ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

<   2007年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

おはようございます!

月曜日の朝です。
まだ、太陽は出ていません。
新聞配達のバイクの音が聞こえる程度。
とても静かな朝です。

今週は、通常の相談対応のほか、講演のレジュメ作りや月締めの対応があります。それから、NPOの助成金申請の準備も始まります。
月末は、なんだかんだとバタバタしますね。
今年も12分の1ヶ月が終わります。
今月の成果は、アサーティブの講座が始まり少しずつではあっても学びが深まっていることと課題到達ができたこと、試験に失敗したけれど自分に必要な勉強が見えてきたこと、講演から次回の課題が見えてきたこと・・・・あたりでしょうか?
それから、今後身につけたいスキルがまたひとつ増えたことも、今月の成果に加えたいですね。

さて、今月の成果や反省、課題を次月に向けて整理しますか。

今週末は、また東京です。
今回は、前月から継続しているアサーティブトレーニングへ参加してきます。
このトレーニングは、来月で一旦終了。
その後、別所で開講している参加したいアサーティブプログラムがありますが、関西なので行けるかどうか・・・・。
また、秋以降にはよりステップアップしたプログラムが、これまた関西で一年かけてあるそうで・・・。こちらも、時間とお金の問題があるので、参加したくてもできるかどうかわかりません。
学びたくても、時間とお金が意欲についていきません。
せめて東京だったらなぁ〜。
時間とお金で諦めることが年々増えているように感じます。
しかたない、と言えばしかたなく・・・・。

昨年は、DV被害女性をサポートしている「レジリエンス」という団体の講座に参加したかったのですが、平日日中もしくは平日夜の講座のためいつも仕事とバッティングしてしまい一度も参加できず、とても残念でした。

ま、徐々に・・・・と自分を納得させてきましたが、やっぱり納得できず。
必要な勉強は少し無理しても今年は挑戦してみたいと思っています。
[PR]
by 1193ru | 2007-01-29 05:56 | DV

危惧していること

昨日は、午後からうれしい出会いがたくさんありました。
某施設へ顔を出したのですが、そこで同じ活動をしている先輩と会うことができました。
いつも顔は合わせるのですが、フルスピードで走り回っている方ですから、情報の共有や問題点の確認をしたくても声をかけることもできずにいました。
昨日は短時間でしたが、気に掛かっていたことを話し合うことができ、とても有意義でした。
長時間でなくても、こういう時間は本当に大切ですね。
ホント、良かったなぁ〜・・・と思いました。

その後、車を飛ばしてこれまた同じ活動をしている先輩に会いに行きました。
こちらの先輩は、他都市で活動している方なので、なかなかお会いすることもできません。
しょっちゅう(ホント、しょっちゅう)メールと電話でやり取りをしていますが、やっぱりたまには少しの時間でもいいから顔を合わせて話さないと、根本的な揺らぎや理解の違いが出てくることもあるかもしれません。それが、後々困った事態を引き起こさないとも言えませんから、こうして顔を合わせることはとても重要です。
今日は、ほんの20分くらいでしたが、お会いできました。お互いに機関銃のような早口で情報交換をして、お互いのパワーで充電し合うことができました。
こちらも、ホント、良かったなぁ〜・・・という感じです。

会議や現場の移動中に、同じ活動をしている先輩方に偶然に出会うことがあります。
そんな時は、ほんの数分の立ち話という形ですが、情報共有や近況報告、現場の問題・課題の概略を話し合います。
このほんの数分間のやり取りで、どんなに力を貰えるか。
本当は、きちんとした場があってそこで定期的に顔を合わせて話し合えればいいのだけれども、24時間365日戦闘態勢よろしく駆け回っている先輩ばかりなので、なかなかそうもいかずにいます。
先日、偶然某官庁の通路でお会いした先輩とは、数年ぶりで言葉を交わすことができました。
会議では数ヶ月に一回はご一緒するのですが、参加者数が数十人単位だったりお互い時間差参加だったりと、直接話す機会を得られずにいました。
お互いにもの凄いスピードで情報交換をしました。
ほんの数分の間に、いったいどれくらい濃い話をしたのか・・・・。
後日、同じ内容の情報が某官庁の担当課から回ってきましたが、付随内容の貧弱なこと。現場の人間が必要な付随情報は皆無でした。

DVや児童虐待の現場だけではなくどこでもそうですが、一人の人間に仕事が集中する原因はいくつもありますが、やっぱりなんと言っても人材不足が原因でしょう。
それから、仕事に見合った条件(労働時間、待遇等)が整わないという理由もセットであります。
悪条件→人が集まらない→一人に仕事が集中→募集をするけど悪条件で人が集まらない。もしくは集まっても悪条件で続かない→一人に仕事が集中→・・・・
どこに行っても、誰に聞いても、真剣にやっているすばらしい方であればある程、激務につぐ激務をこなしています。
これでいいのでしょうか?

