ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:スウェーデンDV( 4 )

○月△日(×)ストックホルム 午前
 朝、巨大フェリーが音もなく運河―自然の川?-に入ってくる。金色の朝陽に輝くそんな風景をホテルの部屋から見降ろしながら、昨日の犯罪被害者庁を振り返る。なぜあそこまで多くの女性が活躍しているのだろうかと。
 ここはスウェーデン。女性の就業構造は日本と異なる。年齢別女性労働力率は、日本は「M字型曲線」で表わされ、子育てと仕事の両立が困難な状況を物語っている。かたやスウェーデンは「逆U字型曲線」を描く。スウェーデンでは女性の労働力率は極めて高く、日本で下がる20代後半~30代後半の年齢層でも、下がらない。いわゆる「働き盛り」と言われる年代が、きちんとあたりまえに女性にもあり実現されているということだ。
 スウェーデンの就業構造を公共部門と民間部門での就労者男女比からも眺めてみると、ここでもおもしろいことがわかる。公共部門の男女比は26%vs74%。民間部門では64%vs34%。公共部門の中でもとりわけ地方公務員は、女性が80%と圧倒的な数を誇る(参考文献;SCB,Stratistisd arsbok for Sverige 2009、ELDER 2010.1)。公共部門での働きやすさは言うまでもないだろうが、それよりもここスウェーデンでは福祉や教育等の分野にたくさんの女性たちが雇用されていると言えるのではないだろうか。それは、福祉や教育に女性の視点が生かされているとも言える。だからこその制度、だからこその法律…そんな気がしてきた。思考を戻そう。犯罪被害者庁の女性職員の圧倒的な数。あれは、この国のお役所では当たり前の風景なのだ。そうここはスウェーデン。残念ながら日本より20年も30年も先を行く、福祉・男女共同参画先進国なのだ。
 さて、今日は、ROKS(ロックス)とBOJ(ボーイ)の視察。
 ROKSは、1984年に設立された女性支援センターの全国ネットワーク組織の総称だ。私たちは今日、その本部を訪れる。フェミニズムの理念に則り女性と子どもへの暴力防止と被害者サポートを精力的に推進している組織。本部は、スウェーデン国内約100ヶ所の支部の活動や財源を支えているともいう。財源は、昨日訪れた犯罪被害者庁から出ているとのこと。一体、どんなところでどんな人たちが動かしている組織なのか、わくわくしてしまう。
 朝食後、タクシーでストックホルム中心地へ移動。通訳のMr.Tと合流。時間経過とともに、Mr.Tに変化が見られる。それもそのはず、大御所御三方がたわいもない会話を装いつつDVや性暴力、フェミや男女共同参画について、専門用語のひとつも使わずそれはもう驚くほど自然な流れでどんどん教育(洗脳?)していっているからだ。もちろん、劇的な変化ではない。ウン十年の人生はそうそう覆されないのだ。残念ながら。それでも、海を渡っても尚、日本の男を教育し続ける御三方は凄い。御三方の辞書には「諦め」や「妥協」なんて毛頭ないのだ。あるのは、「希望」と「実現」、そして「行動」。
 ROKSの入っているビルのセキュリティーは、犯罪被害者庁までではないがなかなかしっかりしていた。これは加害者対策なのかと思ったら特にそうではないとのこと。このビルはおもしろいことに上階は居住フロアになっていて、エレベーターで乳幼児を連れた老女と一緒になった。老女はROKSのことをよく知っている風で、海外からの訪問者も全く珍しくはないというような様子。片言の英語で「どこから見に来たの?」と聞いてきた。それほど、事務局の場所はオープンにされている。先ほどのセキュリティーのこともあり、「加害者からの襲撃等はあるのか?」と尋ねたところ事務局スタッフはあっけらかんと「ない」と言う。ごくたまに加害者らしき男性から困った電話が入るとのことだったが、それも大したことがない程度だと言う。
 さて、このROKSは、美しくファッショナブルな女性7名によって運営されている。事務所内は、どこぞの大手代理店本社の会議室さながら非常にオシャレで機能的な雰囲気を醸し出している。全国支部数約100。犯罪被害者庁からの財政支援は1,390万SEK(約2億円)。このお金を各支部の運営(人件費含む)や暴力防止の広報・教育活動、被害者支援活動へ振り分けている。Mr.Tが「2億円」と通訳した途端、なんとも表現できない衝撃が視察団に走ったのはいうまでもない。そう、ここはスウェーデンなのだ。
 パワーポイントを使った説明が始まる。しょっぱなすぐにROKSの理念が映し出された。そう、フェミニズムのことだ。これほどまでに全面にフェミニズムを打ち出し第三者へ説明をしている組織を、私は日本国内では知らない。もちろん、私たちハーティ仙台も全国女性シェルターネット、フェミニストカウンセリング学会もフェミニズムを基礎としている。しかし、視察が入った時、一番にフェミニズムのことを伝えることはしていないように思う。そのせいか、ROKSのパワーポイントは私にとっては衝撃だった。そして、フェミニズムが世界共通の姿勢だということが非常にうれしく、力を得た思いがした。
 ROKSのサポート理念は、暴力被害から自ら立ち上がろうとする被害女性を支援するというものである。被害女性たちへ自信を持たせることからはじめ、自ら人生を選び決定することを支援する。その際、同じ女性の仲間同士という平場性を非常に大切にしていると説明を受けた。この時、私は仙台の先輩方の顔を思い出していた。ハーティ仙台の先輩方や仙台弁護士会の女性弁護士たちの顔が次々浮かぶ。ここにはいないはずの先輩方が、ROKSのスタッフの姿を借りて目の前に現れたような、そんな錯覚にとらわれた。それほど、暴力被害女性の支援者は、そっくりだ。皆、同じことしか考えていない。「被害者の回復と暴力根絶」しか考えていない。
 ROKSの相談実績については、以下の通り。性暴力に関しては、日本とスウェーデンの数字を掲載する。比較して見て欲しい(参照;特定非営利活動法人全国女性シェルターネット「スウェーデン視察報告」)。

