ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

<   2007年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

昨日、おとといと、仕事の合間に久々に髪を切ったり、映画「Once ダブリンの街角で」を観たりしました。
DVや被害女性のことを考えたり対応する時間が長くなってきたので、少し違う視点や刺激を入れることで、さらに思考や行動の加速を狙っている自分が無意識にいることに、昨晩気がつきました。
人間っておもしろいものですね。

昨晩もその前も帰宅して、延々3時くらいまで講座のことや青森のことを考えたり、思考を文字化したりしています。でも、まだまとまらないことがいくつかあり、相変わらず多少ボーッと、多少ぼんやりと、多少アセリと、それから何かこうじわじわとした面白味を感じています。

明日から始まる、DV・デートDV被害女性向けの連続講座には、定員を超えるお申し込みを頂戴しています。
企画した者としてはうれしい限りなのですが、でも手放しで喜べることではありません。
それだか被害女性がいるのだということ。
これだけのニーズがありながら、手つかずだった仙台や東北の状況。
今後やるべきことが、本当にいっぱいあるのだとあらためて痛い程感じています。

やっぱりライフワークとしてがっちり取り組まなくてはならないことなのだと、再度認識。
たぶん、こんな人間が仙台に数人いてもいいんじゃないかなと苦笑したりして、今朝はいます。
テレビからアリシア・キースの歌声が流れて来ます。
彼女は、ビッグイシューの表紙も飾ってくれた歌姫。
そういう理由だけではなく、私は彼女が好きです。

そうそう、映画「Once ダブリンの街角で」のヒロインもビッグイシューを売っていたっけ。
すごく感じさせることの多い、でも、それがとても自然で押しが強くなく、おさえた描き方がすばらしい映画です。
「暮らす」「生きる」「人とつながる」ということに関して、もうひとつ引き出しが増えた気持ちがしています。
全編を通してしずかにたしかに流れているさまざまなかたちの愛情にふれ、自分がいかにたくさんの形にはならないでもたしかにそこにある愛情の中で生かされているのかを思いました。
先日観た「Always 三丁目の夕日」とはまた違う手法で、人間関係の中に流れる愛情を感じさせる映画でした。
ご覧ください。

さぁ、金曜日ですね!
今日も一日楽しみましょう♪
[PR]
by 1193ru | 2007-11-30 09:31 | MOVIE
おはようございます♪
昨日、出勤前に子宮がん検診を受けて来ました。
年配のお姉様方が鎮座する婦人科の待ち合いでしばらく待っていると、普段は聞かれない話がいろいろ聞かれました。
出産後の子宮やその周辺の筋力を鍛えることがほとんどなされない日本では、年を減ることに子宮が下がってきて尿漏れになる方が多いそうです。
その相談で来ている方が、たくさんいらっしゃいました。
以前、新聞でフランスの出産・子育て事情の連載の中で、フランスでは出産後も婦人科に通って子宮周辺の筋力トレーニングがあることを知りました。
年を経てからの通院や治療は何かと大変。
出産とセットでトレーニングがあるといいのに、と思いつつ、将来、自分もそのような症状で悩まされるのかともふと思ったりして。トレーニング方法をどこからか入手して、独自でやっておこうかと考えた次第です。
それから、骨粗鬆症の方も多かったですね。

さて、私の検診はというと、なかなか面白いものがモニターで見ることができました。
それは、「卵」!
ちょうど排卵日だったみたいで、画面には元気にはずんでいる(ように見える)卵子の姿がありました。
初めて自分の卵子を見ました。おもしろかったです♪
自分のからだなのに、ホントこういう機会でもないとわからないことがいっぱい!
検診ってなかなか興味深いものだと思いました。
そこからふつふつと「性とからだ」について考えながら出勤しました。

そして同じ昨日、私は性暴力による中絶や妊娠の相談を何件も受けました。
仙台や宮城だけでなく、遠方の他県からの相談もいくつかありました。
どの方も、民官を問わずさまざまな機関から紹介されての相談でした。
紹介されてきた経緯を聞くたびに、DVやデートDVの対応(もちろんこれに限らず、女性の相談対応すべてにおいて。もといセクシャルマイノリティの相談にも)には、性に関する知識が必須だと痛感します。
(・・・・というか、どの分野の相談員にも性に関する知識は必須なんだと、今書きながら、たどり着きました)
たまたま私の所属する団体には、医療関係者や性に関する相談のエキスパートが何人もいて、日々情報が行き交い勉強する基盤があります。でも、どこの機関もそのような状況に当たり前にはありません。そうなると、個々の相談員の個人的な情報収集と学習姿勢にかかってきてしまいます。それでは、本当に大変。いろいろな面で・・・・

