ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

蟻の兵隊

昨晩、ドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」を観ました。
本当は、昨晩のうちにブログにupしたかったのですが、あまりにもすごい映画で書けませんでした。
今朝になってもまだ難しい状況です。
ジェーン・カンピオン総指揮の「めぐみ」もたぶんすばらしいドキュメンタリー映画になっていると予想しているのですが、この「蟻の兵隊」もすごいのです。
今年の邦画ドキュメンタリーでは、最高の映画に違いないです。
断言しちゃいます。

憲法を
平和を
戦争を
人権を
考えたり活動をしている方には、ぜひご覧ください。
子どもや女性、しょうがい者、高齢者・・・・対象者が異なっていても人権分野で活動や仕事をしている方は、ご覧になるといいと、本当に心から思う作品です。

戦争をしっている世代の方も
戦争をしらない世代の方も
これは観るべき映画だと、私はかなり勝手に強引に思っています。
観る方によって捉え方は異なるでしょうけど、でもでも、「戦争が人間に何をしたか」だけでも十二分にわかる映画です。

仙台では、フォーラムで上映しています。
ぜひご覧ください。
できれば、仲良しの方と。
そして映画の後に語り合ってみてください。
大きな変化があなたとそしてその方の中に発見できると思います。
[PR]
by 1193ru | 2006-10-28 07:48 | MOVIE
すみません!ブログでの告知が遅くなってしまいました。
明日・明後日、恒例の「女性のための離婚ホットライン」を開催します!
離婚したい女性、離婚を突きつけられている女性、離婚に迷っている女性の方、ぜひ、ご利用ください。


■■■■■■■ 女性のための離婚ホットライン ■■■■■■■

離婚に関する女性からの相談を、電話と面談で対応します。
電話相談番号 022−721−9177

日時:2006年10月27日(金)28日(土)
   電話相談 午前10時〜午後4時
   面談相談 午後1時〜午後3時(予約不要。来場順)
料金:無料
場所:朝市ビル3階(仙台市青葉区中央4−3−28)
主催:女性のための離婚ホットライン
問い合わせ先:女性のための離婚ホットライン事務局
       022−213−9633(小島法律事務所内)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[PR]
by 1193ru | 2006-10-26 21:36 | DV

フラガール

しばらく前、映画「フラガール」を観てきた。
東北人にはおなじみの「常磐ハワイアンセンター」のオープン前夜を、フラに挑戦する女の子と指導者の女性を中心に描いている。
NHK「プロジェクトX」でも取り上げられた同センターの誕生原因には、石炭から石油へのエネルギーの移行が大きい。
何代も炭坑で生きてきた人たちが、生き残りをかけてセンター設立に挑む。
そこには厳しい葛藤や別れがあり、観ていて何度も胸に熱いものがこみ上げた。
絵に描いた成功や幸せだけではなく、粉雪のようにひっそりと悲しみや苦しみ、辛さが映画のそこここにうっすらと積もっている。

生き残りたい。
幸せになりたい。
その思いを胸に、親と決別しても自分のために、家族のために、地域のためにフラに挑む女子高生。
こんな生活から抜け出したい。
強く胸に秘めフラに挑むも親に反対され暴行を受ける女の子。
子どもの将来を考え、フラを勧めた父親が炭坑で亡くなる女性。
子連れでフラに挑む女性。

全編通して、松雪泰子さんがすばらしかった。
あの美しい顔をクチャクチャにして、泣くわ怒鳴るわ笑うわ戦くわ。
すごかったぁ〜。
彼女のスタイリングもすばらしかった。
服、小物の全てが、すばらしかった。
スタイリストがサブを含め3人もついていたようだ。
しかもトップスタイリストは、安野さん。
納得だ。

そうそう、南海キャンディーズのしずちゃんもすごかった。
すごい化け方をしたものだ。

なかなかいい邦画に出会えたな、と思った。
[PR]
by 1193ru | 2006-10-24 10:18 | MOVIE

料理三昧

先週末は、料理三昧だった。
ちょっと理由があり、長時間・遠出の外出できなかったので料理と家事と庭いじりばかりしていた。

土曜日はパンを作った。
しろいふわふわしたパン。
ナッツやレーズン、いちぢくなどを入れたパン。
手作りジャムをはさんで焼いたパン。
夜は、パンをメインに(?)お肉とナスを焼いたもの、サツマイモと根菜のスープ、パプリカと玉ネギの酢漬け、温野菜サラダのゴマソース和えを食べた。
翌日曜の朝食は、ジャムパンにオニオンスープ、サツマイモとレーズンの煮たもの、リンゴとニンジンの生ジュース、スクランブルエッグ、柿と梨。
お昼は、ゴマチャーハン、野菜の煮物、りんご、豆と根菜のスープ、ジャガイモとベーコンのアルミホイール焼き。