■ROKSが対応した2007年度の実数
電話相談(再相談含む)28,859件
自治体や警察からの連絡9,657件
何らかの対処をしたケース数49,576件
シェルター受け入れ件数967件
シェルター平均滞在日数58.67日
地方自治体や関係機関に繋いだ件数932件

■性暴力犯罪に関する実数
スウェーデン日  本
警察に届けられた2007年度の性暴力犯罪件数26,857件1,776件
推定される性暴力犯罪件数(届出率を20%と算出)134,285件2,600,000件

 ROKSの活動は、大きく3つに分けることができる。
 1つ目は、広報活動。年4回かなりファッショナブルなオールページオールカラーの冊子を刊行している。この冊子は、実費原価で販売され収益は活動へ還元される。そのほか、リーフレットやポストカード、書籍も精力的に作成している。地下鉄駅や地下通路をはじめとする公共スペースに、支援者や被害者の顔写真を大きく使ったハイセンスでインパクトのあるポスターを一斉掲示したりと、積極的に社会へ投げかけている。
 2つ目は、研修教育・ロビー活動。犯罪被害者庁の職員もそうだったが、ここROKSのスタッフも裁判官や警察官・福祉局職員への研修を国から請け負っている。また、国が新たな施策を検討したり新法立案の際には、専門家集団として意見提言も行っている。
 3つ目は、290のコミューン(日本での市町村自治体)にある約100支部の運営サポート。各支部とは協同組合方式をとり、支部はそれぞれ独立して活動を展開している。各支部の人的・物資的・資金的規模にばらつきがあるため、そこを補い繋ぐ役割をROKSが担っている。支部になるには最低条件として電話相談を開設しなくてはならないが、その対応も各支部によってまちまちであり、そのサポートもROKSは行っている。
 ここで、スウェーデンの女性センター(シェルター)についてお伝えしたい。
日本は自治体が設置するケースほとんどだが、スウェーデンでは民間(ROKSの支部)による設置が先行している。民間のセンターがないコミューンにおいては、自治体が設置する。センタースタッフのほとんどはボランティアで、スタッフを雇用しているセンターは一部にとどまる。支部によっては、暴力被害女性と子どもにとどまらず、レズビアンの被害者を対象に活動しているところもある。また、性虐待を受けた子どものサポートに力を入れている支部もある。性虐待を受けた子どもは、母親と一緒にセンターへ入所が可能である。また、幼少期の性虐待によるトラウマやPTSDを抱えた女性も支援の対象となり、自治体から派遣された精神科医やスタッフがサポートに入る。
スウェーデンでは、外国籍の移民女性でも、スウェーデン人と2年間同棲をしていたことが証明でき認められると、永住権が取得できる。そのため、永住権取得のためにDVに耐える女性が後を絶たず最悪の事態になることも少なくない。そこで、スウェーデンでは同棲中のDV被害については、永住権に関する例外措置を認める通達を関係機関に出している。センターでは、このよう移民女性たちも支援対象であり、入所が可能である。国籍の関係からアパートや仕事の確保のハードルが高くセンター滞在日数が長期化する傾向があるのは、日本と同じである。
