ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:DRIVE( 25 )

ドライブ

昨晩、またしても一人車を飛ばしました。
ビッグイシューの登録会が終わった後、用事もあったので北に走りました。
昨晩はとっても気分がよくて、走りたくて、走りたくて仕方がなかったのです。
とっても幸せな気分でした。
知り合いの人の幸せ話を聞いただけなのですが、自分のことのようにうれしくて、いてもたってもいられなくなっちゃったのです。
市街を抜けて走っていくと段々と灯りが少なくなって行きます。
ロードサイドショップ以外には、どこまでも夜の闇が広がっています。
夜遅かったこともあり、長距離のトラックがほとんど。
道路はガラガラで、ついつい飛ばしてしまいました。
久々に幸せな開放感に浸りました。

私が夜、一人で車を走らせる時は、うれしかったり、かなしかったり、うつろだったり、いろいろな感情があってのことですが、共通するのは感情のメーターが振り切れている時ということ。
昔取った杵柄だとか、走り屋だったとかいうわけではありませんが、とってもうれしかったり、とってもかなしかったりすると、ついついハンドルを握ってしまいます。

今日もそうでした。
「和田さんとお話できる」
そう思っただけで、ワクワクが止まりませんでした。
雨にも関わらず、気持ちはウキウキととても晴れやかな気持ちでした。

感情の高まりや落ち込みが大きな時は、本当はハンドルは握らない方がいいのでしょうが、やっぱり夜の一人ドライブはまだまだ止められそうもありません。

門間@I CAN HEAR MUSIC(The Beach Boys) 拝
[PR]
by 1193ru | 2005-09-04 23:51 | DRIVE

ウン十年ぶりの鬼首

あなたは、間欠泉が吹き上がるのを見たことがありますか?
本日、私は、ウン十年ぶりに、間欠泉が吹き上がるのを目撃しました。
思い起こせば小学校の遠足以来。
かれこれウン十年を経て、再び私は思い出の間欠泉と再会したのでした(涙)
遠足の時は、まだまだカワイイ女の子だった私。
長~い山道を経たバスの旅で、ホラー映画の少女のようにヤツレ果ててはいたものの、
地球の力強さを肌で感じさせる間欠泉は、鮮明に覚えていました。

あ、でも、なんだかちょっと寂しい。
NGOの友人たちと話していると、彼らが初めて地球の力強さに触れたのは、オーロラ
だったり、アイスランドやキラウェアの火山だったりするのに、私は鬼首。
あまりにもローカル&庶民的で、既に小学生の頃に人生のスケールは決まっていたの
ね、という感じが隠せません。

で、話を戻しましょう。
近くには鶏(何という種類かはわかりませんが、とても珍しい種類)が鳴いているし、
少し離れた井戸では温泉卵を作っている。見たこともないようなトンボみたいな昆虫
は飛んでいるし、昔どこかの温室で見たサボテン科の植物がレトロな花を咲かせている。
そんなこぢんまりとした社会から忘れ去られたような田舎臭~いスポットが山奥にちょ
こんとあって、そこでボーッと足湯に浸りながら間欠泉が吹き上がるのを待つ私。
う~ん。不思議な感覚でした。
昔、昔のB級映画のセットに迷い込んだような、そんな感じ。
もう、自我がなくなるくらいボケました。
自分と回りの境界がドロドロと溶けて、足湯の湯船にボタボタと落ちて行く。
で、更にボーッとしていると、液体になった自我が、間欠泉から水蒸気になって空気
中に排出されて、それを浴びている私・・・・。
もう、つげ義春の世界です。

自分を心地よく見失った後は、またまた得意の山越えドライブ。
美味しいモノを目指して車を飛ばしました。
山深い緑の壁にはさまれた細い道を走っていると、突如、ぱぁーっと開ける視界。
青空の下、遠くの山には雪、眼下には湖の煌めき。
キラキラ光るさまざまな緑とその香り。
鳥や虫たちの声。
何もかもがうれしくって、たのしくって、心がぐんぐん開かれて行く感覚がたまりま
せんでした。

