ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

マラソンの日々♪

アウェア、レジリエンスと、DVやデートDVに関わる活動をしている団体の研修に立て続けに出ている今夏。
研修の合間に、講演活動をちょこちょことしていました。
昨日は、郡山市男女共同参画センターで郡山市民の皆様へDVをお伝えしてきました。
市民向け講座のレジュメを改訂したものに、ハーティ仙台のリーフレットとホームレス自立応援雑誌「ビッグイシュー」のDV特集号−これらを使いながら、DVについて話しました。
レジュメは、毎回、講座主旨や参加者毎に改訂を重ねています。今回のレジュメは、全12ページ。内容は、市民向け講座ということで「地域のひとりとしてできること」を考えるきっかけになればと思い、書いてみました。
昨日の講座は、自分の中でささやかな記念的な講座になりました。
それは、アウェアやレジリエンス、そして昨年から春にかけて受けていたアサーティブ・ジャパンの研修のエッセンスが自分の中に積み重なり、それがちょろちょろと出てきているのを感じたためです。
自分でも不思議なくらい落ち着いて客観的に動作や言葉のひとつひとつを検証しながら話すことができました。
今までの講座では使わなかった新しい言い回しが何カ所も自然と出てきました。
気が付けば、黒板にさまざまな図を描きながら、話しをしていました。
こんな自分の変化に、ふと自己の成長を感じました。
40歳近くになると自分の成長を感じることは少ないように思います。でも、昨日は話をしながら自分の成長を感じていました。いつの間にか自分の中で時間をかけて熟成が進んでいたものが、ぽーんと弾け芽生えたような、軽やかな感覚が広がって行くのを感じていました。
とても貴重な経験でした。
このような貴重な経験をするきっかけを与えてくださったご参加の郡山市民の皆様と郡山市男女共同参画センター・担当者の方々、ありがとうございました。

講座終了後、地元でDV被害女性の支援活動をしている団体の方とお話させていただきました。隣県ということもあり、とても心強く感じました。

センターの皆様にお礼とお別れの挨拶をした後、市内をぶらぶら散策し、薄皮饅頭で有名な柏屋の「薄皮茶屋」でお昼をいただきまたぶらぶら。
緑の美しい公園でのんびりしたり、お茶屋でお抹茶をいただいたりして、仙台に戻って来ました。

先週から、相談室の相棒が入院してしまい連日一人で対応しています。
相談件数は減ることもなく相変わらず増える一方で、ふと我に返ると不安がこみ上げて来ます。でも、昨日の郡山講演で得た経験は、そんな不安も影を潜めるほどの力を私に与えてくれました。

DVに関わるようになって7年。
ようやく今、アクティビスト(活動者)としての一歩を踏み出したという手応えを感じています。

明日・明後日は、また市外へ飛びます。
その後、月曜日からはとうとう石垣島へ。
今夏は、マラソンのように魅力的な風景が次々と眼前に広がっていきます。
走り込む程に、どんどんステップが軽くなり、どんどん自分が変化していくのを実感します。
今、ここにいて、こんなことを感じられるしあわせを噛みしめています。
[PR]
by 1193ru | 2007-07-20 22:56 | DV