ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

DV被害女性の回復

月に1〜2回、DV被害女性が集まって話し合う「自助グループ」に参加しています。
もう6年目になるのだけれども、ここにきてようやく、回復期に必要な具体的な方法というかスキルが、見えてきたように思います。
別居や離婚という行動に移り、自分ひとりもしくは子連れでの生活が始まった時、どんなことに困るのか。
ある程度の収入がない場合は第一にやっぱり経済的なことになるのですが、その他に、ほとんどの方が直面することが、「職場や知人、近所、子どもを介した付き合いや学校などの関係者に、別居や離婚をどのように伝えたらいいのか」「聞かれたくない相手から別居や離婚について聞かれたどのように答えたらいいのか」「子どもにどのように別居や離婚について話したらいいのか」ということです。
そんな時、自助グループでは
・相手を選んでここまでは話せるという線引きをつけましょう
・嘘はつかず(後でいろいろな意味で大変になるから)に、話せる範囲を自分で決めて話しましょう
・嫌なことにはNOといいましょう
・聞かれた時のために、あらかじめ答えを何種類か用意しておきましょう
・子どもには元夫の批判を交えずに状況を子どもが理解できる範囲を子どもが理解できる言葉で伝え、一緒に考える姿勢をとるのもひとつです
・子ども向けのDV理解本があるので、それを母子で一緒に読んでみましょう
・・・・・・etc
こういったことをお伝えしてきました。
いろいろ方法はあるのですが、これらは、境界線を持つこととアサーティブ(アサーション)であり、この2つはこれからの生活を立てていく上で大きな助けるになることは間違いありません。

先日も自助グループに参加して、痛感しました。
もちろん、過酷な状況を抜け出たばかりですからそう簡単には身に付きませんが、知っていればどこかで使うこともできるでしょうし、何か人間関係でトラブった後の回復も比較的楽にできるようになります。

アサーティブ。
エル・ソーラや女性相談センターあたりで、DV被害女性向けの連続講座をしてもらえないでしょうか。
来月、DV被害女性の就労支援講座があるのですが、そういった講座の一コマでアサーティブを学ぶことができたらいいなぁ、と強く思います。
仙台にもアサーティブを教えてくれる方がいらっしゃいます。ロールプレーを多めにできたら、当事者の方にとってはとても力になると思うのですが・・・・
関係者の方でこのブログをご覧の方もいらっしゃるとうかがっていますので、ぜひご一考いただければと思います。
[PR]
by 1193ru | 2006-11-13 08:54 | アサーティブ