ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:MUSIC( 57 )

先日、東京ドームでBON JOVIの来日公演を観て来ました。

今回は、ステージ正面のスタンド最前列。
Paul McCartneyの時とは異なり、大分、音が良くて助かりました。

私は生粋(?)のBON JOVIファンではなく…というのも、
80年代のアメリカン・ハードロック時代は、
あのファッション(髪型とピタピタのパンツ+ノースリーブT−シャツ)と音楽がかなり苦手でした。
今でもキーボードのデヴィッド・ブライアンはアノ髪型ですが、当時よりも大分いいです(笑)
私が見慣れただけかもしれませんが(笑)
私は90年代以降のBON JOVIが好きで、ドライブ時にはかなりの頻度で聴いています♪

今回の公演で、再度BON JOVIに惚れ直した(?)点がいくつかあります。
ひとつは、やっぱりジョンの笑顔!
ステージに登場した時は、年齢を感じずにはいられませんでしたが、
3分もするとやっぱりあの笑顔がかわいくて、かわいくて。
ミック・ジャガーのものまねをしてましたが、彼のcuteな笑顔は健在でした。
もうひとつは、デヴィッド・ブライアンの歌のすばらしさ!
ジョンの歌も好きだけど、ブライアンもすばらしく上手!
惚れ惚れ聞き入ってしまいました。
そして、
ドラムスのティコ!
カッコいいなんてもんじゃなかったです。
60歳ってホント???と何度も疑うようなルックスとプレイ。
パワフルでセクシー!!
今回、一番釘付けになって見入ったのは、ティコのプレイでした。
You tubeのギター試奏でおなじみ(?)のPhil Xのギター&コーラスも良かったです。
You tubeでの姿とは打って変わって、ステージのPhil Xはカッコイイ!
BON JOVIは、Phil Xしかり、Hugh McDonaldしかり、
強力なサポートメンバーに恵まれているバンドです。

あー、ホント、すっごく楽しい公演でした♪

以下、セットリストです。
(間違ってたらごめんなさい)

1.That's what the water made me
2.You give love a bad name
3.Raise your hands
4.Lost highway
5.Whole lot of leaving'
6.It's my life
7.Because we can
8.What about now
9.We got it goin' on
10.Keep the faith
11.Make a memory
12.Captain crash & the beauty queen from mars
13.Born to be my baby
14.We weren't born to follow
15.Who says you can't go home
16.I'll sleep when I'm dead
17.Bad medicine
18.In these arms
19.Have a nice day
20.Wanted dead or alive
21.Livin' on a prayer

c0020127_0545599.jpg

[PR]
by 1193ru | 2013-12-09 00:56 | MUSIC
先日、ポール・マッカートニーのライブを観て来ました。
連日通い詰めている(よくチケットが取れましたね。凄い!)というファンクラブの方のお話では、
開場よりも遥か前の午後2時くらいにはファンが集まって来ているとのこと。
私は18時頃、後楽園駅に着いたのですが、既に東京ドームにいるような混雑&熱気!
駅員さんも警察の方も、満面笑みでDJポリスよろしくのMCで誘導、誘導、また誘導(笑)
改札からドーム会場まで延々並んでようやく座席に到着したものの、
やっぱりポールだものパンフを買わなくちゃと思い、物販の列に並びました。
もちろん物販も長蛇の列。前後にいらっしゃったファンクラブの皆さんから、
前日までのライブの様子を伺っていたら、なんと時間は開演の19時に!
まだまだパンフの購入ができそうもなく、でも、19時だし…
オロオロしていたらやはりファンクラブの方が「19時15分くらいからしか始まらないからまだ大丈夫ですよ」と。
結局19時ちょい過ぎにパンフを入手。
ライブは19時15分過ぎ頃から始まりました。
c0020127_834354.jpg