5年、10年経っても、残念ながらDVも児童虐待もまだまだあるでしょう。
でも、今、現場で必死にやっている人たちは、5年後、10年後、今のように続けられるとは到底思えません。
それから、宮城県内に限って言えば、今、現場で活躍している先輩方の後に続く後継者が育っているとも、言い難い状況もあります。

正直、ここ1年ほど、とても危惧していることがコレ。
現場の人材不足。
残念ながら、多くの活動者が集まる場へ行っても、同じ年代の活動者にはまだ少ししか会えていません。
[PR]
by 1193ru | 2007-01-28 12:49 | DV

今朝、二つ目のUPです

先日講演にうかがい惨敗した某官庁から、とても丁寧な文書が届きました。
ご担当の方がこのブログをご覧になったのかもしれません。
それは、私が失敗をくり返さないようにとのご配慮が伺える、来月の講演の詳細がよくわかる数頁に渡る文書でした。
お気遣いいただいたことがありがたくもあり、また前回の力不足を再び反省しました。

再度、勉強を始めています。
今まで使っていたレジュメを再構成し、よりわかりやすいレジュメを作りたいと思っています。
今回、ご参加いただく方は、相談業務に当たっている方々。
相談対応の現場で使え、尚かつ、相談に当たっている方々の支えになるようなものを作れればと思っています。
大き過ぎる目標かもしれませんが、そんな想いでいます。

話を戻しましょう。
書類が届いてすぐに、ご担当の方へご連絡を差し上げました。
簡単に内容を確認しました。
今回は、DVとデートDVについてその概要とそれらの相談対応についてお話しさせていただくこととなりました。
90分という時間は少々短いのですが、でも、その時間内で伝えられることはたくさんあります。
今の自分の能力を超えるべく、努力します!!

さて、昨日に引き続き今日も面接が入っています。
昨夕はさすがに、声が出なくなりました。
いやいや、カリンはちみつ(声帯のために自家製のものを朝晩愛飲中)も負けちゃうくらいの相談件数です。
体を鍛えるように、声帯も鍛えられないかしら?
どなたか、声帯の鍛え方をご存じでしたら教えてください。
[PR]
by 1193ru | 2007-01-26 08:26 | DV

「かまわぬ」のてぬぐい

ここ何年も、「かまわぬ」というところのてぬぐいを愛用しています。
仙台では、数件の雑貨屋さんや陶器屋さんで扱っています。
ちょくちょくお邪魔している県北の大崎市にも扱っている雑貨屋さんがあります。
昨年までは、利府にも扱っている着物屋さんがありました。
それぞれのお店のセンスで取り寄せているのでしょうね、少しずつ扱っているお品が異なります。
その違いが楽しみで、通販もあるのですが、ついついお店で買い求めてしまいます。

東京出張の際には、時間があれば代官山本店はじめ直営店を覗きます。
近くまで行くと必ず寄っては、購入してしまいます。

今までどれくらい買ったでしょうか?
そのほとんどは、友人・知人へのお使い物に使いました。
ある時は、お年賀として、ある時はプレゼントのラッピングとして。そして、もちろんプレゼントとしても。
今手元にあるのは、ストックを含めて30本くらいでしょうか?
中には使い込んで色あせたものも数本あります。
もうそろそろ雑巾にしてもいいような風合いですが、なかなか雑巾にできないものもあります。
柄違いを寄せ縫いすると、とっても可愛い雑巾になるのですが・・・・。