来月、青森の相談員養成講座の講師をしてきます。
昨日感じたことも、伝えて来たいと思います。
[PR]
by 1193ru | 2007-11-28 08:18 | DV
今朝は、とっても眠いです。
昨晩、ついつい夜更かしし、寝たのは3時半過ぎ。
ボーッとしています。

今日は、セッションが1つ入っています。
その他に、電話相談対応あり。
夕方からは他機関で電話相談に入ります。

昨晩、仲良しと人付き合いについて少々語り合いました。
親しい仲だと距離が近いせいか、ついつい踏み込み・踏み込まれが多くて、相手の短所が見えやすくなりがち。
でも、嫌いになってはもったいないので、そんな時は自分の立ち位置を変え、もっと遠くからもっと広く眺められるようになったら、その人との関係を壊すことなく対応ができたるのにね。
そんな風に自分の立ち位置をニュートラルに変えるには、きっと余裕が必要で・・・・
みたいな話をしました。
今朝は、その話を思い出し出し、昨晩の続きの作業をしています。
[PR]
by 1193ru | 2007-11-27 06:44 | モロモロ

また地震です

朝にも地震がありましたが、また地震です。
宮城県沖・福島県沖の断層が、やんちゃをしているみたいです。
私の住む団地は、地盤が固いのでちょっとの地震では揺れないのですが、なぜか今日は揺れる揺れる。
不安になっちゃいますね。

今晩は、会議でこんな時間の帰宅になってしまいました。
1日から始まる講座の準備をしないと今晩は、眠れません。
それに青森のレジュメもそろそろ完成させないと。
にもかかわらず、なぜかちょっと風邪気味。
頭とのどが痛く、ぽーっとしています。
[PR]
by 1193ru | 2007-11-26 23:19 | モロモロ

三連休明け

おはようございます♪
月曜日の朝ですね。
今朝も仙台は快晴です♪

23日の「Living Together in Sendai」は、なごやかでこころ温まるイベントでした。
私は、昨年に引き続きReadingをさせていただきました。
手記を書かれた方の想い、
ご来場の方々の想い、
主催者の方々の想い、
を想像して想像して、いっぱい想像して読まさせていただきました。
とても貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございました。
会場で、久々に仙台ビッグイシューソサイエティの方々にもお会いでき、うれしかったです。
ソサイエティを辞めて半年が過ぎたことをあらためて実感しました。

24日は、家族の付き添いで一日が終わりました。
夜は、家族の誕生日の前夜祭(叔母の四十九日と重なるため)と称して、たくさんお料理しました。
・生ハムとベビーリーフのサラダ オレンジドレッシングかけ
・デザートトマトとモッツァレラチーズのサラダ
・きのこたっぷりスープ
・ミニステーキ
・ドリア
・フルーツ
久々に「料理したぁ〜!」という気持ちになりました。

25日は、亡き叔母の四十九日でもあり、家族の誕生日でもあり。
四十九日は、母の実家に集まって叔母をしのびつつみんなで昼食をいただきました。
その後、三越で誕生日ケーキを購入。
夜は、家族でケーキをいただきました。

こうして三連休は過ぎ、今週末からはとうとう連続講座が始まります。
「DV」ってやっぱりまだまだ身近ではないんですねぇ〜。
今回の講座は、仙台でも宮城でも東北でも初の試み。
(全国のNPOやDVに関する専門家からも、このような講座は見たことがないと言われたので、日本初かもしれませんが、真偽は定かではありません)
にも関わらず、地元紙以外は、さっぱりマスコミは取り上げてくれません。
これまでもさんざんイベントや企画を立ち上げて、その度にさんざん取り上げてもらったのに、今回に限っては某地元紙以外には、さっぱり取り上げてもらえず。
一重にこれは、DVに対する認知が私たち現場の人間とマスコミの方々ではかけ離れているせいだと思うのです。
(あー、がんばるゾ!!こんなことで諦めないのだ!!マスコミの方々にも理解してもらう努力を続けるゾ!!)
でも、伝わるところには伝わっているようで、宮城県内にとどまらず他県からも申し込みをいただいています。
ありがとうございます。

