら、迷わずこちらを選んじゃうな、と強く強く強〜く思う程、すっっっごく良かったぁ。
ちなみに、驚くような立派な牡蠣は1つ200円。ホタテは1つ400円。
友人は迷わずすぐに宅急便で送ってもらう手配をしてました。

それから、大好きな「かまわぬ」に発注したというオリジナルの松島手ぬぐいを扱うお店も発見。なかなかの品揃えでしたよ。うんうん、満足。
今日の思い出に〜、なんて殊勝な事を言ってまた手ぬぐいを買っちゃいました。
今回は、松島オリジナル手ぬぐいの「夕日」と「狐の嫁入り」。
「夕日」は、松島の島々に夕日が沈む風景を描いたもの。色違いで「月夜」もありましたが、友人の「私こっちが好き」の一言で迷わず決定。
「狐の嫁入り」は、昔購入しておきながら知り合いに差し上げた経緯があり、今回は自分仕様として購入。

そうそう、松島のお土産で思い出した。
例の「マリモッコリ」がいーっぱいありました。
宮城バージョンの、牛タン、七夕、ずんだ、笹かま、伊達政宗の5種を発見。
その隣には、東北六県のバージョンもありました。
春に北海道に行って以来、マリモッコリチェックが止まらない私です。

夕方、仙台駅に向かう電車は満員。
30分弱で仙台駅に着いて、そのまま友人は新幹線へ。
ホントあっという間だったけど、たくさんいろんな話ができたし、元気な顔を見れたし、おいしいやたのしいをたくさん共有できて、すごくうれしかったぁ〜。
次の再会は、秋の東京。
そして、できれば、秋の大阪でも再会したいな。
大阪で再会するには、越えなくてはならないハードルがいくつかあるのだけどね。
彼女とはいつもそう。
ただ手放しで再会を喜び合う出会いは今までになかった。
今回は、初めてそういう再会を果たした。
いつもは、苦しみすら感じる大きな学びをともにする再会。
いつもいつもそうやって悩んだり壁にぶつかったりしながら、お互いのそういう姿を見ながら再会してきた。
たまには今回みたいな再会もいいもんだ。
のんびりと気楽にいろんなことが話せるしね。
またこういう機会を作ろう。今回は、彼女がプレゼントしてくれたから、次はぜひとも私がしたいなと思ったりする。
たぶん、それは来年以降になるだろうな。
それまでは、またしばしハードルを抱えた再会が続くだろう。
[PR]
by 1193ru | 2008-07-21 09:38 | モロモロ

土曜日

午後からターミナルケアの研修へ参加。
実際にターミナルケアに当たられている方から、貴重なお話をたくさんうかがうことができた。
だんだんとどうして自分がここにいるのか、わかってきたような気がする。
ビッグイシューに関わっていた時、ある一人のベンダー(販売員)さんの闘病と亡くなられたことが思い出された。
何度も通ったあの病室。
病室の窓から見た空。
夕焼けに染まった長い廊下。
誰もいない待合室。
そして、ベンダーさんとの会話。
そう、はじめは会話があった。
でも、足を運ぶ度に会話は少なくなり、後半のほとんどは意識のない状態になってしまい、私はそこに通っていた。
最初は、5日に一回。それが3日に一回。後半は2日に一回。そして毎日うかがっていた。
亡くなられた時、急いでかけつけたら霊安室ですでに全身を白い布に包まれ、お顔を見る事すらできなかった。
知り合いのお坊さんに来ていただき、お経を上げてもらった。
病院や仙台市、ホームレス支援団体の方とのやり取りがあって、その時感じ・考えたことが鮮明によみがえった。
ターミナルケアに携わられている方のお話をうかがいながら、頭の中に次々とよみがえる記憶を見つめていた。
それから、叔母の闘病生活のことも思い出した。
何年も経ってようやく、ここにいる自分を考えた。
たぶん、これからも機会があればきっとターミナルケアやパストラルケア、それからグリーフケアを学んで行こうとするんだろうな、と予感した。
死を意識しない場所でこれから生きて行こうとする方たちに携わることと。
死を目前に生きて行こうとする方たちに携わること。
人間の死亡率は100%。
誰もがみんな確実に死ぬ。
まだまだ私の考えは漠然として散漫だけど、とうとう、「ココ」まで来て、ようやく「ココ」に立ったのだなぁと感じた。

研修会へ出た後は、一旦自宅へ戻り家事仕事。
ちょっとの時間でも家族と過ごしたかった。
研修のせいだろうか、なんかそんな気分だった。

その後、仙台駅に友人をお出迎え。
七夕が近く、三連休で観光客で賑わっているにも関わらず、仙台駅は工事中。
いやいや、どういう考えで工事計画を立てておるんじゃ。
こんなにたくさんの方が仙台を楽しもうとして来ているのに、これでは白い工事シートを見に来たようなもんじゃないか。

