ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日曜日

日曜日は、朝から地域活動へ参加。
いつも仕事やら何やらで地域の方と交流する機会がないので、こういう機会はとても大切だ。
なんだかんだと一人では生きられないのだ。
当たり前に、暮らしている地域ではたくさんの方にお世話になってここまで生きて来た。
私の暮らす地域は、今も温かくて力強いご近所付き合いと支え合いが息づいている。
ここで私は40歳近くまで育てられて来た。
地域に育てられたことや、地域のありがたみを実感を持って感じられるようになったのは、本当にここ数年のこと。
それまでは、とにかくこの地域がというか我が家が嫌で、さっさと出て行きたくて仕方がなかった。今思えばなんというバカ者だったことか。そんな風に思っていた過去の自分がホントお恥ずかしい限り。
地域の方と活動をしながら、何気なく話す会話が楽しい。
ちょっとした会話でも、その方の人柄や背景が感じられる。
そこに触れることができるのが、楽しいしうれしい。
1時間ちょっとの活動を終え、帰宅。
またまた家族とたわいもない会話をして、軽くお茶をして、出かける準備。
今日は、昨日の友人と松島へ行くことにしていた。
松島はご存知の方も多いと思うが、日本三景の大観光地にも関わらず、斜線も少なく道幅も狭い。おかげでしょっちゅう渋滞する。
三連休で観光客も多いだろうからと、今日はJRで行くことにした。
これで、アルコールも気兼ねなく飲める。
(と、言ってもまだまだバンバン飲める体調ではないのだけど)
帰りの新幹線や飛行機の時間さえ死守できれば、なかなか楽しい小旅行を味わえるだろう。

友人を迎えに行く前に、「佐々重」へ。
ここは仙台みそが何種類も揃っているし、全国のちょっとしたおいしいものを扱っているお店。日頃から、「明治屋」「某デパ地下」「自然食品屋」と並び、何かと買い物をする機会が多いお店だ。
今日は、友人のお土産にと仙台みそを使ったお菓子とエゴマの入った「シソ巻き」を購入。仙台みそを使ったお菓子は、せんべい、クッキー、アメ、かりんとうなどを買った。

買い物をしていたらお呼びがかかり、ホテルへお迎え。
軽くお茶をしてからJR東北本線で松島へ向かった。
なんかいいね、たまには。
仲良しとのんびり電車の旅っていうのも。
いつも車でばかり出歩いているから、とっても新鮮。
もちろん、時間の余裕がないと車移動よりも行動は狭められてしまうけどね。

松島海岸駅で下車。
早速、瑞巌寺、天麟院、円通院、五大堂を見学。
途中、茅葺き屋根の茶屋で、アイス抹茶とずんだ餅をいただきながら散策。
お寺の庭園の美しさや静寂に癒されていたら、友人曰く「いろんな神社仏閣に行ったけど、なかなかのところだね」と一言。伊勢神宮よりもすてきだとお褒めをいただき、宮城県人としては鼻高々になっちゃって、まぁ、ホント私ったら自分が褒められたよりもうれしくなっちゃいましたよ。
宮城県人を長くしているけど、こうしてじっくり松島の観光名所を歩いたことはなかったなぁ。観光地の魅力を十二分に堪能できた今回は、とてもいい機会だっとつくづく思う。こんな機会をくれた友人に感謝、感謝。
円通院の庭園は、以前から噂は聞いていたけど、その美しさと趣きに魂が洗われるようでした。
できれば今度は平日人の少ない時に来て、ビロードのような滑らかな緑が見事な庭園を楽しみ、伊達精進料理を「雲外」でいただきたいな。

お寺を楽しんだ後は、海に面した道路に並ぶお土産屋さんとお食事処を満喫。
一番うれしくおいしかったのが、「小舟」という松島海岸駅近くのお店の焼き牡蠣とホタテ焼き。安いし、大きいし、おいしいし、もうサイコー!そこいらで海鮮丼を2〜3千円出していただくなら、迷わずこちらを選んじゃうな、と強く強く強〜く思う程、すっっっごく良かったぁ。
ちなみに、驚くような立派な牡蠣は1つ200円。ホタテは1つ400円。
友人は迷わずすぐに宅急便で送ってもらう手配をしてました。

それから、大好きな「かまわぬ」に発注したというオリジナルの松島手ぬぐいを扱うお店も発見。なかなかの品揃えでしたよ。うんうん、満足。
今日の思い出に〜、なんて殊勝な事を言ってまた手ぬぐいを買っちゃいました。
今回は、松島オリジナル手ぬぐいの「夕日」と「狐の嫁入り」。
「夕日」は、松島の島々に夕日が沈む風景を描いたもの。色違いで「月夜」もありましたが、友人の「私こっちが好き」の一言で迷わず決定。
「狐の嫁入り」は、昔購入しておきながら知り合いに差し上げた経緯があり、今回は自分仕様として購入。

そうそう、松島のお土産で思い出した。
例の「マリモッコリ」がいーっぱいありました。
宮城バージョンの、牛タン、七夕、ずんだ、笹かま、伊達政宗の5種を発見。
その隣には、東北六県のバージョンもありました。
春に北海道に行って以来、マリモッコリチェックが止まらない私です。

夕方、仙台駅に向かう電車は満員。
30分弱で仙台駅に着いて、そのまま友人は新幹線へ。
ホントあっという間だったけど、たくさんいろんな話ができたし、元気な顔を見れたし、おいしいやたのしいをたくさん共有できて、すごくうれしかったぁ〜。
次の再会は、秋の東京。
そして、できれば、秋の大阪でも再会したいな。
大阪で再会するには、越えなくてはならないハードルがいくつかあるのだけどね。
彼女とはいつもそう。
ただ手放しで再会を喜び合う出会いは今までになかった。
今回は、初めてそういう再会を果たした。
いつもは、苦しみすら感じる大きな学びをともにする再会。
いつもいつもそうやって悩んだり壁にぶつかったりしながら、お互いのそういう姿を見ながら再会してきた。
たまには今回みたいな再会もいいもんだ。
のんびりと気楽にいろんなことが話せるしね。
またこういう機会を作ろう。今回は、彼女がプレゼントしてくれたから、次はぜひとも私がしたいなと思ったりする。
たぶん、それは来年以降になるだろうな。
それまでは、またしばしハードルを抱えた再会が続くだろう。
[PR]
by 1193ru | 2008-07-21 09:38 | モロモロ