ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

三連休明け

おはようございます♪
月曜日の朝ですね。
今朝も仙台は快晴です♪

23日の「Living Together in Sendai」は、なごやかでこころ温まるイベントでした。
私は、昨年に引き続きReadingをさせていただきました。
手記を書かれた方の想い、
ご来場の方々の想い、
主催者の方々の想い、
を想像して想像して、いっぱい想像して読まさせていただきました。
とても貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございました。
会場で、久々に仙台ビッグイシューソサイエティの方々にもお会いでき、うれしかったです。
ソサイエティを辞めて半年が過ぎたことをあらためて実感しました。

24日は、家族の付き添いで一日が終わりました。
夜は、家族の誕生日の前夜祭(叔母の四十九日と重なるため)と称して、たくさんお料理しました。
・生ハムとベビーリーフのサラダ オレンジドレッシングかけ
・デザートトマトとモッツァレラチーズのサラダ
・きのこたっぷりスープ
・ミニステーキ
・ドリア
・フルーツ
久々に「料理したぁ〜!」という気持ちになりました。

25日は、亡き叔母の四十九日でもあり、家族の誕生日でもあり。
四十九日は、母の実家に集まって叔母をしのびつつみんなで昼食をいただきました。
その後、三越で誕生日ケーキを購入。
夜は、家族でケーキをいただきました。

こうして三連休は過ぎ、今週末からはとうとう連続講座が始まります。
「DV」ってやっぱりまだまだ身近ではないんですねぇ〜。
今回の講座は、仙台でも宮城でも東北でも初の試み。
(全国のNPOやDVに関する専門家からも、このような講座は見たことがないと言われたので、日本初かもしれませんが、真偽は定かではありません)
にも関わらず、地元紙以外は、さっぱりマスコミは取り上げてくれません。
これまでもさんざんイベントや企画を立ち上げて、その度にさんざん取り上げてもらったのに、今回に限っては某地元紙以外には、さっぱり取り上げてもらえず。
一重にこれは、DVに対する認知が私たち現場の人間とマスコミの方々ではかけ離れているせいだと思うのです。
(あー、がんばるゾ!!こんなことで諦めないのだ!!マスコミの方々にも理解してもらう努力を続けるゾ!!)
でも、伝わるところには伝わっているようで、宮城県内にとどまらず他県からも申し込みをいただいています。
ありがとうございます。

ということでこのブログをご覧の方は、ホント少数なんですが、再び講座のご紹介を。

----------------------------------------------------
■■■■■   DV被害をのりこえて輝こう!   ■■■■■
■■■  「女性のためのエンパワーメント講座」 ■■■■

苦しい、辛い、悲しい、さびしい。
そんなたくさんの涙を流したあなた。
もうそろそろ、自分らしい人生を歩みだしてみませんか?

DV(ドメスティック・バイオレンス)やデートDVで傷ついたあなたへ
「元気」や「勇気」、そして「笑顔」の素をお届けする講座です。

「エンパワーメント」とは、自分のパワーを掘り起こしていくこと。
暴力にさらされ埋もれてしまった、あなた本来のパワーを取り戻しましょう。

「ドメスティック・バイオレンス(DV)」とは、親密な関係にあるパートナー
に対してくり返される、「こころとからだへの暴力」です。また、「デート
DV」とは、「未婚の男女の間に起きるドメスティック・バイオレンス」のことです。
DVとデートDVの違いは、婚姻関係(内縁関係を含む)があるかないかと
いうことだけ。どちらも相手を支配し思い通りにするために、身体的・言語的
・精神的・経済的・性的などのさまざまな暴力を複合的に用いる人権侵害
行為であり、犯罪です。
-------------------------
DV被害をのりこえて輝こう!
「女性のためのエンパワーメント講座」詳細

●各講座開催日時と内容
6回の講座を通して、DV・デートDVで傷ついたこころのケアと、
被害をのりこえ新たな人生をあゆむためのヒントをお伝えします。

第1回「DVについて知る」
 日時:2007年12月1日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:DVを知ることは、自分が体験した出来事の理解と気持ちの整理
         に役立ちます。DV被害者支援を長年行っている講師が、わかり
         やすくDVについてお伝えします。
 講師:渡辺美保(仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台世話人)

