ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今年も一年、お世話いただきありがとうございました。

父が秋田から取り寄せた「きりたんぽ鍋」は、比内地鶏(証明書が入っていて驚いた)のうまみがたまらなくおいしかったです♪
昔、昔、小学生の頃食べた「きりたんぽ鍋」がすごくまずくて、それ以来、かなり「きりたんぽ鍋トラウマ」だったのですが、今晩のは、ごくうま!
あー、くせになりそう!
すっごくおいしかったです!
VIVA!きりたんぽ鍋!

昨日から大事業に着手し、今日、めでたく終了を迎えたことがありました。
それは、このウン十年間、ずーっと「開かずの間」だった「恐怖のクローゼット」を、とことん、とっことん整理をしたこと。
昔、昔(今日はこのフレーズ乱発だな)、とあるトラブルに遭い、心身ともに瀕死の重傷(ちょっと大げさかな)を負い、それ以来、決して開けることができなかったのが、このクローゼットでした。
数年かけて元気になったように見える私に、親は何度も「クローゼットを開けて整理しなさい!」と口を酸っぱくして言い続けたけど、それでも、私はできませんでした。
だって、クローゼットには、長年蓋をし続けたトラブルに関するものがギューッと詰まっているんだもん。
ドアを開けたら、またドパーッと血が吹き出しそうで、ホントに怖くて開けられずに何年も来ました。

ところが、何年もかけて傷の手当をし続けてきたら、段々と傷が癒えてきたのでしょうね、クローゼットの前に一人で立つことができるようになり、ドアを開けられるようになり、覗き込んだりしているうちに入れるようになり・・・・
その雑然とした状態を何度か見ているうちに、終いには嫌気がさすようになり、ついには、「年末大掃除」という大義名分を得て、「あー、もう、ほんっとにきったなーいっ!!!!」と笑いながら片付け始めることができました。

出てくる、出てくる、思い出の品!
今の私は、それを余裕で着々と片付けることができました。
我ながら、本当によくここまで元気になったと感心しちゃいました。
そして、またまた、ここまで傷のお手当に付き合ってくれた先輩や仲間たちを思い出して、胸がいっぱいになりました。
先輩や仲間たちに助けられ、支えられた年月を思いました。
この間、「辛い」と言えば「辛く」、「大変」と言えば「大変」だったけど、それよりも大きいのは、たくさんの方たちの力添えで今ここに自分らしくいられるという「しあわせ」だったと、つくづく感じました。
たくさんの方たちのお陰で、こんなに心身(特に「身」)たくましくなることができました。
ありがとうございます!!

市の指定ゴミ袋に、サクサクと分別。
どんどん片付いていく様子に、自分の回復をまざまざと見た気がしました。
結局、ウン十年前のトラブル以来始まった苦しみや悲しみ、辛さや頑張りは、ゴミ袋で12袋にもなりました。
生きるって、いろいろなゴミが出るものですねー。

片付いたクローゼットは、びっくりするほどスッキリ!
風水的にきっとすごく良いに違いない、と確信しました。
(でも、残念ながら一足遅かったみたいで、「年末ジャンボ」はハズレ)

全国的に大雪になりそうな、大晦日。
仙台もしんしんと雪が降って来ています。
どんな人生を送っている人にも、同じように時は流れ新年がやってきます。
今宵の私は、時の流れを思うと、言葉にならない感慨深さがこころに広がります。
誰にとっても、今年よりさらにすばらしい新年となりますように。
こころからそう願いながら、紅白へ突入します!!
[PR]
by 1193ru | 2007-12-31 19:14 | モロモロ