ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:東日本大震災( 153 )

講座とラジオ

こんばんは☆

今日は、DV被害女性向けの講座を仙台で担当させていただきました。
昨晩からの大雪で、仙台は真っ白!
積雪で交通機関がままならない中、たくさんの方にご参加いただきました。
お会いできてうれしかったです。
ありがとうございます!
来月またお会いできることを楽しみにしております♪
そうそう、この講座は4月からまた開催が決定しました。
来年の3月までで12回を予定しています。
どうぞよろしくお願いします!

ここしばらく、4月から被災女性向けのラジオ番組を立ち上げようと、「おとな女子3040PROJECT
」の仲間たちと動いています。
東京のNPO法人レジリエンスさんはじめいくつかの団体さんのご協力をいただきながら、実施に向け事業資金集めに走り回っています。
その甲斐あって、財団法人せんだい男女共同参画財団さんから事業資金の一部を助成していただくことになりました!わーい♪
財団さん、ありがとうございます!!
引き続き、番組実現に向けて資金集めを含め準備を進めて行きます。
番組開始になるよう頑張ります!!

明日は月曜日。
また一週間、楽しんでいきましょう♪
ではでは。
[PR]
by 1193ru | 2012-01-22 23:34 | 東日本大震災

亘理~仙台

ここ数日、仙台は震度3クラスの余震が続いています。
先日、亘理町の仮設住宅団地・公共ゾーンの集会所へお邪魔して、
グリーフケアをさせていただきました。
その帰り道、亘理町から岩沼市・名取市の沿岸部を訪ね歩いていた時、
少し大きな余震があったとのことを後から知りました。
何も知らずに浜通りにいたものですから、後から友人たちに緊急地震速報が出ていたことを聞き驚きました。
カーラジオはかけていたのですが、さっぱりわかりませんでした。
危険ですね。

今日の午前中は、被災した30~40歳代女性の語り合いの場「こころると~く」を行いました。
メンバーのともちゃんとあちゃこちゃんのお正月をイメージしたテーブルコーディネートが、今回もすっごくすてきでした♡
本日のお菓子はマカロン。
多賀城市で被災したお菓子屋さん(マカロンでとっても有名です)を応援したくて、ともちゃんが買ってきてくれました。
9種くらいだったかな、たくさんのフレーバーがあって選ぶのにみなさんうれしい悲鳴を上げていましたよ。

午後は、春から始める予定の被災女性向けのラジオ番組の資金獲得のためのプレゼン。
資料とパワーポイントデータは、昨晩23時から作ったというホントバタバタな、自転車操業的プレゼンで、冷や汗以上のイヤ~な汗をたくさんかきかきなんとか終了してきました。
ともちゃんと一緒にうかがったのは心強かったのですが、
お力添えいただけるかどうかは月末までわからず。
少しでもお力添えいただけたらうれしいのですが、どうなることやら、です。

夜は、看護師さんたちが大きな集まりを行うとのことで、その打ち合わせ。

で、ようやく今に至ります。
慌ただしい一週間が過ぎ、明日からまた走ります!
松ケン好きなので、ここ数日のご褒美と充電としてたっぷり「平清盛」を観ようかな。
[PR]
by 1193ru | 2012-01-15 20:41 | 東日本大震災

南三陸町

昨日は南三陸町・ホテル観洋さんでガールズ女子会とおとな女子3040 PROJECTを行ってきました♪
ガールズ女子会は、ドレメ&宮学の生徒さんがメイクや小物作りやプレゼントの提供、そしてガールズトークを展開してくれました。
私たちは、中高生を会場まで送迎してくださった保護者の方たち…大人の女性と一緒に、シュシュ作りをしながらのおしゃべりをさせていただきました。
ホテル内の会場は、解放感あふれるロビーで、目の前に太平洋が広がっていました。
3.11を経験してしまったせいで、私などは海を直視することができず、ついつい下を向くことが多かったのですが、
地元南三陸町の方たちと話しているうちに、少しずつ景色を見ることができるようになりました。
でも、やっぱり未だに海を避けたい気持ちが強いです。
あんなに大好きな海だったのに…

全国のみなさまから頂戴したプレゼントをたくさんお持ちしました。
中高生も大人の方たちも、時間をかけて楽しそうに選ばれていました。
ご参加の方はみなさん「また南三陸町へ来てね」と口ぐちにおっしゃってくださいまして、
とてもありがたかったです。
ええ、ぜひまた伺いますね。

