ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

立案の季節

昨晩の満月の美しかったこと!
帰宅の途、見上げる度に、その凛とした美しさに姿勢が正される思いがしました。
昨晩は、21時過ぎまで電話相談に出ていました。
月に一度ご一緒するK先輩の話は、いつも示唆に多分に含んだもので、昨晩もそうでした。
相談者の方へのK先輩の眼差しは、いつも距離を持った優しさに溢れています。
指示的でも批判的でもなく。
そこにあるのは、ただただ相談者の想いとペース。
K先輩と話していると、自分の相談対応の未熟さを恥じ入るばかりです。

帰宅後、またアロマランプを灯しました。
(電気だけど「灯す」という感じです)
ふわっとラベンダーの香りが広がると、ホッとします。
一日の終わり。
休息の時間。
自分だけの一人の時間。
この大切な時間には、ラベンダーの香りは欠かせません。

昨夕は、何本かの事業企画書を書きました。
どれもDVやデートDV・セクハラ・レイプ被害女性の回復のための事業です。
資金繰りがとても厳しく(想像を絶する厳しさ)で、どこまで資金調達ができるかに実現の可否がかかっています。
次年度に事業を実現するための資金調達をするには、この時期に、企画書を書けるだけ書いておかなくてはならず・・・・。
手持ち資金0円・人件費0円で、どこまでできるのかわかりません。
私にあるのは、体力とアイデア。そして強力な仲間と先輩方。
本来であれば、このような事業は行政でして欲しいことです。
給与をもらって仕事時間として時間の確保された心身ともに安定した方たちに、担って欲しいことです。
フルタイムで仕事をして、その上に企画書を書いて、資金調達して、事業を起こし、運営していくのは、正直限界があります。
これまで、仲間や先輩、機会に恵まれてやってきましたが、今後どこまでできるのか。
気弱に考えれば、限界はいつも目の前にあります。
それに目をつぶって、見ないように、ないこととして、ここまでやってきました。
できなくなったその時、当事者の方々の回復のためのプログラムをどこかでやってくれるのかと言えば、カウンセリングや自助グループ、個人面接等はあっても、連続講座としては今の仙台や宮城にはなかなかなく・・・・・。
そう思う反面、私たちができなければ、必要に迫られた他の人たちがきっとし始めるに違いないとも、地域力を信頼している私もいて・・・・。

おぉ、愚痴っぽいですね。
朝から少々ネガティブになってしまいました。
失礼しました。

今できること・すべきことに力を尽くします。
企画書バリバリ書きますからね!!
関係者の皆様、お力添えの程、よろしくお願いしますね!!
[PR]
by 1193ru | 2008-01-23 08:29 | DV