ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:東日本大震災( 153 )

私が所属している おとな女子3040 PROJECTから、
「被災地に暮らす30〜40歳代女子のための語り合いの場・こころると〜く」開催のお知らせです。

おいしいお菓子とお茶を片手に、
のんびり・ゆったり時間をすごしてみませんか?

今回は「香り」の先生をお招きして、
お一人おひとり好きな香りを選んでいただいてオリジナルのマッサージオイルを作ったり、
ハンドマッサージを伝授していただいたりというお楽しみもあります。
毎回人気のともちゃん'sテーブルコーディネートと、
同じくともちゃんセレクトのお菓子もお楽しみに♥

お申し込み&お問い合わせは、
oj3040project@excite.co.jp へお願いします。
お菓子の準備がありますので、お申し込みは6月15日までご連絡いただけると助かります。

お一人でもお気軽にご参加いただけますので、ご安心くださいね。
みなさまとお会いできることを、愉しみにしております。

日時;2013年6月18日(火)10時〜12時
場所;エル・ソーラ仙台 研修室(仙台駅前アエルビル28F)
参加費;500円(材料費と飲食代に当てさせていただきます)。
参加対象者;被災地に暮らす30〜40歳代女性
(被災経験は問いません。また、年齢確認等はしませんので、お気持ちが30〜40歳代の女性の方はどなたでもご参加いただけます・笑)
主催;おとな女子3040 PROJECT
(なお、「こころると〜く」は、せんだい男女共同参画財団の市民企画支援事業です)
c0020127_8352535.jpg

[PR]
by 1193ru | 2013-05-30 08:34 | 東日本大震災
私の参加している、
被災地に暮らす女性に寄り添う活動をしている「おとな女子3040 PROJECT」では、
女性対象の語り合いの場「こころると〜く」を開催しています。
その平成25年度の開催日が決まりましたので、ご案内しますね。
みなさま、どうぞご参加ください。
楽しいですよぉ〜♪

****************************
みなさま、こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?
本日は、
平成25年度の「被災地に暮らす30〜40歳代女子のための語り合いの場・こころると〜く」の開催予定日が決まりましたので、ご案内いたします。
長らくお待たせしてしまい、ごめんなさい。
今年度は、仙台での開催のほか、気仙沼・南三陸方面と多賀城・七ヶ浜方面での開催も検討しております。
「私の街にもおいでよ!」とのお誘い大歓迎です!
お気軽にご連絡くださいね。
なお、以下の予定日は変更の可能性もありますので、ご了承ください。

★「こころると〜く」開催日時と場所および予定内容
6月18日(火)午前 仙台駅前 語り合いと香りを使った癒し
7月7日(日)午後 気仙沼・南三陸方面 語り合いと+アルファ
9月8日(日)午前 仙台駅前 語り合いとヨガ
11月12日(火)午前 仙台駅前 語り合いとオシャレコサージュ作り
12月8日(日)午後 多賀城・七ヶ浜方面 語り合いとオシャレコサージュ作り
2月2日(日)午前 仙台駅前 語り合いとフェルトの小物作り

★「こころると〜く」ご参加対象者
被災地に暮らす30〜40歳代の女性
(年齢確認はいたしませんので、ご安心ください・笑。お気持ちが30〜40歳代の方も歓迎です!)
お申し込み・参加費・持ち物・詳細内容等は後日HPでご案内いたしますので、少しお待ちください。

昨年度大好評だったお三味線を通したケアの場「こころる和の会」の開催は、秋頃から複数回予定しております。
「こころる和の会」につきましても、「ぜひうちで開催を!」という方はご連絡ください。
特に沿岸部など、仙台にはなかなか来られないという方はお気軽にご相談ください。

そのほか、おとな女子3040 PROJECTへのリクエストがありましたらご連絡ください。
・ちょっぴりオシャレな空間での語り合いとすてきな小物作りの場
・五感を使ったトラウマケアのお話とワークショップ
・お三味線を通したこころのケア     …etc
お住まいの地域におうかがいして、ほっとしたり、愉しんだり、のんびりしていただける場作りをいたします。
**********************
[PR]
by 1193ru | 2013-04-29 15:13 | 東日本大震災
昨夜は同僚と仙台駅前・エデンの「TERRACE L」で夕食。
体調が整わず、相変わらずのアルコール抜き!
それでも、久々にのんびり・ゆるゆる食事を愉しみました。
4月中旬、なかなかどうして落ち着かない毎日ですが、
ひとまずこの二週間生き延びたことに乾杯!
あと1ヶ月踏ん張れば、状況は好転するだろう、それまでもう一踏ん張りだねと語り合いました。

