ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

春の朝

仙台は、まだ少し空気が冷たいのですが、やっぱり4月。
今朝は、連日の黄砂の影響もなくすっきりと晴れ上がった春の朝です。

今日は、相談室をお休みして、お昼から曹洞宗の宗務所というところへ出かけて来ます。
2年前からあちこちでお話させていただいていた「お寺ネットワーク」(地方の地域コミュニティの核がお寺になっていることに着眼して、お寺に人権系の相談窓口や自助グループの情報を置いて貰うという動き。お寺は、昔から「駆け込み寺」と言う如く、さまざまな相談が舞い込むところでもあるため、当事者への情報提供の場のひとつとしてとても有効であり、また、多様な相談対応におわれるお寺のニーズにも即しているという理由からお寺に人権系の団体のパンフレットをおいていただこうと、ここ2年間、細々といろいろなところで話してきた)を聞きつけて、とうとう曹洞宗(宮城県の)が動き出しました。

他の宗派・・・もちろん教会や神社なんかもしてもらえたらいいのだけどな・・・。

宮城県内(全国どこでもだと思うけれども)深刻な事件が後を絶ちません。
DVやデートDV、虐待や自殺。死に至らなくても、酒害や薬害、いじめ、不登校・・・。
いろいろな問題に直面している方がたくさんいます。
その方たちへ、「あなたは、ひとりではないんだよ」「一緒に考えていく相談窓口や相談員がいるんだよ」と伝えたいと思い続けて早何年。
某NPO支援センターでもその思いでいろいろな事業に関わってきて、退職後は、ひとりでそれを続けている次第です。
「ひとり」と書きましたが、その時々でたくさんの方のお力添えを頂戴して今に至ると言った方が正確かな。
そんなこんなで、今日は「お寺ネットワーク」を語りに出かけて来ます。

さて、先日、お会いした県北の農家の方が、今週末にDV被害女性の保護施設へお米を提供してくださることになりました。
ほんの2時間程度お会いしただけにも関わらずのお申し出。
出会いは本当に貴重だと痛感しています。
いろいろな形でさまざまな方がサポートしてくださることは、私たち現場の人間にとってうれしく心強いことですが、当事者の方々にとってもより心強いことだと思います。そして、回復を支える力の大きなひとつになると思います。

DVに限らず、悩みを抱える方を支えるしくみは、さまざまあります。
たくさんの方がその方々の立ち位置に合わせて、できる範囲の無理のないサポート参加をしてくださることが、大切だと感じています。
そして、
「あなたを私たちは見捨てないよ。ひとりにはしないよ」
そんなメッセージが、今、悩みを抱えている方たちへ伝わることができればいいなと思っています。

たったひとりのこんな思いですけれど、できることは続けていきたいと思います。
それでは、行って来ます♪
[PR]
by 1193ru | 2007-04-04 09:41 | DV