 ROKSは、全国女性シェルターネットが目指すひとつの理想モデルである。ハーティ仙台は、現在、同ネットに加盟し仙台・宮城・東北を中心に被害女性と子どもの支援をしている。私たちと同じような団体が、日本各地に何十もある。今後、同ネットはROKSを目指し組織の拡大・活動の充実を進めていくのだと思う。同ネットに期待することはたくさんあるが、やはり何と言っても大規模予算の獲得だろう。福祉―特に女子どもへの国家予算自体が少ない我が国で、どこまで獲得できるのか?-予算配分の根本からの見直しなくしては考えられないことだ。そのための政治力が私たちには必要になる。議員とのネットワークはより強固に構築しなくてはならないだろう。同ネット事務局は中央から、私たちのような団体は地方から政治力を上げていく。ヒアリングをしながら、頭の中はハーティ仙台のことでいっぱいになる。私たちが仙台・宮城・東北で政治力を上げるということは、具体的にどんな形なのかと。
 すでに理想とするモデルはここにある。モデルからエッセンスを抽出し、現場で活かす。我が視察団に課せられた使命は大きいのだ。               
[PR]
by 1193ru | 2010-03-14 23:22 | スウェーデンDV

初めてでした

いろいろなところでお話をさせていただいていますが、今日、初めての経験がありました。
それは、PPで使うプロジェクターとスクリーンの手配がされていなかったこと。
PPでの講話を希望とのことだったので、それに合わせて80画面作って行ったので、肩すかしを食っちゃいました。
10ページの配布資料を作っていたので、それでなんとかしのぎましたが、講話前に感情を高ぶらせたり怒りや落胆を味わいたくないと気持ちが働いたのでしょうね、自然と感情をコントロールしちゃったようです。
「引き潮」じゃないけど、すーっと感情が引いて、淡々と話をし、終了させてきました。

今週から週1のペースで話す仕事が入ってきています。
今日のようなことがもうないといいのだけど、先のことはわかりませんものね。
PPが無くてもやれる体制を常に考えておく必要があるなと思いました。
手配ミスだけではなく、データ破損やPCトラブルの可能性もありますものね。
こんな気付きを得ることができたのも、今日の出来事のおかげ。
手配担当の方にお礼を言わないとなりませんね。

さて、それではそろそろ読書の時間です。
ではまた明日★
[PR]
by 1193ru | 2010-01-31 23:20 | スウェーデンDV
○月○○日(△)夜ウメオ着
トランジットを重ね、夜、ウメオに到着。
ここまでが本当に長かった!
コペンハーゲンで途中下車(下機?)したかったし、ストックホルムで夕日を見ながら延々とビールを飲んでいただかった…
でも、とうとうやって来ましたウメオ!
真っ暗でわからないけど、来ましたよ~。お待たせ~!(…って誰に?)

が!

予約をしていたタクシーが見当たらず、異国の(しかも田舎で人影がほとんどない)夜の空港で不安がよぎる。
アテンダント役のMさんが慌てたものの大御所御三方は動じず。「動かざること山のごとし」ってこのことか?!さすがだ!