なんだか、のらりくらりと生まれかわった気分です。
もしかして、最近、疲れていたのかなぁ~、と今更ながら思ったりもした一日でした。

門間@PABLO NO.2(Milton Nascimento) 拝
[PR]
by 1193ru | 2005-06-19 05:39 | DRIVE

のんびりのびのび@薬莱

「父の日」を兼ねて今日から県北へ小旅行!
地場の美味しいモノをいただきながら、温泉三昧しようと、出かけました。
まずは「やくらいガーデン」へ。
見事なバラが咲き誇る、甘く優しい香りがどこまでも漂う庭園を、のんびりと散歩しました。
私は、イギリスの公園を思わせるやくらいガーデンの雰囲気が好きです。
特に、バラが咲き乱れるこの時期は、以前住んでいた横浜の山手にある大好きだった
バラ自慢の庭園を思い出させるので、ついつい足を運ぶ回数も増えてしまいます。

この時期の悩み。
それは、喰いしんぼうの私は、横浜のバラ園でいつもバラソフトクリームをいただい
ていました。そのせいか、「バラ園=ソフトクリーム」が体に染みついてしまい、
ここでもまたまたソフトクリームを食べちゃうこと。
今日もいつも通り、おいしくいただいてしまいました。
この周辺では、やくらいガーデンのソフトクリームが一番おいしいと勝手に思っています。

薬莱の産直市場に立ち寄り、山の幸を物色。
肉厚のきのこ類や香りのしっかりとした山菜、ぴかぴかの豆類。
見ているだけでこんなにも楽しく、豊かな気持ちになる自分が不思議です。
昼食は、山奥にある農家レストランへ。
薬莱に来るといつも立ち寄る、お餅の美味しい農家のおかあさんたちがやっているお店です。
今日は「田舎雑煮」と「ずんだ餅」、「あんこ餅」、それから「漬け物」を4人でお
腹いっぱいいただいて2000円也!
あ~、大満足!
美味しくってついつい食べ過ぎちゃったので、森林浴を兼ねて山道を散策。
綺麗に枝払いされた杉林には、奥まで柔らかな光が射し込み、美しいグリーンの世界
がどこまでも広がっています。
深呼吸をするたびに、身も心もクリーンに澄み渡って行きます。

穏やかな気持ちになったら、今度はゆるゆると山道をドライブして、鳴子へ。
今日のお宿はまたまた鳴子。
今年で一体何回目?という感じですが、川渡から中山平にかけて、ホントお湯の種類
がいっぱいあって何度来ても飽きません。
今日はうなぎ湯で有名な東鳴子に宿をとりました。

お湯に入ってはご飯をいただき、またまたお湯へ。
喉が乾けば美味しい地酒をいただき、お酒がさめたらまたお湯へ。
あ~、極楽、極楽。

気が付けば、「父の日」イブだったにも関わらず、父親そっちのけで満喫しておりました。

門間@When You're Smiling(Ann Sally) 拝
[PR]
by 1193ru | 2005-06-18 21:40 | DRIVE
ちょっとの休みを利用して、県北に足を延ばしました。
4号線を北上して行くと、
田植えに備えて水入れをした田圃の輝きや、
点在する菜の花の黄色、
そして、
花が終わった桜の木々の芽吹き。
都市生活では味わえない風景が、次々と目の前に広がります。

