ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:DV( 267 )

仙台でSAFER101プログラムの開催が、急遽決定しました!
「SAFER」とは、性暴力被害者の何らかの支援をしている方たちに向けた研修プログラムです。性暴力・性虐待についての理解を深めるとともに、被害者の視点に立って見えること・感じることを自分の身に引きつけて考え、支援者同士が真の意味で連携できる場を提供します。
今回、仙台で開催する「SAFER101プログラム」は、性暴力とその影響に関する基礎講座です。関心のある方は、性別問わずどなたでもご参加いただけます。
日時;平成25年10月4日(金)19時〜21時
場所;仙台市市民活動サポートセンター(仙台市青葉区一番町4-1-3)
参加費;1,000円
参加には申込みが必要です。メールまたはFAXで以下の通りお申し込みください。
 件名「10/4 SAFER101申込み」
 記載内容;お名前(ふりがな付)と
      ご連絡先(電話番号またはメールアドレス)
 申込先メールアドレス;101 sanka-a@safer-jp.org
 申込先FAX番号;03-3408-4616
詳しくはホームページをご覧ください。SAFER
[PR]
by 1193ru | 2013-09-16 14:49 | DV
震災前から、東京から暴力被害女性の回復を応援し続けてくださっているNPO法人レジリエンスさん。
震災後は、被災地の女性にたくさんのプレゼントを贈ってくださいました。
特に印象的だったのは、被災地のティーンエイジャーに贈ってくれたラメいっぱいのカワイイ小物や文具!キュートでラブリーなプレゼントにたくさんの女子が元気をもらいました。
震災の年には、アートセラピーやトラウマ回復の講座もしてくださいました。
レジリエンスさんは、DVや虐待、モラハラ等、様々な原因による心の傷つきやトラウマについて、情報を広げる活動をされています。
長年、傷ついた女性向けの連続講座を各地で開催する傍ら、よりたくさんの傷ついた女性のサポートをするため、各地でDVファシリテーターの育成もされています。
今回、そのファシリテーター養成講座が仙台で開催されることになりました。
傷ついた女性の回復に寄り添いたいと考えていらっしゃる方、
ご自分の傷つきを癒したい方、
既に支援職や支援活動をされている方、
虐待やいじめに関わる活動をされている方、
教育現場にいらっしゃる方、
人権擁護委員さんや保護司さん、保健師さんは、必見の講座です。
この講座、私も数年前に受講させていただきました。
その時学んだ知識は、現在の活動のベースとなっています。
詳しくは、NPO法人レジリエンスさんのHPをご覧ください。
c0020127_22515296.jpg

[PR]
by 1193ru | 2013-07-31 22:54 | DV

オススメ本

書こう、書こうと思っていて、いつもそのままになってしまうブックレビュー。
…「ブックレビュー」という程立派じゃないな、「読書感想文」ってところですが(笑)
記録として書いておきたいけれど、やっぱりどうにも難しいので、
今日は、書籍名だけ2冊ご案内しますね。

NPO法人レジリエンス代表の中島幸子さんの「マイ・レジリエンスートラウマとともに生きる」(梨の木舎)は、DV被害・性暴力被害女性の方たちに読んでいただけたら…と願ってしまう一冊です。
「オススメ」ではなく「願い」。
サポーターの方にも読んでいただきたいと思いますが、
一人でも多くの被害者の方に読んでいただけたら、と願ってしまう本です。
それから、ピーター・リヴァインさんとマギー・クラインさんの「子どものトラウマセラピー」(雲母書房)。
どちらも、トラウマが残念ながら人生にはつきものではあるけれど、それを癒し乗り越え、再び自分の足で歩く力が私たちにはあるんだと、時に力強く、時に優しく語りかけてくれる本です。

トラウマとなる出来事は、ある日突然予期せずに起こるもの。
どんなに一生懸命生きていても、突然降り掛かり、人生を変えてしまいます。
だからこそ、忘れたくないのが、
どんな困難な状況でも私たちには、それを乗り越える力があり、そこからまた新たな力を得ることができるということ。
PTG(Post Traumatic Growth;心的外傷後成長)と言いますが、困難な出来事にぶつかった時こそ、
思い出したい力です。
[PR]
by 1193ru | 2013-04-29 15:52 | DV

