ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

飲んだくれ日記

朝起きてブログを読み返したら、
なんとまぁ!
「飲んだくれ日記」になっちゃっているじゃありませんか!
書いてる自分がおしょすい(「恥ずかしい」の東北弁)くらい。
あ〜、「酒浸りの人」と思われちゃいましたね。
これでまた縁遠く、幸薄い人生が続いてしまいそう・・・・(T.T)

ま、冗談はさておき、相談対応の中で最近感じたことをダラダラと書きますので、ご覧ください。
(お急ぎの方は飛ばしてくださいね)

男女の仲は本当に深い。
なんだかんだと、解り合えないことばかりに見えてしまう。
良くも悪くも違うことがいっぱいだ。
だからこそおもしろく、
だからこそ辛い。

立ち位置が全く異なる。
視点が全く異なる。
そう痛感する相談がたくさんある。
同じことについて話し合っているつもりでも、実はそうではないことが、どうも想像以上に多いようだ。
映画や音楽といった趣味、社会情勢あたりについてはまだ立ち位置や視点は共有できる範囲らしい。
しかし、いざ二人の間のこととなると、
同じことについて話し合っていると思ったら、もう間違いの始まりなのかもしれない。

最近、相談対応をしているとつくづく思う。

またまた良くも悪くもなんだけど、
よくある相談テーマ「メール」について。
夫の了解の下、夫の携帯メールを見たところ、女性とのやり取りのメールがあった。
夫は浮気の前科あり。
浮気発覚後、夫は反省し浮気はメールが発端となったため「もう二度と女性とメールはしません」と堅く誓った。
でも、やっぱりしていた。
妻はメールを見る前に何度も夫に確認をしている。
浮気を反省したと言っても、早々妻の傷付いた気持ちは癒えない。
傷付きの後遺症もあって、何度も夫に確認をする。
「女性とメールはもうしてないよね?」
「ほかに好きな人はできていないよね?」
その度に夫は答える。
「オレにはお前だけ。安心していいよ。メール?そんなもの二度としないよ。大丈夫だよ」

しか〜し!!
夫の携帯には飲み屋のお姉さんや仕事関係の女性(仕事関係なら会社のPCでやればいいのにバカだなぁ〜・・・)からのメールが!!
そこで妻がショックを受けた。
ショックを受けたことを夫に伝えると、夫は
「浮気なんかじゃない。肉体関係なんてないんだから、安心してよ。」(先走った釈明。誰も肉体関係なんて言っていないのに・・・)

「勘ぐり過ぎだ!オレを信じられないのか?」(ソフトな脅し。前科アリの方は「オレを信じられないのか?」はNGワード。信じられなくて当たり前ですから・・・・。)

「メールぐらいするだろう。来たメールには返事はするのが普通だ!」(開き直りとここでは通らない一般常識)

とまぁ、エスカレート式逆ギレ。

ここで既に、二人の論点は違っているのです。

彼女がショックを受けたのは、
「女性とのメールのやりとり」ということではなく、
「女性とメールをしていないと言い続けて来た夫の嘘」。
でも、彼には彼女のショックの理由は、
「女性とのメールのやりとり」だと映っている。
だからこそ、夫の「メールのやりとりだけで浮気ではない」ということになる。
で、ついつい「●●ちゃんとはメールをもらうだけで、お店に行くのは仕事の付き合いだけだ」なぁ〜んて個人名を挙げちゃったりすると「誰よその●●って!!」と論点が大幅にズレ始め、後の血祭り・・・・
●●が浮気相手の名前だったりしたら、もう即レッドカード。無事の帰還はないと思った方がいい。

何度話し合っても解り合えない。
どうしてこんなにも解り合えないのか、全く持って不思議なくらい、男女がお互いを理解するのは困難なようだ。
そこに特別な関係や感情があれば尚のこと。
どーにもこーにも解り合えない、とても深〜いモノがあるようだ。
立ち位置が違ければ、見える景色も違う。
視点が違ければ、焦点も違う。
それが女と男の間にあるんじゃないかとしみじみと思う今日この頃だ。

じゃ、こんなことがあったら別れるのか?
そうとも限らない。
解り合えないことがあっても、そういうことを知らんぷりして通り過ぎるカップルもいれば、冷戦状態を経てなんだかんだと連れ添うカップルもいる。
笑い話にするという高等テクを持ったカップルもいる(ま、これは希。ある程度お互いの立ち位置と視点を理解できないと難しい)。
もちろん、とことんバトルして別れちゃったり、何度も同じことを繰り返し愛想が尽きることもある。
そうそう、時たまとんでもないナイーヴさを発揮してたった一度の食い違いで別れに持ち込む夫もいる。こういうやからは往々にして前科持ちのようだ。

日々、相談者に男女の仲の深みを見せられ教えられているような気がしてならない。
身辺をこざっぱりし過ぎた私としては、解り合えない男女の仲を彼岸から眺め、また考える。

てなわけで、独り飲みながら考えることは尽きないのだ。
[PR]
by 1193ru | 2006-08-09 06:27 | モロモロ