昨日、市内にある「クロワッサンのお店」からニューズレターが届きました。
同店でも2月1日から「かまわぬ」のてぬぐいを扱い始めるとのこと。
これまた楽しみです。
仙台の「クロワッサンの店」は、リディアルという会社が経営しています。全国の「クロワッサンの店」で扱っている商品のほかに、リディアルらしい視点でセレクトした商品がプラスされています。
特に、食品は必ずスタッフが試食・調査し納得のいったものしか置いていないそうです。私はいつもお菓子類(チョコレートや羊羹など)を買いにお邪魔します。
そうそう、リディアルでは住宅設計・建築にも携わっていて、トータルで快適な暮らしを提供しているお店といえるでしょうね。
そんなお店で「かまわぬ」のてぬぐいの販売開始は、楽しみです。

そうそう、先日は「かまわぬ」のてぬぐいではなく、「かまわぬ」のがまぐちを購入しました。
てぬぐい地とはまた異なる、吉野織のなかの「高木間道」という地で作ったがまぐちです。いつもの「かまわぬ」テイストとはちょっと雰囲気が異なるかな。
それを化粧ポーチとして使っています。
私は、持ち歩く化粧品が、ファンデーションとリップクリーム(口紅はほとんど使っていない)だけなので、がまぐち(幅がなくて立体物は少ししか入らない。お札ならたくさん入るみたいだけど・・・)で十分用足りています。

そのうち、何枚かのてぬぐいを縫い合わせてスカーフやエプロン、ルームウェアなんかを作りたいと思っています。

(・・・・外見はこんな私ですが、意外と針仕事も好きなんですよ)
[PR]
by 1193ru | 2007-01-25 06:16 | モロモロ

元気の源

日常の中に、たくさん元気の源がある。
家族や友人、職場の同僚、活動仲間との関わりもそのひとつ。
おいしいものを食べること、好きな本や音楽もそうだし、毎日の何気ない風景に元気をもらうこともよくある。
それから、相談者をはじめ関わっている当事者の方から、元気をいただくこともある。

昨日は朝から元気をもらった。
尊敬する堀琴美さんのコメントが、朝刊に掲載されていた。
堀さんは、北海道の民間シェルター運営事務局長を経て、今、福島の保護施設所長をしている臨床心理士。
昨年の今頃、先輩の講演のお供で福島にうかがった時に、初めてお会いした。
(それが最初でそれっきりご縁がないのだけれども・・・)
その言動は穏やかで知的。外見からは想像もつかないくらい、とても熱い方だった。
静かな湖面のようでいて、しかし、湖底ではわき水が激しくとめどなく吹き出している。その豊かな水量が、周辺の川や土地を潤していく・・・・そんな印象を受けた。
その堀さんのDVに関するコメントが掲載されていた。
さっそく切り抜いて、デスクの前に貼った。

昨日は、来客が多かった。
友人が、きんかんを持って来てくれた。
職場の方々とわけていただいた。
爽やかな柑橘の香りが、フロアに広がった。
「疲れや胸の内に積もった澱が消えた」と、同僚が言っていた。

夕方、いつもお世話になっている本屋さんが本を届けてくれた。
2週に一遍は、何だかんだと雑誌や書籍、絵本を届けてもらっている。
本屋さんとの会話にまた元気をいただく。
その本屋さんは、笑顔もすてきだし全身からとっても安心する雰囲気が出ている方。
ほんの数秒、数分の何気ない会話で、何度も癒されてきた。

思えば、日常の中にたくさんの元気の源がある。
でも、同様に、日常の中にはふいに元気を奪うこともある。
DVは、日常の中にさまざまな形をとりながらエンドレスに続く暴力。
それは、元気を奪い、こころの安定を崩し、心身を蝕む。

人は人との関わりの中で、元気にもなれるし、反対に瀕死の重傷を負うこともある。
人は人との関わりの中で、他の人から元気をもらって自分が元気になれることもある。
それから、当たり前に他の人の元気の源にもなれる。

今朝は尻切れトンボだけれども、この辺で・・・。
[PR]
by 1193ru | 2007-01-24 09:14 | DV

月曜日

おはようございます。
今朝も元気に4時起きです。
(既に体内年齢は70歳を越えている?!)
なんだかんだと早寝・早起きがすっかり板についてきました。
睡眠時間も長くなり、人並みに5時間強眠るようになってきました。
以前、ブログで3時間睡眠を書いたのが嘘のようです。
もう3時間睡眠では、からだが持もちません。
ましてや、徹夜なんてとんでもない。
そんなことをしたら、きっと一週間は引きずってしまいそうです。