夕方からの呪文

北朝鮮の砲撃…どうなるんだろう。
亡くなった方も出て、何人もの方が怪我をしている。

日常の中の暴力―DVやいじめ、ハラスメントについて、九州でいーっぱい考えて、学んで、暴力根絶を再度強く認識してきたせいか、北朝鮮の砲撃や韓国の迎撃はショックで仕方がない。

殺されて終わる人生なんて!!
命を絶たれ、命があっても魂を絶たれ一生の傷を心身に負わされる。
そんなこと、されていいはずない。

相手に傷を負わせることは、激しい怒りや憎しみの炎を次々と周囲につけて回るようなもの。
山火事のように、どんどんその激しい感情が広がり、時には逆に大やけどを負わされることもあるだろう。

あぁ、嫌だ。
そんな状況に身を置くことも、そんな感情を持つことも、なんと不幸なことなのだろう。
誰もが好き好んでこんな状況を受け入れるはずはない。
だから、暴力はダメなんだ。
命と魂、心、体を傷つけてはいけないのだ。

隣国はどうなるのだろう。
日本はどうなるのだろう。

戦争はダメ。
戦争をさせてはダメ。
今日は夕方からずっと、呪文のようにつぶやき続けてる。
[PR]
by 1193ru | 2010-11-23 22:43 | DV

アレルギー日記

「アレルギー日記」と化してますね、このブログ。
今朝はだいぶ腫れがひき、凸凹もずいぶんなくなってきました。
傍から見ればまだまだすんごい顔なんですがね。
強い薬を短期間集中で使っています。
眠気も強く、運転は控えています。
初日は、眠気が強すぎて服用するとすぐ眠ってしまいました。
薬が効きやすい体質なのでしょうか。
ここ数日間は段々と慣れてきています。

明日から九州です。
顔が酷い状態ですが、行ってきます。
来週は仙台。
仙台の準備をしっかりやって九州入りしたかったのですが、間に合いそうもありません。
自転車操業が続きます。

今朝、河北の一面に県がDV対策本部を設置すると出ていました。
我が家でも高齢の父が喜んでいました。
DVも虐待もいじめも一続きですから。
どれも深刻な被害を及ぼします。
三方向からどんどん防止・根絶をして欲しいものです。

ということで、本日も楽しんで行ってきます!
[PR]
by 1193ru | 2010-11-18 07:53 | DV

10月最終週

おはようございます!
昨晩の雨も上がり、明るい空になってきました。
月曜の朝。
一週間が始まりますね。

昨日、「せんだい女性のためのこころのケア講座」の第7回目が終了しました。
ようやく半分を終えることができホッとしています。
回を追うごとにご参加の方が増え、うれしいやら緊張するやら。
毎回、初心に帰って気を引き締めて講座に向かっていますが、昨日はさらにその気持ちが高まりました。
この講座、内容が内容だけに、ご参加のみなさんの勇気と行動力は並々ならぬものがあります。
そんなみなさんのお顔を見ながらお話させていただいていると、とても力をいただきます。
感動や力強さ、ひたむきさ、凛とした姿勢…etc.
講座をしている側の方が、たくさんの力をいただいているように感じます。
ご参加のみなさま、主催のせんだい男女共同参画財団さん、ありがとうございます。

さて、とうとう11月が目前となってきました。
11月は、男女共同参画月間であり、世界女性への暴力防止デーの月でもあります。
そのせいか、仙台だけではなく他県へ出かける回数も増えます。
まずは福島県。
昨晩、福島の方からうれしいメールを頂戴しました。
数年前に知り合った方からで、11月の福島の講座にご参加くださるとのこと。
再会が今からとても楽しみです。

どんどん月日が経っていきますね。
今年も残すところあと2ケ月。
遅ればせながら今週中には、来年の手帳を購入しようと思っています。
[PR]
by 1193ru | 2010-10-25 07:35 | DV

