ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

身近な「ビリーズブートキャンプ」

夕方、和太鼓の練習に行きました。
私は大太鼓の担当で、「本打ち」というパート(?)を叩きます。
昔、左半身の機能がダウンした経験があるため、どうしても左手が遅れがちなので、遅れを取らないように必死に頑張りました。
今日は、ただ叩くだけではなく、全身で表現しながら叩くことが目標でした。

脚を大きく開き腰を落とし下半身を安定させ、上半身の姿勢を正し、両手と上半身をリズムに合わせて大きく動かす。
顔や目線も、しっかり動かし、全身で表現する。
アレレ?
これって「ビリーズブートキャンプ」みたいな動きだと思ったのは、私だけではなかったはずです。

5分としないうちに、汗ダラダラ。
二の腕はプルプル震えるわ、突っ張るわ。
太股と膝が笑い出すわ。
もう、とんでもない運動量なのです。
5分の休憩を1回取っただけで、約1時間叩きっぱなし。
終わった頃には、もうヘトヘト。でも、すっごい爽快感と達成感がありました。
この終了時の感覚も「ビリーズブートキャンプ」に似ているかもしれませんね。

ヘトヘトだったのは、運動量のせいだけではありません。
顔見知りの地域の方々と一緒に叩いているものだから、失敗してみなさんの足を引っ張るなんてそんなことはできない・したくないという緊張感もあります。
心身が引き締まらないはずのないこの状況に、「ビリーズブートキャンプ」以上のエクササイズ効果があるんじゃないかと、ついつい思ってしまう程でした。

練習が終了して4時間経過した今、私の右の二の腕はパンパンです。
左手をかばったせいでしょうか、肩や肩胛骨の辺りまでギシギシします。
に比べて、左手は痛みも何もなくいつも通り。
過去の経験から、ついつい左手を甘やかしてしまったのかもしれません。
この機会に、左手をスパルタ教育してみようかしら?
もしかしたら、左手の握力の10kg突破も夢じゃないかもしれません。
[PR]
by 1193ru | 2007-07-08 22:06 | モロモロ