ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:東日本大震災( 153 )

仙台市宮城野区の避難所

今日うかがった体育館には、日中約100名、夜間は200名が避難しています。
地震から数日経ち、避難所から通勤をする人たちも多くなってきました。
日中は高齢の方々と女性・子どもの姿が目立ちます。
卒業式前日の被災のため、体育館には紅白の横断幕がかかったままになっています。
所狭しと敷き詰められた布団のそちこちに、高齢の方々が肩を寄せ合いながら語り合っています。
小さな子どもたちの笑顔に、光を見たような気がしました。
中高生たちが、せっせと環境整備のためのボランティア活動をしています。
避難所が立ちあがってからこれまで、この学校の先生方はご自分たちのことをそっちのけで、被災者の方々をサポートしてきたとのことです。
ご自身方も被災をしているにも関わらずの支援に、頭が下がります。

今日は、200食の夕食作りをお手伝いしました。
仙台市から主食のごはんが届いたので、今日は味噌汁を作りました。
地域の人たちが次々と差し入れてくれた野菜に同じく地域のスーパーが差し入れてくれた味噌を使いました。
避難をしてきている方々と調理をしました。
たくさんの方の思いがつまった温かな夕飯ができました。
数日前にうかがった時は、食材が足らず、野菜を刻みに刻んで少ないお米を増やしぞうすいを作りました。
その頃に比べ、ずいぶん支援物資や食材の差し入れが増えていました。

それでもです。
今晩のこの雪と冷え込み。
体育館の数か所に設置されたストーブでは満足に暖は取れず。
せめてカイロの配布があればと思わずにはいられませんでした。

夕食を作り終え帰路に着く頃、吹雪になりました。
うんざりする程、今年の冬は長いです。
[PR]
by 1193ru | 2011-03-16 19:52 | 東日本大震災
友人・知人に連絡を取ったところ、避難所でインフルエンザや風邪の感染の恐れがあるので、マスクと手指の殺菌消毒剤が必要とのことでした。
また、水道の復旧が遅れている地域では、衛生面上必要なラップ(食器やスプーンに巻いて使う)と割り箸・紙コップ・紙皿が足りないとの情報もあります。
ガスの復旧は1ヶ月はかかるとのことで、カセットコンロ一式を求める声もあります。
また、女性が多くいるところでは、生理用品や水のいらないシャンプーのリクエストもあります。

情報を集め発信することはできても、物資を受け取る手段がないのが辛いです。

先ほどは、東京の事業所さんから物資提供の連絡をいただきました。
必要と思われる物資をお伝えしましたが、どのように発送・受け取りができるのか…
届き次第、避難所や施設へお届けしようとは思っています。

やはり義捐金がいいのかもしれません。
先ほど、友人と話し合った時もそんなセリフがでました。
社協や自治体で物資を購入していただき、各避難所へ配布していただくのがいいのかもしれません。
それと、避難所に行かれない高齢の一人暮らしの方にも物資が届くといいのですが。
民生委員さんや町内会のネットワークでなんとかお届けできるといいのですが。

情報が錯綜していますが、人の心も混乱しています。
必要な物も、人や地域によって異なります。
同じ宮城野区でも、被災の程度・ライフラインの復旧度合いで大きく異なっています。
支援物資が届いても不要な場合は、即座に必要なところへ転送というかお届けできるといいですね。

またUPします。
[PR]
by 1193ru | 2011-03-16 14:17 | 東日本大震災
急ぎ、ブログを再開します。
私の住む仙台市宮城野区は、少しずつですが電気と水道が復旧してきています。
我が家はまだ電気のみ。
それでもこうして通信がスムーズにできるようになりましたから、本当にありがたいです。
食材が少なくても、ささやかな煮炊きもできるようになりました。
ありがたいことです。

それから、ようやく親戚や友人たちと連絡が取れるようになりました。
残念ながら行方不明になってしまっている親戚もいます。
でも、また笑顔で会えることを確信していますので、大丈夫!
みなさま、ご心配をおかけしてすみません。
みなさまのお気持ち、感謝してもしきれません。
本当にありがとうございます。

宮城野区の仙台新港近辺は、ダメージが大きくまだまだ電気も止まっている状態です。
ここ数日で数か所の避難所を回ってきましたが、どこも何もかも不足しています。
特に困っているものは、


食料(特に米などの主食。アレルギーの方たちも多くお菓子やカップラーメンが食べられない人も多いです)
電気
灯油

マスク
おむつ
粉ミルク
カイロ
ろうそく
電池
携帯簡易バッテリー
カセットコンロとそのガス
土鍋(ご飯を炊くため)

避難所によっては毛布はずいぶん入ってきています。
でも、仙台はとうとう今朝から雪が降り始め気温がどんどん下がってきています。
この調子だと雪は積もるでしょう。
復旧作業や捜索作業は大変なことになると思いますし、信号機が止まっているので事故も増えてくるように思います。

宮城野区新田の宮城野区体育館(かな?)にボランティアセンターが立ちあがっています。
ボランティアをしてくださる方はそちらへうかがってください。
ボラセンから避難所へ人を派遣しているようです。
物資ももしかしたらそちらに届けることが可能かもしれません。
でも、コーディネートする方や受け入れ態勢・物資の受け入れ・不足物確認が困難なようですので、義捐金が一番いいとの情報も入ってきています。
確実なことは、仙台市社会福祉協議会へ連絡・問い合わせをお願いします。

全国のみなさま、特に東日本のみなさま、地震が続いています。
どうぞくれぐれもお気をつけてくださいね。
みなさまの安全と健康をお祈りしております。

またUPしますね。
[PR]
by 1193ru | 2011-03-16 11:43 | 東日本大震災