ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

月のこと

「月」と言っても、夜空を照らす「月」ではありません。
今朝お伝えしようと思っているのは、女性の多くが経験する、「生理」のことです。

ご多分にもれず、私も生理痛に悩み続け、25年以上になります。
貧血、目眩、頭痛、腰痛、発熱、嘔吐・・・・etc
この年齢に至るまで、一通りの生理から来る諸症状を経験しました。
緊急時は市販の薬で、また、継続的に病院に通って処方された薬を服用していたこともありました。
それから、少しでも腰痛を和らげようと、腰痛体操やヨガ、ストレッチは、この10年欠かしません。

加齢に伴うホルモンの変化のせいか、ずいぶん諸症状は穏やかになってきました。
でも、中には痛みを増したものもあり、それが腰痛でした。
それから、ここ数年、出血量がどんどん増えているのも気がかりでした。
婦人科をはじめ整形外科で診ていただいても、婦人科器官や腰自体には特に問題もありません。
でも、腰痛が酷くて寝ていられないことがあり、このブログでも時たま腰痛ネタは書いた通りなさけない程の状態でした。

今まで、生理痛を和らげる効果があるというものは、いろいろ試してきました。
入ってくる情報は一通り全部試した、と言っても過言ではありません。
でも、ただひとつ、どうしても不安が大きく試せなかったものがありました。
それは、「布ナプキン」。
赤ちゃんのおむつが紙より布がいい、と言われてずいぶん経ちます。
その効果は、衆知の通り。
ならば、さまざまな化学物質を含む紙ナプキンより布ナプキンの方が、からだにいいに決まっていると思いながら、でも、もし万が一漏れちゃったりしたらどうしようと試すに試せず早数年きてしまいました。

春先、布ナプキンをお使いだという方とお話する機会があり、これまで持っていた不安をご相談してみました。
それから、その方のご紹介でCheerful Heartさんからスターターキットを購入させていただき、おっかなびっくり布ナプキン生活を始めてみました。

はじめから無理してしまうときっと長くは続かないと思い、量の多い日や仕事の時は、今まで通り紙ナプキンを使うことにしました。
でも、自宅で仕事をする時などは、粗相があっても対応がきくので、終日布ナプキンを使ってみることにしました。
それと、おりものシートの使用は全て止め、その分、布ナプキンの一番薄くて小さなサイズのものに替えました。

布ナプキンに切り替えて数ヶ月、生理時の腰痛が全く、ホントに、嘘のようになくなりました。本当に驚いています。本当に布ナプキンの効果なのか、未だに半信半疑の自分がいます。でも、布ナプキンを使っている方のサイトを覗いてみると、私と同じような感想をお持ちの方がたくさんいらっしゃるようです。
それから、出血量も少なくなり安定してきました。
人によっては一年くらいかけてゆるやかに変化し落ち着く方もいらっしゃるようなのですが、私は数ヶ月で驚くような変化がありました。
遅れがちだったり突然来てしまったりの生理不順も改善されてきています。

Cheerful Heartさんの布ナプキンは、おしゃれでかわいい柄が多く、デザインもシンプルです。そのおかげで、汚れた布ナプキンを手洗いするのも全然苦ではないのです。
かえって自分のからだを気遣う思いが強くなりましたし、布ナプキンは自分のからだだけではなく、環境面からみても経済面からみてもやさしいもので、それを使うことで、環境への考え方や行動が少しずつ深まっていくのを感じます。

使ったその日に何か劇的な効果があるわけではありません。
でも、今や布ナプキンは、私の「月のもの」に欠かせない存在になっています。
[PR]
by 1193ru | 2007-07-09 09:15 | モノ