ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

<   2006年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

丸見え

私という人間は、本当に解りやすい人間らしい。
昨日、相談対応していたら、いつもよりドーンと声が低く、ドドーンとテンションが落ちていたそうだ。
本人的にはいつも通りだったのに・・・。
いや、いつも以上に丁寧な対応ができているとまで勘違いしていたのに、先輩から見たら、「ドドーン」だったらしい。

Mさんのことが次々思い出されるけれど、独りでじっくり彼との思い出に向き合えずにいる。
次々と入ってくる電話やメール。
みんなMさんへの気持ちを誰かに聞いて欲しいし、整理をつけたいのだろう。
で、そのみんなのベクトルがたまたま今、私に集中している。
27日の想う会が終わって、ベンダーのみんなが今まで以上の輝く笑顔と元気で販売場所に立てるようになったら、そうしたら、Mさんと静かに向かい合いたいと思っている。

それは
桜吹雪の春になるかもしれないし、
新緑の季節になるかもしれない。
もしかすると、七夕がたなびく夏になるかもしれない。
でも、必ずそんな時間はやって来るはず。

今はただ、みんなの気持ちを受け止めて、日々を丁寧に回すのに徹しよう。
[PR]
by 1193ru | 2006-02-21 09:16 | ビッグイシュー

朝日

力強い、オレンジ色の朝日が昇ってきました。
また一日が始まります。
毎日同じような日々を繰り返しつつも、当たり前に違うもので・・・・・。
毎日出会い・別れを繰り返していることをしみじみと感じる出来事が、近頃多くなっています。

さぁ、今日も楽しむゾ!!

温かな布団を抜け出して、寝息を立てる家族の気配を感じながら朝の支度をする。
不意に涙が出てしまう程、私は幸せを感じたり、生きていることを感じたり・・・。
今日は、そんな朝を迎えています。

これからもたくさんの出会いと別れがあるでしょう。
いつも、自分に、周囲の方にしっかり向き合って、もし別れがやってきても、その方からしっかりバトンを渡してもらえるような、そんな自分になって行きたいと思います。

さぁ、後一時間もしないうちに仙台市内の各所ではビッグイシューの販売が始まります。
ベンダーのみなさんが、販売場所に向かって自転車をこぎ出す頃です。
私も準備をして、今日もしっかり相談対応をして来ます。
[PR]
by 1193ru | 2006-02-20 06:55 | ビッグイシュー

仲間の死

昨年7月のビッグイシュー@仙台スタート時から、ビッグイシューのベンダーとして頑張っておられたMさんが、本日2月19日午前1時40分に、入院先の仙台市立病院でお亡くなりになりました。
Mさんは、一番町四丁目買物公園141前付近で販売をしていました。
昨年晩秋より体調を崩され入退院を繰り返しつつも、再びベンダーとしてお客様にお会いすることを胸に、治療に取り組む毎日でした。
心からご冥福をお祈りしたいと思います。
尚、2月27日(月)18時からのベンダー会議(福祉プラザ)でささやかですがMさんを想う会を行いますので、ご参加ください。
門間拝
[PR]
by 1193ru | 2006-02-19 09:44 | ビッグイシュー

当たり前の信頼

自宅に人を招いてひとしきり盛り上がり、みんなが帰った後、自分の大切なモノがなくなっていたら、あなたはどう考えますか?

そんなことを考えなくてはならない出来事が、しばらく前にありました。

一番に自分の置き忘れを思い、家中くまなく探しました。
でも見つからない。
数日、ゴミ箱の中まで探しましたが、やっぱり見つからない。
すると、ここからが本当にまいっちゃうな、私はその時いらした方々のお顔を思い浮かべてしまったのです。

あの人たちの誰かが持って行った?

あ〜、本当に情けなかったです。
そんな風に考える自分が。

今まで、私は当たり前に友人を信頼していたことに気付きました。
でも、その当たり前の信頼が、二週間前に起きた出来事のせいで崩れてしまい、人を疑いやすくなっている自分がいました。

あ〜あ。
私の家のさもないモノを持って帰った友人がいる・いないの問題ではなく、当たり前に信頼できなくなっている自分が情けなく思います。

万が一、友人の誰かが自宅のさもないモノを黙って持ち帰ったとしたら、たぶんその友人はとても後味の悪い思いをしているか、もしくはそれすら感じない問題を抱えているのでしょう。だから、それはそれ。
私がひっかかるのは、友人を当たり前に信頼できなくなっている自分です。
それだけ二週間前に起こったことは、私の心を縛り付けてしまったのかもしれません。

あ〜あ。
[PR]
by 1193ru | 2006-02-18 21:07 | モロモロ

土曜日

土曜日は、だいたいDV被害女性とお会いしています。
面接だったり、グループミーティングだったり、時にはお茶だったりお食事だったり。
仙台のホームレス支援団体は土曜日炊き出しや食事会をしていることが多いのですが、それと同様に、ささやかでも温かい飲み物や食べ物をいただきながら彼女たちと時間を共にするのは、とても大切だなぁと常々感じています。

