ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

<   2007年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

みなさま、こんばんは☆
先ほど、帰宅しました。
今日の会議より、以下の講座の参加申し込みがスタートしましたので、お知らせします。
DV・デートDV被害女性のみなさま(一部、セクハラ、性暴力、虐待、パワハラ、の被害女性の方、DV家庭で育った女性の方、DV被害女性支援をしている女性)で、ご関心のある方は、ぜひご参加くださいね♪

■■■■■   DV被害をのりこえて輝こう!   ■■■■■
■■■  「女性のためのエンパワーメント講座」 ■■■■

苦しい、辛い、悲しい、さびしい。
そんなたくさんの涙を流したあなた。
もうそろそろ、自分らしい人生を歩みだしてみませんか?

DV(ドメスティック・バイオレンス)やデートDVで傷ついたあなたへ
「元気」や「勇気」、そして「笑顔」の素をお届けする講座です。

「エンパワーメント」とは、自分のパワーを掘り起こしていくこと。
暴力にさらされ埋もれてしまった、あなた本来のパワーを取り戻しましょう。

「ドメスティック・バイオレンス(DV)」とは、親密な関係にあるパートナー
に対してくり返される、「こころとからだへの暴力」です。また、「デート
DV」とは、「未婚の男女の間に起きるドメスティック・バイオレンス」のことです。
DVとデートDVの違いは、婚姻関係(内縁関係を含む)があるかないかと
いうことだけ。どちらも相手を支配し思い通りにするために、身体的・言語的
・精神的・経済的・性的などのさまざまな暴力を複合的に用いる人権侵害
行為であり、犯罪です。
-------------------------
DV被害をのりこえて輝こう!
「女性のためのエンパワーメント講座」詳細

●各講座開催日時と内容
6回の講座を通して、DV・デートDVで傷ついたこころのケアと、
被害をのりこえ新たな人生をあゆむためのヒントをお伝えします。

第1回「DVについて知る」
 日時:2007年12月1日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:DVを知ることは、自分が体験した出来事の理解と気持ちの整理
         に役立ちます。DV被害者支援を長年行っている講師が、わかり
         やすくDVについてお伝えします。
 講師:渡辺美保(仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台世話人)

第2回「想いを語る」
 日時:2007年12月22日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:安心と安全が確保された場所で、今までふたをしていた自分の気
        持ちを開放してみませんか?ひとりではない安心感が、勇気や元気
        へとつながっていきます。
 ファシリテーター:川田マリ子
                    (仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台スタッフ)

第3回「自分を大切にするコミュニケーション」
 日時:2008年1月19日(土)13:30〜15:30 定員:40名
 内容:こころの境界線を大切にしながら自分も相手も大切にした、誠実で
        対等、率直なコミュニケーション(アサーティブ)は、あらたな人間関
        係を築く大きな力になりす。
 講師:中野満知子さん(特定非営利活動法人アサーティブジャパン事務局長)

第4回「自分を大切にしながらつながってみよう」
 日時:2008年2月2日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:DV被害女性が直面しがちな人間関係の場面を具体的に取り上げな
        がら、アサーティブな姿勢で解決のヒントをつかんでいきましょう。
 講師:田口京子さん(ウィメンズカウンセリングいずみ代表)

第5回「DV被害をのりこえて〜これからの自分と仕事を考える」
 日時:2008年2月23日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:DV被害によるトラウマへの対応をご紹介します。それを踏まえて、
        就職するにあたってDV被害による「空白期間」も含めたキャリアの
        整理や面接のコツをお伝えします。
 講師:門間尚子(仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台世話人)

