ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

うれしい日

昨日は、うれしいことがたくさんありました。
朝、「お寺ネットワーク」の件で、児童虐待防止団体の事務局の方と曹洞宗の方の初顔合わせとなりました。
同団体の事務局の方のお一人は、長年、尊敬している方で、宮城県内でDVや虐待についてこころから信頼し尊敬できる数少ない男性活動者のおひとり。
もうお一方は、今回初めてお会いしたのですが、以前から諸先輩方から「とても信頼できるすばらしい方。虐待とDVについて深い理解と的確な対応・行動のできる方」とうかがっていた女性でした。
お二人にお会いできたことは、「お寺ネットワーク」にとって今後の連携や展開に関して大きなことだったのですが、私個人としてもとてもうれしくて、うれしくてたまらなかったのです。
先日も書いた通り、尊敬する活動者(アクティビスト)の方々にお会いし言葉を交わさせていただくことは、私のような者にとって大きな力や勇気になるのです。
昨日は、まずは虐待防止団体の方お二人にはじまり、街を歩けばカウンセラー仲間に会い、とある施設に行けばこれまた尊敬する先輩お二人に会うことができました。
夜は夜で、尊敬する先輩と活動をともにさせていただきました。
昨日は、移動中にも数名の当事者の方にお会いしました。
私は眼が悪いこともあり、歩いている時はボーッとしていて、人の顔がわからないことがほとんどです。
昨日もボーッとして歩いていたら、当事者の方が声をかけてくださいました。ほんの数分の立ち話でしたが、相談室の外にも関わらず声をかけてくださったことにまず感激し、路上にもかかわらずデリケートな近況をお聞かせくださったことにグッときてしまいました。

昨日のような日は、たくさんの方の中で生かされている自分を感じずにはいられません。
しっかりしようと気持ちをしゃんとすると同時に、やはり、こうして生かしていただいていることに感謝の気持ちが自然と湧いてきます。

私は、気持ちが落ちてきたり曇ってくると、「人の中で生かされている自分」を忘れてしまいます。
そうすると、本当にドンドンドンドンこころとからだが崩れてきて、「人」だったはずが「鬼」にも「闇」にも「邪」にも「醜」「腐」・・・・etc、これでもかというほど、恐ろしいものに変容してしまう自分を知っています。
カウンセリングやアサーティブを学んでいたら、そんな恐ろしい自分の「業」というか「性」というか「癖」があることがわかりました。

そんな得体の知れないモノを宿している自分。
だからこそ、もっと真剣に誠実に率直に自分に向き合い、周囲の方に感謝しながら生きたいと思っています。
[PR]
by 1193ru | 2007-04-25 08:41 | モロモロ