ホテル観洋さんでは、おいしいおにぎりとサンドウィッチをたくさんいただきました。
女将さんはじめホテルのみなさまのお心遣いが伝わってきて、
とてもおいしくたくさんいただきました。

さて、今週は別件になりますが、山元町へもうかがいます。
週末はまた仙台で「こころると~く」。
被災の経験は本当に辛いことですが、たくさんの方にお会いして少しでも楽しい時間を過ごせたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by 1193ru | 2012-01-09 11:57 | 東日本大震災
今年もとうとう12月。
私たちの住む仙台では、「SENDAI光のページェント」が始まりました。
今年のページェントの光は感慨深いものがあり過ぎて…
ついつい熱いものがこみ上げ、涙ぐんでしまいます。
今年は、全国のみなさまからの応援もたくさんいただいての点灯です。
例年以上にその光は温かく私たちを包んでくれています。

さて、被災した30~40歳代の女性のための語り合いの場「こころると~く」も、
12月6日(火)で第二回目となります。
すでに定員を越えるお申込みをいただいており、とてもうれしい半面、
お入りいただけない方もいらっしゃるため心苦しく残念な思いもあります。
次回「こころると~くvol.3」は、来年1月15日(日)に開催します。
詳細・お申込みはせんだい男女共同参画財団さんのHPをご覧くださいね。

そこで、「こころると~く」とはまた一味違うのですが、
3.11を経験した女性の方においしいお茶やお菓子を召しあがっていただきながら、
セルフケアをお伝えするカフェイベントをせんだい男女共同参画財団さんと企画しました!
今回は、スペシャルゲストで東京のNPO法人レジリエンスさんをお迎えして、
セルフケアなどのお話をしていただきます。
「おとな女子3040 PROJECT」のメンバーも会場におりますので、
お気軽にお声掛けくださいね♪
みなさまのご来場を心からお待ちしております!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
☆ ☆ ☆ “ゆる~り”女子カフェ ☆ ☆ ☆
☆ ☆  女性のエンパワメントシリーズ ☆ ☆
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

震災から9カ月。
仙台の街並みは、震災を忘れたかのように復興を遂げています。
そこに暮らす私たちの「復興」や「回復」はいかがでしょう。
「沿岸部のような被害ではないので大丈夫」
「みんなも平気でいるのだから、私だけいつまでも悲しんでられないよ」
「仕事に就けたからこれまで以上に頑張らなくちゃ」
「仮設に入れたから安心だわ」
自分の気持ちをがまんしたり、
不安を忘れようとがんばり過ぎていませんか?
今までの出来事や気持ちを安心して話したり、
自分のケアを始めませんか?
おいしいお茶とお菓子をご用意して、お待ちしています。
カフェの時間、自由に出入りしてくださいね。

■会場 エル・ソーラ仙台 サポートルーム(アエル29階)
■開催日 12月18日(日)
■開催時間 13:00~16:00 カフェタイム:この時間帯は、自由に出入りできます。
     14:00~15:00 トークタイム:ゲスト「NPO法人レジリエンス」による
                    セルフケアやトラウマケアのお話があります。
■ゲスト NPO法人レジリエンス
(DVや虐待、モラハラ、その他様々な原因による心の傷つきトラウマについて、情報を広げる活動をしています。)
■対象・定員 仙台に暮らす女性30人
■参加費 無料
■申込方法 せんだい男女共同参画財団さんのイベント申込フォームからお申込ください。
■主催 せんだい男女共同参画財団
協力 NPO法人レジリエンス
   NPO法人ハーティ仙台
   おとな女子3040PROJECT
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
[PR]
by 1193ru | 2011-12-05 08:18 | 東日本大震災
土曜日、今年最後のMDGガールズプロジェクト(被災した女子中高生を応援するプロジェクト)を行いました。
今回は、せんだい男女共同参画センターエル・ソーラ仙台で行われているイベントに混ぜていただきました。
MDGガールズが、女子中高生と一緒に手作りのフォトフレームを作ったり、メイクをしてあげたり、全国から届いたプレゼント選びに付き合ったりしながら、たくさんのガールズトークを展開♪
女子中高生の相談に親身にのっているMDGガールズの様子が、印象的でした。
今回、カフェコーナーには「しらかば工房」さんのお菓子をご準備させていただきました。
おいしくって、食べ応えがあって大好評でした♡
仲介してくださったKさん、ありがとうございました!