11月19日(火)東京ドームのセットリストは以下の通りです。

1.Eight Days A Week(1965 The Beatles『Beatles for sale』収録)
2.Save us(2013 Paul McCartney『New』収録)
3.All My Loving(1963 The Beatles『With the Beatles』収録)
4.Jet(1973 Paul McCartney & Wings『Band on the Run』収録)
5.Let Me Roll It/Foxy Lady (instrumental)(1973 Paul McCartney & Wings『Band on the Run』収録/1967 The Jimi Hendrix Experience『Are You Experienced』収録)
6.Paperback Writer(1966 The Beatles『A Collection Of Beatles Oldies』収録)
7.My Valentine(2012 Paul McCartney『Kisses on the Bottom』収録)
8.1985(1973 Paul McCartney & Wings『Band on the Run』収録)
9.The Long And Winding Road(1970 The Beatles『Let It Be』収録)
10.Maybe I'm Amazed(1970 Paul McCartney『McCartney』収録)
11.Things We Said Today(1964 The Beatles『A Hard Day's Night』収録)
12.We Can Work It Out(1966 The Beatles『A Collection Of Beatles Oldies』収録)
13.Another Day(2012 Paul McCartney『RAM[Limited Edition]』収録)
14.And I Love Her(1964 The Beatles『A Hard Day's Night』収録)
15.Blackbird(1968 The Beatles『The Beatles』収録)
16.Here Today(1982 Paul McCartney『Tug of War』収録))
17.NEW(2013 Paul McCartney『New』収録)
18.Queenie Eye(2013 Paul McCartney『New』収録)
19.Lady Madonna(1973 The Beatles『The Beatles / 1967-1970』収録)
20.All Together Now(1969 The Beatles『Yellow Submarine』収録)
21.Lovely Rita(1967 The Beatles『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』収録)
22.Everybody Out There(2013 Paul McCartney『New』収録)
23.Eleanor Rigby(1969 The Beatles『Yellow Submarine』収録)
24.Being for the Benefit of Mr. Kite!(1967 The Beatles『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』収録)
25.Something(1969 The Beatles『Abbey Road』収録)
26.Ob-La-Di, Ob-La-Da(1968 The Beatles『The Beatles』収録)
27.Band on the Run(1973 Paul McCartney & Wings『Band on the Run』収録)
28.Back in the U.S.S.R.(1968 The Beatles『The Beatles』収録)
29.Let It Be(1970 The Beatles『Let It Be』収録)
30.Live And Let Die(1973 『Live and Let Die』収録)
31.Hey Jude(1973 The Beatles『The Beatles / 1967-1970』収録)

アンコール:
32.Day Tripper(1966 The Beatles『A Collection Of Beatles Oldies』収録)
33.Hi, Hi, Hi(2013 Paul McCartney & Wings『Wings Over America』収録)
34.I Saw Her There Standing There(1963 The Beatles『Please Please Me』収録)

アンコール2回目:
35.Yesterday(1965 The Beatles『Help!』収録)
36.Helter Skelter(1968 The Beatles『The Beatles』収録)
37.Golden Slumbers / Carry That Weight / The End(1969 The Beatles『Abbey Road』収録)
(たぶん、こんな流れだったと思います。間違いがあったらごめんなさい)

なんとまぁ、40曲近くを22時まで一気に演奏!
ポールは御年70ウン歳。
ピアノを弾く時以外は、ずーっと立ちっぱなし。
既にニュースでも言われていましたが、一口も飲物も飲まず、延々歌っていました。
さすがにお顔には年齢が表れていましたが、立ち居振る舞いやスタイルは、実年齢なんてどこへやら。
これまで触れたこと・見たことのない、すーっごい巨大な「ポップスターオーラ」を発しながら、
すばらしいステージを観せてくれました。

名曲「Yesterday」は、福島の方にと。
自然と涙が出ていました。

私事をお話すれば、日曜日の朝はビートルズの曲が流れているという家で幼少を過ごしました。
記憶の一番根っこから今に至る迄当たり前に流れてい音楽のひとつがビートルズ。
今回のライブは、ビートルズの曲も多く…なんと表現したらいいのかわかりませんが、
胎内にいるような懐かしさと安心感、温かさ(たぶん、こんな感覚なのかな?)を終始感じながら愉しませていただきました。

「一生に一度は観ておきたい○○」…そんなフレーズを雑誌やテレビでよく見かけますが、
ポールのステージは、私にとってはまさにそのひとつでした。
言葉が追いつかない音楽の感動。
すばらしい夜でした。
c0020127_838258.jpg

[PR]
by 1193ru | 2013-11-28 08:38 | MUSIC

ジメジメ一蹴!

今日もきっと一日雨ですね(笑)
少し舞えに近未来の惑星を舞台にした映画を見ましたが、そこはずーっと雨が降っているという星で、画面全体からジメジメ感が漂ってました。
何もかもジメってて、見ているだけでカビそう…(笑)

さて、気持ちを切り替え、ハンドル握って出かけまーす!
シェリル・クロウのこの曲で、ジメジメ一蹴!

