ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

とっても楽しい夜でした

昨晩の「Living Together Lounge」は、参加させていただけて、本当によかったです。このようなイベントが仙台であったことが何よりもうれしかったし、そこに参加させていただけたことは、私にとってかなり記念碑的な出来事でした。
昨晩は、どこまでもHAPPYでフワフワした気分でした。
尊敬する大好きな先輩方も来てくれましたし、ビッグイシューも販売させていただけました。ビッグイシューは、かなりの販売部数でした。ベンダーさんたちは大喜びでした。
「Living Together Lounge」に関わっている方々は、みなさんとても気持ちのいい方ばかりで、お一人おひとりのお人柄があのゆるゆるとしたいい案配の空間を作りだしているのだと感じました。

昨年、同じ場所で「Smile Jam」をしたことを思い出す場面がありました。ライブがあって朗読があってパフォーマンスがあって、あったかくて居心地のいい雰囲気が、とても似ていました。
「Smile Jam」を思い出したのは、イベント主催団体の方が最後に挨拶をされた時。
「今日、仙台に種を蒔きに来れてよかったです。また、水やりにきますから〜」というフレーズに、あぁ、そういえば私も昨年、ここで同じことを話したなと・・・・。

私は朗読をさせていただきました。HIV+の方やその周りの方の手記を集めた冊子が数冊あるのですが、その中に収められているつばささんという方の手記を読ませていただきました。
どの手記もとてもすばらしく、素敵で、直前までどれを朗読したらいいのか決まりませんでした。最後の最後、朗読のほんの1時間前につばささんの手記を読むことに決めました。
読ませていただけたこと、本当にうれしかったです。
ありがとうございました。

しゅんたろさんとふとしさんの朗読を舞台の袖で見ていて、とても感動しちゃいました。
素直でまっすぐな気持ち、迷いながらも自分の考えを誠実に実現化しようとする気持ち。それが、ストーンとこちらに伝わってくる気持ちよさ、心地よさ。これは手記のすばらしさもさることながら、朗読者の方の性格や個性そのもののすばらしさなんじゃないかと、思ったりしました。

藤本さんのライブは・・・・
あっ!!しまった!!CDを購入するのをすっかり忘れて帰って来てしまいました。
うぅ〜っ・・・失敗した!
伸びやかで繊細な声がすごく心地よくて、歌詞もよくて、絶対購入しようと思ったのに・・・・なんてバカなんだろう、私。
(ついでにT−シャツも買い忘れた。がっかり・・・)

パフォーマンスは、ゲブ美さんの壮絶な個性に圧倒され、笑わされ、ちょっとセンチメンタルにされ、楽しかったです。
終了後に近くでお話させていただきましたが、ゲブ美さん、美しい方でした。
「あんた、一生オンナなんだからしっかりオンナやりなさいよ」
とのお言葉もいただきましたよ。

終了後、フワフワした気持ちのまま、久々に「紫山」へお邪魔しました。
店主の小野さんへ「EASY!」を差し上げ「Living Together Lounge」の話をたくさんたくさん語ってしまいました。

で、紫山で運命的な出会いがありました。
ステキな昨晩のフィナーレにぴったりの出会いでした。
c0020127_803025.jpg
100年くらい前のネパール・タライ地方の子どものおもちゃのうし。
画像ではよく見えないかと思いますが、いいあんばいに彩色がのこっています。

昨晩は、このうしを見ながら眠りにつきました。
今朝はどんよりとしたお天気の朝ですが、昨晩の余韻がいい感じで私を元気にさせてくれています。
[PR]
by 1193ru | 2006-12-17 08:32 | NGO/NPO