ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

那須高原1日目

5月4日(日)14:30過ぎに仙台を出ました。
今回の旅の目的は、何と言ってもゆっくりのんびりすること。
不調が一ヶ月も続いていたので、仙台を離れてのんびりとした雰囲気の中、食欲を取り戻せたらと思っていました。
3日間那須で過ごしたら、もうすっかり「全快」です!
のんびりとした雰囲気で、親しい人たちに囲まれ、おいしいものをゆっくりゆったりいただいたら、かなり食べられるようになりました。
(帰宅して、両親と夕食を食べたらまた痛くなってきましたので、たぶん「ストレス性」の不調だったのでしょうね(笑))
確かに、以前の私の食欲は「異常」でしたから、それに比べたらまだまだかもしれませんが、でも、人並みにしっかりと食べられるようになりました。
ありがたいことです。

4日の16:30頃には、那須ICに到着。
IC近くの「アメリカンスーパースター博物館」へ立ち寄り、メジャーリーガーやNBAのスター選手、ミュージシャンや俳優たちの記念の品やサインを眺め、同じ建物内の「661STREET」で、来た早々ではありますがお土産の目星をつけました。
その後、Garden House SARAさんへ一旦立ち寄りご挨拶。
それからおいしい夕食をいただきに、イタリア料理のクチーナハセガワさんへ向かいました。
前菜は、トマトとモッツァレラチーズ。みずみずしいトマトと極上のモッツァレラチーズが、それぞれの素材の甘味やコクを十二分に引き出していて、これから始まるディナーへの期待がますます高まりました。
次が、サラダ。ラディッシュを中心にさまざまな葉もののひとつひとつの味を楽しめるすばらしいサラダでした。このサラダ、本当にすばらしくおいしいのです。野菜のおいしさをより引き立て・引き上げていたドレッシングの味が、忘れられません。
その後、二種のパスタ。ひとつは旬の山菜を存分に生かしたパスタ。もうひとつは、カルボナーラ。
ハセガワさんは、黒こしょうとチーズの使い方が魅力的で、このパスタもそう。
おいしくておいしくて、とっても安心するあたたかなお味に癒されました。
そうそう、この時一緒にいただいたパンも歯ごたえといい味といいおかわりをしたくなるのを押さえるのが大変でした。
そしてメインがこちら。
c0020127_216233.jpg

厳選されたポークステーキの下には、タケノコとウドが隠れています。
ここ数週間、お肉が食べられなくていたので、食道や胃が受け付けてくれないのでは、と恐る恐るいただいたのですが、とっても美味♪
タケノコとウドともぴったりの相性で、とても美味しくいただきました。
デザートは、ティラミスとバルサミコ酢で和えたイチゴ。
そしてエスプレッソ。
お腹いーっぱい、胸いーっぱいの大満足コースでした。

ハセガワさんは、三年前から行きたくて行きたくていたお店。
その素敵な外観に惹かれ、何度かお店の前まで行きましたが、タイミングが悪くお料理をいただくまでに至らずにいました。
外観以上に、内装のすばらしさに見とれ、そしてお料理に感動し、さらにそれ以上にお店のみなさまの温かくきめ細やかなで、そして品格のある接客に癒されたのでした。
初日から、なんとすてきなひとときを頂戴したのでしょうか。
本当にうれしくて、ありがたくて・・・・
外から聞こえるカエルの声にミルトン・ナシュメントの曲が重なり、日常の中で知らず知らずのうちにたまっていた「力み」がどんどん溶けていくのを感じました。

SARAさんへ戻り、一年ぶりの再開の会話を楽しませていただいた後、のんびりとお湯につかりました。
寝る前に少々のストレッチとヨガをして、からだを点検しました。
久しぶりにお肉をいただき、この一ヶ月で一番たくさん食べたせいか、少々胃に痛みがありましたが、でもそれも気にならない程の充実感。
ベッドに横になり心身が解きほぐされていくのを感じたと思ったら、すっと眠りに落ちていました。
[PR]
by 1193ru | 2008-05-06 21:28 | DRIVE