[PR]
by 1193ru | 2013-08-01 08:34 | MUSIC

選曲

7月からラジオ番組を始めてから、楽しくもあり大変なのが「選曲」。
好きな曲をかければいいのであれば、即決できるのですが、
台本を書いたメンバーの想いを考え、リスナーのお気持ちを考え、番組の趣旨を考え…
いろいろ考え、考えしているとなかなかどうして大仕事になっちゃいます。

プロのDJの方や放送作家さんはどうなさっているのでしょうね。
今日も選曲でウンウン悩んでしまいました。

これまでかけたアーティストは、
ルーマー、バーシア・バレット、杏、キャシー・デニス、カーレン・ダルトン、プリシラ・アーン、ミンディ・グレットヒル、原田知世、アストラット・ジルベルト、カット・エドモンソン…etc
タイトル曲は、ノラ・ジョーンズとリッキー・リー・ジョーンズ。

そう、全員女子!

来年の6月末まで、女子曲で行く予定。
…なのですが、ネタが尽きそうで心配です。

頑張って音楽を聴く…というのもなんともはや、おかしなことですが、
これも何か意味があるのでしょうね。
より音楽が好きになるきっかけになるはず。
楽しんで選んで行こうと思っています♪
[PR]
by 1193ru | 2012-09-16 22:54 | MUSIC

サンボと福山

サンボマスターの「できっこないをやらなくちゃ」を聴きながら、レジュメやパワーポイントを作っています。
テレビ画面では延々とサンボのライブを流しています。
時々泣き泣きレジュメを書いてます。
レジュメ作りで泣いているんじゃなくて、サンボの歌が泣かせるのです。
「できっこない~」だけじゃなくて、他の曲もそうですが、
これまで関わった方たちの顔が次々浮かんで、切なくなったり、悲しくなったり、寂しくなったり…
そしてうれしくなって、泣いちゃいます。

ついここ1ヶ月の間に、投げ出したくなるようなデコボコがありました。
そんな気持ちになる情けなさをごくんと飲み込んで、
応援してくださっている国内外の方たちの顔を思い浮かべ、
震災以降、あちこちで言葉を交わした方たちの「今」を思い、
一緒に走ってくれている仲間の言葉を思い出し、
とにかく、とにかく自分を奮い立たせてきました。
この間、サンボを何度聴いたかわかりません。

とにかく、私たちは走ると決めたのだから。

笑われたって、理解したフリされても、テキトーな対応をされても、
いいのだよ、私たちの思いは、
今も傷つき困難を抱えて一人唇をかみしめてる彼女たちに向かっているのだから。
そう思って、ガンガンやれるようになってきました。

はぁ~、力強いな、サンボは。
なんとまぁ頼りになる音楽だろう。
これまでも何度かサンボに支えられてきたけど、ホント、いいわぁ~。
ありがたいです。

サンボのライブ映像を観た後、
今度は福山雅治の石巻ライブの映像をチラ見しながら仕事をしています。
7月に1dayカフェイベントを被災地に生きる30~40歳代女性を対象に行うのですが、その秋バージョンを11月に開催することになりました。
11月の1dayカフェには、どなたかアーティストの方をお迎えして、音楽のプレゼントをしていただけないかと考えています。予算はほとんどないのですが…(笑)

言葉も映像も私たちを癒し、支え、力をくれるものですが、音楽もそのひとつ。
福山雅治、来てくれないかなぁ~。
日頃踏ん張りに踏ん張り抜いている30~40歳代女子に、
震災から続く不安と孤独、寂しさと悲しみを抱えつつも何食わぬ顔をして日常を回している彼女たちを、
音楽で癒し支えてくれる方はどこぞにいないかなぁ。
[PR]
by 1193ru | 2012-06-10 17:30 | MUSIC

グラミー

グラミーはアデルと大好きなフー・ファイターズが複数受賞!
アデルは術後心配だったけど、元気な様子で安心しました。
フー・ファイターズは、グラミー前夜にDVDを見まくり受賞祈願(?)をしていた私としては、
ホントにうれしかった!
彼らのHAPPYな様子に、ちょっと涙ぐんだりして…
フー・ファイターズとポールの共演も感動的だったけど、
やっぱり何と言っても今回はジェニファー・ハドソンがホィットニー・ヒューストンのために歌い上げたあのシーンが一番心に残りました。
エイミー・ワインハウスといい、すばらしいアーティストが亡くなってしまったこの一年。
今回のグラミーは、さびしさと無念さが漂っていたように感じたのは私だけでしょうか。
[PR]
by 1193ru | 2012-02-14 08:40 | MUSIC

音楽三昧3

邦楽は、やっぱりサンボ!
ここ数年もそうだったけど、3.11以降はホント何度も何度も何度も何度もCDが壊れるくらい、車のオーディオがバカになる程聴いて聴いて聴きまくりながら、石巻をはじめとする沿岸部に通いました。
サンボの曲がなかったら、涙も出ないまま壊れて、おかしくなっていたに違いないです。
見たことのないあの残酷な光景の中、なんとか気持ちをつないで車を走らせられたのは、サンボのおかげ!
ありがとう!サンボマスター!!

