ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

<   2007年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

5月の最終日

5月も今日で終わり♪
うれしいなぁ〜。
なんだかんだと5月もいろいろあって、ようやく今月が終わるのかと思うと、目の前に
積まれたモロモロの課題そっちのけで、かなりうれしい♪

仲良しの友人に「モロモロ」を相談したら、実はその友人は占いにこっていたみたいで、「う〜ん、4月〜6月は良くない時期なのよね。特に5月は大殺界だったから、大変だったんだよね」とのこと。
友人が占いこっていたとは知らなくてちょっと驚いた。
ささやかだけれどもいろいろな経験をしてしまっているので、あまりそういうことを意識して生きていない私には新鮮だった。
「人の思い」は意外と強く大きいので、友人はじめ多くの人が占いを信じて動いているとそんな風に世の中流れちゃったりするんじゃないのか、そんなことを考えたりしている自分に苦笑した。

そのうちどっかで
「DVされるのはあなたの前世の行いが悪かったからです」
とか
「春からストーカーされているのは、大殺界の時期なのでしかたない」
なんて言われることもあるかもしれないな。
なんだか私の理解を超えてしまうな。

あぁ、思い出した。

ある占い師にDV被害の相談をしたら、「前世であなたは夫の妻を殺しました。夫はそのかたきをあなたに返している。だから今、夫はあなたに暴力を振るっている」と言われたという話を聞いたことがあったっけ。

前世のことは、私はわからない。
あるのかもしれないけれど、知らないし、あったとしても覚えていない。だからやっぱりわからない。
もちろん、それに対応するすべも知らない。
私はただただ、今ここにある問題や課題に向き合うことしかできないな。
それすらもままならない若輩者だから、そんなに風呂敷を広げて前世のことを考えたりケアはできないなぁ〜。

明日は6月1日。
とにかくいろいろあった5月が終わる。
うれしいのだ♪
ワーイ♪
[PR]
by 1193ru | 2007-05-31 06:47 | DV

読書に夢中

エレン・バス+ローラ・デイビスの「生きる勇気と癒す力」という本をご存じでしょうか?
性暴力サバイバーの膨大なコメントを収録し、詳細な回復過程を書いた本で、とっても分厚い本です。
全てのサバイバー(性別にとらわれず)に、ぜひ読んでいただきたい一冊なのですが、援助者にもお勧めの一冊です。

私は今、この本に夢中です。

まず、読みやすい文体なので、理解が進み易いです。「心的外傷と回復」のように、難解な文章を読むのはホント大変(同書は専門家向け専門書なのでしかたがない部分もありますが・・・)。
「生きる力と癒す力」は、サバイバーが読むには、ぴったりの文体だと思います。わかり易く、収録されているさまざまな試みを試してみ易いのです。
もちろん、膨大なサバイバーのコメントは、サバイバーが読むには辛いことが多いとは思うのですが、その辛さは相談窓口やカウンセリングで整理をしていただきつつご自分のペースで無理せずにお読みになるといいのではないかと思います。

随所に「文章を書く」ということが書かれています。
自分の体験や気持ちを安心できる場所で信頼している人へ言葉にして話すことは、回復にとても有効だけれども、でも、いつもいつもそういう場面設定ができるではなし。
そんな時に、一人で場所と時間を問わず(多少の厳選は必要だけれども)できる「文章を書く」という作業の回復への有効性をあらためて実感しました。
今まで私はクライエントに、「結婚年表」や「被害によってできなくなったこと」、「私のホッとするリスト」「将来年表」ほか、クライエントの状況に合わせていろいろな「書き出し」作業をお勧めすることがありました。
本書の「文章を書く」ということは、今までの「書き出し」にプラスできることが多々あり、とても参考になりました。

ブログで何度かレジリエンスの「傷ついたあなたへ」という本を紹介していますが、この「生きる勇気と癒す力」と平行して読むと、回復へ必要な作業の幅も厚みもとてもよく見えてくるように感じました。

持ち歩くには厚すぎる本ですが、今日も本書を片手に出かけて来ます♪
[PR]
by 1193ru | 2007-05-29 08:44 | DV

怒りの行方

数年前から全身に激痛が走り、通院。
来る日も来る日も病院へ通い、しかし症状は改善することもなく、日に日に激痛は増し、とうとう歩けない日もでるようになってしまった。
4年間、日曜日以外は全て通院してきた。
家族や友人から「あの病院はあまり良くないらしい」と言われ転院を勧められても、頑なに通院を続け、そして今、いよいよ激痛は頂点に。そして、からだは動かなくなりつつある。
自由に動けない・思い通りにならない悲しさ、苦しさ、虚しさが、激しい怒りになって自分自身にもそして周囲の家族へも向けられる。
そんな状態が既に半年続いている。
激しい感情は、からだにもこころにもいいわけがない。
24時間365日、怒り続けた挙げ句、悲しい症状が増えだした。