DV殺人@神奈川

神奈川県で、県警にDV被害相談をしていた女性が殺害される事件が起きた!
なんてことだ!
相談を受け、加害者を呼んで注意をして「もうしません」と言ったので二人で帰したという内容のニュースが流れている。
で、対応署は、「適切な対応だった」とコメントしたとも聞く。

おいおい、どういうことなんだよぉ。
どんなDV教育を受けているんだ、その所轄署はっ!
相談されたのに二人で帰して殺されて、どこが「適切な対応」なんだ!
その理由、その根拠、教えて欲しい。
DVを学んでいないとしか言えない対応じゃないかっっっ!
それとも神奈川県警のDV対応マニュアルにはこんな対応をしましょう、と書いてあるのかな。
だとしたら、さっそく訂正・刷新が必要だ。

何人殺されたら、警察のDV教育は徹底されるんだっっっ!!!!!!

暴力対策の本丸でしょ、警察は。
被害者を守り社会治安に全力に挙げるのが警察じゃないの?!
コレ私の誤認識なのかしら。

もっと学ぼうよ。
で、しっかり実践しようよ。
もうこんなニュースはたくさんだ。
殺害されて人生を終えるなんて、もう二度とないようにしようよ。

殺されるために生まれてきた人なんていないんだから。
殺されていい命なんてないんだから。

被害届が出されなかったからと言って二人一緒に帰すのはもう止めて欲しい。
せめて保護所で数日心身を休ませて、そこから次のステップの検討をしてもらえないものだろうか。
警察内で難しい課題がいっぱいあるのは、よくわかっている。
でも、人が殺されることより大事(おおごと)なことなんてないはずだ。
[PR]
by 1193ru | 2010-09-21 06:53 | DV

秋晴れの朝思うこと

おはようございます。
秋晴れのさわやかな朝ですね。
少し肌寒いかな。
この空気に触れると、どうしてもストックホルムを思い出します。
そう、今朝は、空気に触れ北欧を思い出し、一足飛びに性暴力について考えています。

昨晩、大きな山をひとやま越えることができました。
体力的に限界だったので、ホント、越えられてよかった。
たくさんの方のお力添えがあり、予測とは裏腹に余裕を持って越えられました。
でも、ヘトヘトになっちゃって、今朝はさすがに起き上がれませんでした。
こんな時、持病やら元来の体質を思い出します。
喉元過ぎればなんとやらで、苦しい思いをしないと思い出さないなんて、私の脳の都合よくよくできていること!

昨晩は、仙台をはじめ東北の性暴力被害者とその支援者にとっては大きな前進がありました。
私たちはこれからの1年半、性暴力とDV・虐待の根絶に向け猛烈に走ります。
誰一人として仲間が欠けることなく、より多くの方の手を借りながら。
道のりの大変さは、誰もがわかっています。
ある人は、登山口ですでに腰が抜けそうになりました。
またある人は、登山口まで乗ってきた車にまた戻ろうとしました。
そんな仲間に声をかけ、手を取り合い、ようやく迎えた昨日だったのです。

たくさんの女性が集まりました。
残念ながら参加できなかった方たちからは、心強いエールをいただきました。
感慨深い夜でした。

道中、大変なことがあっても都合の良い脳の持ち主の私は、木々の間から覗く空に追いつかんと頑張れそうです。
昨晩、たくさんのまっすぐな瞳を持つ凛とした女性たちの前で話していたら、そう実感できました。
ミッションを全うしようと真剣に生きている女性たちのなんと美しいことか!

みなさま、どうぞよろしくお願いします。
これから一年半…いやいや、暴力がなくなるその日まで、どうぞ一緒に歩ませてください。
そして、いつかすばらしくおいしいお茶を微笑みながら飲みましょう!
その日を楽しみに、心から楽しみに今日も出かけます。

今日もすてきな一日を!
[PR]
by 1193ru | 2010-09-17 07:29 | DV
おはようございます。
仙台では七夕が始まりました。
昨日は前夜祭の花火大会。
今年はお天気にも恵まれそうで、何よりです。