先日、福島出身のラジオパーソナリティ・宍戸慈さんがウクライナを尋ねた番組を見ました。
チェルノブイリ事故後に生まれたウクライナの中学生が「福島に同情します」と。
彼らの多くが甲状腺異常等の症状を抱えながらも、
勉強にスポーツに趣味に邁進しているとの話があったり、
ウクライナの女性たちが「毎朝、自分に言うの。昨日より今日、今日より明日、より良くなると」と話しているシーンもありました。

努力して、力を合わせて、励まし合って。
今、踏ん張れば、近い未来は好転する。
そう思って、そう動いて行けること。
それは、私の場合、例えば仕事。
「あと半月や1ヶ月踏ん張れば、なんとか好転するから」と、
スタッフ同士お互いを信じて共に頑張っています。

でも、つい考えてしまうのです。
被災地はどうなのかと。
昨日より今日、今日より明日、より良くなることを、心底願う反面、
電話の向こうの声や、面接の際の様子から、
その言葉に行き着くまでの道のりが険しいことを感じています。

もしかしたら、私自身もそうなのかもしれません。
昨日より今日、今日より明日と、心身がより良くなることを願いつつもそうなれずに・そうならないことに、失望や焦り・むなしさを感じているところがあるのかもしれません。

ウクライナの女性たちは、どんな道を歩んであの言葉を自分たちのものにしたのでしょう。
あの言葉にたどり着くまで、
自分は一体どれほどの曲がりくねった道を行かなくてはならないのかと、考えています。

「あきらめ」ではなく、
新たに出現した状況(それは環境的なことだったり、自分自身のことだったり)と、
どんな距離感で、どんな風に付き合い・向き合いして行くのか。
それが見えた時、はじめて言葉が自分のものになるような気がしています。

「この道は、いつか来た道」
そんな風に繰り返したくない道だったのに、
チェルノブイリの警鐘を遠くの鐘としか思わなかったはずではないのに、
この道を歩んでしまっていることが、口惜しいです。
[PR]
by 1193ru | 2013-04-14 16:21 | 東日本大震災

被災から2年目の朝

おはようございます。
3.11の朝。
仙台は薄らと雪化粧。
穏やかな時間が流れています。
あの日、降った雪とは違って、ふんわりとした白い雪。
あの日の雪は、不気味にグレーの印象が強かった。
雪が散らつく中、大勢の人が自宅や家族の元へ徒歩で向かいました。
沿岸部の津波も知らず、家族の状況も知らずに。

今日で2年。
残念ながら、未だに心底楽しんだり、食べ物が美味しいと感じられずに今日を迎えました。
セルフケアやトラウマケアを話して回っている自分なのに、あの日、あの瞬間から一瞬にして出現した、大きな氷山の中にまだ心や体の大部分が入ったままです。

昨年の3.11は、登米市で講演をしていました。
講演の最中、サイレンが鳴り、鎮魂の黙祷をご参加の方たちとさせていただきました。
今日は仙台。
あの日と全く同じ場所で、あの時間を迎えます。

今日、たくさんの日本人と世界中の方々が、
東日本大震災と大震災に遭われた方々を想うことでしょう。
たくさんのさまざまな想いが巡る一日となりますが、
あの日から始まった様々な出来事に押しつぶされず、流されず、
小さくとも、なかなか見えなくとて、
必ずや胸の内にともっている灯と共に
今日一日だけでも、
少しでも穏やかに、
お過ごしいただけたらと、
そして私自身過ごしたいなと願っています。

今日、ここに生きていることを噛み締めながら。
そして、この2年間、たくさんの方に支えていただき、そして共に歩んできたことを感じながら。

私たちは独りじゃないね。
どんなに大きな氷山に囚われていても。
そう独りじゃない。
どんな困難な状況に陥っても、独りではないことを教えてくれたのもこの2年間。
だからこそ、
今日、ここで生きていること、そしてこれからもここで生きて行くことが、
喜びに変わる時が来るだろうとちょっと期待をしています。

それでは、本日も行って来ます!
[PR]
by 1193ru | 2013-03-11 06:41 | 東日本大震災
こんにちは。
仙台は大分気温が上がって来ました。
啓蟄は虫が起きだし・動きだし…と言われますが、
気温上昇でいろいろなモノが飛び出し・広がっているのか、
いよいよアレルギー症状が強く出始めました!
もうね、かゆい、かゆい、かゆい…

