ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

雨模様の仙台から、GW報告

今年も那須高原へ行って来ました。
たくさん、いろいろな方(四つ足の動物含む)にお会いしました。
たくさん、いろいろなモノも見つけました。
どこをとっても、日頃入りすぎていた肩の力を抜くにはぴったりのことばかりでした。
家族の問題が深刻化していく中、仕事や活動とのバランスを取るために、結構力んでいたのでしょうね。
今もまだ力が入りすぎている感はしますが、大分ほぐれたようにも思います。

ということで、「ただいま!仙台!」でございます。

6日から、自宅で仕事を再開しました。
ここしばらくあちこちからいただいてきた、いろいろなモノやパワーに囲まれて、HAPPYに仕事を再開しています。
降り出した雨音も、ボサノバのリズムに聴こえちゃうから不思議♪
それくらい、元気にやってます。

例えば、石けん。
那須高原でお世話になった「SARA」さんのところでゆずっていただいた、「Cheerful Heart」さんの廃油を使ったリサイクル石けんで、食器洗いや洗濯を始めました。
仕事の合間に食事を作り、食べて、で、片付け。
「Cheerful Heart」さんの石けんを使い始めたら、カサカサした手のかゆみが止まりました。
汚れもよく落ちるし、ごきげんです♪
そのうち、私も石けんを作ろうと思います。

それから、「SARA」さんのところのヤギの蕗の写真を自宅デスクに飾りました。
「SARA」さんのところには、蕗と小梅という白ヤギ親子がいて、かわいいのなんのって。
角でツンツンされちゃうと、もうメロメロ。
なんとヤギはお散歩好きで、犬みたいにトコトコ一緒に歩いてくれるそうです。
ということで、いつになるかは未定ですが、ヤギを飼うことを心に誓いました。
もう絶対、ヤギと暮らすんだ!!
ヤギと暮らすには草むらのあるところに引っ越さねば。
ということで、草むらのある一軒家に引っ越すことも心に誓っちゃおっと♪
その蕗の写真を飾りました。あ〜、かわいい。

あ、「SARA」さんというのは、那須高原でお世話になったペンションです。
念願かなってようやく今年、「SARA」さんのところに泊まることができました。
全館にラベンダーの香りが漂う、やすらぎの空間。
できることなら、もっと滞在したかったです。

今年は残念ながら、「農園レストラン・創造の森」さんには行けませんでしたが、「こと葉」さんというすてきなレストランでマクロビのお料理をたっぷりいただいてきました。
ここ数日の食事は、「こと葉」さんでいただいた料理をまねて作っています。
作るのも食べるのも、しあわせを感じます。

それから、昨年同様「ペニーレイン」さんのおいしいパンもしっかり食べてきました。
ニキ美術館」にも足を運び、のんびりしつつもしっかりパワーをいただきました。
足りなくなっていたカードの補充もしっかりできましたし、そのうち数枚は、蕗の写真と一緒にデスク周りを飾っています。

那須に行く前には、東京へ行っていました。
目黒区美術館原マスミさんのLIVEと展示を観てきました。
そこで一息ついて、さらに那須で一息。
贅沢なGWを過ごしました。

知らず知らずのうちに、心身に不調をきたすような力み方をしていました。
3月4月と力んで力んで、踏ん張りすぎて、ギリギリだったのだと思います。
そう簡単に力を抜くことができないのが、悲しい性ですが、でもでも、力を抜くきっかけや勇気などをたくさんいただくことができました。

仙台に戻ると、たくさんメールが入っていました。
その中に、尊敬してやまない福島のHさんからのメールがありました。
ほとんど面識もなく一方的に尊敬しているというだけなのに、この春本当に苦しくて、苦しくて、とうとうHさんにSOSを出してしまったのです。
そのSOSへHさんがお返事をくださっていました。
お返事をいただけたことがうれしくて、うれしくて、でも、こころも状況も苦しくて、泣いてしまいました。

心身のバランスは本当に微妙。
さっきまで二本足で細い嶺に上手い具合にバランスをとって立っていたかと思うと、今この瞬間には、グラグラと膝が笑い出し、暗い空間に吸い込まれそうになったりします。

家族の問題が重く深くなるにつれて、どこまで人様のこころに関わる仕事ができるのか、日々自問自答し自分を律することが苦しくなってきていました。
バランスが崩れる前に、この仕事から離れないと、休まないとならないように感じていました。
それが、人様のこころに関わる礼儀と責任のひとつだと思っています。
だからこそ、この嶺でバランスを崩しそうになっている自分が許せませんでした。
今までは、そんな自分自身に対する恐怖、不安、怒りと戦いながらより厳しく自分を律するしか嶺に立ち続ける方法がないと思ってきました。
でも今は、方法はほかにもたくさんあるように思えるようになってきています。

少しでもそう思えるようになっただけでも、このGWは充実していたのだと思います。
東京も那須も、突然だったけど行ってよかったと、思うのです。
人様のこころに関わることをさせていただいている自分をどう歩ませていくのかが、まだまだバラバラなパーツ段階ではありますが、なんとなく見えてきたように感じます。

そういう意味で、ちょっと安堵感が漂う、本日の私めでございます。
[PR]
by 1193ru | 2007-05-06 15:03 | モロモロ