そこへ颯爽と現れたのがスーパーウーマンの犯罪被害者庁のお二人。そう言えばトランジットの度にお茶してここまで来たんだっけ!
手際よくタクシーを手配して、私たち5人をホテルへエスコートしてくれたのでした~♪
ありがたや~。

ホテル着後すぐにミーティング。明日からの視察スケジュールの確認後、就寝。
c0020127_219535.jpg

○月○○日(△)ウメオ―犯罪被害者庁→ストックホルム
朝、ホテルで通訳のMr.Tと初顔合わせ。
大学卒業後、こちらへ留学しそのまま永住とのこと。
聞けば日本政府のおエラいさんたちの通訳を数々こなしているそうな。
エコノミストとのことで、今回のDVや性暴力は専門外とのこと。でもここはプロ。Mr.Tは、どれだけ勉強してきたかをプリントアウトしたペーパー束をかざしてアピールし、私たちの信頼を得ようと必死だ。
でも私たちはただの日本のオバちゃんではなく、フェミオバなのよ。しかもスーパー級の…。
大丈夫かMr.T?
私の心配をよそに早くもMr.Tは地雷を踏む。
「いやぁ~、我が家では妻の方が強くてね。私の方がDVを受けています(笑顔)」。

チャイニーズレストランでランチミーティング。
犯罪被害者庁では、国としてどのような政策の下どのように被害者・加害者・関係機関や下部組織とやり取りしているのか、また組織体制はどのようになっているのかを押さえる予定。
首都ストックホルムから離れることウン百キロ。こんな小さな片田舎に首都機能があるなんて正直どうなっているのと思っちゃう。日本でいえば、検察庁が東北の片田舎にでもあるようなイメージだろうか…

犯罪被害者庁は、自前のビルではなく貸しビルの中のいくつかのフロアを借りている。霞が関のビル街とは大違い。かなり年季の入った古いビルをリフォームして使っている。
スタッフ一人ひとりに6畳程度の部屋があり、それぞれ使う人のセンスに合わせてカーテンやデスク、その他諸々がコーディネートされている。
ドアはオープン。ドアが閉まっている部屋はない。
入口には部屋の主のポートレートがハリウッドスターばりに飾られている。海外のオフィスの美しさにはいつも驚いてしまう。ホント、霞が関とは大違いなのだ。ここは北欧。こんなにもオフィスが明るく美しいなんて、まいっちゃうな。これじゃ制度や支援が進んでても当たり前と思ってしまう。環境の違いは発想の違い。生きる姿勢の違いにつながる。
記録係の私はこれでもかとシャッターを切りまくる。

インタビューを受けてくださったのは二人の女性。ここ犯罪被害者庁の職員60人全員が法律の専門家とのこと。日本で言えば全員司法試験合格者というところか。その60人のうち70%が女性とのこと。しかも若い!驚く程の若さと美貌!もちろん、キャリアを積んだ美しい50歳代の方もいる。
ついついスタッフの若さについて質問すると「ここは人材養成機関でもあるの。ここで何年か働いた後、そのノウハウや知識・人脈を持ってNGOや他の機関へ転職する人が多いのよ」とのこと。
アメリカやイギリスと同じだ!官民の組織の中で行ったり来たりをしながらキャリアを積み事を成して行く。人が動けばそれだけネットワークがスムーズに広がって行く。

ここウメオには、ウメオ大学がある。同大学の中でも法学研究の成果はすばらしく、その歴史・業績も並々ならぬものがあるという。中央官庁の機能をスウェーデン各地へ分散した際に、犯罪被害者庁はウメオに移された。それからウメオ大学からストレートに犯罪被害者庁へ入る若者が増えたという。
ちなみに視察中、男性職員には1人にしか会わなかった。

