ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ご無沙汰しました

すっかりご無沙汰しているうちに、9月を迎えてしまいました。
仙台は、朝から爽やかな秋空が広がっています。
さっき、玄関先を掃き掃除をしていたら、日差しがジリジリとしてきました。
まだまだ夏の余韻が続きそうですね。

ノースリーブを着ていると、夕方には涼しく、夜帰宅する頃には肌寒く感じます。
今週は、ふんばり処が多い一週間で、その気合いの現れかノースリーブばかり着ていましたが、それも今週でお終いのようです。

さて、この一週間、全力疾走することが何度もありました。
疲れたり、自分の力を見つめ直したり・・・・いろいろなことを感じ・考える出来事がたくさんありました。
一言で言えないのが残念ですが、でも、こんな一週間を過ごせたことがありがたく幸せでなりません。

昨年から国の機関で、男女共同参画にかかる研修のDVについての講義を担当させていただいています。
今週はその講義がありました。
受講の方々は、みなさん私の親世代。
毎回、こちらの講義をさせていただく度に、本当にいろいろなことを深く学ばさせていただきます。

正直、DV被害女性をサポートする現場では、どこに行っても一番年下。
相談の現場でも、たいがい一番年齢が下です。
男女共同参画やDVに関する講演やシンポジウムでもたいがい一番の若造。
キャリアうんぬんではなく(キャリアは見えないこともあるので)、年齢が下だということそれだけで、当事者の方や受講の方々は違和感や不安を感じることもなくはありません。
その時、自分はどう対応するのか。
その時、相手の気持ちを尊重した対応ができるのか。
そのことを、自分の中でどのように理解するのか。
自分に突きつけ考え行動しなくてはならないことが、いろいろあります。

毎回、この講座を担当させていただく時、何かにつけて年齢を考えます。
上記の私の年齢や、受講の方々に伝わる話し方、言葉の選び方、レジュメの書き方、見せ方。自分がとらわれがちな枠を外して、考えなくてはなりません。
なぜなら、年齢以外は、私の努力次第でいくらでも改善可能で、受け取る側の立場になって考えれば考える程、より良くなっていくからです。
また、それが年齢を問わない信頼関係や安心感に繋がって行くことを、ここ数年、実感しています。

毎回、講師をさせていただきながら、教えていただくことが多い講義です。
うれしいことに、回数も増えてきています。
この貴重な機会を与えていただけた感謝の気持ち、
この貴重な機会をしっかりと自分のものにしたい気持ち、
が強くなっています。

今週は、相談室主催の研修会もありました。
ここでも、主催でありながら、たくさん学ばさせていただくことがありました。
長くなってしまうのではしょりますが、
私の所属する相談室の機能や役割について、3年、5年、10年後のビジョンを含め見直すいい機会になりました。
「将来の種」がいっぱいつまった会だったのです。
端から見たらもどかしいことでしょう。
それでも、やっぱり、
気付いたところからやって行くしか、状況は変わらないのだと痛感します。

学ぶことは、自分の足らなさや欠点を直視することだと、ようやくこの年になって実感を持ってわかって来ました。
学ぶことは、結構辛い作業だと思います。
それでも、やっぱり何かひとつ物事があったらそこからいくつも学ばねばとふんばります。
しんどくても、その繰り返しが、自分のためであり、周り回って、ちいさくとも、すくなくても、何か当事者の方の力になれば、こんなうれしいことはないと思ってしまっています。
[PR]
by 1193ru | 2006-09-02 10:16 | DV