昨夜は「被災地に暮らす女性のためのラジオ番組・こころるラジオ」の収録でした。
この番組、国内外のたくさんの方たちからのご寄付と助成金で番組制作と放送をさせていただいております。
語り合いの場へ来られない方、さまざまな理由で人と関われない・関わりたくない方、同じように外に出られない・出たくない方、独りの時間ホッとしたい方、ちょっぴり自分と向き合いたい方…
被災地に暮らす女性へ向け、昨年7月からお届けしています。
女性に向けて始めた番組ですが、男性の方からの応援メールやメッセージも多くいただき、驚いています。
また、放送時間が23時55分と遅いにも関わらず、小中学生からのご感想もいただき、ある時はなんと台本を届けてくれた小学生の女の子もいました。
毎回、仲間たちが作った台本を基に、数人の仲間たちとあーでもないこーでもないと頭を悩ませながら収録しています。
電波の届かない地域にお住まいの方たちへは、CD化してお届けしています。
素人集団が作っている番組なので、なかなかプロのようには行きませんが、
同じ被災地に暮らす者同士、マイクのこちらと向こう側、ラジオのこちらと向こう側が、寄り添いながらほんの数分間を共有したいと作っています。
あの日から、私たちは本当に変わってしまいました。
変わらざる得なかったし、変わってしまったし、そこには言葉では表現できない出来事と想いがありました。
私たちは、そんな月日を歩み、ここまで来ることができました。
あの日から今日まで、何百日もの活動の中、ラジオと語り合いの場は、私たちの活動の柱となっています。
ところがこの「柱」、あと数ヶ月で終わってしまいそうなんですよ(苦笑)
語り合いの場はこれからも月1回の割合で仙台と沿岸部で続けて行きますが、
ラジオは放送料が高く、7月以降の資金を集めることができずにいます。
たくさんの方が、愉しみに、そして日々の支えにしてくださっていることを知っているだけに、
とても苦しく辛い状況です。
あと3ヶ月で資金調達はなかなか難しく、春の訪れと共に、辛い現実が見えてきました。
個人的に、とても残念で、悲しくて、不甲斐なくて、情けなくています。
しかし、昨夜は気持ちを取り直し、それはもう元気な声で収録しましたよ♪
お力添えくださった国内外の方々の想いを胸に、
ラジオの前で聴いてくださっている方たちに想いを馳せ、
あと17回の放送を丁寧に大切にお届けします!

今夜もそのうちの1回分を放送します。
よろしければ、お聴きください。

外は風が強くなって来ました。
帰路、どうかお気をつけて。
そして、一週間のお疲れを癒しに、
23時55分、どうぞラジオをONしてくださいな。
[PR]
by 1193ru | 2013-03-08 18:21 | 東日本大震災
昨年12月に「おとな女子3040 PROJECT」が主催し、大好評だったトラウマ解放エクササイズ(TRE)ワークショップを、TRE Japanさんと宮城県さんのご協力で再度開催することになりました。
ご参加ご希望の方は、こくちーず(告知's)のサイトよりお申し込みくださいませ。

********************
「被災地に暮らす女性のためのトラウマ解放エクササイズ(TRE)ワークショップ」

震災から2年が経とうとしています。
寒さが募る時期、被災や日常の出来事からくる辛さが身にしみてはいませんか?
理由もなく悲しくなったり、
孤独を感じたり、
イライラしたり、
思うように自分の気持ちがコントロールできなかったり…
そして気持ちだけではなく、
からだにもさまざまな症状が出てきてはいませんか?

震災から2年目の春を迎える前に、
こころとからだを癒し、あなたの笑顔を取り戻す準備をはじめましょう!

トラウマ解放エクササイズ(TRE)は、震災や毎日の暮らしの中で受けたあらゆるトラウマやストレスから心身を解放するためのエクササイズです。

日時;2013年2月5日(火)13:00~15:00  15:30~17:30
      2月6日(水)10:00~12:00  13:00~15:00
会場;エル・パーク仙台ギャラリーホール(三越定禅寺館 141ビル6F)
参加費;無料
対象;宮城県内在住の高校生以上の女性を優先させていただきます。
   TREの効果を実感していただくため、なるべく両日のご参加をお勧めいたします。
定員;各回45名
服装・持ち物;動きやすい服装でご参加ください(スカート不可)。
       飲み物とヨガマット(またはバスタオル)をご持参ください。
お申し込み;こくちーず(告知’s) http://kokucheese.com/
主催・お問い合わせ;おとな女子3040 PROJECT 
oj3040project@excite.co.jp
共催;TRE Japan
助成;宮城県
***************************
[PR]
by 1193ru | 2013-01-17 00:21 | 東日本大震災
参加させていただいている「おとな女子3040 PROJECT」の新年第一弾イベントのご案内です!
2013年も、仙台・宮城で、みんなで集まってのんびりできる場所を作って行きますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