昨年の今頃は、本当に最悪。
家族が大変な状態になってしまい、もうダメなんじゃないかと思わずにはいられない日々が続いていました。
1年経っても未だに後遺症は残るものの、去年の今頃は決して想像できなかったような回復を遂げています。
ここまで来るのに、本当にたくさんの方々に助けていただきました。
ありがたいです。
このような状況を作った人への怒りが強く、私たち家族は生きるのも辛い日々を過ごしてきました。
でも、その気持ちもずいぶん変化してきています。
これもまた、たくさんの方々のおかげです。
強い感情に飲み込まれ自分自身が壊れそうになったこともありましたが、そんな時にもたくさんの方々が支えてくれました。
本当にありがたいです。

トラウマ後の成長。
私も家族もこれをしみじみと体感してきた一年です。
この成長には、暴力を振るわない信頼できる人と安全で安心できる場が必要だということがよくわかりました。
机上ではなく、身を持って学びました(笑)
大変な出来事と苦しく辛い経過ですが、それでも得るものは大きかったです。
少々複雑な思いはありますが…(笑)

さて、今日は金曜日。
と、言っても今月はまだ当分休日はやってきません。
体調に気をつけて、楽しんで行くとしましょう♪
[PR]
by 1193ru | 2010-08-06 06:46 | DV

蝉しぐれの中

渡仏する恩師を囲んでおいしいお酒…と思っていたら、緊急対応が続々入ってしまってつい出遅れてしまいました!
遅れること3時間半。
ようやく合流できました。
ひさしぶりにみんなの顔を見れて、冗談を言い合いながらおいしいお酒をいただきました。
みんな、役職やら何やらなんだかとっても偉くなってて、「万年平」の「万年最年少」の私のペーペーぶりと対照的!
充実ぶりが表情や雰囲気に出ていて、そんなみんなに会えてとてもうれしくなりました。

うれしさについついお酒が進んでしまいました。
最近、車の移動が多くなり、お酒を飲んでいなかったせいか、おいしいのなんのって。
生ビールの後、トントンと勢いづいて、大好きな伯楽星をずいぶんいただきました。

気がつけば午前2時。
長い一日が終わりました。

明けて今朝。
妙に肌ツヤが良くて、いまさらですが日本酒の美肌効果に驚きました。
今日は一日家族の送迎でバタバタしています。
実は、今もその途中。
暑い一日もそろそろ暮れはじめ。
涼やかな風が車内にも入ってきました。
今晩も花火があちこちで上がり始めています。
夏ですね。

季節の流れるのが本当に早くなりました。
何事も成し得ることなく、私の人生は終わっちゃうみたいです(笑)
毎日、毎日、東へ西へ。北へ南へ。
右往左往しているうちに、心身ともにボロボロになってしまいました。
たくさんの方に毎日会って、となりに寄り添い話をうかがい一時だけれども共有する。
その繰り返しで、何年も過ぎてきました。
何も成し得ず、何か目的があって生まれてきたはずなのに、それすらも見出し・生み出すこともできず時と共に心身が朽ちてきています。

ここしばらく、セクハラ相談が多いです。
何年もこうして活動をしてきたけれど、性暴力はなくならず。
被害後遺症の苦しみに向き合うたびに、加害者への苛立ちが大きくなります。
虫さされの薬のように、つけたらかゆみがすぐひくような、そんな特効薬が欲しいです。
あまりにも後遺症は酷すぎます。

どうしたら幸せに生きられるのでしょうか。

性暴力被害、暴力被害を受け、その後、どうしたら幸せに生きられるのでしょうか。

毎日問われるこの言葉。
本当に重く、重さが嫌という程わかるせいか、私は答えることができずにうろたえています。

恩師や昔からの友人たちに囲まれて、おいしいお酒を飲んで、うれしかった私。
本当にうれしかったのに、でも、うれしい気持ちが長続きしません。
ひと時過ぎれば、いつもトラウマや性暴力について考え込んでしまっています。

疲れているわけではなく、ただ、性暴力やトラウマについてタイムリミットが迫っているような焦燥感と怒りと無力感が払拭できないでいます。
[PR]
by 1193ru | 2010-08-01 18:54 | DV