友人と合流して、国分町へ。
宮城の特産物を出してくれるリーズナブルなお店を選んだ。
ほや、牡蠣、牛タンをはじめ、どの食材も地場のもの。
お酒も地酒と決め込んだけど、お味はどれもイマイチ。
せっかく遠路はるばる仙台に来てくれたのに、ちょっと残念。
お店のセレクトの失敗だった。
夜遅くの到着やホテル近くをと思った私がバカだった。
少々遠くてもいつもの行きつけに行っておけばよかったと反省しきり。
それでも、大好きな友人と会えたこと、延々1時近くまで話し込めたことで、お料理のことはチャラになりおつりがくる程満喫できた。
すごくうれしかった。
朝3時起きで来てくれたことが、本当にありがたかった。
顔を見て、時間を共有できたことがたまらなくうれしくて、ありがたくて、胸がいっぱいになった。

帰宅したのは1時過ぎ。
感謝の気持ちも度が過ぎると興奮に変わっちゃうらしい。
翌日のスケジュールも朝から入っているにも関わらず、なんだかんだと眠れなくなり、結局寝たのは3時だった。
睡眠不足は嫌だけど、こんなに胸がいっぱいで眠れなくなることは早々ない。
眠れない程、感謝や喜びをくれた友人の存在がとってもうれかった。

そんなこんなで土曜日は、慌ただしく、しかし、しあわせに過ぎたのでした♪
[PR]
by 1193ru | 2008-07-21 08:58 | モロモロ

今日来た道

今朝は4時起きで、家事をした後、5時半に家を出ました。
昨晩、会議で遅くなり帰宅が22時を過ぎてしまい、結局寝たのは1時。起きられるかどうか心配でしたが、なんとか起きることができ安心しました。
早起きの理由は、午前中ちょっと遠出をするためです。

6時の電車に乗って北へ向かいました。
電車が動き始めると同時にグーグー寝始め、気がつけば乗換駅の3つ手前。
人影まばらだった車内も、通学の高校生でいーっぱいになっていました。
乗換駅はごくごく小さな駅だったので、初めての乗り換えも反対側のホームに移動するだけ。心配していたような「乗りぱぐれ」もなく、とってもスムーズに計画通りにことは進んでいました。

ココまでは。

そう「ココまでは」です。

乗り換えた電車は2両編成のワンマン運転。
車内は、男子高校生でいーっぱい!
私のような年代の人は誰もおらず、なんか不思議な感じがしました。
高校生たちに混ぜてもらい、高校時代憧れていた「電車通学」をちょっと満喫しました。

私の目的駅は、乗り換えしてすぐ次の駅。
数分後に、その駅のアナウンスが流れ、しばらくすると駅に到着しました。
そこでアナウンスにあった通り「開」ボタンを押してドアが開くのを待ちました。
数秒間、待ったもののドアは動く気配なし。

「アレ?故障?」
と思いつつ、「でも降りなくちゃ」と次のドアに急ぎました。

次のドアの「開」ボタンをpush!
また、開かない。
「まさか?!どうして?」と思うと同時に、次のドアに向かって車内を走り出しました。
で、また「開」ボタンをpush!!
今度は、何度も押しました。
でもでも、ドアはうんともすんとも言わず。
そうこうしているうちに、窓の景色が動き出し、そう、電車が動き始めたのです。

「次の駅は一体どこ?この駅に戻る電車はあるの???」
少々パニックになりながら、とうとう運転手さんのすぐ後ろのドアまで辿り着きました。
運転手さんの後ろ姿のうらめしいっことと言ったら。
「ホント、どうしてドアが開かないのか、もうこれはJRに言わなくちゃ、それともこの運転手さんにクレームつけないと!!」
熱くなりながら、次は絶対降りるんだ!とドアを睨んだら、ドアに大きく「ワンマン電車は、運転手後ろのドアしか開きません。降りる方は、一番前のドアをご利用くださいうんぬん」という注意書きが!!
唖然としていたら、次の駅に着きました。
この駅を逃してなるものかと、ボタンを思いっきり押してドアが開くと同時に勢い良く飛び出しました。

目の前にあるのは、空っぽの古びた公衆トイレのような小さな無人駅。
改札なんてありません。
さくのひとつもなく、ちょっと高台になっているところにコンクリートの小さな箱(駅)があるだけ。
その後ろはビニールハウス。
もちろん、駅前のロータリーもバス乗り場もタクシー乗り場もありません。

背後で列車のドアが「プシュー」と閉まる音が聞こえると同時につい叫んでしまいました。

「いったいココドコ?どうしたらいいのー!!!!」

振り返れば、田んぼの中を電車が遠ざかって行きます。
この風景が、テレビの中の風景だったら「いいねぇ〜、のんびりしてて、癒されるねぇ〜」なんて無責任なことを言えたでしょう。
でも、この風景の中に、今まさ私は一人でいるわけで。

