ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

かたづけ

開かずの間になっている部屋を思い切って整理している。
今まで、本当に、勇気がなくてできないでいた。
「整理」に「勇気」が必要なのか?と思う方もいるだろうけど、「勇気」がなくてはできない「整理」なのだ。
この10年間のありとあらゆることがつまっている物を整理するには、本当に勇気が必要だ。

この10年間、本当にありすぎるほどいろいろなことがあった。
普通、20歳代から30歳代は、人生でもたぶん楽しいことがいっぱいある時ではないだろうか。でも、私のその時はてんこ盛りのしんどい出来事ばかりだった。
いろいろ、本当にいろいろあって、悔やもうと思えば際限なく悔やめる人生だけれども、それはない。
この10年間、しんどい、しんどい、ばかりではなかった。
しんどい状況を整理して乗り越えてきた。
たくさんの人の手を借りてやってこられた。
瀕死の重傷だったけれど、周囲の人に生かしてもらった10年だった。
だから、この10年間のほんの一部の選択や行動を悔やむことは、今ある自分やこの人間関係や環境を否定することに繋がってしまうだろう。

整理していたら、一番デリケートな過去に触れる物がわんさか出てきた。
正直、涙が出そうになった。

でも。

そう「でも」なのだ。
私は今ここにいて、ようやくこの10年の積もり積もった残骸に整理をかけるまで元気に丈夫になっている。
ちょっとグッときたけれど、それは過去へのご挨拶。
挨拶が済むと、過去をシュレッターへ。
そうして、過去を片付けた。
たくさんの人の手を借りて、そのデリケートで強烈な過去を整理したように、今、過去を片付けた。
もう、この過去に苦しむこと、後ろ髪を引かれることはお終いにしよう。

・・・・と言っても、まるまる一つある開かずの間はそう簡単には片づかない。
これから何度か時間を費やしながら、片付けはまだまだ続く。
あ〜、こんなことだったら、もっと早くに「勇気」をふるってやっておけばよかった。
すっかり後悔が先に立ってしまう日曜昼時の私だった。
[PR]
by 1193ru | 2007-01-21 12:43 | モロモロ