Sambomaster"光のロック”


Sambomaster"世界はそれを愛と呼ぶんだぜ”

[PR]
by 1193ru | 2012-01-01 23:41 | MUSIC

音楽三昧2

2011年。
被災地へ通う中、私を支えてくれたColdplayの曲をいくつかご紹介します♪
石巻の駐車場で朝日が昇る中、聴いた曲はColdplayでした。

Coldplay"Paradaise"


Coldplay"Viva La Vida"

[PR]
by 1193ru | 2012-01-01 23:18 | MUSIC

音楽三昧

穏やかな元旦ですね。
とは言ってもまた揺れましたが(笑)
年が明けても時の流れは続いていて。
当たり前でありながら、こうも揺れるとつくづく2011年、それから3月11日はまだまだ直近の出来事だったのだと思います。
3月11日のことは、私の中でおかしな時間感覚で記憶に格納されています。
遠い昔のように思い出せないことも多く。
はたまた逆に、ついさっきの出来事のように生々しくもあり。
年末の一年を振り返る的な報道番組は全てパスしました。

この間、私が見ていたのは音楽番組ばかり。
大好きなColdplayやRihannaのライブを延々と見ています。
(今も流しっぱなしです)
ライブを見つつ、2月のグラミーを思いました。

グラミーはAdeleが強いのでしょうが、
やっぱり私はFoo FightersやColdplay、Radeohead、Red Hot Chili Peppersのアルバムが良かったので頑張って欲しいなぁ~なんて思っています。
レゲエアルバムでは、Ziggy MarleyとShaggy、そしてStephen Marley!
う~ん、悩む顔ぶれですね~。
それから、Jay-ZとKanye Westもラップパフォーマンスでノミネートされていたから、ぜひ受賞して欲しいですね。
それからやっぱりRihanna!
Chris Brownには取ってもらいたくないです。理由は語りませんが、ね(笑)
カントリーでは、Taylor Swift!
Lady Antebellumがここしばらく人気だけど、どうもPVのせいか私はちょっとパス。
ところで、どうしてアノR.E.Mがノミネートされていないのかしら??
ラストアルバムは秀逸だったけど、他のアーティストたちの出来過ぎのアルバムが多かったせい?

そんなことを思いつつ、音楽三昧してます♪

被災地への往復の時に何度も助けてくれた曲です♪
Foo Fighters "Walk"


ノミネートPVはこちら!
Foo Fighters "Back & Forth"

[PR]
by 1193ru | 2012-01-01 22:24 | MUSIC

スティング@日本武道館

部屋でモーニングをいただきながら、小倉さんのコメントを楽しみに待ってました!
何のコメントかって?
もちろん、昨晩のスティングのライブのことです。
小倉さんも来てましたもんね。
番組冒頭、やっぱり触れてくれました。
あんなライブ観ちゃったら、触れずにいられませんものね。
ホント、スティング、すごかったです。

会議で50分遅れで会場入りしたのだけど、22時近くまで延々最高のパフォーマンスが続き、大・大・大・大満足!!
無理してでも駆けつけて良かったです。
半ばあきらめていたのだけど、ちょっと無理するだけで、あんなに素敵な体験ができるなんて…
スティングの音楽がさらに広がったというか、彼の音楽に対する新解釈を見せていただいたような、実に深みのある豊かなアレンジばかり。
そしてまた、声がいいんですよ。
とてものびやかな声で。
年と共にアイリッシュモルトのようなつややかな個性が豊かにあふれ出て、ゆったりと広がってゆくのです。
あぁ、なんて贅沢なんでしょう。

そうそう、外国人の家族連れが目立ちました。
B席は比較的席が空いていて、そこに何組ものご家族がのんびりとくつろぎながらスティングの音楽を楽しんでいました。
子どもたちは、中学生くらいかな。
お父さんと子どもの組み合わせもあれば、両親と子どもだったり。
和やかな光景で、それもまた、今回のスティングのライブ内容を物語っているようでした。

フレンチトーストを頬張りながら、小倉さんのすっごくうれしそうな顔を横目で拝見しましたが、いやいや、私もおんなじ顔をしてました。
[PR]
by 1193ru | 2011-01-19 21:18 | MUSIC