料理と食事の合い間、着られなくなった洋服を整理し、乗らなくなった自転車を磨き、某施設に寄付しに行きました。
乗らなくなった自転車に乗り、最後のツーリング。
秋風と秋空が気持ちよかったです。
施設で感じたことがいろいろあって、すっきりとはいかなかったけど。

で、夜は、鯛の兜と大根の汁、ごはん、大学芋、キンピラゴボウ、おひたし。
鯛のおしかったこと。大根との相性は◎!
あ〜、食べた、食べた。
作っては食べ、作っては食べの2日間。
しっかり肥えました。
で、ヨガやって、ストレッチして、リンパマッサージして、頭が真っ白になったところで寝ました。
[PR]
by 1193ru | 2006-10-24 10:00 | 食べ物

ありがたいこと

ありがたいこと。
秋の夜長の長電話。
ただし、「尊敬する先輩との」という条件つき。

今さっき、電話を切ったばかり。
自分の中に生じる迷いや後ろ向きな感情。それからもちろん、ドロドロした後ろめたい感情。「いい人」ぶりたい私にとって、目を背けたくなるようなそんな感情にも、凛と寄り添い的確に言い当ててくださる先輩は、私にとってかけがえのない方だ。

私はただただ、素直な小さな自分になる。
そういうことが、いかに大切か。
常日頃の傲慢でいやらしい利己主義な自分を認め・脱ぎ捨てることができるこの機会に、心から感謝。

「ありがたい」。
そう声に出したら、「年を感じる言い方ね。『興味深い』とかにしておいて」と苦笑された。
先輩、すみません。
でも、本当にありがたかった。

私の周りには素晴らしい先輩が大勢いる。
たくさんの尊敬する先輩方の背中を見ながら歩ける喜び。
それが、まさに、私のかけがいのない宝物なのだ。
[PR]
by 1193ru | 2006-10-21 02:29 | モロモロ
自分を大切にするということが、人間関係の基本で、相手も大切に(尊重)する・できる第一歩と考えています。
自分を大切にすることを常日頃からこころがけているのですが、その方法の多様さにいつも驚いています。

メンタル的に自分大切にするという場合、たとえば「境界線」や「アサーティブ」という話だったり、自分を見つめることだったり、簡単なところだと人に会ったらきちんと挨拶するとか、お礼をしっかり言うとか・・・とこれだけでも、たくさんの方法があります。
フィジカル的には、適度な運動やマッサージということになるのかもしれないけれど、運動にもいろいろな種類があるし、それに「香」や「触」など視点によってたくさんの選択肢を挙げることができます。
生活というか環境的には、整理整頓とか、早寝早起きとか、快適な空間とか、食やライフスタイルなど、これまたいっぱいあります。

自分を大切にしようと思えば、その方法はもう無限。ささいなことでも、自分を大切にすることにつながるのだと感じています。

今晩、仕事の合間に知り合いの方から頂戴した軽やかな飲み口のおいしいワインを飲みながら、ふと考えました。
要するに、何もかも視点の問題なのかと。
自分を大切にするための方法は、その人の視点によって無限にも広がるし0(ゼロ)にもなるのかもと。
切羽詰まった状況では、自分を大切にするための方法なんて考えることはできないでしょう。
その時々の状況に大きく左右されることを承知で言えば、今の状況を生き抜く・生き延びるためにも自分を大切に考えて言動(方法)を選ぶことが、とても大きいように思うのです(抽象的で曖昧な表現になってしまいますが)。
それには、エンパワーメントが必要でしょうし、一人では大変な作業かもしれません。その時は、ぜひ、支援者に繋がって欲しいのですが・・・

自分を大切にするということは、とても深く・広い話です。
今日行き着いた結論は、今の私にはそんな程度。
これからも自分の中でじっくりと考え試していきたいテーマのひとつです。
[PR]
by 1193ru | 2006-10-19 01:48 | モロモロ

火曜の夜

火曜の夜は、先輩方にまじって電話相談に参加している。
電話の合間に、先輩方といろんなお話ができるのが、楽しみです。
仕事のこと、プライベートのこと、NPOの活動のこと。
料理のこと、雑誌のこと、遊びのこと。
一回り上の先輩方と、そんな話しができることがうれしいです。
昨晩もそうでした。
先週土曜日の講演で感じた「奢り」「甘え」について話そうとしたところ、「最近、甘えが出てきたことに気がつきました」と言った途端「あるある、そうそれは『奢り』だよ。私もあったなぁ〜」とのこと。
流石先輩!お察しが早い!
そうなんですよ、「甘え」というよりは「奢り」なのです。
でも、尊敬する先輩方にもそういう時期があったとは!
驚きつつも親近感が湧きました。だって、本当にすばらしくよくできてらっしゃる先輩なので。