今日はこれから数人の方にお会いして来ます。

仙台は春を思わせる暖かな日です。
みなさまの地域はいかがでしょうか?
[PR]
by 1193ru | 2006-02-18 11:13 | DV

水色の空と雲

Mさんの病室には大きな窓があります。
向かいのビルはこの階で終わり。
Mさんの病室の窓には、大っきな空が広がっています。
今日は水色の空を雲がすっごいスピードで流れて行きました。

今日もMさんと話して来ました。
天気のこと、ビッグイシューのこと、Mさんのふるさとのこと・・・etc。
どれも私がベラベラ勝手に話したことですが、でも、今日はMさん調子がよかったようで、時折「あー、あー」とうなって左手を高く挙げてくれました。
あまりにも何度も「あー、あー」うなるので、もしや苦しいとか痛いとかそういううなり声なのかと心配になり看護士さんにうかがいました。
「きっと話しているんですよ」
とのこと。
そうだよね。そうだよね。
ちょっとホッとして、自分に言い聞かせながら、小一時間もしゃべりまくって来ましたよ。

今日は眼に濡れタオルはありませんでした。
半眼とでも言いますか、うっすらと開いた眼は充血してうつろでした。
元気だった頃の活き活きした黒目がちのMさんの眼を思い出しました。
しばらく話していたら、グイグイと顔が私の方を向きました。
たまたまでしょうか。
それとも会話しやすいようにこっちを向いてくれたのでしょうか。
聞いても答えはありません。
私は自分本位の自己中根性を発揮して、これでもかという程自分に都合良く解釈するのみです。
Mさんにそのことを伝え、
「異議申し立てがあるなら、早く元気になって憎まれ口きいてよねっっ!」
と言いながらまた泣きそうになってしまいました。
バッカですね〜。

そんなこんなしているうちにも、雲はすごいスピードで形を変えながら遙か彼方へ流れて行きました。

また明日。
そう、また明日。
明日があるのは当たり前じゃない。
すっごくラッキーなことだと、悲しいかな、こんな時にヒシヒシを感じます。
[PR]
by 1193ru | 2006-02-17 22:02 | ビッグイシュー

この一瞬

入院中のベンダーさんに、今日も会いに行って来ました。
二週間前は、ベッドから立ち上がり馬鹿話をし、市民マラソンに一緒に出ようねと約束をしました。
一週間前は、ベッドの上であぐらをかきかき時々吐き気をもよおしながらも、「いやいや、こんなんなっちゃってまいったよぉ〜」と苦笑しながら、ちょっと渋い話をしました。
それからは、何度行ってもいつも眠っていて、会話することもなく日が過ぎて行きました。
そして今日、もう、身動きひとつできない状態で、Mさんは横たわっていました。
体中いろいろな管やら線がくっついていました。
空きっぱなしの口からは時折いびきが漏れ、自力で閉じることができなくなった眼には濡れタオルがかけられ、真っ白になった左手だけが空を掴むような形でベッドからにょきっと出ていました。
心電図というのでしょうか、心拍数から血圧やらがモニターに映し出されていました。
今日も声をかけずに帰ろうかと思いました。
同席の仲間が「帰ろう」を連発する中、思い切って声をかけました。
「Mさん、門間だよ。来たよ。苦しいんだね。痛いところはある?眠れる?・・・・眠れるのならゆっくり休むんだよ」
若干高めの血圧がすっと下がりました。
心拍数が穏やかになりました。
そして、唇がゆっくりゆっくり動きました。
でも、声は出ず。
一分もしないうちにまたいびきが・・・。
それでも、話し続けました。
「妹さんと連絡が取れたんだよ。○○さんがね、連絡が取れたって言ってたよ。よかったね。心配してたものね」
小さく、頼りなげになってしまった肩をさすりながら話していると、再び唇が動きました。
気のせいかちょっと表情も変わったように思いました。
私の思いがけない言葉に驚いた・・・・そんな表情に感じました。
気のせいでしょうか。
しばらく声がけをして
「また来るね!」
と言い、病室を出ました。

仲間と別れて地下鉄に乗り、座席に深く腰を下ろしたら、泣けてきました。
あっと言う間に、みるみる衰弱してしまったMさん。
何がなんだかわからないうちに、Mさんが弱って行く様を理解できず、受け止められず、呆然としている自分。
Mさんはきっともっと話したいことがあったろうに、話し尽くすこともせずにこんな状況になってしまっている。
状況を飲み込めず、悔し涙が出ました。

