ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ステキだなぁ〜とつくづく思った人たち

今日は昼前に家を出て、色麻町のライスフィールドへ行きました。
今日の目的は2つ。
ひとつは、久々にライスフィールドの「豆腐ハンバーグ」を食べること。
そしてもうひとつは、先日お会いした志波姫町で「田力本願」(田んごを耕さず農薬を使わず、更には肥料も入れずに作ったお米)を作っている菅原さん「チーム田力」の高奥さん環境保全米ネットワークの福澤さん、お三人のお友達の鈴木さんとお会いして、仙台のホームレス支援団体への食料提供の相談をすることでした。

ライスフィールドは、日曜のお昼時ということもあり満席!
久々の「豆腐ハンバーグ」は、以前と変わらずホッとするやさしい味でおいしかったです♪
「イチゴジュース」もいただきたかったのですが、お腹がいっぱいになっちゃって今日は断念しました。

菅原さんはじめみなさんは、先日横浜のホームレス支援団体へご自分たちで作ったお米を届けて以来、仙台でもそのような活動をできないかと考えているそうです。
たまたまライスフィールドのマスターから私が仙台でホームレス応援雑誌「ビッグイシュー」をしているということを聞き、先日に引き続き今日もお会いすることになったという次第です。
今後、菅原さんたちは、仙台のいくつかの団体に連絡を取り、まずは夜回りや食事会などの活動に参加をしながら、お米の提供へと連携や活動を広げて行くとのことです。

そのようなお話しをしながら、菅原さんたち個々人の活動についても少しずつうかがうことができました。
ライスフィールドは、お店の雰囲気やマスターやママ、スタッフの人柄のせいか、個性的で豊かな感性の持ち主の方が多く集まるところのように感じていましたが、菅原さんたちもしかり。
みなさんの運営しているHPをぜひご覧くださいね♪

そんな豊かな感性を象徴するようなプレゼントをいただきました。
先日お会いした時にDV被害女性のお話をさせていただいたのですが、その女性たちの回復の支えにとお米をいただいたのでした。
その量、なんと40kg以上!!
それを1kgずつ桜色と蓬色のきれいな和紙に小分けに入れてくださり、そのお米がどのように作られているのかという資料も添付してくださいました。
その資料を見ていると、菅原さんの田んぼに行きたくなっちゃいました。
とても綺麗な田んぼの写真がいっぱいで、日頃田んぼと縁遠い私は、自分の食べているお米の背景を知れるなんて、ドキドキワクワクしてちゃいました♪

おまけとして、私も2kgの玄米を頂戴しました。
夕方自宅に戻り、早速炊いていただきました。
歯ごたえも味もしっかりした、それはそれはおいしい玄米でした。
作り手の顔はもちろん気持ちまで伝わるようなおいしいごはんでした。
お知り合いになれて、ありがたいやら、うれしいやら。
ひとくち、ひとくちしっかり味わっていただいたら、お腹だけではなくこころも満腹になりました。

振り返れば、ライスフィールドに行く度に、ステキだなぁ〜とつくづく思う方との出会いがあります。
なんとまぁ、不思議な磁力を持ったところなのでしょう。
行って来たばかりだけど、またすぐ行きたくなってしまいました。
[PR]
by 1193ru | 2007-04-08 22:07 | DV