後は、もうトントン拍子で話しが進みました。
一言えば十(それ以上)返ってくるうれしさ、ありがたさ、力強さ。
いつもながら、私のメンタルメンテナンスは火曜の夜でバッチリ完了!なのでした。
次々に入ってくる相談電話の合間のほんの数分で、こんな風にエンパワーメントしてくれる先輩方に感謝!!

ここしばらく夜な夜な、「心的外傷と回復」というトラウマに関する書籍(かなり分厚い専門書)と格闘しています。
DVや性暴力の相談対応をしていると、何年かに一回はこの本を読み込む時期がやって来ます。今年は6月から同書籍を読み込む勉強会に参加させていただいて、頑張っているものの、これが結構キツイのです。元来、勉強が大の苦手な私には、かなり無茶なことをしているように思えてきます。
でも、読めば読むほど、日頃の仕事や活動に直結することばかりなので、手が抜けません。
昨晩も格闘しましたが、ほんの数ページでダウン!
最終ページに行き着くには、まだまだ時間がかかりそうです。
ということで、今朝は6時から読み込むもののやはりほんの数ページ進んだだけ。
日々精進は、なかなか険しい道なのでした。
[PR]
by 1193ru | 2006-10-18 08:31 | DV

美里町

先週末、美里町でDVのお話しをさせていただきました。
少人数でこぢんまりとした場になりましたが、ご参加の方々の熱意に頭が下がる思いでした。
半数は美里町や登米市の知り合いの方。普段から、公私に渡りいつもご指導くださっている尊敬している先輩方でした。
そのような先輩方を前に話すのは、とても難しいことです。
普段の私をご存じのわけですから、こちらがしっかりと線引きしたり気を引き締めないとつい私の中に「甘え」がでてしまいます。
いつもとは異なる緊張を感じつつ、話させていただきました。

その日は、清々しい秋晴れの土曜日。
地域の行事や田んぼや畑の仕事があったにも関わらずご参加いただいたことが、とてもありがたくてしかたがありませんでした。

講演が終わった後、ご参加のみなさんとお話をさせていただきましたが、ありがたいことに「うちの嫁に聞かせたい」「息子夫婦にぜひ聞かせたい」「知り合いに教えたい」とおっしゃってくださいました。また、「今日来られなかった人に渡したいから」と残った資料を全てお持ち帰りくださいました。
そんなご様子から、みなさんがいかに地域や家族を大切に思っていらっしゃるのかがわかりました。

終了後、ご参加の方の半数が、美里町公民館の担当者に詰め寄る場面もありました。
今回の講演は、実は10月1日に私に依頼がありました。その後、打ち合わせをし、14日の当日を迎えたというハードな流れでした。
当初、チラシを作り町民の方に呼びかける予定がなかったそうで(10人程度の限られた町民向けの講演だったそうです。でも、その限られた方はほとんどご参加にはならなかったようです)、ギリギリのところで急遽チラシを作ってもらったという経過がありました。
その日数では、町民の方々への広報はむずかしく、ごくごく一部の方にしか情報が渡りませんでした。
ご参加のみなさんは「どうしてこんないい話を、もっと多くの人が聞けるように、広報しなかったのか!!」と怒って担当者に詰め寄りました。また、あるご参加の方は「一体、どこに広報をかけたのだ!」とも。

その様子を目の当たりにして、いろいろなことを考えました。
例えば、私のようなさもない者が仙台から行ってお話させていただくだけでも、旅費や謝金が発生します。また、資料印刷にもお金がかかり、それらは全て町民の税金から出ているのです。町民の税金で開催された講演なのに、町民に知らされないということは、町民の不利益としかいいようがありません。
「参加する・しない」は町民ひとりひとりが決めることですが、まずそういったことが「ある」という情報を渡さなくてはなりません。
美里町規模の地域であれば、広報誌や地元新聞、回覧板、町内会や地区毎の広報も可能ですし、情報を渡す方法として効果が高いはず。そういったものも使わずに「やりました」「やっています」というのはフェアじゃない。
それから、旧小牛田町では職員研修で既にDVの話を3回は聞いているそうで、よくご存じだとうかがいました(でも、3回以上は受けているという職員のある方は「DV」を「DVD」と話してました)。
しかし、一般町民はどうなのでしょうか?この点もご参加の方は怒っていました。
ご参加のみなさんが怒るのももっともだと思いました。
ご担当の方には、ふいに厳しい場面になってしまいましたが、みなさんの思いを受けとめて今後に生かしていただきたいと思います。

