ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

秋の夜長と長雨に

秋の夜長と長雨のお供に、音楽と本が欠かせない。
昨晩は、ススキと庭の草花、手作り団子と果物を窓際に供え、ちらりちらりと顔を見せるまんまるお月様の下、本を読んで過ごした。
買ったまま机の上に積み重ねられた「本の地層」から、気の向くままに数冊取り出し読みふける・・・。
私にとったら贅沢この上ない時間だ。
6月からアサーティブ・トレーニングに通っているせいか、ソッチ関連の書籍が多い。

●アダルト・チャイルドが人生を変えていく本(アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター編 発行アスク・ヒューマン・ケア 1500円)
ACやDV被害女性ではなくても、私たちは日頃の人間関係に悩みことが多かれ少なかれ誰にでもあるはず。そんな問題から距離を置くためにも、そんな問題にかかわってしまった時のためにも活用できる一冊。関連書籍「アダルト・チャイルドが自分と向きあう本」(アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター編 発行アスク・ヒューマン・ケア 1500円)は、自分と向きあい自分のこころにある様々な感情を知るきっかけとなる一冊。

●「傷ついたあなたへ わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック」(レジリエンス著 梨の木舎 1500円)
DV被害女性に向けた回復サポートブック。自分が置かれている暴力のある状況の把握に始まり、自分の感情を受け止める作業や見つめ方(被害に遭うとこの作業ができなくなることがとても多い)、感情を大切に寄り添いながらの回復のヒントが、たくさん詰まった本。仕事と活動柄、時間があれば何度でも読んでいる本。

●「もっとことばに出そう!自分の気持ち」(森田汐生著 すばる舎 1400円)「自分も相手も傷つけずに、自分の気持ちを伝える」方法をわかりやすく解説。日々これを続けることで「自分も相手も大切にできる」関係が築けるのだろう。とってもわかりやすく敷居が低くフレンドリーに書かれているので、構えず素直に読めるし試したくなる。

以上、4冊を昨晩読んだ。
どの本にも共通するのが「境界線」と「自尊心」の大切さ。
それと、どの本からも「あなたはとても大切な存在なんだよ」という優しくも力強いメッセージが聞こえてくる。
人間関係でちょっとしんどいな、そんな風に感じたらぜひどうぞ。
予防薬としても処方薬としても結構効きますよ。
[PR]
by 1193ru | 2006-10-08 09:51 | アサーティブ