現在、私は震災関係では、被災した女子中高生を応援する「MDGガールズプロジェクト」と、
被災した30~40歳代女性の語り合いの場「こころると~く」、
他複数機関の相談対応に参加させていただいています。

12月は、寒さがより厳しくなると同時に心細さや孤独感、将来への不安が募る月です。
被災によるダメージが、深刻化に向かいやすくなります。
ひとりでも多くの方がより多くの方とつながり、この心細さや孤独感、不安を和らげられる場を持ちたいと考えています。

12月はいくつかの企画を計画していましたが、その中のひとつ
12月6日(火)の被災した30~40歳代女性の語り合いの場「こころると~く」は、定員に達してしまいました。
そこで、他にもホッとしたりゆるりとつながれたりする場を作ろうと急ぎ準備を始めています。
詳しい内容が確定しましたらUPしますので、お楽しみにしていてくださいね。
[PR]
by 1193ru | 2011-11-27 21:50 | 東日本大震災

ようこそ、仙台へ

おはようございます!
仙台は、銀杏並木が黄金色に輝く美しい朝を迎えています。

ようこそ、仙台へ。
ようこそ、宮城へ。
ようこそ、被災地へ。
一年前、久留米でお約束した日がいよいよ明日に迫っています。

たくさんの出来事を経て、明日を迎えます。

明日・明後日を経て、また新たな道へそれぞれが歩み出します。

私もそのひとり。

今回のイベントが終了したら、急ぎ新たな被災女性のプロジェクトを立ち上げます。
今月中に企画をまとめ、財源確保をしないとなりません。

東北の冬は厳しいです。
孤独と寒さに、心身が凍えないように。
これ以上被災地に「死」が近づかないように。
今以上のたくさんの支援が必要なのです。

イベント終了後の日曜夜から、動き出します。
みなさま、どうかこれからも被災地の私たちと一緒に歩んでください。
お願いいたします。
[PR]
by 1193ru | 2011-11-18 07:48 | 東日本大震災

おとな女子3040 PROJECT

ここ数日、被災地の30~40歳代女性による同世代被災女性のサポートチーム「おとな女子3040 PROJECT」の語り合いの場「こころると~く」をお取り上げいただいています。
河北新報さん、Date fmさん、ミヤギテレビさん、河北ウィークリーさんにお取り上げいただきました。
もちろん、せんだい男女共同参画財団さんのHPや市政だよりにも掲載していただいています。
ありがたいことです。

いよいよ今週日曜日に開催しますが、
人気のスクラップブッキングと語り合いを、おいしいお菓子やお茶をいただきながら行います。
今回は、東京のNPO法人レジリエンスさんが送ってくださった「鳩サブレ」をみんなでいただく予定です。

そうそう、「こころるレシピ」も少しずつできてきました。
「こころるレシピ」とは、持ち運びに便利なセルフケア法を書いたカードです。
お財布や手帳、名刺ケースに入れていつでもどこでも必要な時にお使いいただけたらなぁ~なんて想いながら作ってみました。
「こころると~く」のご参加のみなさまへプレゼントしますので、お楽しみにしていてくださいね。
[PR]
by 1193ru | 2011-10-21 21:00 | 東日本大震災

被災した女性への支援

被災した30~40歳代女性の語り合いの場「こころると~く」を開催します♪

震災があったのが嘘のような街並みの仙台市中心部。
仙台駅から数キロ東へ行っただけで、まだまだ震災の爪後が生々しく広がっているなんて…。
中心で暮らしているとこの「数キロ」が、意識の中で大きな濃い霧のような存在になっていることを感じます。
あの日、被災し恐怖や不安に押しつぶされそうになったこと、
これまでの人生で見たことも経験もしなかったあの光景。
それらに濃い霧が覆いかぶさり、意識をおぼろげな不安定なものに変えてしまってきています。

同じ仙台、同じ宮城、同じ東北太平洋沿岸県にも関わらず、
復興の差が日増しに大きくなってきているように…。

濃い霧に多い尽くされたり、復興の差が大きくなるにつれて、
被災の辛さ、苦しさ、不安、悔しさ、そして悲しさを、
グッと飲み込み言葉にせずに前を向こうと奮い立たせたり、
この半年のことがどんどんぼんやりとしてきたり、
あせりや心細さ、虚無感など、少々やっかいな気持ちや感覚に拍車をかけている…
そんな「ワタシ」はいませんか?

そんな「ワタシ」を抱えている30~40歳代のあなたへ。
被災の程度を誰かと比べるのではなく、
そのままのあなたをまるごとくるんとつつみ、
全身の力をそっと抜く、
そんな「こころると~く」へいらっしゃいませんか?