さて、話を戻そう。ここ犯罪被害者庁には3つの大きな機能がある。1つは犯罪被害者損害基金の運営。2つは犯罪被害者支援基金の運営。最後が情報センターである。

犯罪被害者基金は、犯罪被害法に基づいて犯罪被害者に対して犯罪被害者補償金が支払われる制度。
スウェーデンでは、犯罪に遭うとその損害を①裁判所の決定で加害者へ請求②保険会社からの支払い(ただし、自宅内の暴力には保険適用不可)③犯罪被害者庁からの補償―の3つの方法で支払われる。
これは、すべての犯罪被害者に対しての対応となる。
加害者不明のレイプや殺人等も相手がわからなくても補償の対象になる。
加害者が有罪になることが支払条件ではないところがすごいところだが、もちろん、補償申請は2人の法律家によって慎重に審査・判断されるのでどのケースでも通るというわけではない。
しかし、補償は、物的損害と人的損害に分けられ、人的損害に対しては支払制限はなく誰がどんな犯罪に遭ったかを問わずストレートに被害程度に対して補償がなされる。治療費や欠勤補償についても対応がされる。補償金額は、さまざまな状況によって決定される。
例えば、殴打は6万5千円。物を使って殴ると20万円。深刻なDVは40~80万円。強姦は100万円。子どもに対する性暴力は200万円以上、身内が殺害された場合は65万円程度と、暴力の内容によって補償額がほぼ明確にわかる。
これを日本のDV被害者が知ったらすぐに自分の被害を計算するのではないだろうか。ぜひして欲しい。
こんな明確なラインが提示されていたら、「私のされたことはたいしたことはないから」という過小評価も少なくなるのではないか、DVの呪縛から解き放たれ自分の尊厳を求める人が増えるのではないかとつい思ってしまう。
また、このことを子どもの頃から教育として知ることができれば暴力の抑止力になるのではないだろうか。
法律や制度は明確で分かりやすく誰にでも使えるものでなくてはならない。
スウェーデンの法律や制度がどれもパーフェクトに手放しで素晴らしいとは言わないが、このような明確さを我が国の法律・制度も持たなくてはならないのではないだろうか。

2つ目の犯罪被害者支援基金とは、暴力被害者支援を行っている団体への支援だ。これを国の仕事としてやっていること、それからこの基金の財源が加害者から徴収した罰金であるというからこれまたすばらしい。
「犯罪被害の補償金は、加害者が支払う」「加害者がみずからその責任を負う」というのがスウェーデン方式。
実にシンプルで当たり前だ。
国は、罰金の徴収を行い、徴収したものはしっかり被害者とそのサポーターへ還元する。
あらゆる犯罪の加害者は、加害行為が認められると500スウェーデンクローネ(SEK)を支払わなくてはならない。
日本円にして約6500円。
決して高くはない額だが、あらゆる犯罪の加害者がまずは一律この額を支払うというのは画期的だろう。この額年間3000~4000SEK(日本円で約4~5億円)とのこと。すごい額だ。
この基金の申請は、女性支援センターをはじめとする支援事業をしている自治体、大学等の研究者、支援活動をしている民間団体・グループ・個人ができる。
だいたい年間5億弱程のお金が提供されているという。
大学院レベルの論文に対しても懸賞金としてこの基金が活用されているとの話も聞いた。
一連のお金の流れ・使い道の明確さは、当たり前過ぎるほどわかりやすくシンプルだ。
そして、筋が通って美しさすら感じる。素人の私ですら、この法律や制度に美を感じてしまう。なのに他のどの国でも行っていない。我が国の専門家はどうかしているのではないだろうか。

3つ目は、情報活動センター機能。犯罪被害に関する書籍や論文が集められている。
英語、スウェーデン語のものはもちろんのこと、ヨーロッパ・アメリカ圏を中心に集められているまた、北欧圏のものだとチラシの類まで集められているという。
これらの資料・情報収集だけではなく、情報活動センターでは、出版やウェブによる情報発信も積極的に行っている。特に目を引いたのは、「裁判所学校」というHPのコーナーだ。実際の裁判所の映像を基に作られた法廷に、裁判官、被害者、加害者、弁護士、日本でいう裁判員がおり、それぞれの立場や役割を音声説明してくれる。このコーナーは現在、スウェーデン語と英語で聞くことができる。世界中の人が、スウェーデンの先進的な取り組みをインターネットで触れることができるのだ。
インターネットにアクセスできない人用には、DVDやパンフレットも用意されている。
また、情報活動センターでは、教育の一環として学生向けの教材や資料の開発も行い販売もしている。これらの教材は主に学校で、社会化教育や人権教育等に活用されている。
これら3つが犯罪被害者庁の大きな柱である。
ほかにも、警察官や弁護士、支援者への研修や暴力被害者に対する研修を担当する職員や、国内の裁判者すべてに配置されている証人サポーターへの教育をする職員もおり、犯罪被害者庁は教育機能も保持しているとのこと。徹底したハイレベルな教育を受けることで、被害者の二次被害を防ぐこと、よりより支援ができることをよくわかっているのだろう。
講演や相談対応先で、「いつも」と言っていい程、警察官や裁判官、弁護士や相談員、医師や人権擁護委員、カウンセラーのごく一部の人たちからの二次被害の相談を受ける。日本にはまだこうした担当機関への教育が制度化されていない。どこの機関も苦しい予算の中でやりくりをして「今年は研修ができた」「今年は研修ができなかった」というレベルなのだ。それでは二次被害をなくすことなどまだまだ遠いのではないだろうか。
犯罪被害者庁の話は尽きないが、まずはここまででも見習うべき、取り入れるべきポイントが山のようにあると思うのは私だけではないのでは?