********************************
被災地に暮らす
  30〜40代女性のくつろぎの場
    「こころると〜く・新春和の会」

仙台市のお茶室・緑水庵で、生のお三味線の演奏をBGMにおしゃべりしたり、のんびりしたり。
ご希望の方には、三味線方・杵屋松紀三さん(東京)からお三味線の指導を受けられます。

「2013年、私はこんなことがしたいなぁ〜」
「今年は、こんな風にいきたいわぁ〜」という貴女も
「新年なんてさっぱり見えない!」
「今、今で精一杯よ…」という貴女も
ぜひお顔を見せにいらしてくださいね。
温かい和の飲み物をご用意して、お待ちしております!

日時;2013年1月6日(日)13:30〜16:00
場所;茶室「緑水庵」(仙台市青葉区片平1-2-5 )
参加費;500円(女性限定10名・託児なし)
お申し込み・お問い合わせは、メールでお願いいたします。
緑水庵さんへのお問い合わせはご遠慮ください。
oj3040project@excite.co.jp
(お名前・ご連絡先・お三味線指導のご希望有無をお知らせください)
*********************************

よくお問い合わせいただくのは、「年齢」のことです。
「30〜40歳代女子のための」…としていますが、年齢はあくまでも自己申告で大丈夫ですよ。
運転免許書などの身分証明書で確認なんてしませんから、どうぞ安心してお申し込み・ご参加くださいね!
[PR]
by 1193ru | 2012-12-24 12:34 | 東日本大震災
私がお世話になっているチームのひとつに、「おとな女子3040 PROJECT」というチームがあります。
このチームのメンバーは、全員が被災経験を持つ30〜40歳代の女性で、全員支援系の仕事をしています。
被災や日常の中での傷つき…そんな個人的な経験から、生まれたチームです。
語り合いの場「こころると〜く」
1dayカフェイベント「こころるカフェ」
ラジオ番組「こころるラジオ」
この3つを中心に活動をしています。
仕事はもちろん、メンバーによっては子育てや介護をしながらなので、小さな小さな活動です。
震災以降、細々と活動を紡いできました。
その場、その場でさまざまな出会いがありました。

毎週金曜夜に、Date fmさんからオンエアーしていただいている「こころるラジオ」。
収録は、仕事が終わってからの19時から始まります。
遅い時は22時を過ぎることもありますが、メンバーと素人ながら喧々諤々やりながら番組を作るのは、なんとも楽しく、元気が出ます。

スタジオには、一人で入りますが、
ガラス越しに、メンバーやディレクターさんたちが見守ってくれていて、いつも安心して収録させていただいています。
素人故、イントネーションはひどいわ、もうNGだらけなんですが、
大笑いしながら、毎回、泣き笑いを繰り返しながら作っています。

マイクを前にお話させていただく時、これまでおとな女子の活動で出会ったたくさんの女性の顔が浮かびます。
返す返す、この震災は酷い出来事でした。
語り合いの場に何度も来てくれていた女性が、被災で、放射線で、泣く泣く転居して行きました。
家族を友人を亡くした女性が、必死に生きようと踏ん張っても、日に日に心身の気力が失われ、入院生活に入りました。
語り合いの場やカフェでお会いする度に、笑顔を取り戻され、新しい生活のリズムを築いた方たちが多くいると同時に、です。

先日の収録でも、何人もの女性のことを思い出しました。
被災はもちろん、暴力被害の女性たちのことも。

仙台は朝夕だけではなく、日中も寒さが厳しくなってきました。
街路樹が色づき、そして散り。
クリスマスソングが流れ、ツリーが街角に出現し、ページェントの準備が進み…
晩秋から冬へ移り変わっていく様子が否応無しに目につきます。

傷ついた心を抱え、ひとり過ごすにはしんどい時期ですね。
だからこそ、集まれる場をいつもより少し多めに作っています。
お届けする声の回数も、少し多めにしたいと思っています。
Face bookやHPなども、少し多めにUpしたいと思っています。
できることは限られていますが、この時期だからこそ、
ひとりではない温かさやぬくもりを感じていただけたら…と。
[PR]
by 1193ru | 2012-11-23 13:03 | 東日本大震災
私の所属するチームから、30〜40歳代女性の語り合いの場のご案内です♪
こちらのイベントは、託児付き!
ママも安心してご参加できますよ。
同世代同士、日頃なかなか話せないことをたくさんおしゃべりしちゃいましょう♪

