ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

月の綺麗な朝

おはようございます。
仙台は、月の綺麗な朝です。
c0020127_6311114.jpg

今朝は、尊敬しているEさんという方のことを書こうと思います。
Eさんとは、今思えばどんなきっかけで知り合ったのか、定かではありません。
たぶん、DVと児童虐待のケース検討会でご一緒したのが最初でしょうか。
Eさんは、相談員だとかNPOだとかでDVや児童虐待に関わっている方ではありません。
お仕事は相談対応に関わることをなさっているわけではありません。
Eさんは、「ご近所のおじさん」「隣りのおじさん」(あ!性別がバレちゃったな。Eさんすみません)として、問題を抱えている人たちに寄り添うことを、超個人的に行っている方です。
ここ数ヶ月、Eさんと頻繁にやり取りをすることがありました。
Eさんが対応している方たちのことでのやり取りで、それを通してEさんの半端じゃない姿勢や腰の据え方が痛いほどわかりました。
この感じ、ハーティの先輩方とは少し異なります。
(ハーティの方々もすごい腰の据えようなのですが、感じがちょこっと異なります)
先日もブログに書いた水谷さんに似ているのです。
なもので、若輩者で小心者の私は、Eさんと連絡を取り合うたびに、Eさんを尊重しつつもEさんの行動にブレーキをかけることばかり。ブレーキをかけている自分にうんざりしつつ、でも、やっぱりどこかで錘にならないと・・・と頭の中で警鐘が鳴るのでした。
あ〜、ホント老婆心の塊みたいなことをやってしまいました(Eさん、すんません)。
・・・・自分の反省はおいておいて、Eさんの話に戻ります。
Eさん、猪年だとかそんなことに関わらず、本当に熱くて猪突猛進なのです。
(ちなみに、本物の猪は「猪突猛進」なんて滅多なことではしないそうな)
その行動は、少々不器用に見えますが(Eさんすみません)、でも、それもこれも当事者の気持ちを十二分に汲んでいるからこその行動。それが、周りの支援者たちには不器用だったり無骨だったりに見えるのだと思った時が何度かありました。
なんだか上手いこと言えませんが、こうやって公的機関や民間組織だとかに所属していなくても、その人の立ち位置で十二分に問題を抱える方に関われるのだということを、体現してくれているEさん。
私のような若輩者には、存在自体が眩しい限りです。
詳しいことが書けないのが残念ですが、ここ数ヶ月のEさんの行動に並々ならない感動や刺激を受けたので書きました。
週明けから抽象的な内容で、失礼します。
[PR]
by 1193ru | 2007-01-15 06:50 | DV