ということでこのブログをご覧の方は、ホント少数なんですが、再び講座のご紹介を。

----------------------------------------------------
■■■■■   DV被害をのりこえて輝こう!   ■■■■■
■■■  「女性のためのエンパワーメント講座」 ■■■■

苦しい、辛い、悲しい、さびしい。
そんなたくさんの涙を流したあなた。
もうそろそろ、自分らしい人生を歩みだしてみませんか?

DV(ドメスティック・バイオレンス)やデートDVで傷ついたあなたへ
「元気」や「勇気」、そして「笑顔」の素をお届けする講座です。

「エンパワーメント」とは、自分のパワーを掘り起こしていくこと。
暴力にさらされ埋もれてしまった、あなた本来のパワーを取り戻しましょう。

「ドメスティック・バイオレンス(DV)」とは、親密な関係にあるパートナー
に対してくり返される、「こころとからだへの暴力」です。また、「デート
DV」とは、「未婚の男女の間に起きるドメスティック・バイオレンス」のことです。
DVとデートDVの違いは、婚姻関係(内縁関係を含む)があるかないかと
いうことだけ。どちらも相手を支配し思い通りにするために、身体的・言語的
・精神的・経済的・性的などのさまざまな暴力を複合的に用いる人権侵害
行為であり、犯罪です。
-------------------------
DV被害をのりこえて輝こう!
「女性のためのエンパワーメント講座」詳細

●各講座開催日時と内容
6回の講座を通して、DV・デートDVで傷ついたこころのケアと、
被害をのりこえ新たな人生をあゆむためのヒントをお伝えします。

第1回「DVについて知る」
 日時:2007年12月1日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:DVを知ることは、自分が体験した出来事の理解と気持ちの整理
         に役立ちます。DV被害者支援を長年行っている講師が、わかり
         やすくDVについてお伝えします。
 講師:渡辺美保(仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台世話人)

第2回「想いを語る」
 日時:2007年12月22日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:安心と安全が確保された場所で、今までふたをしていた自分の気
        持ちを開放してみませんか?ひとりではない安心感が、勇気や元気
        へとつながっていきます。
 ファシリテーター:川田マリ子
                    (仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台スタッフ)

第3回「自分を大切にするコミュニケーション」
 日時:2008年1月19日(土)13:30〜15:30 定員:40名
 内容:こころの境界線を大切にしながら自分も相手も大切にした、誠実で
        対等、率直なコミュニケーション(アサーティブ)は、あらたな人間関
        係を築く大きな力になりす。
 講師:中野満知子さん(特定非営利活動法人アサーティブジャパン事務局長)

第4回「自分を大切にしながらつながってみよう」
 日時:2008年2月2日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:DV被害女性が直面しがちな人間関係の場面を具体的に取り上げな
        がら、アサーティブな姿勢で解決のヒントをつかんでいきましょう。
 講師:田口京子さん(ウィメンズカウンセリングいずみ代表)

第5回「DV被害をのりこえて〜これからの自分と仕事を考える」
 日時:2008年2月23日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:DV被害によるトラウマへの対応をご紹介します。それを踏まえて、
        就職するにあたってDV被害による「空白期間」も含めたキャリアの
        整理や面接のコツをお伝えします。
 講師:門間尚子(仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台世話人)