車なんて通りません。
地名なんてわかりません。

で、おもむろに携帯電話を取り出して、今日お世話になる方へメールをしました。

時間は7時前。まだまだ「早朝」と言われる時間です。
でも、予定だったらもうとーっくに目的地に着いていたはずの時間です。
電話を片手に高台から360°見渡すと、セブンイレブンの看板が見えました。
よくよく見れば、遠くに車が走っているのもわかりました。

メールの返信がすぐに着て、お迎えの車が出たとのこと。
ホッとするやらありがたいやら、そして申し訳ないやら。
でも、自分とこのゆったりした風景に少しイラっとしちゃいました。

小雨の中、車を待ちながら腹式呼吸をできるだけゆーっくり繰り返しました。
ちょっとずつ気持ちが落ち着いて来ました。
お迎えの車が見えた時は、とってもうれしくて、ありがたくて、小雨で曇り空にもかかわらずぱぁーっと朝陽が見えたような気持ちになりました。

蒸し暑い中汗だくになって所用を済ませました。
たまたま居合わせた方のご厚意で、少し行ったところにある駅まで送っていただくことになりました。
道中、地域のいろいろなお話やその方の地元での活動をうかがいました。
こういううれしいハプニングが、ホント、楽しい♪
今まで地図やインターネット上でしか理解をしていなかったモノクロイメージのこの地域が、話をうかがううちにぱあーっと色めき立ち、私の中で活き活きとしたカラーイメージに変化していくから不思議です。

仙台に戻ってからは、大急ぎで相談室へ。
今日は、尊敬する某保護施設長をお招きしての自主事業を午後から行いました。
お話をうかがっていたら、ググッとこみ上げて来るものが。
そう、何度も何度も悔やんでいることが、また胸いーっぱいに広がって来てしまいました。
それは、この方の下で働きたかった、ということ。
いつもタイミングが合わなかったり諸事情が整わなかったりで、結局実現ならずに何年も来てしまいました。
たぶん、この方の下で働くことは今後もできないし、そのようなチャンスももう来ないでしょうね。
仙台でこの業界だったらとにかくこの方。
この方の下で短期間でもいいから働きたかったと残念で残念で涙が出てしまいます。

帰路、すっかり雨の上がった仙台は、それはそれは蒸し暑く。
歩けなかった「そうであったかもしれない道」にほろ苦い小さな未練を感じつつも、これから開けて行くだろう道を思い描きました。

明日からは三連休!
明日日中は、ターミナルケアの研修や家族の通院送迎。
夜は仲良しと会えるという、うれしいイベントが待っています♪
昨日は予想もしなかった、結構楽しい見晴らしも風景も良い快適な道を歩いている自分を感じています。
明日は明日で、どんな道を歩いているのでしょうか。
考えるとワクワクしてきます♪
[PR]
by 1193ru | 2008-07-18 23:09 | モロモロ
今日は、岩出山のかりんとうを3.2kgも買いました。
端から見たら、すっっっごくかりんとうが好きな人。
ううん、「すっっっごく」なんて通り越えて、「熱狂的にかりんとうが好きな人」。
いやいやまだまだかも。
「3食かりとうで生きている人」。
う〜ん、それ以上かも。

ま、とにかく両手なんかじゃ持てない量だったので、巨大エコバッグがパンパンになるくらい詰めてしょって、さながら「かりんとう売り」にでも出かけちゃんじゃないかと我ながら心配になってしまうようなスタイルでした。

この大量のかりんとうは、甘党一族の母の親類縁者に配られ、彼らのお腹にきれいさっぱり収納(奉納?)される予定です。
中元のこの節や、お盆時のお茶菓子にと思うのは、私だけ。
持って行ったら3日経たずに食べきってしまうことでしょう。
それだけ、母の一族の甘党ぶりは筋金入りです。

さて、ここ数日、講演依頼が増えています。
ありがたいことです。
ドラマ「ラスト・フレンズ」の影響なのでしょうか?
原因がわからないのですが、なぜか講演依頼が連日続いています。

講演とはちょっと違いますが、明日は青少年問題に対応している機関(警察とか児童相談所とか)の所長さんたちの集まりで「俎板の鯉」にされてしまうようです。
あぁ、恐ろしや。
所長さんクラスの方が、50名以上は集まるのかな。
そんなところで(たぶん)一番最年少の私を調理するなんて、想像するだけで倒れて、下痢して、発熱して、脱水症状を起こして入院して、結果、明日は休みたくなってしまう小心者の私です。
めずらしく、なんか非常に心配です。

今日はスケジュールがタイトだったせいでしょうか。
あ、いや、かりんとうの呪いだな、きっと。
まだ22時台だと言うのに、もう眠くなってきました。

それでは、みなさますてきな夢を☆
[PR]
by 1193ru | 2008-07-15 22:55 | モロモロ