さて、今週は少しのんびりムード。
夜は会議がひとつだけです。
月の4週目は元々スケジュールをゆるめていたのですが、昨秋の家人の病気再発以降、夕方までに諸々を終え早目の帰宅が続いています。

さて、5時を過ぎました。
これからヨガや筋力トレーニングを行います。
ここしばらく続いている左手麻痺を静めるためにも、しっかりやらないとね。

それでは、みなさま、今週も素敵な一週間をお過ごしください!!
[PR]
by 1193ru | 2007-01-22 05:15 | モロモロ

かたづけ

開かずの間になっている部屋を思い切って整理している。
今まで、本当に、勇気がなくてできないでいた。
「整理」に「勇気」が必要なのか?と思う方もいるだろうけど、「勇気」がなくてはできない「整理」なのだ。
この10年間のありとあらゆることがつまっている物を整理するには、本当に勇気が必要だ。

この10年間、本当にありすぎるほどいろいろなことがあった。
普通、20歳代から30歳代は、人生でもたぶん楽しいことがいっぱいある時ではないだろうか。でも、私のその時はてんこ盛りのしんどい出来事ばかりだった。
いろいろ、本当にいろいろあって、悔やもうと思えば際限なく悔やめる人生だけれども、それはない。
この10年間、しんどい、しんどい、ばかりではなかった。
しんどい状況を整理して乗り越えてきた。
たくさんの人の手を借りてやってこられた。
瀕死の重傷だったけれど、周囲の人に生かしてもらった10年だった。
だから、この10年間のほんの一部の選択や行動を悔やむことは、今ある自分やこの人間関係や環境を否定することに繋がってしまうだろう。

整理していたら、一番デリケートな過去に触れる物がわんさか出てきた。
正直、涙が出そうになった。

でも。

そう「でも」なのだ。
私は今ここにいて、ようやくこの10年の積もり積もった残骸に整理をかけるまで元気に丈夫になっている。
ちょっとグッときたけれど、それは過去へのご挨拶。
挨拶が済むと、過去をシュレッターへ。
そうして、過去を片付けた。
たくさんの人の手を借りて、そのデリケートで強烈な過去を整理したように、今、過去を片付けた。
もう、この過去に苦しむこと、後ろ髪を引かれることはお終いにしよう。

・・・・と言っても、まるまる一つある開かずの間はそう簡単には片づかない。
これから何度か時間を費やしながら、片付けはまだまだ続く。
あ〜、こんなことだったら、もっと早くに「勇気」をふるってやっておけばよかった。
すっかり後悔が先に立ってしまう日曜昼時の私だった。
[PR]
by 1193ru | 2007-01-21 12:43 | モロモロ

日曜の朝

昔「廃品回収」、今「資源回収」。
今朝は町内の「資源回収」の日。
読み古した雑誌や新聞を束にまとめて、集積所へ出して来た。
ついでだったので、ご近所の高齢一人世代のお宅も周り、一緒に出して来た。
後小1時間もすれば、今度は子どもたちが元気に町内を回り、資源を回収する。
毎月出しているけれど、毎回よくまぁ、こんなに出るものだと我ながら感心してしまう。
この雑誌の山。
環境のこともお財布のことも考えて少し雑誌購入を控えないとな・・・とよく思う。
市内の公共機関・・・たとえばメディアテークや青年文化センターに行けば、そこそこの雑誌を無料で読むことができる。
ホントは通勤・外出の際に、こういうところを利用して雑誌を読めばいいのだろうな、そうしたらずいぶんシンプルな生活もできるだろうに・・・と思う。
「DAYS JAPAN」や「BIG ISSUE」なんかはそうそう置いていないので仕方ないとして、「MUSIC MAGAZIN」なんかは、こういうところで十二分に読める雑誌だったりするのだから・・・・。

