ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

L change the WorLd

昨晩は、「L change the WorLd」を観て、せつなくなっちゃっいました。
「デスノート」とは違って、とってもせつない映画でした。
主人公の存在がせつない。
天涯孤独、死期が迫っていてタイムリミットを本人が知っている、どうしようもないくらい生きる事が不器用、自分ではなくて全身全霊存在自体が「人のため」・・・・etc
ホント観ていて困っちゃうくらいLがせつなくて、「これは映画だ」と言い聞かせてもせつなさが止まらない映画でした。
映画にせつなくされるなんて、私の感性もずいぶんと資本主義経済やショービズに手なづけられたものだと自嘲気味に考えようとしても、どーにもこーにもせつない映画なのでした。
で、エンディング。
もうホント困っちゃいました。
Lenny Kravitz の曲が、ハマるハマる。
松山ケンイチのうしろ姿の残像に、ハマるのなんのって。
クレジットが延々と続いた後、前回「デスノート」で観たL最後の瞬間の映像が流れ、おしまい。
はぁ〜・・・せつない。

確かに観て良かったなと思う映画だったけど、「おもしろい」というよりも「せつない」映画でした。
環境保護団体が狂信的な思想の持ち主に利用されるところや、グリーンピースや駒沢大学の映画研究会が協力となっていたところ、Macがいっぱい使われていたところ、日本にはないP4の施設セットが登場するところ・・・数えきれない程の見所がいーっぱいの映画でした。
が、やっぱり一言で言えば、「せつない映画」でした。

Lがせつないです。
ワタリ亡き後、ますますLの存在がせつなくて、ホントまいったな、という映画でした。
[PR]
by 1193ru | 2008-02-11 17:23 | MOVIE