**************
被災地に暮らす女性の語り合いの場「こころると〜く」

日時:12月2日(日)10:00〜12:30
会場:エル・ソーラ仙台(アエルビル29階)
内容:おしゃべり+こものづくり
※今回は、ワイヤー(針金)で、かわいいおうちの形をしたレターラックを作ります。
おとな女子メンバーもおすすめの、とってもかわいいレターラックです!
お気に入りのカードや写真ももちろん飾れますが、
そのままでも、とってもキュート!(エコバッグをお持ちください。)

ご参加のみなさんが、ゆったり過ごせるよう、
おいしいお菓子を用意してお待ちしています。
ぜひ、ご参加ください!
申し込みはコチラ↓
http://www.sendai-l.jp/cgi-local/event_t/view.cgi?ARTICLE=on&&B_NO=CAT01&NO=342
**************
[PR]
by 1193ru | 2012-11-23 12:38 | 東日本大震災
これまで、私の所属しているチーム「おとな女子3040 PROJECT」では、
語り合いの場「こころると〜く」や「こころるカフェ」を通して、
おしゃべりしたり、
おしゃれ小物を作ったり、
おいしいものをいただいたり、
すてきなお話をうかがったり…
いろいろなスタイルで、
悲しみや苦しさ、不安や恐れ、怒りや不満…
自分ひとりで抱えるには大きすぎる・苦しすぎる気持ちのケアや緩和をしてきました。

今回は、またひとつ違った方法で、ひとりで抱えるには大きすぎる・苦しすぎる気持ちのケアをしようと、ワークショップを開催することにしました。
つらかった出来事や気持ちを言葉にするのではなく、
からだをゆっくり動かしながら、ケアを進めていくワークショップです。
語り合いの場で、
「なかなか言葉にできない」
「何が原因で気持ちがいつまでも落ち込んでいるのかがわからない」
「みんなが元気になっているのに、私だけいつまでも言えない」
「被災だけではなく、過去のつらかった出来事も次々思い出してしまう。何からどう言葉にして相談したらいいのかわからない」
「生きているのがどうしてこんなにつらいのか、自分のことなのにわからない」…
たくさんの言葉にできないというお声がありました。
そのような方には、ぴったりのケア方法です。

この手法は、トラウマ解放エクササイズ(TRE)というもので、
昨年の震災以降、日本に入って来たものです。
今回は、TREを日本に伝えてくださった、TRE Japanの代表でありトレーナーでもあるnanaさんとJoeさんのお二人にお越しいただき、ゆったりとした雰囲気のなか、エクササイズを教えていただきます。

ご参加の人数に制限がありますので、必ず事前にメールでお申し込みをお願いいたします。
腰痛などがある方は、その旨もお書き添えくださいね。

************
トラウマ解放”TREワークショップ”
  〜あなたの抱えるトラウマを、そろそろ手放してみませんか?
日時;12月13日(木)①13:00〜15:00
         ②15:30〜17:30
   12月14日(金)①10:00〜12:00
場所;学校法人支倉学園ドレメファッション芸術専門学校
    (仙台市青葉区青葉区支倉町1−33)
    駐車場はありません。なお、会場への直接のお問い合わせはお控えください。
参加費;岩手・宮城・福島にお住まいの方は無料です。
    その他の地域にお住まいの方は、参加費をいただきます。
定員;各回20名限定。高校生以上。性別不問。
お申し込み方法;ご参加ご希望の日時・お名前・ご住所・お電話番号をメールでご連絡ください。
        oj3040project@excite.co.jp
        ご参加が確定次第、ご連絡を差し上げます。
        なお、腰痛等がおありになる方は、その旨もお知らせください。
参加の際の服装と持ち物;動きやすい服装(スカート不可)。エクササイズ中は裸足になります。
            ヨガマットまたはバスタオルと飲み物をご持参ください。

共催;TRE Japan & おとな女子3040PROJECT
協力;学校法人支倉学園ドレメファッション芸術専門学校

TRE Japan HP :http:// www.tre-japan.com/
おとな女子3040 PROJECT HP:http://oj3040.exblog.jp/ 
e-mail:oj3040project@excite.co.jp

***************
c0020127_14102161.jpg

[PR]
by 1193ru | 2012-11-23 12:30 | 東日本大震災