これは、私の身内の話だ。
激しい怒りと幻聴や幻覚の関係性はよくわからないが、しばらく前から被害妄想的なことを言い、更に周囲への攻撃を強めるということをくり返している。

土日は、平日に比べ一緒にいる時間が多いことと、我が儘の言える親族が私くらいなため、その状態がまんま私につきつけられる。
昨日は、「私の言っていることを全て否定する!許せない」と言って、大暴れをした。
今朝は、「今ため息をついた!私のことを否定している!許せない」とやはり大暴れ・・・・。
昨日は、私は家事に家の中を駆け回っており、たまたま近くを通った時に、通りすがりに突然怒鳴り、大暴れ。
今朝は、ため息もついていないのに、近くにきて突然怒鳴り、大暴れ。
こちらは身に覚えのないことばかりだし、突然大声で怒鳴り大暴れをするので、なんと対応していいのか困ってしまう。
身内だけに、この言いがかりと我を忘れたような形相と言動に、ショックが大きい。
自分を支えるのでさえやっとの状態だけれども、それでも、穏やかに「そんなことは言っていないよ(していないよ)」とくり返す。
「もし、これが認知症の初期の場合は、私のこの訂正は症状の悪化につながるのではないだろうか?」という不安がよぎる。
鬼のような形相で根拠のない言いがかりをつける親族は、既に私の知っていた親族ではなく、それがまたつらい。

4分間。
私の限界は、今朝のところ4分。それ以上は、つらくてその暴言を聞いていることができない。
罵声を浴びながらその場を一時立ち去る。
この状態が日々続いている。
親族が「怒り」に蝕まれているのを、目の当たりにするのは、なんと辛いことだろうか。
たぶん、本人が一番辛いのだろう。
私に「怒り」が向いていると、ほかの家族へのあたりは多少和らぐ。
でも、絶えず誰かに「怒り」を向けていないと、何か不安なのか目の前を通りすがる家族に手当たり次第「怒り」をぶつける。
「怒り」をぶつけることで、自分の存在を表現しているのか。

今はまだ、「家族」という相手を選んでぶつけているが、いつかそれは家族の外にも向けられるのだろうな、とふと思う。
傍にいて聞いていると、(私を罵倒しない時は)ずっとご近所や親族の悪口を言い続けている。誰かが傍にいて、その人を怒鳴らない時は、だいたいこの状態。傍を離れるまで延々と続く。
すごい「怒り」のエネルギーだ。

この「怒り」は、どこまで行くのだろうか。
「怒り」に押しつぶされそうになっている身内が、最後の力を振り絞り「怒り」に対峙しているようにも見える。
コントロールできなくなっていくこころとからだ。
そこから生まれた「怒り」は、たぶん、その人の本意ではないだろう。
「怒り」に浸食されながらも、必死なのかもしれない。
目に映るもの全てに「怒り」が宿る。
でも、本来そんな人ではなかったはずだ。

ただただ、どうしたものかと思う。
距離を取り、見守るしかないのだろうか。
[PR]
by 1193ru | 2007-05-28 09:07 | モロモロ

ふりかえりと軌道修正

今年1月に立てた年間計画の振り返りと軌道修正をする時期になりました。
そう、5月もあと数日で終わります。
6月からの生活に向けて、これまでの半年間を振り返り、これからの半年間の計画を再構築します。

カウンセリング関係の軌道修正がずいぶんあります。
参加しようと思っていた連続講座をひとつやめることにしました。
先日、先輩カウンセラーの方に相談し、私の考え方や活動内容から、その講座の主旨とは合わないのではないかというアドバイスを頂戴したからです。
連続講座となると、かかる時間も短いもので半年から。かかる経費はウン十万円。
参加する・しないは慎重に考えなくてはなりません。
その替わり、来年以降の準備を始めることにしたものもあります。
ひとつは、アサーティブの数年単位の講座参加に向けた準備。もうひとつは、まだ詳細を詰めてはいませんが、こちらも数年単位かかる勉強の準備です。