第2回「想いを語る」
 日時:2007年12月22日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:安心と安全が確保された場所で、今までふたをしていた自分の気
        持ちを開放してみませんか?ひとりではない安心感が、勇気や元気
        へとつながっていきます。
 ファシリテーター:川田マリ子
                    (仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台スタッフ)

第3回「自分を大切にするコミュニケーション」
 日時:2008年1月19日(土)13:30〜15:30 定員:40名
 内容:こころの境界線を大切にしながら自分も相手も大切にした、誠実で
        対等、率直なコミュニケーション(アサーティブ)は、あらたな人間関
        係を築く大きな力になりす。
 講師:中野満知子さん(特定非営利活動法人アサーティブジャパン事務局長)

第4回「自分を大切にしながらつながってみよう」
 日時:2008年2月2日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:DV被害女性が直面しがちな人間関係の場面を具体的に取り上げな
        がら、アサーティブな姿勢で解決のヒントをつかんでいきましょう。
 講師:田口京子さん(ウィメンズカウンセリングいずみ代表)

第5回「DV被害をのりこえて〜これからの自分と仕事を考える」
 日時:2008年2月23日(土)13:30〜15:30 定員:12名
 内容:DV被害によるトラウマへの対応をご紹介します。それを踏まえて、
        就職するにあたってDV被害による「空白期間」も含めたキャリアの
        整理や面接のコツをお伝えします。
 講師:門間尚子(仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台世話人)

第6回「こころとからだを解きほぐす〜エンパワーメントみんぶパーティー」
 日時:2008年3月15日(土)13:30〜16:30(終了予定) 定員:40名
 内容:DV被害によって傷ついたこころを、からだを動かしながらときほぐし
        ましょ う。「みんぶ」とは「盆踊り」のこと。踊りのミニレッスンもあるので、
        誰でもすぐに踊れます。
        さぁ、あなたのあたらしい第一歩をみんなで楽しく踏み出しましょう!
 講師:八幡悦子(仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台世話人代表)
---------------------------
● 参加対象者 
 DV・デートDV被害経験のある女性。未婚・既婚や離婚経験の有無は問い
 ません。 連続6回すべての講座への参加、どれか一つの講座のみの参加
 など、自分に必要な講座を選んで、無理のない範囲でご参加ください。
 第3・6回目は、DV・デートDVに限らず、セクシャルハラスメント・ストーカー ・
 性暴力被害経験のある方のほか、DV家庭で育った方、DV被害女性を支援
 している方にもご参加いただけます。ただし、女性に限ります。
● 参加費
 第1回目〜第5回目は無料。第6回目のみ、大人500円 子ども100円。
● 託児
 未就学児のお子さんの託児を無料で受け付けます。申し込みの際に、お申し
 出ください。小学生のお子さんの託児についても、お気軽にご相談ください。
 なお、託児の申し込み締め切りは、講座開催10日前までです。
● 会場
 参加者の安全確保のため、参加が確定された方にのみお伝えします。
 会場は、仙台市青葉区一番町または仙台駅周辺です。
● 申し込み方法・締め切り
  電話にて、仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台事務局までお申し
  込みください。尚、電話申し込み受付時間は、平日13:30〜16:30です。
  参加確定と会場のお知らせを安全に確実にできる連絡先を、必ずお知らせくだ
  さい。締め切りは、各講座開催3日前までです。ただし、定員になり次第締め切
  りとさせていただきます。参加確定後のキャンセルは、講座2日前までお願いします。
● 申し込み・お問い合わせ先
  仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台事務局 
  電話:022−225−8801 受付時間:平日13:30〜16:30
---------------------------------------------
●講師協力
アサーティブジャパン:人と人とのよりよいコミュニケーションを目指して活動する、 
                           東京の特定非営利活動法人
ウィメンズカウンセリングいずみ:女性の視点にたち、個人カウンセリングやグルー
                           プワークを行っている仙台のカウンセリングルーム
●助成
せんだい男女共同参画財団:仙台における男女平等の社会風土づくりを進めている
●主催
仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台:女性への暴力の防止と被害女性の
                            支援活動をしている任意の非営利組織
--------------------------------------------------
[PR]
by 1193ru | 2007-11-26 08:45 | DV