ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー

2010年 11月 02日 ( 3 )

お礼

大きなトラブルが、今日、ようやくひと段落しました。
昨年、家族が大きなダメージを受けてしまった出来事・トラブルのことです。
1年以上かかってようやくです。
無我夢中の日々でした。
たくさんの方の手を借り、力を借り、私たち家族はようやくここまでたどり着くことができました。
本当にありがとうございました。
まだまだ後遺症が残っており、これからも引き続きケアを続けなくてはなりませんが、今回、たくさんの方の存在が私たち家族を支えてくれていることを改めて実感することができました。
そして、今まで以上の感謝の気持ちが募りました。
本当にありがとうございます。

正直、あまりにも辛い出来事だったので、すべてを放棄して何もかも止めてしまおうかと考えたことが幾度となくありました。
苦しかったです。
悲しかったです。
辛かったです。
最悪のことが頭をよぎる時、いつも周囲の方の手が私たち家族を引きとめ、回復へ踏み出す勇気を与えてくださいました。
これからも、必ずや回復・再生できることを信じ前へ進んでいきたいと思います。
長いことご心配をおかけしてすみませんでした。
本当にありがとうございました。
深く、深くお礼申しあげます。
[PR]
by 1193ru | 2010-11-02 21:57 | モロモロ

晩秋の朝

いよいよ3時間睡眠が当たり前になってきてしまった(!)
何かいつも頭が回り続けているような感覚がずーっとしている。
よろしくないな。
心身が疲弊してしまう前に、5時間以上の睡眠をとるようにしたいものだ。

よく眠れないので、「宵っ張りの早起き」を繰り返している。
今朝、秋の朝日が燻したような金属的な輝きを放った途端、パラパラと雨が降ってきた。
キッチンの出窓から包丁を片手に眺めていると、ガレージの屋根を雨が細い糸のような落下線を描きながら縫いとっていくような様が美しい。
あまりに美しい秋雨なものだから、ベランダに出てしばらく眺めていた。
次第に金属的な輝きが強くなる東の空。
西の空を振り返り見上げれば、そこには二重の虹。

しばらく秋空の幻想的な様を眺めていた。
そして、いやらしいかな、ふと、この風景が何を象徴しているのだろうとか、何の前兆なのだろうかと、利己的ともいえる考えに頭が動き始める。
何を見ても何か意味をつけよう・見出そうとしている自分がいて、少々辟易してきてしまう。

美しいものを見て、ただただ美しいと感じる。
その感覚に浸る。
ただ、それだけで充分だろうに、いつもどこか貪欲すぎるところがある。
「いとあはれなり」。
そうシンプルに事象を眺め・愛でることはできないのかね、私は(笑)

今もまだ燻したような金属片の輝きを持つ空が広がっている。
これがもう少しドラマティックだと、北欧の晩秋とダブってくるのだけど、日本の晩秋の空はもう少しやわらかい。

さて、そろそろ仕事にかかろうか。
今週は、また新幹線で行ったり来たりです。
[PR]
by 1193ru | 2010-11-02 09:10 | モロモロ

あまりの無念さに…

今晩は、会議で午前様。
つい今しがたようやく部屋に辿り着いた。
DV被害者支援を始めて、もう何年になるのだろう。
10年?
それ以上?
最近、よくわからなくなってきた。
どうやら少し、疲れてきたみたいだ。
支援活動に疲れたのではなく、この活動一本に集中できたらいいのに、あいにく仕事と二足のわらじをはき続けなければならなくて、それに疲れてしまったのだ。

あぁ、集中したいなぁ。
思う存分活動したいなぁ。
もっともっと支援活動を深め広げていきたいのに、残念ながら私には時間も体力もなく。
年々悔しさが募ってきて、それも疲れの一因になっている。

残念だなぁ。
悔しいなぁ。
あまりの無念さに、悲しくなっちゃった。

できるのに、抑制されるこの環境の口惜しさ。
思いっきり走りたいのに。
ホント、悲しいなぁ。
[PR]
by 1193ru | 2010-11-02 00:37 | モロモロ