第6回「こころとからだを解きほぐす〜エンパワーメントみんぶパーティー」
 日時:2008年3月15日(土)13:30〜16:30(終了予定) 定員:40名
 内容:DV被害によって傷ついたこころを、からだを動かしながらときほぐし
        ましょ う。「みんぶ」とは「盆踊り」のこと。踊りのミニレッスンもあるので、
        誰でもすぐに踊れます。
        さぁ、あなたのあたらしい第一歩をみんなで楽しく踏み出しましょう!
 講師:八幡悦子(仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台世話人代表)
---------------------------
● 参加対象者 
 DV・デートDV被害経験のある女性。未婚・既婚や離婚経験の有無は問い
 ません。 連続6回すべての講座への参加、どれか一つの講座のみの参加
 など、自分に必要な講座を選んで、無理のない範囲でご参加ください。
 第3・6回目は、DV・デートDVに限らず、セクシャルハラスメント・ストーカー ・
 性暴力被害経験のある方のほか、DV家庭で育った方、DV被害女性を支援
 している方にもご参加いただけます。ただし、女性に限ります。
● 参加費
 第1回目〜第5回目は無料。第6回目のみ、大人500円 子ども100円。
● 託児
 未就学児のお子さんの託児を無料で受け付けます。申し込みの際に、お申し
 出ください。小学生のお子さんの託児についても、お気軽にご相談ください。
 なお、託児の申し込み締め切りは、講座開催10日前までです。
● 会場
 参加者の安全確保のため、参加が確定された方にのみお伝えします。
 会場は、仙台市青葉区一番町または仙台駅周辺です。
● 申し込み方法・締め切り
  電話にて、仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台事務局までお申し
  込みください。尚、電話申し込み受付時間は、平日13:30〜16:30です。
  参加確定と会場のお知らせを安全に確実にできる連絡先を、必ずお知らせくだ
  さい。締め切りは、各講座開催3日前までです。ただし、定員になり次第締め切
  りとさせていただきます。参加確定後のキャンセルは、講座2日前までお願いします。
● 申し込み・お問い合わせ先
  仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台事務局 
  電話:022−225−8801 受付時間:平日13:30〜16:30
---------------------------------------------
●講師協力
アサーティブジャパン:人と人とのよりよいコミュニケーションを目指して活動する、 
                           東京の特定非営利活動法人
ウィメンズカウンセリングいずみ:女性の視点にたち、個人カウンセリングやグルー
                           プワークを行っている仙台のカウンセリングルーム
●助成
せんだい男女共同参画財団:仙台における男女平等の社会風土づくりを進めている
●主催
仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台:女性への暴力の防止と被害女性の
                            支援活動をしている任意の非営利組織
--------------------------------------------------
[PR]
by 1193ru | 2007-11-26 08:45 | DV

Living Together in Sendai

今日は「Living Together in Sendai」におじゃましてきます。
「HIVを持っている人も、そうじゃない人もぼくたちはもういっしょに生きている WE'RE ALREADY LIVING TOGETHER」
というメッセージとともに、LIVEありSHOWありの楽しいイベントです。
街中に出た方は、ぜひのぞいてみてください。
入場無料で出入り自由のFreeなイベントですので。
それでは、すてきな休日を♪

■■■■■■■■  ぼくらの課外授業-Living Together in Sendai-  ■■■■■■■■
日時:2007年11月23日(金/祝)
       14:00〜17:00 (Show start 15:00)
場所:仙台市市民活動サポートセンター 市民活動シアター
入場料:無料(1drink 500円)
LIVE&SHOW:
   Anego Girls(Drag Show)
   大介b(ギター弾き語り)
   渡邊信一(ヴァイオリン)
   佐々木世寿(ピアノ)
   丘けい子(シャンソン)
   Norika☆Yumiko(Reading)
   瑛太(Reading)
   ゲン(Reading)
   Syoko Monma(Reading)
主催:東北HIVコミュニケーションズ &やろっこ
        http://extrastudy.web.fc2.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[PR]
by 1193ru | 2007-11-23 08:25 | NGO/NPO

雪に仕事にLAURA FYGI

今朝も仙台は雪景色です。
しーんと静まり返っています。
少し前から、鳥の鳴き声が聞こえて来ました。
あとは、ファンヒーターとキーボードを叩く音だけ。
我が家もしーんと静まり返っています。

なんだかんだとばたばたしています。
相談室に行く回数が減り、他機関へ出向くことが多くなっています。
今月は、講演がない分、「助っ人相談員」仕事が増えているのかな。

さて、地元新聞に続々とDV・デートDV被害者向けの「女性のためのエンパワーメント講座」をお取り上げいただいています。
ありがたいですね。
新聞を見たという方からのお申し込みもちらほら出て来ています。
マスコミに取り上げられるということは、当事者の方へ情報が伝わりやすいということもさることながら、多くの方の目に「DV」や「デートDV」という文字が届けられることが、とても大きいように感じています。