夕方、ウメオからストックホルムへ。
Mr.Tも一緒だ。朝と打って変わって私たちを「日本のオバちゃん集団」とはもう思っていなさそう。
ごめんね、Mr.T。私はともかく、御三方は日本を代表するDV・性暴力被害者支援の専門家なんですよ。驚いた?驚くよね。だって見た目で人を判断しちゃうんでしょ。そういう人は驚くよね(笑)


c0020127_21123459.jpg
ウメオは風が強くて、それでも国内線は頑張って飛ぶ。
小さな国内線は、ちょっと怖い。夕べもちょっと怖かった。
でも、健気に頑張る翼を見ているのも結構好きだったりもして。

ウメオ空港…小さくて小ぢんまりしていて私好みだった。ローカルだけど、スウエェーデン語、英語、フランス語そして我々日本語が飛び交っている。小さいけど、広いところに繋がっているそんな雰囲気のある空港。私の幻想かもしれないけど。

ウメオは、昔、滞在していたロンドンの下町を思わせる街並み。高い建物がないところ。すごく安心できる。住むにはきっといいところなんじゃないかな。
ウメオ…PC入力したら「梅雄」に。
あぁ、こんなにも女性が活躍している街なのに「梅雄」なんて!
c0020127_21134589.jpg
[PR]
by 1193ru | 2010-01-02 20:41 | スウェーデンDV
原稿作成の参考資料を兼ねて殴り書きしてます。
スウェーデン視察に行った時のことです。
振り向かず、ひたすらキーボードを叩く。
叩いて、叩いて叩きまくりの途中ですが、いたずらにupしてみます。
--------------------------------------------------------
○月○○日(△)
仙台で講演終了後、新幹線で成田へ。空港近くのホテルについたのは夜。
数日前、水戸で開催されたシンポジウムに招聘されていたスウェーデン犯罪被害者庁のお二人と偶然にも同じホテルだった。
お二人は水戸から京都そしてここ成田へ。
フライトも同じと伺い、幸先の明るい視察に感じてしまう。スウェーデン語はもちろん英語もおぼつかないのに楽観的な私。「コミュニケーション取れてるのか?」とう自問を抑え、前向きに受け取るのみ。コレきっと楽しく生きるコツのひとつだと思う。たぶん。
ルームサービスで軽く夕食を取り、講演の振り返りと明日からの視察資料の読み込み。ビールを片手にやっていたけど、0時過ぎ頃から記憶がない。

○月○○日(△)成田→コペンハーゲン→ストックホルム→ウメオ
今日から丸2日かけてスウェーデンのウメオを目指す。
ホテルから犯罪被害者庁のお二人とKさん、Oさんとシャトルバスに乗り込む。
東京は仙台人の私には暑い。北欧に向けて早々と着込んで来た私が悪うございました。
空港で視察団メンバーと合流。
DV・性暴力業界では超有名人というか顔役の皆様を一方的に存じ上げてはいるものの、先方から見れば初対面以外の何ものでもなく。
仙台の先輩方がいろいろと話をつけてくれていたお陰で非常にフレンドリーな初対面となった。ありがたい。
どこの先輩方もこの業界の方々は懐が深く肝が据わっている。お陰でここ数か月人生最悪の時を過ごしていた私もエンパワーメントされていく。
フライトまで軽く食べたり飲んだり。ちょっと真面目にコーヒーを飲んで、先輩へメール。「あとはすべて頼みました。家族のことも含む」と。先輩が先日韓国へ行った際に同じメールをもらっていたので、そのお返し。半分冗談、半分本気。だって先のことはわからないもんね。
[PR]
by 1193ru | 2010-01-02 20:25 | スウェーデンDV