ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

映画「紀元前一万年」

映画「紀元前一万年」を観ました。
予告に「モンスターハンター2nd G」さながらの巨大サーベルタイガー(みたいなの)やマンモスの群れ、おっそろしそうな巨大な鳥なんかが映っていたので、ストーリーはおいといて、CGをお目当てに行って来ました。
主人公デリー役のスティーブン・ストレイトのワイルドな美しさが、意外でした。全くマークしていなかった俳優さんだったので・・・・
全編通して男性たちは、みなさんほとんど半裸。なので、鍛え上げた肉体美がなければ出演はできなかったでしょうし、それがあってこその映画なんでしょうけど、ホントすばらしく美しい肉体をお持ちの方々ばっかりなのです!
特に、戦闘部族の人達の美しいこと。
ネイティブアフリカと思われる役者さんたちの、(美しい肉体はもちろんですが)凛とした美しい立ち居振る舞いに、感激しました。
ただ立っているだけで、寸部の隙もなくものすごく美しいんですよ。
私とは同じ人間とは思えないあの美しさは、一体何なのでしょうね。
お目当てのCGと言えば・・・・すごかったです。
巨大サーベルタイガーちゃんは、残念ながらちょこっとしか出ていませんでした、ミラミッド風の巨大建物の建築風景やそこで起きた反乱は、見応え十分でした。
人とマンモスが入り乱れての場面は、迫力いっぱいでしたよ。
一番心に残った役者さんは、ヒロインのエバレット役のカミーラ・ベルでも主人公のスティーブン・ストレイトでもありません。
実は、この映画でデビューを飾ったというバク役のナサニエル・ベアリング。このイギリス人の少年は、もう一人の主人公と言っても過言ではない程すばらしい演技を見せてくれています。
映画の中で役者は成長するとよく聞きますが、彼の成長は本当にすばらしい。役柄の成長とぴったりマッチしています。
彼が他部族の少年と別れるシーンは、見物です。少年が青年になる瞬間とはこういうものなのでしょうか。振り返ったあの表情は、先日観た「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」の終盤で見せたトム・ハンクスの表情に並ぶ印象的なものでした。

さてお次は「ナルニア」かな。
まだまだ当分映画三昧の日々が続きそうです♪
[PR]
by 1193ru | 2008-05-24 14:10 | MOVIE