ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

どんと祭

今日は、どんと祭。
夕方、神社へ行った。
喪中でお正月飾りをしなかったが、どうしても納めたいものがあって行って来た。
年末年始、「開かずの間」を片付けた時、いくつかのお守りが出て来た。
どれもこれも私を守ってくれたものだったので、そのお礼とお返しをすべく神社へ納めたかったのだ。
神社では、すでに火が焚かれていて、まだ夕方にも関わらずたくさんの人で混雑していた。
お辞儀をし、お守りを火に投げ込み、拝み、またお辞儀をして参道を降りて来た。
参道を降りきり、鳥居を出たところにあった出店で、たこ焼きを買って食べた。
粉っぽいたこ焼きが、ぐずぐずと煮え切らないいくつかの過去の出来事と結びついたが、お守りを焚いたことと相まって、たこ焼きを「ごくん」と飲み込んだら、過去の出来事と決別できた。
ありがとうございます。ばいばい。さようなら。
どんと祭。
踏ん切りや整理、区切りをつけるにぴったりの行事なんだとあらためて思った。

そんなことを思いつつ帰宅をし、重い腰を上げ仕事をしようとデスクに向かったら、あらまぁ、まだひとつお守りがあった。
そのお守りはいつから私のところにあるのかわからない。
誰がどんな思いで私に渡してくれたものなのかもわからくなっているお守りだ。
少し考えた末、もう一年、このお守りには見守っててもらうことに決めた。

さてさて、お正月気分もおしまい!
大学出願も終えたし、声帯の調子も戻って来たので、連続講座の準備に再び邁進するとしましょうね。
[PR]
by 1193ru | 2008-01-14 20:04 | モロモロ