ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お客さん

平日は、とある隔離された小部屋で仕事をしています。
場所的には、仙台市の中心部で交通利便性も高いところなのですが、普通に生活をしているとあまり利用する機会の少ない某官庁のビルの上層階のすみっこにあるせいか、とても人里離れた感じがするところです。
高層階にあるにも関わらず、窓ひとつないため、お天気もわからないところです。
ほんの4〜5畳のスペースに、ほぼ引きこもり状態で数時間仕事をします。
知る人ぞ知る・・というところなので、人の出入りも少なく静かなところです。

でも、ちょこちょことお客さんがやって来ます。
いろいろな業界で仕事をしている友人たちが、仕事の合間に顔を出してくれるのです。
うれしいです。
ここ数日もそうでした。
新潟出身の知人が、「実家から届いた柿がすっごくおいしいから」と言って、すぐに食べられるように丁寧に剥いて届けてくれました。
近くのビルに勤めている友人は、ブログをいつも見ていてくれてその時々の内容で時折顔を出しては自分の意見を伝えてくれます。
この近辺に仕事で来たからといつも立ち寄ってくれる知人は、毎回自主イベントのチラシを届けてくれます。
同業の友人は、この業界の情報を話しがてら元気な顔を見せてくれます。

こんな世間と隔絶されたところに引きこもり状態の私に、外気を当ててくれるのはこんな友人・知人たちです。
うれしいし、ありがたいです。
ほんの5分に足らない時間ですが、顔を見ながら話せるのは、なんとうれしいことでしょう。

窓ひとつない小さな四角い箱の中で過ごす数時間は、意外と元気を奪うものです。
時折、思い出しては訪れてくれる友人・知人の存在が、ある意味、私の大きな支えです。
ありがとうございます。
[PR]
by 1193ru | 2006-11-16 09:03 | モロモロ