講演後、またしてもお寺に遊びに行きました。
既に講演の感想が地元の方からお寺へ届いていました。
お姉さま方の情報網はインターネットよりも早いですね(笑)
どれもありがたい感想ばかりで、これからもより一層、精進しなくてはと気を引き締めた次第です。
その後、農家仕事をちょっとさせていただき、おいしいずんだをいただいて帰路に着きました。

夜景を見ながら、今まで関わった被害女性たちのことを思いました。
それから、私はなぜこのような活動をしているのかも、考えました。
初心に返り、今の自分を見つめたわけです。
講演や執筆依頼が増えると、何か自分に力や能力があるように勘違いに陥る可能性が出てきます。
しかし、私が特別何か凄いことをやったから講演や執筆の依頼があるのではありません。
被害女性との関わりがあることと、DVの現状をたくさんの方に知っていただきたい、という思いが自分の中にあり、それにたまたま「聞いてみたい」というニーズが合致して今の状況が生まれているだけなのです。
自分の力や能力ではないことを、周囲の方に生かされている存在だということを、キッチリと見つめる時間が私には必要です。
講演の帰り道は、いつもこの作業のくり返しです。

「奢らず」「甘えず」。
自分のできること、すべきことをしっかり行うのが私の役目。
人前に出て顔を出せない彼女たちの思いを伝える「伝書鳩」が、まさに私。
ゆえに、より自分を律しなくてはと感じています。
「疲れた」などと言ってはいられません。
大変なのは当事者なのですから。

初心に立ち返ると、「甘え」が吹っ飛びます。
未熟者の私には、こまめに初心に立ち返る作業が不可欠です。

美里町の講演は、本当にいろいろ考えることがありました。
上記はほんの一部。
一歩踏み出すと、感じ・考えること、自分に突きつけることがまた増えて、それがたまらなく面白くてたまりません。
美里町でまたお話させていただけたらうれしいです。
それから、登米市をはじめ近隣市町村でも。
お伝えしたいことがたくさんあります。
[PR]
by 1193ru | 2006-10-17 08:47 | DV

電車の旅

明日は美里町で、DVのお話をさせていただくことになっています。
小牛田駅まで電車で行く予定。
普段、あまり電車に乗る機会がないので、明日はちょっとした小旅行気分が味わえそう・・・・・楽しみです。
朝、スタバに寄って食べ物を仕入れ、電車の中で食べようかなぁ〜。
・・・・・ってそんなことしている人はいないですよね。
飲み物程度にしておこうっと。

来月は岩沼市で、やはりDVのお話をさせていただくことになりました。
岩沼にも電車で行こうかな。
これまたちょっとした小旅行。
・・・といっても岩沼は近いから、ほんのちょっとのお楽しみしか味わえないかも。

というわけで、今週は土日も出ずっぱりです。
来週の土曜日までしっかり踏ん張れば、2連休!!
今月はその2日間休んだら、後は来月までお休みナシ!
最近、「2週間働いてお休み」のリズムが続いています。
やっぱり秋は、DVと男女共同参画の講演が依頼が多いようです。
せっかくいただいた貴重な機会なので、全力を尽くさなくては。

明日は、美里町。
近隣市町村の方も来てくださるとのこと。
本当にありがたいことです。
これまで私が経験したことをしっかりお伝えしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by 1193ru | 2006-10-13 20:40 | DV

脂肪との戦い

朝から脂肪燃焼に効く(と言われている)ヨガポーズをいくつかキメめた。
ハリウッドの英雄

わしのポーズ

ひよこのポーズ

ハードな三角のポーズ

体重が増えたせいか、どのポーズもとてもキツイ(>.<)

それからO脚に効くという以下のポーズをプラスした。
脚まわし

脚抱きしめ

その後、バランスボールを使った腹筋を30回。
更に腕立て伏せを20回。
それから40分ほど軽く汗をかく程度のウォーキング。

先ほど、お風呂上がりにまたまたヨガ&腹筋・背筋をした。
今週いっぱいはこのメニューを続ける予定だけど、どうなるんだろう。
締まるのだろうか。
痩せるのだろうか。

痩せないと困る。
ホントに困る。
今日はとうとう1サイズ上の服を用意してしまった。
うぅっ・・・悲しすぎる。

明日は上記のヨガポーズを1日3回に増やしてみようっと(T.T)
[PR]
by 1193ru | 2006-10-11 22:07 | モロモロ