それから、いよいよ家族の状況の変化から、活動の整理を更にかけることになりそうです。すぐにというわけではありませんが、来るXデーに備えて引き継ぎの整理と準備を始めようと思います。

ということで、今日は日曜日。
ふりかえりと軌道修正をしつつ、過ごしてみようと思っています。
[PR]
by 1193ru | 2007-05-27 09:49 | モロモロ

土曜日

朝から家族の病院通いの付添をしています。
只今、一端家に戻り、昼食を作り食べて片付けて、その間、朝干した洗濯物を片付けて第2段の洗濯物を干したところです。
そしてまた、次の病院へ付添。
こうして、本日土曜日は過ぎてゆく予定です。

なんだか自分の時間がないようにも感じがちのスケジュールですが、病院の待合いの最中には読書ができます。
手持ちの本を持参するのももちろんですが、待合いにある日頃無縁の女性週刊誌なんかをのぞくのも結構楽しいです。
病院の行き帰りの風景も楽しみのひとつ。
風にそよぐ草木を見ているだけで、なんだかいいことがありそうで、しあわせな気分になります。

さぁ、うちの病人がそろそろ病院へ行きたくてうずうずし始めました。
屋内インターホンの呼び出し音がなっています。
書斎を出る時間です。

それでは、みなさますてきな週末を♪
[PR]
by 1193ru | 2007-05-26 13:54 | モロモロ

今週

今週は、本当に学ぶことが多くて、すごい一週間でした。
激しい怒りや恨みを持った相談者からの相談が多く、その怒りや恨み、憎しみが、周囲の援助者、そしてもちろん相談員のこちらへもしばしば向けられるという経験をいくつもしました。
いろいろな事例を見ると、実はそういうことがとても多く、他の相談現場の方たちからはよく聞いていました。
そして自分もそういう経験を今までもしたことがありました。

今週、そんな相談者の前にいた私は、相談者の鏡になろうとしていました。
激しい怒りや憎しみ、恨み。
その激しい感情の奥底にある傷に、そっと手を当てさせてもらえないかと思う自分がいました。

他の窓口では「クレーマー」扱いされたらい回しにされていた方。
最初の傷は手当もできないまま。
そこに二重三重の傷が付き、傷口が広がり、じゅくじゅくと生んで、そしてその痛みがより大きな怒りや憎しみに繋がって。。。。。

今週、そんな傷を持った方と何人も出会いました。
激しい怒りや憎しみを向けられた時、ビビったり逆に怒りを持ったりする自分がいなかったことにホッとしました。
一番苦しいのは、大変なのは、今私の目の前にいる相談者の方なのですから。
相手の怒りや憎しみの矛先が援助者に向いた時に逃げ出してしまったのでは、相談者の抱える苦しみはより深く強くなるだけです。
激しい感情の矛先を向けられる時、相談員としての自分を試されるようにも感じます。

「相談員として、相談者に向き合うことができるのか?」

相談員としての資質、スキル、力量。。。。。そして、自分の生き様や人格、品格、器、いろいろなことを問われているように感じます。
たくさんのことを突きつけ問われるからこそ、そういう時こそしーんと静まりかえった湖のように、透明な鏡になろうと思います。
(うまく書けませんが。。。)

今週は、何時間も時間をかけて寄り添うことができました。
そんな時間というか関係をもてたことは、あらゆる意味で大きなことでした。

今週は、本当に何人もそういうことがありました。
当たり前に私の相談時間が延長されていきました。
いろいろな枠組みの中で行っている対応のため、ルールがあって本来そこまでできない(する必要がないと判断される)こともあるのですが、私の判断を支え見守ってくれた同僚や担当者、責任者、上司。。。。周囲の方々の理解があってできたことでした。
そのような環境に感謝しました。

今所属している相談室には、長くても再来年までしか在籍できません。
それまで、日々丁寧にしっかりと相談者に、そして自分に向き合っていこうと、気持ちを新たにする一週間でした。
[PR]
by 1193ru | 2007-05-25 23:58 | DV

おはようございます♪

仙台は爽やかな朝です。
ここ数日、相談対応件数がとんでもなく多く、昨晩は疲れていたのか、早々に寝てしまいました。
ぐっすり寝たようで、すっかり寝坊。
今朝はマラソンもヨガもしていません。

どんな寝方をしていたのかは不明ですが、今朝は体じゅうギシギシと痛いです。
面接も多いのですが、電話相談はその倍以上です。
知らず知らず猫背になっているようで、背中がとても痛いです。