岩出山では、
名物の酒まんじゅうとかりんとうを購入!
なんとかりんとうは、「一斗缶」に入って1500円でした。
「一斗缶」というパッケージの面白さに惹かれ、ついつい2缶も買っちゃいました。
(こんな大量に誰が食べるんだろう・・・??)
で、酒まんじゅうとお茶を持って近くの河原へ。
水辺の新緑の香りを満喫しながら、
できたてあつあつの酒まんじゅうをほおばれば、
旅の気分もググッとUP!
小腹を満たしたところで、「感覚ミュージアム」へ。
ここは官設民営の町営施設。
運営は、NPO法人が行っているとのこと。
なかなか面白い展示をしていましたよ。
詳しくはHPを覗いてみてください。
www.kankaku.org/さて、展示もさることながら、気になったのは、
ミュージアムショップで福祉作業所のグッズを取り扱っていたところ。
セレクトは、担当スタッフの方がしているとのことでしたが、なかなか素敵な視点を
お持ちの方だと密かに尊敬してしまいました。
取り扱いグッズは、カードやコースター、ピンバッジなど湘南にある福祉作業所の
「工房絵」のグッズ数種類。どれもオシャレで気の利いたセレクトで、これまた感心。
工房絵は、これからHPを覗いてみようと思っていますが、
エイブルアートを仙台でしたい私にとっては、とっても興味深い団体になりそう。
ちなみにURLはこちら。みなさんも覗いてみてください。
http://www.apparel-web.com/license/kobokai/今回私が購入した作品は、伊賀高史さんと川村紀子さんのポストカードとピンバッジ
とコースター。段ボールを活用したポストカードはとっても凝っていて、ポップで素
敵です。
そうそう、各グッズについているタグもとってもセンスがいいんですよ。どこをとっ
ても見習いたいアイデアやセンスが凝縮されています。

岩出山から山道を経てたどり着いた栗駒山は、場所によっては1mちょっとの雪の塊
が見られましたが、そこここに春の香りが漂っていました。
可憐な薄紫のカタクリの花、ふきのとうの柔らかな黄緑、スミレや水芭蕉の群生・・・
。挙げればきりのない程の自然の息吹で、山全体がやさしい緑がかった黄金色に色づ
いていました。

温泉に1泊し、清々しい早朝の澄んだ山の空気を胸いっぱいに吸い込んだら、早速仙
台へ出発!
・・・・・だって、官庁はカレンダー通りで出勤だったんですもの(涙)
とんぼ返りの小旅行でしたが、新発見がいっぱいでした。
これからのいーぐする市民団の活動にも関わる気づきもあり、短時間ながら収穫の大
きい旅でした。
駆け足ですが、本日はこの辺で!

門間@ Honeysuckle Rose(ann Sally)拝
[PR]
by 1193ru | 2005-05-02 09:58 | DRIVE

川渡から鳴子へ

昨晩遅くに、川渡から鳴子に移動。
大正館に泊まりました。
ここは、10代~20代にかけて、ある時は独りで、ある時は友達とよく泊まった宿。
私の鳴子の思い出は、ここと越後屋、温泉神社に集約されています。

今朝、目覚めと同時に窓から通りを眺めると、
それはそれは大きなつららが・・・・。

朝日を浴びてキラキラと光る軒先のつらら、
街全体に漂う温泉の匂い、
あちこちから立ち上る湯気、
旅館で働くお姉さん方の明るい足音と声。
美しい朝のはじまりを体いっぱいに吸い込み、至福の時を満喫!!

慎ましくも豊かな朝食をゆっくりいただき、朝風呂へ。
以前と変わらないお料理とお湯に、やすらぎを感じます。

チェックアウト後、かしぶちさん達と温泉街をぶらり一周。
近々、今度はプライベートでの~んびりしに来ようっと。

かしぶちさんとお別れした後、三本木のライスフィールドへ。
今日は豆腐ハンバーグをいただきました。
それから、またまた子ども用の木製のオモチャを購入。
以前、出産祝いとして贈ったことがあるのですがとても好評だったので再度購入しま
した。
というのも、
不意に遊びに来る親戚の子どもたちへのプレゼントを、自宅にストックしておく癖が
あって、ついつい木製のステキなオモチャを見ると買ってしまいます。
子どもたちの顔を思い出しながらのお買い物は、幸せなひとときです。

昨晩から続く、ふわふわとした幸せに身を委ねながら、
帰路に着きました。


門間@Falling Forward(Julia Fordham)拝
[PR]
by 1193ru | 2005-02-13 23:45 | DRIVE