第6回「こころとからだを解きほぐす〜エンパワーメントみんぶパーティー」
 日時:2008年3月15日(土)13:30〜16:30(終了予定) 定員:40名
 内容:DV被害によって傷ついたこころを、からだを動かしながらときほぐし
        ましょ う。「みんぶ」とは「盆踊り」のこと。踊りのミニレッスンもあるので、
        誰でもすぐに踊れます。
        さぁ、あなたのあたらしい第一歩をみんなで楽しく踏み出しましょう!
 講師:八幡悦子(仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台世話人代表)
---------------------------
● 参加対象者 
 DV・デートDV被害経験のある女性。未婚・既婚や離婚経験の有無は問い
 ません。 連続6回すべての講座への参加、どれか一つの講座のみの参加
 など、自分に必要な講座を選んで、無理のない範囲でご参加ください。
 第3・6回目は、DV・デートDVに限らず、セクシャルハラスメント・ストーカー ・
 性暴力被害経験のある方のほか、DV家庭で育った方、DV被害女性を支援
 している方にもご参加いただけます。ただし、女性に限ります。
● 参加費
 第1回目〜第5回目は無料。第6回目のみ、大人500円 子ども100円。
● 託児
 未就学児のお子さんの託児を無料で受け付けます。申し込みの際に、お申し
 出ください。小学生のお子さんの託児についても、お気軽にご相談ください。
 なお、託児の申し込み締め切りは、講座開催10日前までです。
● 会場
 参加者の安全確保のため、参加が確定された方にのみお伝えします。
 会場は、仙台市青葉区一番町または仙台駅周辺です。
● 申し込み方法・締め切り
  電話にて、仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台事務局までお申し
  込みください。尚、電話申し込み受付時間は、平日13:30〜16:30です。
  参加確定と会場のお知らせを安全に確実にできる連絡先を、必ずお知らせくだ
  さい。締め切りは、各講座開催3日前までです。ただし、定員になり次第締め切
  りとさせていただきます。参加確定後のキャンセルは、講座2日前までお願いします。
● 申し込み・お問い合わせ先
  仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台事務局 
  電話:022−225−8801 受付時間:平日13:30〜18:30
---------------------------------------------
●講師協力
アサーティブジャパン:人と人とのよりよいコミュニケーションを目指して活動する、 
                           東京の特定非営利活動法人
ウィメンズカウンセリングいずみ:女性の視点にたち、個人カウンセリングやグルー
                           プワークを行っている仙台のカウンセリングルーム
●助成
せんだい男女共同参画財団:仙台における男女平等の社会風土づくりを進めている
●主催
仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台:女性への暴力の防止と被害女性の
                            支援活動をしている任意の非営利組織
--------------------------------------------------
[PR]
by 1193ru | 2007-10-31 23:19 | DV

Mac Book子

おはようございます♪
昨晩は、なんだかんだと3時過ぎまでMac Book子と遊んでいました。
Mac Book子は、冷めやすい性格のようで、ちょっと目を離すと一人で電源が切れてしまいます。
クールな性格でロハススタイルの実践者のようです。

Mac Book子は、ちょっとしたトゲというか、ツッパリ気味な性格もあるようです。
キーを叩いていると、手首の辺りにフォルムの角が当たって痛くなっちゃいます。
手首をつきつきキーを叩くな!という、毅然とした意思表明なのかもしれません。
ロッテンマイヤーさんみたいな、キチキチとした品行方正みたいな気質があるのかもしれません。
私のような(かなり)ずぼらな奴には、少し厳しい人の方がいい相棒になるのかもしれません。

今晩も会議です。
Mac子が入院してしまったので、会議資料はあり合わせで間に合わせなくてはなりません。
今からちょっと作らないと・・・・・

Mac子には申し訳ないのだけれども、やはり新しい機種はストレスが少なく快適です。
(手首は痛いけど・・・・Mac子の優しさが身にしみます)
「光」との相性もいいみたいで、ササッとパパッとネットも楽しめます。

昨日、本当に茫然自失の状態でこのMac Book子を購入しました。
お店のお兄さんは、私がごくごくフツーの精神状態の人だと思ったのか、ソフトやらサービスの情報提供とお誘いを次々してくれたのだけれども、さっぱり頭に入らないし、理解不能。
で、きっと自分は大変な精神状態にあるのだと思い、数々のお誘いを断り続けました。
そのひとつが、Macで動かすマイクロソフトのOfficeというソフト。
ワードやエクセル、パワーポイントが入っているもので、私は一緒に仕事や活動している方々のPC環境のこともあり必ず入れてきていました。
でも、今回は思い切って入れず、Mac Book子の互換性を試してみようと思っていました。
昨晩、帰宅しHDをいじってみたら、Office2004が入っていることを発見!
(あまりの動転で、どんなアプリケーションソフトが入っているかの確認せずに購入しちゃってました)
ホッとしました。
当面、特に積んだりせずに一番ノーマルなところでやってみようと思っています。

人生って、ホント、同じ日はないですね。
「しみじみ」というよりは、「痛感」する今日この頃です。
で、今朝の星占いでは最下位・12位を脱出したものの、まだ11位。
今日も十分気をつけて過ごそうと思う私です。

追伸;このブログをご覧くださっている友人・知人、お仕事仲間のみなさま。よろしければ、私の個人アドレスにメールを一通送信ください。私の無精が祟って、アドレス帳がクラッシュしてしまい、みなさまにメールをお届けすることができません。お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by 1193ru | 2007-10-31 08:48 | モロモロ

