ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「からだの見なおし立てなおし」

相変わらず「暮らしの手帖」の見出しはすばらしい!
今号は「からの見なおし立てなおし」ときたもんだ。
またまた買ってしまったではありませんか。
季節が変わり、丁度、今までの体調管理のプログラムを書き換えようと思っていたところなんだもの。
なんてタイミングがいいんだろう。
そして、なんてすばらしい見出しなんだろう。
本屋でハートを鷲掴みにされてしまっただよ。

6人が体力づくりに取り組むのだけれども、日記風に書かれていると同時に「使用前」「使用後」と言わんばかりに1ヶ月経過のデータも掲載されている。
で、通知票よろしく「よくできました」「順調です」なんてはんこもどきが押されている。
さらに、このプロジェクトは次号にも続くそうだ。
見せ方のうまさに脱帽だ。これでは次号も買ってしまうではないか。
さすが「暮らしの手帖」編集部。
読者のハートを握りつぶさんばかりの企画だ。

・・・・・と、そんなところに感心している場合ではない。
しばらくハードに出張やら講演やらが続いたものだから、ちょいと睡眠時間を延ばしてみた。
ハードな日々を送っていたら背中が痛くなったので、ヨガやらマラソンをストップしてゆるやかなウォーキングに切り替えた。
季節は秋。
食べ物が最高においしく、からだは冬を目指して脂肪をつけ始める季節。
よく寝て、よく食べて、なんだかんだと運動量を減らしていたものだから、またひとまわり成長してしまったのだ(特にお腹が)。
たった数週間なのに、●●が握れるくらい立派に増殖してしまったのだ(特にお腹が)。
態度がでかくなったのではない、巨大化しまったのだ(しつこいようだけど、特にお腹が)。

そう、私は太りました。
すみません。

誰に謝ってるのかって?
自分のからだに。
着られなくなった洋服に。
恐くて全身を映せなくなったお風呂場の鏡に。
ひとつゆるめたブラの金具に。

かくして、「暮らしの手帖」を片手にプログラムを作成。
以下、心を鬼にしてこの秋取り組むことを誓いま〜す(T.T)

・1日10000歩
・週3回30分のウォーキングまたはマラソン
・朝晩のヨガ30分
・腹筋1日30回×2
・腕立て伏せ1日20回×2

こんなことを考えていたら、健康診断から母がウキウキして帰ってきた。
実年齢65歳が、体内年齢はなんと40歳だったそうな。
(あちこち問題を抱えているからだなのに・・・)
で、ウキウキついでに発した言葉に私は即死の思いをした。
「フフン、体脂肪や肥満度を含め25歳も若いのよ。あなたにはあり得ないよね。あなたときたら、ろくに動きもしないで食べてばっかりだもの」

ということで、上記、歯を食いしばって頑張ります。
1ヶ月後には、すばらしい経過報告をしますからねっ!!
お楽しみに!!
[PR]
by 1193ru | 2006-10-10 23:42 | モロモロ