あなたをお迎えする私たちメンバーも、
あの日ここ仙台で被災しています。

働いているとかいないとか
結婚しているとかしていないとか
嫁だったり
娘だったり
母だったり
姉だったり
妹だったり
仙台市民だったり、宮城県民だったり、東北人だったり…
いろんな立場や役割があるけれども、
それをぜ~んぶひっくるめ
それをぜ~んぶ脇に置いて

「被災経験をもつ30~40歳代の女性」

ただ、それだけでつながり、語り、泣き、そして笑ってみませんか?
あなたのご参加をお待ちしています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

被災した30~40歳代女性の語り合いの場「こころると~く」
日時;10月23日(日)10時~12時半
場所;仙台市男女共同参画推進センター エル・ソーラ仙台 サポートルーム
   (アエルビル29F)
対象;3月11日の東日本大震災を経験した30~40代の女性
定員;15名
内容;語り合いとスクラップブッキング
   ご参加の方は、3月11日に関する写真を一枚お持ちください。
参加費;500円(当日会場でいただきます)
託児;6ヶ月以上小学生1年生のお子さんまで(先着順)
   お子さん1人300円/回となります。
   しょうがいのあるお子さんや上のお子さんについてもご相談ください。
お申込み・お問い合わせ;仙台市男女共同参画推進センター
            エル・ソーラ仙台 管理事業係
            TEL 022-268-8044
            http://www.sendai-l.jp
お申込み開始日;10月6日(木)先着順
[PR]
by 1193ru | 2011-10-14 21:24 | 東日本大震災
30~40歳代の被災経験を持つ女性たちが、同世代の被災女性のサポートを…と言いますか、「震災があっても何があっても一緒だよ!」と、友人たちと立ちあげたチーム「おとな女子3040 PROJECT」。
先日は、「こころると~くvol.0」と題して、語り合いとスクラップブッキングを行いました。
その様子は、同チームのHPをご覧くださいね。

10月からは、せんだい男女共同参画財団さんと一緒に「こころると~く」を継続開催していきます。
おいしいお茶やお菓子をいただきながらの語り合いと、スクラップブッキングやヨガなどの「+α」を一緒に体験しながら、ちょっとホッとできたらいいなぁ~と思っています。
仙台だけではなく、遠くの方も、いらっしゃるご不便があるかとは思いますが、よろしければぜひいらしてくださいね。
10月からは託児付なので、お子さん連れでも大丈夫ですよ。

遠方で仙台まで来られないという方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
沿岸部や遠方での開催も検討しています。

それから、被災した30~40歳代女性を応援したいという方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
もしよろしければ、お住まいの銘菓を少しだけいただけたらうれしいです。
仙台は、転勤族の街で、全国各地のご出身の方が今回被災しています。
前回の「こころると~くvol.0」にて、長崎県のNPO法人「DV防止ながさき」さんからいただいた長崎のお菓子をご参加の方にプレゼントさせていただきました。
偶然だったのですが、九州ご出身の方がおいででとても喜ばれました。

おいしいものをいただいて、誰に気兼ねすることなく語り合うこと。
これがどんなに癒しと力になることか。
この半年間、このような場を持ちたくて持ちたくていました。
どうぞみなさん、お越しくださいね。
友人一同、お待ちしてます♪
[PR]
by 1193ru | 2011-09-28 18:05 | 東日本大震災

ケアカード

今日は午後から某講座を担当させていただきました。
秋晴れの日曜午後にも関わらず、たくさんの方がご参加くださいました。
お会いできてうれしかったです。ありがとうございます。
今日は「境界線」についてお伝えいたしました。
この「境界線」…この講座だけではなく、シングル女性向け講座や働く女性のための講座など、さまざまな講座でお伝えしているものです。
人間関係のトラブルや震災など、こころに傷を残すような出来事があるとこの「境界線」が上手く働かなくなってしまいます。
そこでさらに辛い経験を重ねてしまうこともあり…
境界線とは、に始まり境界線の保ち方などについて、ワークを挟みながらお話をさせていただきました。

先日の被災女性の語り合いの場「こころると~く」では、傷ついた際のお手当として、五感を使ったケアについてお伝えいたしました。
「境界線」とセットで「五感を使ったケア」をお伝えできたらベストなのですが、時間の関係でどうしてもバラしてお伝えすることが多いです。
「こころると~く」では、これから「ケアカード」なるものを作って行こうかと考えています。
「境界線」も含め、ケアポイントをカードにしてお配りできるようしたいな…と。
仲間と相談しながら形にしたいと思います。
[PR]
by 1193ru | 2011-09-25 23:04 | 東日本大震災