山あり谷ありMac子あり

昨晩、帰宅してMacの電源を入れたら、画面は明るくなるけどOSが立ち上がらない!!
今までみたことがないようなアイコンの動きに、全身が恐怖ですくみ、それはそれは恐ろしくて、ビビリな私に耐えられない恐怖。
で、あまりの恐ろしさにそのままフテ寝してしまいました。
昨日は、朝焼けがやけにピンクだったし、今思えば、あのビンクは、私とMacのこれまでの歴史の花道色だったのかもしれません。

で、明けて今朝。
やっぱりOSが立ち上がらない!!
リアリティを増す恐怖感とMacを小脇に抱え、朝もはよからオタクの皆様に混じってヨドバシの開店を待ちました。
開店と同時に、Macコーナーで見てもらったけど、悪い予感は的中!!

「OSが立ち上がらないので、どうしようもありませんね。とりあえず、数週間預けていただいてデータがどのようになっているのか見てみましょう」

余命告知を受ける前に、ご臨終を伝えられたような、もうどうしようもない虚無感。
こころも頭もスッコーンと穴があいたような状態になり、息も絶え絶えに私ができたことと言えば、愛しのMac(うちでは「Mac子(まくこ)」と呼んでいる)を入院させることくらい。
呆然としながら入院手続きをして、そして、そして私は淡々と抜け殻状態のまま店員さんに連れられてMacコーナーへ戻り、空っぽな頭で何をどう理解することもできないままに、新しいMac Bookを購入したのでしたぁ〜。

ホント、申し訳ないことに、今日は相談対応で「将来の不安が・・・・・」なんて相談者が言おうものなら、すぐさま「将来と言わず、あたしゃ今晩のことが不安だよ。今晩、Mac Bookをサーバーに繋げるか考えただけで、冷や汗が止まらないよ」と何度心の中で叫んだことか。
きっと、私はムンクの「叫び」みたいな顔をしていたに違いない。
あまりの恐怖と不安で、今朝は、片方の眉毛を書き忘れヨドバシに行っちゃったくらいなのだから。

仕事が終わり、その後、会議。
帰宅して、23時頃から作業をはじめたら、いやいやつながらないのなんのって・・・・・。
ホントはi-BookからUSBで一発データ移築ができるのだけれども、何ぶんMac子は入院中。復旧のめども何もたたない状況なので、手探りで設定しなくてはならない状況。
そして、何よりも手こずったのは、日頃の無精の賜物で「パスワードがわからない!」というホント、チンケなことでした。
なんとかかんとか思い浮かぶ文字を組み合わせ、ようやく開通。
インターネットとメールが使えるようになりました。

消えたデータは、悔やんだらきりがないけれど、最後のMac子のがんばりを祈りつつ、作り直しながら仕事を軌道に乗せないとなりません。

こんな状況で、とってもうれしかったのは、栃木のSARAさんはじめ数人のPC達人からの励ましのご連絡を頂戴したこと。
ご無沙汰してしまって久しい私を気にかけてくださって、本当にありがとうございます。
ありがたくて、うれしくて、感謝の気持ちでいっぱいです。

今朝、出がけに見たテレビの星占いでは、おひつじ座は最下位。
どうりでMac子が重傷(もしかしたらご臨終)を負ったわけだ。
でも、そんな日でもこんなありがたくてうれしいこともあるのだと、「人生捨てたもんじゃないな」なんて、ちょっと大げさにドラマチックに照れ隠しをしながら、人様のご厚意にこころから感謝した日でした。

ということで、みなさま、私の新パートナーのMac Book子(まっくぶくこ)をよろしく〜♪
[PR]
by 1193ru | 2007-10-31 01:34 | モロモロ

お知らせ

昨日、パソコンが壊れてしまいました( ̄□ ̄;)!!
講座準備や講演のやりとり等、数日ストップせざる得ない状況になってしまいました。
関係者のみなさま、ご迷惑をおかけします。本当にごめんなさい。
新しい機種は、今購入しましたがデータ修復の見通しは限りなく暗くお先真っ暗という感じです。
取り急ぎ、お詫びいたします。
[PR]
by 1193ru | 2007-10-30 10:09

お尻が燃えています

秋晴れの気持ちのいい日曜日ですね♪
・・・と思いつつ、バタバタしています。
DV・デートDV被害女性向けの講座開催を12月に控え、広報告知や打ち合わせの準備に昨晩から大慌てでとりかかっています。
仕事ではなく、プライベートな部分での活動なので、平日はなかなかまとまった時間が取れません。
で、週末、金曜夜からガツガツと始めるパターンになっちゃいます。