昨日、「DAYS JAPAN」の新号を読みました。
紛争地で命を落としたジャーナリストの方々の特集号でした。
リストカッターの特集も掲載されていましたし、中国四川省のパンダ保護区の話、死刑制度についても掲載されていました。
どれもこれも、衝撃的・印象的な怖い程生々しい美しさの写真で伝えられていて、毎度のことながら「ガツン!」とやられてしまいました。

夕方、LAURA FYGIのCD「RENDEZ-VOUS」(ローラ・フジィ「ランデブー」)を入手しました。
LAURA FYGIは、多感な20歳頃から聞き始め今に至ります。
今回は、フランス語で「ビギン・ザ・ビギン」をはじめ名曲を歌い上げています。
聞き惚れつつ思ったことは、クレモンティーヌが年を取ったらこんな風になるのかな、なんてこと。
ローラ本人の解説を読むと自身の声を「官能的な低い声」と言っていて、「そうだよね、大人の女は自分の色気がどんなものか認識しているのよね」とひとりごちした次第です。
「したたるような色気」までは今回いかないものの、やっぱりこの方の色気は圧巻です。

さて、本日は法律相談対応日です。
雪が積もっているので、早めに自宅を出たいと思います。
週も中を過ぎました。
みなさま、今日もすてきな一日を♪
[PR]
by 1193ru | 2007-11-22 06:15 | モロモロ

ぱたぱたと書き込み

朝、本格的な初雪を迎えたものの、昼前にはすっかり雪は姿を消してしまいました。
雪景色が大好きな私は、ちょっと残念な日でした。
今晩も冷えて来ましたね。
明日は、相談室には行かず、別の施設におじゃまします。
今日も夕方から他施設にて相談対応をしていました。
先週から、あちこちの施設におじゃまする日々が続いています。

ブログ、書きたいことがいろいろありますが、12月を前に仕事が立て込んでいますので、今晩はこれで終わりにします。
それでは、みなさますてきな夜を♪
[PR]
by 1193ru | 2007-11-19 22:45 | モロモロ

雪と月

みなさま、こんばんは☆
寒いですね〜。
宮城県内の平野でも、雪が降り始めています。
みなさまのお住まいの地域は、いかがでしょうか?

今朝は、4時起きで女川へ行って来ました。
雪が降らなくて本当に良かったです。
先日、冬タイヤに履き替えましたが、雪道は心配です。
昔、栗駒山の裏手の下りの山道で滑り落ちそうになった経験があり、未だにトラウマになっています。
あの時は、地元の人が融雪剤を巻きにあがって来てくれたから助かったものの、ホントどうなっていたかわからないくらい怖い体験でした。
(四駆が車体4分の1落ちかけてましたから・・・・)

先ほど、県北の友人から雪が降っているとの知らせが入りました。
私の住む仙台の某団地では、雨がぱらっと降った程度で、月が出ています。
でも、静かなこの雰囲気に、雪が降ってもおかしくない感じがしています。

明日からまた一週間が始まりますね。
寒さ対策をしながら、HAPPYな一週間を過ごしたいと思います。
[PR]
by 1193ru | 2007-11-18 22:23 | モロモロ

初雪の朝

あちこちに出かけて「助っ人相談員」をしているうちに、金曜日を迎えました。
おはようございます。
とうとう仙台でも初雪が観測されました。
と言っても、街中から離れた泉区にある泉ヶ岳ですが。
遠くに蔵王の雪化粧をまぶしく眺めたのが、数日前。
晩秋から初冬へ時が流れるのを感じる朝です。

久々に昨晩、ビリーズブートキャンプをしました。
豊穣の秋を満喫したからだは、日に日に「脂肪」という防寒具をフル装備していきます。
そのさまに、さすがの私も青くなり、棚の奥にしまい込まれていたビリー隊長にお出ましいただいたというわけです。
今朝は今朝で、ヨガに精を出し、朝食後に再びストレッチとバランスボールでからだをほぐしました。
今晩も励まないと。
昔の代ゼミじゃないけれど、あ、進研ゼミだっけ?どしらでもいいけど、「継続は力なり」ですから、せめて一週間は続けようと思っています。
[PR]
by 1193ru | 2007-11-16 08:47 | モロモロ