夜、ハーティの八幡さんと話しました。
八幡さんは看護士経験があり、いろいろ教えてくれました。
「体を触りながら話しかけてみて。聴覚は最後まで残るんだよ。女性の声は、母親だとか妻だとか姉妹だとかを思い起こさせるから、安心につながるんだよ」と。
今までは眠りの妨げになると思い声がけをしませんでした。
でも、これからはもっと積極的に話そう、声がけをしようと思います。

これからはもっともっと一瞬が大切になります。
できるだけMさんとの時間を作ろうと思います。
[PR]
by 1193ru | 2006-02-17 01:00 | ビッグイシュー
仙台女性への暴力防止センター ハーティ仙台では、
東京・横浜でDV被害者支援活動をしている「レジリエンス」を講師に迎えて、
「DV被害女性サポートボランティア養成講座」を以下の通り開催します。
DV被害の当事者の方、
DVについて学びたいという方、
ハーティ仙台のボランティアスタッフ(DV被害女性サポートボランティア)になりたい方、
相談窓口の相談員、
教員の方など、
どなたでもお気軽にご参加いただけます。
講座受講は男女不問。
ただし、ハーティ仙台のボランティアスタッフ登録は女性限定となっております。
----------------
■■■DV被害女性サポートボランティア養成講座■■■
日時:2006年3月4日(土)13:30〜16:30
場所:仙台市中央市民センター パルシティ仙台5階 第2セミナー室
   (仙台市宮城野区榴岡4−1−8 電話 022−295−0403)
料金:一般1000円 ハーティ仙台会員500円
内容:DV被害者支援団体「レジリエンス」による講演を通して、DVを学ぶ講座
定員:60名
参加申し込み:ハーティ仙台事務局へ電話またはFAXにてお申し込みください。当日参
       加も可
主催、問い合わせ・申し込み先:仙台女性への暴力防止センター ハーティ仙台
               電話・FAX 022−213−3563
               (火・木曜 13:30〜16:30)
----------------
[PR]
by 1193ru | 2006-02-14 23:32 | DV

移動法律相談のお知らせ

離婚やDVをはじめとする夫婦間のトラブル、
借金、相続、隣家との争い、雇用問題などの生活に関するトラブルなど、
さまざまな問題に女性弁護士が親身になって相談に応じてくれる法律相談が、
以下の通り開催されます。

なかなか仙台まで出てこられず弁護士に相談できなかったという方、
この機会をぜひご利用ください。
そして、これからのご自分の可能性をひとつでも広げてください。
一人で悩まずに、ぜひぜひ、この機会に問題の解消のきっかけを掴んでください。

----------------
■■■みやぎ男女共同参画相談室主催 移動法律相談のお知らせ■■■
日時:2006年3月7日(火) 13:00〜16:30
場所:宮城県古川合同庁舎2階 202会議室
   (古川市旭4−1−1)
内容:女性弁護士と相談員が、離婚・DV・借金・相続ほか、さまざまな問題の相談に
   応じます。
   相談時間は、一人30分。料金は無料です。
申し込み:完全予約制となります。事前にみやぎ男女共同参画相談室へ電話予約をした
     上で、当日お越しください。
申し込み・問い合わせ先:みやぎ男女共同参画相談室 
            電話 022−211−2570
            (平日 8:30〜16:45)
------------------
   
[PR]
by 1193ru | 2006-02-14 23:22 | DV

バレンタインデー

今日はバレンタインデー。
例年通り、手作りのチョコレートケーキやトリュフを・・・と思っていましたが、体調不良でチョコの匂いを嗅いだだけでダウン(>.<)
今はチョコを食べるのもままならないのですが、元気な時はたま〜に食べたくなって買うことがあります。

「おひさまや」で販売しているオーガニックでフェアトレード商品のチョコバーと、ゴディバのバトン(バータイプのもの)のビターがお気に入りです。
「おひさまや」の方は、オレンジピールやナッツ入りのものなど、種類も豊富!!
あ、そうそう「クロワッサンの店」のピンクペッパー入りのチョコバーも美味しいですね。ピンクの包み紙がとってもキュートなチョコバーです。味はとってもスパイシーで好き嫌いがあるかもしれませんが、私は大好きです。

だいたいこの3つを順番にいただいています。
昔から甘いモノはあまり得意ではないことと、最近は年のせいか(?)、年に1〜2回買う程度です。
でも、この3つはかなりお気に入りです。

そうそう、昔ロンドンにいた頃、いつも鞄にはチョコバーを必ず入れていました。
若かったからかな。
後にも先にもあの前後数年間だけですね、日常的にチョコを食べていたのは・・・。
体が欲していたんでしょうね。原因はわからないけれど。
今は、ちょっとの甘さでもう充分な体になりました(^^)
マクロビを始めたら、ますますその傾向が強くなっているようです。
不思議ですね。

さてさて、でも巷では今日はバレンタインデー。
ハッピーな一日になることを心からお祈りいたします。
[PR]
by 1193ru | 2006-02-14 08:06 | 食べ物