実は、お尻にボーボー火がついています。
今晩中に、カウンセリング関係の文章も書き上げ、明朝には送付しなくてはなりません。
で、明晩は、鬼のように講座のチラシの訂正作業。
で、火曜夜は会議、水曜夜も会議。
そのままつっ走って、土曜の9時には東京に滑り込む予定。

うぷぷぷぅ〜。
我ながら自転車操業もいいところ。
行き当たりバッタリ人生を象徴するような、一週間がまた始まるのです。

こういう時は、慌てず笑ってやっちゃうに限ります。

ということで、作業に戻るとします。
またね♪
[PR]
by 1193ru | 2007-10-28 15:27 | DV

おはようございます♪

こころには、上がったり下がったりのバイオリズムがあるんだとつくづく感じる朝です。
昨晩まで、ブログも書けないくらい下がっていた「こころ力」が、ささいなことの積み重ねでまたUPしてきています。
「ささいなこと」は、たとえば、同僚に愚痴ったこと、カウンセリングの予約をとったこと、事業実施に向けた諸々の書類を作ったこと、出せずにいた手紙をだしたこと、だったりするのですが、実は、昨晩放送のニューハーフの方々が出ていた番組を見たのもひとつ。

なぜか、本当になぜか、私はセクシャルマイノリティの方々からの相談を受ける機会が多いのです。
そのせいか、ここ数年、インターネットや雑誌、本、そしてテレビ番組で関係のあるものは、無意識にチェックしてしまいます。
昨晩もそうでした。

ということで今朝。
気持ちが軽くすっきりとしています。
こんな感じで朝を迎えたのは、何日ぶりでしょうか。
今晩と明日は集まりがあって帰宅は遅くなりそうです。

それでは、みなさま、すてきな一日を♪
[PR]
by 1193ru | 2007-10-25 06:53 | モロモロ

ごぶさたしてます♪

こんばんは☆
ごぶさたしちゃいました。
みなさま、お元気ですか?
相談が殺到して、昼も夜もパンク寸前!
昨晩は、帰宅早々爆睡でしたぁ〜(^_^;)

でも、精神的に小休止を迎えられそうな予感が。
相変わらず相談は殺到しているのですが、今朝、同僚に思いの丈を愚痴にしてこぼしたら、気分が少し楽になりました。
(聞かされた方はたまったものじゃなかったと思いますが・・・)
しかし、、この状況はたぶん年明けまで続きそう・・・・というか、正直、終わりが見えません。だからと言ってまた愚痴をこぼすわけにはいきません。なので、思い切って知り合いのフェミニストカウンセラーさんにSOSの電話をかけ、カウンセリングの予約を入れてみました。

予約を入れただけなのに、気持ちがすご〜く楽になりました。
ホッとしたのでしょうね。たぶん。
我ながら不思議なものです。

で、予約電話をした時の話。
相談件数が多すぎて心身ともに限界なことや、この状況は当分続きそうなので、リセットをしたく予約をお願いしたいとう〜んと真面目に伝えたのだけども、普段の私を知っているせいか「何、バカなこと言ってんの?」と最初は吹き出されちゃいました。
日頃の行いの悪さなのか、生活態度が不真面目過ぎるのか、いやいやホント困っちゃう。私ってば、意外とタフに見られているようです。
カウンセラーさんと私のスケジュールが合わなくて、結局来月にならないと受けられないのですが、でも、予約を入れたということだけで、肩の荷が降りたような安堵感がありました。

さて、そんなこんなでホッとできたお陰で、今までなかなか手をつけることができなかった、12月から始めるDV被害女性向けの連続講座の打ち合わせ資料を作りました。
役員打ち合わせは明晩。来週には、実動スタッフを交えての打ち合わせ。来月の中には、先日のボランティア養成講座にご参加してくださった方々との打ち合わせを予定しています。
気持ちが晴れやかになったお陰で、それぞれの打ち合わせに使う資料の準備を小一時間で終えることができ、ますます気持ちが楽に・明るくなりました。

月が変われば、実施に向けてドンドン進めなくてはなりません。
そう、来月になったら「ヘタる」なんて甘えはとっとと払拭しないと!!
ということで、楽しみながらセルフケア♪
第一段として、規則正しい生活とからだを動かすことを少し意識的に行おうと思います。

そうそう、ちょっと脇道へ。
毎号愛読している「天然生活」に、手作りのスカートがたくさん掲載されていました。
どれもとっても簡単に作れそう♪
しかも、どれもとってもすてきなデザイン♪
あぁ、今年の冬は冬眠よろしくどこかにこもって手作業に没頭したいものです。