元来の活字好きに加えて、雑誌(書籍全般)好きでもある。
月に購入する雑誌・書籍数は、一体何冊にのぼるのだろう?
雑誌や書籍が私を呼ぶのか、それともその逆なのか、人様からの頂き物も雑誌や書籍がとても多い(次にいただくことが多いのは「おいしいもの」)。
で、私は捨てるのが下手な性分ときているから、家中雑誌や書籍が堆く積み上がるというわけ。
約8畳ある洋間は、カッコよく言えば「書斎」。でも、ホントはただの「雑誌部屋」。とにかく捨てられない・整理できない雑誌等がこれでもかと言うほど詰まっている部屋だ。

将来、この家を離れることがあるとしたら、一番頭が痛いのは、この雑誌や本をどうするか?ということだろう。
あ〜、考えると頭が痛い。
でも、それとは裏腹に、やっぱり雑誌や本が大好きである。
[PR]
by 1193ru | 2007-01-21 08:12 | モロモロ
今朝、というかもう昼近くになるけれど、さっきやっと起きた。
何度か目覚めそうになったのだけれども、その度に意識が薄れ、薄れ、薄れ・・・。
結果、この時間。
う〜ん。
久々に寝過ぎてからだが痛い。

一週間くらい前から、持病の左手麻痺が始まったのだけれども、今朝は寝過ぎてからだのあちこちが痛いこともあり、あまり感じなかった。
さっき、食器を持って落とした時に、麻痺に気づいたくらいだ。

左手麻痺は、いつもに比べるとちょっと不便。
キーボードが思うように叩けなくなるし、左手に何か持てばポロポロ落とすし。
絶えず、じ〜んとしたしびれがあって、感覚が鈍い。
血管や神経が圧迫されて麻痺しているせいか、左手は血色も悪く冷たい。
でも、まぁ、生活が困難になるわけでもなし。
幸いにも利き手は右なので、これと言って大騒ぎすることもない。
以前、やっちゃった左半身麻痺に比べたら、ホント、楽勝なのだ。

今日は、午後から家族と出かける。
ちょっと恐いので、運転は父にお願いしよう。
でも、左手よりも今日は腰も背中も首も寝過ぎて痛い。
「全身寝ちがえ」とでも言うのか、ホント、しんどい。
あ〜あ、寝ている時が、何だかんだ言っても一番しあわせなのかもしれないな。
[PR]
by 1193ru | 2007-01-20 11:40 | モロモロ
昨日、講座終了後、気落ちして歩いていたらデザイナーのUさんにバッタリ出会いました。
Uさんのホッとするあったか〜い笑顔とお人柄に、とっても救われました。
久々にも関わらず、なんだか私のことをよくご存知で・・・・。
実はUさん、このブログを覗いてくださっているとか。
なんだか恥ずかしいやら、うれしいやら。
ブログをご覧いただいていたお陰で、パンタ(昨年のライブにUさんもいらっしゃっていたそうで、これまたビックリ!)やらブラジル納豆やらでしばし盛り上がりました。

最近、街をフラついていると、よくこんな出会いがあります。
こちらは久々なのに、みなさんはブログで私の近況を知っていてくださるせいか、とっても不思議な感じの再会になります。
離れていてもご覧になってくださってて・・・・・本当にありがたいことです。

今日は、夜に会議があったと思っていたら勘違いで、ふいに夕方からポッカリ時間が空きました。
映画を観ようかと思ったりもしましたが、今週は「ダーウィンの悪夢」を観たのでブラブラして早目に帰宅することにしました。

北仙台方面までゆるゆる歩きました。
お気に入りのパン屋さんで焼きたての食パンを買ったり、雑貨屋さんで小物を物色したり、花屋さんを覗いてカラフルな花々に驚いたり。
う〜んとの〜んびりしてきました。

一旦帰宅後、近所の八百屋さんへ。
小学・中学と一緒だった同級生の八百屋さんで、我が家は一家総出でいつも何かとお世話になっています。
今日は、国産はちみつを購入しました。
日曜日にかりんの第二段を漬け込む予定です。

これから、アダルトチルドレンについて書かれた本「アダルト・チャイルドが自分と向き合う本」(アスク・ヒューマンケア研修相談センター編)を読みます。
今晩一晩で、読んじゃおうと思っています。
あ、その前に森田ゆりさんの「気持ちの本」も久々に読もうっと。
久しぶりにのんびり読書三昧の夜になりそうです(*^_^*)v

それではみなさま、素敵な金曜の夜を!!
[PR]
by 1193ru | 2007-01-19 19:45 | モロモロ