ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

山あり谷ありMac子あり

昨晩、帰宅してMacの電源を入れたら、画面は明るくなるけどOSが立ち上がらない!!
今までみたことがないようなアイコンの動きに、全身が恐怖ですくみ、それはそれは恐ろしくて、ビビリな私に耐えられない恐怖。
で、あまりの恐ろしさにそのままフテ寝してしまいました。
昨日は、朝焼けがやけにピンクだったし、今思えば、あのビンクは、私とMacのこれまでの歴史の花道色だったのかもしれません。

で、明けて今朝。
やっぱりOSが立ち上がらない!!
リアリティを増す恐怖感とMacを小脇に抱え、朝もはよからオタクの皆様に混じってヨドバシの開店を待ちました。
開店と同時に、Macコーナーで見てもらったけど、悪い予感は的中!!

「OSが立ち上がらないので、どうしようもありませんね。とりあえず、数週間預けていただいてデータがどのようになっているのか見てみましょう」

余命告知を受ける前に、ご臨終を伝えられたような、もうどうしようもない虚無感。
こころも頭もスッコーンと穴があいたような状態になり、息も絶え絶えに私ができたことと言えば、愛しのMac(うちでは「Mac子(まくこ)」と呼んでいる)を入院させることくらい。
呆然としながら入院手続きをして、そして、そして私は淡々と抜け殻状態のまま店員さんに連れられてMacコーナーへ戻り、空っぽな頭で何をどう理解することもできないままに、新しいMac Bookを購入したのでしたぁ〜。

ホント、申し訳ないことに、今日は相談対応で「将来の不安が・・・・・」なんて相談者が言おうものなら、すぐさま「将来と言わず、あたしゃ今晩のことが不安だよ。今晩、Mac Bookをサーバーに繋げるか考えただけで、冷や汗が止まらないよ」と何度心の中で叫んだことか。
きっと、私はムンクの「叫び」みたいな顔をしていたに違いない。
あまりの恐怖と不安で、今朝は、片方の眉毛を書き忘れヨドバシに行っちゃったくらいなのだから。

仕事が終わり、その後、会議。
帰宅して、23時頃から作業をはじめたら、いやいやつながらないのなんのって・・・・・。
ホントはi-BookからUSBで一発データ移築ができるのだけれども、何ぶんMac子は入院中。復旧のめども何もたたない状況なので、手探りで設定しなくてはならない状況。
そして、何よりも手こずったのは、日頃の無精の賜物で「パスワードがわからない!」というホント、チンケなことでした。
なんとかかんとか思い浮かぶ文字を組み合わせ、ようやく開通。
インターネットとメールが使えるようになりました。

消えたデータは、悔やんだらきりがないけれど、最後のMac子のがんばりを祈りつつ、作り直しながら仕事を軌道に乗せないとなりません。

こんな状況で、とってもうれしかったのは、栃木のSARAさんはじめ数人のPC達人からの励ましのご連絡を頂戴したこと。
ご無沙汰してしまって久しい私を気にかけてくださって、本当にありがとうございます。
ありがたくて、うれしくて、感謝の気持ちでいっぱいです。

今朝、出がけに見たテレビの星占いでは、おひつじ座は最下位。
どうりでMac子が重傷(もしかしたらご臨終)を負ったわけだ。
でも、そんな日でもこんなありがたくてうれしいこともあるのだと、「人生捨てたもんじゃないな」なんて、ちょっと大げさにドラマチックに照れ隠しをしながら、人様のご厚意にこころから感謝した日でした。

ということで、みなさま、私の新パートナーのMac Book子(まっくぶくこ)をよろしく〜♪
[PR]
by 1193ru | 2007-10-31 01:34 | モロモロ