も、ひとつ脇道へ。
先日、これまた毎号愛読しているフェアトレード団体ネパリバザーロの雑誌「Verda」が届きました。
かわいくてほっこりとあたたかいフェルトの小物がいっぱいあるわ、お歳暮やプレゼントにぴったりのフェアトレード商品の詰め合わせセットが充実しているわで、アレコレ目移りしてしまうHAPPYな内容でした。

どちらの本も本屋さんで購入できます。ご関心のある方は、一度手にとってみてくださいね♪
[PR]
by 1193ru | 2007-10-25 00:02 | モロモロ
おはようございます♪
本日も、女性のための離婚ホットラインへ参加します。二日目で、最終日です。離婚で悩んでいる女性の方は、ぜひご利用ください。
それではみなさま、すてきな週末を♪
行ってきます!
[PR]
by 1193ru | 2007-10-20 08:58
今晩で、ハーマン著「心的外傷と回復」の読書会が終了しました。
ご参加の方々の顔ぶれと書籍自体の魅力もあり、とてもおもしろく刺激的な読書会でした。
何度か欠席してしまったことが、とても悔やまれる、そんな魅力的な読書会。
主催のカウンセラーさんに、こころから感謝なのでした〜。
また、こんな機会があれば、ぜひぜひ参加したいなぁ。
市内で、心理系の本をテーマに読書会を開いているところはないかしら?
向学心が沸々と沸いてきている私です。

さて、明日・明後日(19日・20日)は、「女性のための離婚ホットライン」に参加します。
明日は、相談室の面接が入っているので、午前のみ。明後日は、終日参加予定です。

このブログをご覧の方で、離婚やDVでお悩みの女性の方は、ぜひご利用ください。
毎回、電話相談には、全国から相談が寄せられます。
宮城県外にお住まいの方も、ぜひご利用ください。


■■■■■ 女性のための離婚ホットライン ■■■■■

離婚とDVに関する女性からの相談を無料で受けます。

電話相談を受けるのは、DVと離婚に詳しい専門の女性スタッフです。
午後からの面接相談は、DVと離婚に詳しい女性弁護士が担当します。

電話相談も面接相談も、とても勇気がいるかもしれません。
でも、あなた自身のこれからの人生のために、この機会をぜひご利用いただけたらと思います。

あなたの悩みをお聞かせください。
私たちは、あなたの悩みを一緒に考えたいと思っています。

開催日程:2007年10月19日(金)・20日(土)2日間のみ
電話相談:午前10時〜午後4時 022−263−6678
面接相談:午後1時〜午後3時(予約不要、来場者から順番に面接します)
面接会場:仙台朝市ビル3階(仙台市青葉区中央4−3−28)
     仙台駅前、イービーンズ裏。仙台朝市内。
相談料:無料(電話相談は、フリーダイヤルではありませんので、通常の電話料金がかかります。ご了承ください)
主催:女性のための離婚ホットライン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[PR]
by 1193ru | 2007-10-18 23:56 | DV
おはようございます。
毎日、いろいろなニュースが「これでもか!」という程あって、胸が痛いです。
小学生の女の子が刺殺された事件は、本当にショックで、昨日から怒りをはじめとした感情でいっぱいです。

仕事は、今、どんどん忙しくなってきています。
相談室の件数が鰻登りなのはもちろんですが、自分の担当がどんどん増えてきていて、少し余裕がなくなってきています。
仕事以前に、叔母の死などで、こころや頭の動きが鈍っているためかもしれません。
それから、相談だけではなく、会議への出席や事業企画なども多くなってきて、たぶんその影響もあるようです。
そんなこんなで、日常のやるべきことが、後手後手に回っていて、自己嫌悪の入り口にあります。

さて、こういう時は、整理です。
机の上などの環境整理はもちろんのこと、スケジュールややるべきことの優先順位の整理や確認をします。
そして、自分の気持ちの隙間をある程度の空間にまで広げて、からっぽの領域を増やし、多少の物事も受け入れられる部分を作ります。
その作業をこまめにしておくと、ずいぶん楽になります。

ちょっと負抜けてブログを書いていたら、友人から電話がありました。
友人は、仕事で地域の長老たちの話を文章化することをしています。
長老たちは、戦争体験者。
その方々の話を聞きながら、自分がいかに真剣に生きていないかを感じてしまいました。
多少、下向きになっているのかもしれません。安易に長老たちと自分を比べてしまう愚かな私。
それを棚に上げて考えたとしても、やっぱりまだまだ人生に対して、私は真剣さが足りないのかもしれません。
[PR]
by 1193ru | 2007-10-17 09:11 | DV