相談室へ行ったら、ストレッチをしてからだをほぐしてから仕事に向かいたいと思います。

それでは、行ってきます♪
[PR]
by 1193ru | 2007-05-24 07:28 | DV

おやすみなさい☆

モロモロあって、この時間になっちゃいました。
普通ならもうすぐ起きる時間なのですが、今晩はこれから寝ます。
ボーッとしてます。
おやすみなさい。
[PR]
by 1193ru | 2007-05-23 03:34 | モロモロ

最近気になるモノ

今日、仕事の合間にお洋服屋さんや靴屋さん、雑貨屋さんをのぞきました。
何か欲しいと思いつつも、いつのまにか買い物する気持ちが萎えてしまっている自分に気がつきました。
おかしいな、おかしいな、と思って考えてみたら、自分の好きなものがここ数ヶ月でずいぶんと変わった(戻った?)ことを思い出しました。

例えば、服やてぬぐい(私は「てぬぐいフェチ」)といえば最近はSOUSOU
本当はSOUSOUの着物が欲しいところですが、今はまだ着物生活をする状況ではないので、伊勢木綿や手ぬぐい生地を使ったタイパンツやシャツ、ワンピース、二股にわかれた足袋タイプの靴下や靴が気になります。
以前からSOUSOUの靴下や靴は愛用しているのですが、服や手ぬぐいにも最近は触手を伸ばし始めています。

靴なら、やっぱりAuroraShoes、BirkenStockが気になります。
仙台ではどこで扱っているのかまったくわからないので、ネットでステキなshopを2軒見つけたので、そこをのぞいては購入を考えています。
この仕事についてから、以前は愛用していたピンヒールやハイヒールから縁遠くなってしまいました。あんなに大好きだったのに、ホント、不思議です。
今はpumaやNIKEのカジュアルシューズを履くことが多くなりました。
そんな延長線上に見えてきたのが、AuroraShoes&BirkenStockというわけです。

今まで愛用したものの中で、状態のいい靴や服はシェルターに寄付しています。
このままこんな仕事を続けていくのだとしたら、アルマーニやマックスマーラのスーツやヒール、プラダのバッグはどんどん縁遠く不要になっていくはずです。
整理して、整理して、どんどん身軽になろうと思います。

品数は少なくても、今の自分に合ったお気に入りを大切に、慎重に選んで身につけたいと思います。
[PR]
by 1193ru | 2007-05-21 23:27 | モノ
家事の合間に、先日に引き続き米粉を使ってケーキを焼きました。
今回は、バナナを使ったマフィン風のケーキに挑戦しました。
レシピは、試行錯誤のオリジナル。
お味は、
え〜っと、
すみません、

自画自賛なのですが「うまいっ!!!!」です。

ホント、冗談抜きに。
食にうるさいご近所さん&家族も納得の一品となりました。

米粉は、県北・加美町の菅原商店さんの「ケーキ用米粉」を使用しました。
原料となったお米は、たびたびご紹介している志波姫の菅原水田さんとお仲間が作った無農薬米です。

□□□□□□□□□□ 米粉バナナケーキ □□□□□□□□□□
材料;ケーキ用米粉 80g
   卵 3個
   オリーブオイル(エクストラバージンでなくても大丈夫♪)35g
   牛乳 50g
   砂糖 50g
   バナナ 1本
作り方;
 ①卵を卵黄と卵白に分けておく
 ②卵白を泡立てたら、砂糖25gを2回に分けて入れながら、
  固くツノがピンと立つまで泡立てる
 ③卵黄に砂糖25gを入れ、白っぽくなるまで泡立て器でよくまぜる
 ④③にオリーブオイルを入れ、よくまぜる
 ⑤④に牛乳を入れ、よくまぜる
 ⑥⑤に②を2回に分けてさっくり合わせる
 ⑦⑥に荒く切ったバナナをざっくり合わせる
 ⑧ケーキ型に⑦を流し込み、
  190度に予熱しておいたオーブンで35分焼く
  途中、こんがりと表面がおいしそうな焼き色がついたら、
  アルミホイールをのせて焼き色を調節する
 ⑨焼き上がったらしばらく冷まして型から取り出す
 ⑩お好みでパウダーシュガーをかけたり生クリームを添えて、
  はい、召し上がれ♪
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by 1193ru | 2007-05-20 19:35 | 食べ物