ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「HIVと共に学び共に生きる講座」案内

夕方のセッションをしていたら、また心臓が飛び出しそうな勢いで暴れ出し、胸が痛くなってきました。
後半も40分にさしかかったところだったので、なんとか最後までこぎつけ、クライエントを見送った後、しばらくじっとしていました。
でも、20分くらいそうしていたけれども、なかなか落ち着かず、夜の予定をキャンセルして早々に帰宅しました。なんだか、自分のからだに一気に自信がなくなって恐くなってしまったのだもの・・・・。
只今、20時過ぎ。
おとなしくしていたら、大分落ち着いたみたい。
ボーッと天井を見ていたら、胸痛が和らぎ、じわ〜んとした感覚がからだに広がっていきました。
いやいや、なんなのでしょうね、コレ。
最近、こんな風に痛苦しくなっちゃうことがたまにあります。

さて、昨年参加させていただいた「Living Together Lounge」(HIVと「共に生きる-Living Together-」をテーマに、HIV陽性者の手記の朗読とミュージシャンによるライブアクト等を組み合わせたイベント。昨年12月6日付ブログをご参照ください。)に、今年も手記の朗読者として参加させていただくことになりました。
お声掛けいただき、うれしかったです。主催者のみなさま、ありがとうございます。
昨年は12月の開催でしたが、今年は11月23日(祝)です。
どうぞ皆様おこしくださいね♪

「Living Together Lounge」に誘ってくれた東北HIVコミュニケーションズからイベントのご案内が届きましたので、お知らせします。

■■■■■■ 「HIVと共に学び共に生きる講座」 ■■■■■■■
■■■ 主催:東北HIVコミュニケーションズ(THC) ■■■■

●9月9日(日) 9:50〜16:00@エル・ソーラ仙台
 第1回 出前講座・アウトリーチのために
    「セックスとエイズの深〜いカンケイ?!」

●9月23日(日) 9:50〜16:00@エル・ソーラ仙台
 第2回 アドボカシー・電話相談のために
    「近くにあった声、耳を澄まして聞いてみよう」

●10月21日(日) 9:50〜17:00@仙台市市民活動サポートセンター 
 第3回 ケアサポート・共に生きる総合演習
    「Living together:共に生きるって?」
    (HIV陽性者のゲストスピーカーに学ぶ) 

受講料:全3回 5,000円(資料代込み) 定員15名
内 容:科学的・医学的な知識から、陽性者の社会的な状況、感染経路と予
    防方法、検査、セクシャリティーといった基礎知識、プライバシーを守るため
    のルールや陽性者とつきあうためのマナー、最新医療事情などより専門的な分
    野まで、今後の活動の基礎となる知識やマナーを多角的に学ぶ。
申し込み:thc@silk.plala.or.jp THC事務局 TEL/FAX 022-298-8532 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[PR]
by 1193ru | 2007-09-05 20:21 | NGO/NPO