ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

切ない気持ちのこらえ方

毎日淡々と生きている中で、
切なくてたまらない気持ちになってしまうことが不意にあったりする。
じーっと自分の気持ちを見つめて、客観的に整理して、「切ない」から発生してくるいろんな気持ちを消化しようと踏ん張る。
踏ん張って、踏ん張って、またまた踏ん張って、切ない気持ちは取りあえず棚上げし、
目の前のしなくてはならないことを淡々とこなし、夕方を迎える。

昨日はそんな一日だった。

夕方、事務所を後にしたら、「切ない」がまたいっぱいになってその気持ちを書き出して客観視して、なんとかバランスを保ちたいと思った。
でも、ちょっと厳しくて、よく行く飲み屋に出かけた。

飲んだ、飲んだ。
独りカウンターで、グングン飲んだ。
飲むだけ飲んで、帰って来た。
忙しさにかまけてまともに食事を摂っていなかったせいか、すきっ腹に飲んだせいか胃痛がした。
体のどこかが痛むと、そこに神経が集中するせいか、切ないが薄れて楽になる。
胃痛を感じながら、眠りに就いた。

今朝も胃が痛い。
あたりまえか、あれだけ飲めば。

切ない気持ちは消えなくとも、
1日、2日、3日と時間が流れ、踏ん張っていた力もいつの間にかゆるやかに抜け、
そうして来年の今頃には癒えているのだろう。

生きるって時間と共になのだ。
大切にしていても壊れてしまうものがある。
壊れてしまったものを悲しむよりも、踏ん張って、踏ん張って、時間が経つのを待つのが私のこらえ方らしい。
40年近く生きてきて、ようやくわかった自分の一面だ。
[PR]
by 1193ru | 2006-08-08 07:37 | モロモロ